銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

偉大なる、しゅららぼん

2014年11月01日 22時48分07秒 | 邦画コメディ
2013年
日本
114分
青春/ファンタジー/コメディ
劇場公開(2014/03/08)




監督:
水落豊
原作:
万城目学『偉大なる、しゅららぼん』
主題歌:
ももいろクローバーZ『堂々平和宣言』
出演:
濱田岳日出淡十郎
岡田将生日出涼介
深田恭子日出清子
渡辺大棗広海
大野いと速水沙月
柏木ひなた棗潮音
小柳友葛西
森若香織棗の母
貫地谷しほり藤宮濤子
津川雅彦日出淡八郎
田口浩正日出洋介
高田延彦棗永海
佐野史郎日出淡九郎
笹野高史源治郎
村上弘明速水義治
声の出演:
松平定知



<ストーリー>
琵琶湖畔の街で代々不思議な力を伝承する一族・日出家の本家に修行にやって来た分家の涼介。ある日、本家跡取りの淡十郎の失恋を発端に、世界を滅ぼしかねない大事件が勃発してしまう。

不思議な力、使えます。
※「琵琶湖エリア」限定


-感想-

「ありがとう」by浜村淳です
これだけの為に出演したのかよw
このシーンが一番糞ワロタww

あれぇ?大野いとちゃん、演技上達した?
女優デヴュー時はあんなにも棒読みやったのに。
地道に演技を続けると上達するものなんやね。
自分的にはあの下手糞な台詞回しするいとちゃんが好きだったんだけどなぁ(笑)

しゅららぼん。
何の事かと思っていたら日出家と棗家それぞれが力を発揮した時に聞こえる音らしい。
「しゅらら」とは竜のゲップ
「ぼん」とは竜のおなら。
そう、「しゅららぼん」それは即ち「ゲップっ屁」の事なのであーる!
どうでもええわ、そんなのww

そこそこ笑えるシーンもあるし、かと思えばつまらんシーンも多いし。
出来具合は良くも無く悪くも無く。
ただ、あの神水がきちんと伏線として成り立っていたのは感心。
黒幕の正体を欺くという意味でも上手く機能していたし、鑑賞者をも騙せていたと思う。

作品の世界観そのものが独特なので、観る人を選ぶ作品だろうし、このハチャメチャでシュールな話を素直に受け入れられた人だけが「面白い」と感じる事は確かでしょう。
私はまぁまぁかな。
濱田岳狙いで観たので、その点では期待を裏切らない変なwキャラを演じていて満足でした。
ラストシーンも仄かにほっこりとした余韻を残してくれて良かったんじゃないかな。

今作の深田恭子ちゃん図鑑

この衣装の恭子ちゃん、めっちゃ可愛くない?
恭子ちゃんが演じた清子さんは、人の心を読める力があるんだって。
あー私の心読まれたらビンタ食らいそうだなぁ。
だってさ、恭子ちゃんを目の前にしたらエロい事しか考えないやんか(笑)

評価:★★★
14/10/31DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-09-12
メーカー:東映ビデオ

オフィシャル・サイト

コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« クローズEXPLODE | トップ | 【動画】あれやこれやを詳し... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-11-02 00:55:30
深キョンと貫地谷さんだなあ。
深キョンはあまり上手いという印象がないのに、映画としてはともかく、女優として、ここんとこ外れなしなのが凄い。
こんにちはー♪ (kira)
2014-11-02 11:26:08
TB、有難うございます♪

コレは、初日舞台挨拶の、豪華な面々の楽しいコメントの後に、
そのまま本編鑑賞だったこともあり、余計にごちそう感があったのでしたが、
偉大なるチカラが周囲一帯を壊しまくる事も無く(笑)
常にだれかを守る為、というその精神が好きだったです~

恭子ちゃんも言っていましたよ。
「人の心が読めるなんて、絶対いや。怖いです」って
清子じゃなくても引きこもりになりますよね~。
因みに、恭子ちゃんを前にすると「可愛い」しか出てこない私も
(ヘンなおばさん)と思われる~ヤバイですよね、そんなチカラ
Unknown (カズ)
2014-11-02 18:26:49
浜村淳笑いましたね・・・・・
深田恭子と濱田岳良かったですね・・・・
渡辺大ってよく出てきますがイマイチですね
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-11-03 00:29:14
こんばんは。
2人の女優の演技が光ってましたよね。
そう言われると、最近の深キョンは出る作品に恵まれてますよねぇ。
>kiraさんへ (ヒロ之)
2014-11-03 00:36:37
こんばんは~

コメントありがとうございます!

初日舞台挨拶もご覧になられたんですね
豪華な面々を見られた後に本編を鑑賞されたら尚いっそう作品の世界に深く入り込まれたのではないでしょうか。

確かに、人の心を読める力は要らないですよねぇ。
嫌な事なんかもどんどん頭の中に入ってくる訳ですし。
誰だってそういう力があると、家から出たくなくなりますよ

全然やばくないですよ。
恭子ちゃん可愛いですもの。
同性でも可愛いと思えればそれもまた良い事じゃないでしょうか。
私もブラピLOVEな男ですから(笑)
>カズさんへ (ヒロ之)
2014-11-03 00:40:48
こんばんは!
コメントありがとうございます。

唐突に出てきて「ありがとう」だけ言って消えていった浜村淳には笑いました(笑)
濱田岳は多彩なキャラクターを演じられる役者さんなので好きなんですよ。
本作も彼が出ているから観てみたっていうのが一番大きいです。
が、深キョンの可愛さにもノックアウトされたのでありました(笑)
万城目さん (sakurai)
2014-11-06 09:37:29
らしい話でしたが、彼の本はちまっとしたものの方が好きだなあと思いましたわ。
一番は「鴨川ホルモー」だわ。やっぱ。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-11-06 20:58:40
こんばんは。
こちらにもありがとうございます。
ホルモーってそんなに面白いんですか。
気にはなっているんですけども。
旧作になっているだろうし、借りてみようかなぁ。
そんなに (sakurai)
2014-11-07 18:05:24
面白い!!ってほどでもないですけど、ゆるさが結構好き。
京都の地元に人には、受けなかったようですが。
地理的に無理があるとか。
山田君がまだ今みたいに売れる前で、ちょっとした拾いもんって感じで。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-11-08 01:12:22
こんばんは!
コメントありがとうございます。
予告編は見た事があるのですが、緩い映画なんですね。
あちらは京都を舞台にしているんですか。
興味は新作で出ていた時からあったので、また今度、時間に余裕がある時にでも観てみます。

邦画コメディ」カテゴリの最新記事