to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

今月の気になる作品♪

2016-12-05 20:43:46 | Weblog


11月に雪が降って以降は、どうやら例年並みの気温に戻って、
明日の関東は、穏やかに晴れるようですが、
いかがですか?気温の変化についていけてますか~

ノドが弱い方は、外出の時だけでなく、
就寝時も、襟元を暖かくして、首から風邪を引かないようにしましょう~

さて、何かと忙しい12月。とは言え、、、
今月はどうしても観たいマークが1本だけとは・・・少し寂しい

12/01(木) 公開
マダム・フローレンス! 夢見るふたり
 メリル・ストリープ/ヒュー・グラント
なんだか予告観過ぎでちょっとお腹一杯って感じもするけど(笑)時間が会えば♪ 

12/03(土) 公開
ちょき
 増田璃子、吉沢悠
全盲の少女と美容師の男性との優しい恋の行方。
初日舞台挨拶、行くつもりだったのに~、結局なんやかんやで行けず。
ああ…渋谷が遠い、今日この頃。渋谷HUMAX

12/23 (金)公開
 土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲
 生田斗真 瑛太 
前作観てないけど~、クドカン脚本+三池崇史監督だし、、観てみたい気もする。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
 ヘレン・ミレン、アーロン・ポール 
ドローンの出現で、戦争は会議室で起こされているのね、、興味あるわ。。

聖杯たちの騎士
 クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン
成功した脚本家の、自分探しの物語?
キャストが好いので時間があえば。

       


1年前の記事・・・
今月の気になる作品♪
クリスマスに大掃除に忘年会、、何かと忙しいこの時期、みなさん疲れは溜っていませんか?元気だけが取り柄の私ですが、数年ぶりに風邪をひいたようですだからといって主婦業も仕事も......




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

聖の青春

2016-12-03 21:39:10 | the cinema (サ行)

生きること。

羽生善治を追い詰めた棋士――村山聖(さとし)。
病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯。

上映時間 124分
原作 大崎善生
脚本 向井康介
監督 森義隆
主題歌 秦基博『終わりのない空』
出演 松山ケンイチ/東出昌大/染谷将太/安田顕/柄本時生/鶴見辰吾/北見敏之/筒井道隆/竹下景子/リリー・フランキー

29歳にして亡くなった実在の天才棋士・村山聖。難病と闘いながら将棋に全人生を賭けた壮絶な生き様を描くノンフィクション小説「聖の青春」を映画化したもの。
幼い頃に難病のネフローゼ症候群を患い、入退院を繰り返した村山聖。入院中に父から勧められた将棋に心奪われ、将棋の最高位・名人の獲得を夢見るようになる。やがて、後に親子同然の強い絆で結ばれていくことになる師匠・森信雄に弟子入りすると、すぐに頭角を現わし、異例のスピードでプロデビューを果たす。
その後、同世代の天才・羽生善治に強烈なライバル心を燃やす聖は、彼の体調を心配する家族や仲間の反対を押し切り、拠点を大阪から東京へ移し、“打倒、羽生”と“名人獲得”という目標に向かってなりふり構わず突き進むのだったが…。


コチラは、公開初日鑑賞したのに、感想が遅くなりましたが、
静かに勝負に生きる男の世界を描いていて、なにか、、満たされました。良かったです。


一度転んだら、自力で起き上がることが出来ない状態でも青年は戦いの場に鎮座する。
羽生に勝つことは20勝分の価値があると言い切り、師匠や先輩にも遠慮のないもの言い
でも、、周りは理解する―。彼の将棋にかける情熱と純粋さを…。
そしてまた、彼には時間がないことも…―。

ボクには夢が二つあるんです・・・
一つは名人になって将棋をやめてのんびりと暮らすこと。もう一つは素敵な恋をして結婚することです。

“名人”になることと、“恋”・・・
実際にはどんなシチュエーションで言葉にしたのか、、胸が苦しくなる、彼の夢。――

暇を見つけて通った馴染みの書店での可愛らしい一コマ。
憧れの羽生との幸せな時間。
そして時は刻み続ける。

この作品のPRで出た番組で、ケンイチくんが、「今年はこの作品に懸けてきた」と言っていました。
役作りのため26キロ増量し、(症状によってはもっとだったかも)
それがこの作品のリアリティを増し、村山聖の苦境に説得力を持たせていました。
本当に、役作りとは言え、命がけですよね~


羽生役の東出昌大さんは確か180センチ以上もある長身で、小柄な羽生役はどうかと思いましたが
ケンイチ君も180㎝だし、座っての対局なので、あまり関係なかったですね(笑)
しかも東出さん、羽生さんの所作をホントによく寄せてきて、ニヤリとしました

母親に竹下景子さん....。息子の病気が発覚した時と、、もう一度。
同じ母親として、胸に刺さって抜けないこぼれ刃のような痛みを感じ、苦しかった‥

聖のよき理解者であり、温かく彼をを支えた師匠・森信雄役にはリリー・フランキー。はまり役。
弟弟子・江川貢役に染谷将太。
先輩棋士の安田顕、柄本時生。
将棋会館の記者で、聖の面倒を見る筒井道隆もそれらしくてヨカッタ

将棋の世界なので、ほぼ女っ気なし。男のドラマですが、
作品全体に漂う神聖な空気が爽やかでもあり、、、終わってからも静かに哀しい。
コメント (8)   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

UQモバイル新CM 「SNSのパパ」篇

2016-12-02 07:43:28 | Weblog


今回も美しくも愛らしい3姉妹のCM、見とれますよ~~🌟
盛りすぎなパパ!笑える~~

深田恭子、多部未華子、永野芽郁 UQモバイルCM 「SNSのパパ」篇




深田恭子、多部未華子、永野芽郁 UQモバイルCM&メイキング「のりかえる長女編」




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恭子ちゃんTV情報♬

2016-12-01 19:23:17 | Heart pink

この、↑ 恭子ちゃんの親指が開いてないのが可愛い

来年1月スタートの『下剋上受験』
恭子ちゃんの番宣スタートは、この『東京フレンドパーク』復活SPになるのでしょうか❔
ぃやぃや
それでは余りにもスタートまでチャンスがなさすぎるように思います🙅
もっともっと、番宣下さい~

『東京フレンドパーク』6年ぶりに復活 木村拓哉、松たか子、深田恭子が対決



深田恭子「オフは基本的にメイクせずすっぴんです」 34歳の素顔にドキッ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『下剋上受験』公式Twitter~☆彡

2016-11-23 22:22:03 | Weblog

今年の冬ドラ「ダメ恋」の時は、ディーンさんというPR上手な強い味方がいて、
彼の動画やフォトなどを公式Twitterなどで披露され、視聴者には嬉しいプレゼントでした
また番組HPも頑張って更新して下さって楽しいものでした

今回はTwitterだけでなく、番組公式Insutagramも開設されてますし
皆さんでフォローして盛り上げていきたいですね♪
撮影が始まると、恭子ちゃんもそうそう更新できなくなるでしょうから、
そこは大変でしょうけど、ドラマの担当者に頑張って頂きたいと思います










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと発表恭子ちゃん新ドラマ♬

2016-11-23 08:26:17 | Heart pink



阿部サダヲ&深田恭子が夫婦役!TBSドラマ『下剋上受験』新春スタート
父娘の感動の実話「下剋上受験」がドラマ化!阿部サダヲ&深田恭子が夫婦に
阿部サダヲと深田恭子が夫婦役に!「感動の実話」をドラマ化
阿部サダヲ、熱血お受験パパになる!深キョンと“中卒夫婦”熱演
<阿部サダヲ>TBS連ドラ、10年ぶり主演 「下剋上受験」で中卒の父親役 深キョンが母親に
阿部サダヲ、中卒父が奮闘のお受験ホームドラマ主演 妻役は深田恭子 

恭子ちゃんと阿部サダヲさんとの共演は多く、(1999)TBSドラマto Heart~に始まって
(2012)大河ドラマ平清盛まで映画2本も加えると今回が5作目でしょうか。

でも、、今回の阿部さんのスタイル!どうしても下妻の一角獣のその後―ですよね~
以前の自分の記事でも画像貼ってました(笑)

今回は恭子ちゃんも華麗、華美とは真逆のファッションになるんでしょうね。
「X’masなんて大嫌い」や「幸せになりたい!」みたいな?
いずれにせよ、恭子ちゃんのお母さん役にも期待して続報を待ちたいです(^^♪




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マイ・ベスト・フレンド

2016-11-22 21:36:58 | the cinema (マ・ヤ行)

あなたがいない明日を、
あなたがくれた強さで生きる。

上映時間 116分
脚本 モーウェナ・バンクス
監督 キャサリン・ハードウィック
出演 トニ・コレット/ドリュー・バリモア/ドミニク・クーパー/パディ・コンシダイン/タイソン・リッター/ジャクリーン・ビセット

ジェスとミリーは小学校の時からの大親友。やがてミリーは恋人のキットとできちゃった結婚で幸せな家庭を築き、ジェスも環境保護活動で出会った整備士のジェイゴと同棲して幸せな毎日を送る。そんなジェスの唯一の悩みが子どもができないこと。不妊治療を続けるものの、なかなか子宝に恵まれなかった。ある日、ミリーに乳がんが見つかる。子どもたちのために明るく振る舞うミリーを懸命に支えるジェス。そんな中、ついに待望の妊娠が判明するジェスだったが…。

ドリュー作品は「遠距離恋愛 彼女の決断」以来。超~久しぶりです。
当時35歳だった彼女は、もう41歳。ということで、
この作品では不妊治療からやっと高齢出産にこぎつけるキュートな役どころ。

ですが…
物語は、乳がんの告知を受けたミリー(トニコレ)の女としての葛藤を軸に展開していくので、、
ドリューの可愛さ目当ての方には少々キツイかも知れません。。。


幼少期の二人はめちゃくちゃ可愛い
でも――思春期あたりから、
衝動的で行動的なミリーに、ちょっと晩熟なジェスが付いていくという構図が垣間見れ.....

プライベートも無いような、何もかもを共有してきた2人。

余りにも強烈な個性のミリーは、成功と幸せな家庭を手に入れ、
衝撃の乳がんにも立ち向かおうとするのだけれど・・・
愛するものを振り回さずにいられない。。。自己肯定感が高すぎるっていうか、、、

いますよね?こういう、巻き込み型のオレ様なひと。
もちろん、それは悪い時ばかりでなく、何かにつけて人を集めその中心にいたがる。

このミリーは、ジェスがいればいいのですが…病気を別にしても
自分が会いたい時に彼女が飛んでくるのは当然。
その為にジェスの夫のキモチなんて全く関心がない(笑)
激しいミリーにぴったりの、優しく常識的なジェス

個性的なメークに、がんの進行というのもあってのトニコレ的役作りでしょうが、
アップが多いのであのアイライン、結構怖かった
ドリューは妊婦という設定以前にちょっと太ってましたが、キュートさは変わらず
ミリーの母親役が懐かしのジャクリーン・ビセット!72歳だとか!美しいです

友情は、性格が正反対の場合の方が上手くいくという見本のような設定でしたが、、
あなたの親友はいかがですか?

去年の今頃( ^ω^)・・・
俺物語!!
上映時間 105分原作 河原和音(原作):アルコ(作画)脚本 野木亜紀子監督 河合勇人音楽 岩崎太整主題歌 槇原敬之 『NO.1』出演 鈴木亮平/永野芽郁/坂口健太......

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリエッタ JULIETA

2016-11-20 19:41:41 | the cinema (サ行)

上映時間 99分
製作国 スペイン
原作 アリス・マンロー『チャンス』『すぐに』『沈黙』(新潮社刊『ジュリエット』所収)
脚本:監督 ペドロ・アルモドバル
出演 エマ・スアレス/アドリアーナ・ウガルテ/ダニエル・グラオ/インマ・クエスタ/ダリオ・グランディネッティ/ミシェル・ジェネール/ブランカ・パレス

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けていない苦悩を内に秘めていた。ある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、めまいを覚えるほどの衝撃を受ける。12年前、ひとり娘のアンティアは理由も語らずに、突然姿を消してしまったのだ。ジュリエッタはそれ以来、娘には一度も会っていない。忘れかけていた娘への想いがよみがえる。ジュリエッタは、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始めるのだった……。

カナダのノーベル賞作家アリス・マンローが2004年に発表した『ジュリエット(Runaway)』。 同一主人公でありながら独立した短篇「チャンス」「すぐに」「沈黙」の3編をアルモドバル自身がひと続きの物語として脚本化したもの。
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』と同じアリス・マンローの原作なので結構期待してましたが、
観る方の年代・経験値にもよるかも知れないけれど、私的にはちょっと肩透かしだったかなぁ。


冒頭から「ボルベール」「私が、生きる肌」を彷彿とさせるアルモドバル調の色彩、構図に
期待は膨らみましたが、
この物語の核である「母の秘密」が、え??であったことに少なからず落胆.....

先に観た邦画「湯を沸かすほどの熱い愛」では、母に去られた母娘の怒涛の数か月でしたが、
コチラは、娘に捨てられた母の孤独と苦悩が描かれています。。。

が、――
12年後のジュリエッタは、同じ母親としてある程度理解できるものの、
若き日のジュリエッタ・・・って
特にアンティアが思春期に入っても立ち直れないのに、
居なくなった途端活動できるなど、、ちょっと理解できないキャラだったし、
母親ではなく、ずっと女だった。
なんだかアンティアの方が、ずっと母親に青春を奪われていたから、
新しい友人に、依存していったのではないかと、、そんな気がしました。。。

母の秘密に関しては・・・
娘にしてみれば、だからどうなの?となるか、
ホントのコト打ち明けてくれてありがとう、となるのか…
ま、私なら前者ですね
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

2016-11-18 19:33:55 | the cinema (サ行)

上映時間 118分
脚本 エドワード・ズウィック /マーシャル・ハースコヴィッツ
監督 エドワード・ズウィック
出演 トム・クルーズ/コビー・スマルダーズ/ダニカ・ヤロシュ/ロバート・ネッパー/オルディス・ホッジ/パトリック・ヒューシンガー/ロバート・ネッパー 

リー・チャイルドのベストセラー・シリーズをトム・クルーズ主演で映画化した大ヒット・アクション「アウトロー」の続編。原作シリーズの18作目『ネバー・ゴー・バック』を基に、スパイ容疑で逮捕されたかつての同僚ターナー少佐の潔白を証明すべく、巨大な陰謀に立ち向かうジャック・リーチャーの活躍を描く。
元陸軍内部調査部のエリート軍人で、今は放浪の旅を続ける一匹狼の流れ者、ジャック・リーチャー。ある日、かつての同僚スーザン・ターナー少佐を訪ねることになったリーチャーだったが、彼女がスパイ容疑で逮捕されたことを知る。何らかの陰謀に巻き込まれたに違いないと直感し、すぐさま拘禁されているターナー少佐を脱出させ、2人で逃亡を図る。そして執拗に迫る追手をかわしつつ、ターナー少佐の汚名をそそぎ、軍内部に蠢く陰謀の正体を明らかにすべく奔走するリーチャーだったが…。

コチラも公開初日鑑賞。
前作「アウトロー」は観ていませんが、ストーリーも解りやすく十分楽しめました。

ストーリーや追い求める謎も概視感は否めませんが、
予想できる展開であっても、テンポがいいので退屈なし
アクションもド派手ではなくても、やっぱりスタントなしのトムの生アクションは
重量感もあって、リアルですよねー痛さが響いてきます!


ターナー少佐の救出に始まって、脱出!逃走!
そして娘と名乗るサマンサを救出し、また逃走!と、
とにかく作品の60%ほどは、メインの3人は走ってるのですが、それがまた凄いスピード感で
でも、トムちんがいるから、なんか安心(笑)

執拗に彼らを追い詰める敵が、これまた元軍人で半端なく強いのも面白かった
そしてその敵の中に、どこから見ても悪人の(笑)プリズン・ブレイクのティーバッグがっ(笑)

サマンサの登場は、無理やり感があったのですが、
(金髪のまま髪をなびかせて走るのは目立つやろーー!)とツッコみたくなりましたが、
おかげでハラハラできたので(笑)やっぱソコを狙ってのコトなんだなあ~と納得
そして、孤独な流れ者に思いがけず芽生える家族的キズナ
初めてなのに、どこかで見たような印象のダニカ・ヤロシュちゃん、可愛かったです
コメント (4)   トラックバック (17)
この記事をはてなブックマークに追加

今度はBSの恭子ちゃん♪

2016-11-17 14:27:38 | Weblog


11/23(水)17:00~19:00 【BSフジ・181】
 <午後の名作ドラマ劇場>★市川崑監督、幻の傑作今再び!
  鈴木京香 小林薫 浅野ゆう子 小泉今日子 深田恭子ら豪華キャストを迎え、ドラマ化!!
  『黒い十人の女』
テレビ局のプロデューサー風松吉(小林薫)には、十人の女がいた。女優の石ノ下市子(鈴木京香)。出入りのコーヒー屋・三雲三輪子(小泉今日子)。アナウンサーの四村塩(深田恭子)。演出助手の後藤五夜子(小島聖)。総務部の虫子(松尾れい子)。受付の七重(冨樫真)。衣装部の八代(唯野未歩子)。食堂のウエイトレス・櫛子(一戸奈未)。広報課の十糸子(木村多江)。  本妻の双葉(浅野ゆう子)は、もちろんこれを承知しており、いまではこれらの女たちと友達のような関係になっていた。  だが、女たちは風のことを仕方がないと思いつつも苛立ちを覚えはじめていた。愛する者が自分のものにならず、誰にも優しいことに。  やがて、この秘めた感情は、風を亡きものにしようという殺意へと変わっていくのだった。


2002年の「ゴールデンシアター特別企画」として放送された単発ドラマ☆
14年前の恭子ちゃんですが、この時の共演者の方々と、
今でも映画やドラマで共演しているというのが、実際凄いことだと思います。

この作品の翌年「阿修羅のごとく」で小林薫さんと共演。
小泉今日子さんとはこのドラマから6年後に「僕らの音楽」で女子トーク
7年後に、絡みはなかったけれど小林薫さん、木村多江さんと「黒部の太陽」
その翌年は鈴木京香さんと「セカンドバージン」で女のバトル(笑)
同年には「夜明けの街で」で木村多江さん。でも、絡みはなかったですね(^^;
木村多江さんとは、「大奥〜もうひとつの物語〜」「平清盛(2012)」と共演してます
二人とも着物姿が美しいですからね時代劇も似合ってます




久しぶりに恭子ちゃんのロケ目情がありましたが、
可笑しくもムネアツのヒョーマンドラマとなるのでしょうか~
現時点で撮影開始で公式発表がないところで、映画かも??と想像してますが…
真相はどうでしょうか~楽しみが出来ました



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

恭子ちゃん雑誌♬

2016-11-10 19:14:51 | Heart pink

週プレ
11月07日 発売中~<<Amazon>> << Fujisan.co.jp>>


andGIRL (クリックでオフィシャルサイト)12月号 ♪
11/11発売!
 

今週は女子にも男子にも嬉しい週でしたね

昔もいまもこれからも!私たちアラサーの希望の星!
「ずっと見ていたい」深田恭子

おばちゃんだって憧れるわ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種まく旅人~夢のつぎ木~

2016-11-09 23:41:18 | the cinema (タ行)

心の種はやがて大きな花を咲かせる
上映時間 106分
脚本 安倍照雄
監督 佐々部清
高梨臨/斎藤工/池内博之/津田寛治/辻伊吹/海老瀬はな/安倍萌生/升毅/吉沢悠/田中麗奈/永島敏行

日本の第一次産業で働く人々の人間模様を描く「種まく旅人」シリーズの第3弾。岡山県赤磐市を舞台に、新種の桃の品種登録を目指すヒロインと、東京からやって来た農林水産省の若き官僚が、互いの夢を通して心を通わせていく姿を描く。
桃の名産地として知られる岡山県赤磐市。市役所で働きながら桃を育てる27歳の片岡彩音。女優を夢見て東京に出たものの、兄の病をきっかけに帰郷し、彼の死後はその遺志を継いで新種の桃“赤磐の夢”の品種登録を目指していた。そんなある日、農林水産省の職員・木村治が桃栽培の現場調査を訪れる。最初は軽薄に見えた治に反感をおぼえた彩音だったが、様々な現場を案内して回るうちに、日本の農業政策を改革したいという彼の情熱を理解するようになっていく…。

彩音は女優の夢を諦めて、兄の夢だった新種の桃「赤磐の夢」を品種登録することに懸けている。
その兄もまた天文学者を志しながらも、妹たちを育てるため、家業家業を継いだのだった。
そんな彩音の住む町に農水省の、良く喋る男・木村が現れ、案内役を頼まれる。。。
木村もまたお役所仕事の中で、本来の自分を見失いかけていて…―


人は誰も、種を蒔かずして収穫の時を迎える事はできない。

種を蒔き、芽吹いたら栄養を与え、花が咲いたら手を添えて、実がなったら守り…
本当に、これは人生のようです。

夢という種を蒔き、愛情を与え育て、絆を強くし、、それが困難な時期に力になる。
まさに、それを教えてくれる彩音の頑張りであり、
彼女を見守る周囲の人たちであり、
木村にとっての出発点である兄夫婦であり、農水省の上司の太田の眼差しであろう。

この物語には悪い人は一人も出てこない。
ただただ、人手不足という厳しい現実と、品種登録というお墨付きを得る事の困難さがあり、
頑張るヒロインの、親戚のおばちゃんになったような気になり、(私ですが
胸があつくなるシーンもありました。

「此処はどこだ?」と訊かれて、「赤磐・・」と答えて微笑みあえる...。
そこが凄い。ってか、羨ましい

後継者不足、地方の高齢化など、深刻な問題も隠れているけど、
愚痴らず精一杯走り回るヒロインも素敵だったし、
最初は空回り気味の木村を演じた斎藤工さんがエロくなくて(笑)よかった


その木村の兄貴夫婦が、最初の「種まく旅人~」の吉沢悠くん&田中麗奈ちゃん♪
この二人は佐々部監督作品「夕凪の街 桜の国」にも出演してましたね。
そして、シリーズを通して農林水産省の太田役に永島敏行さんですが、彼は農林水産物に詳しく、
わが街でもマルシェを定期的に開催されているので、
生トウモロコシを頬張るシ-ンは似合いすぎてて笑った

やたら桃が食べたくなりますが、あの桃の香りのお酒!飲んでみたいです
佐々部監督らしく、派手なところはないけど、温かく爽やかなドラマです
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湯を沸かすほどの熱い愛

2016-11-07 23:00:27 | the cinema (マ・ヤ行)

最高の愛を込めて、葬ります。
上映時間 125分
脚本:監督 中野量太
宮沢りえ/杉咲花/駿河太郎/篠原ゆき子/伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー

銭湯“幸の湯”を営む幸野家。しかし父の一浩が一年前に蒸発してしまい、銭湯は休業状態に。母の双葉は代わりにパン屋でパートをしながら中学生の娘・安澄を育てている。そんなある日、突然倒れた双葉は、ガンで余命2ヵ月と非情な宣告を受ける。ショックを受けつつも、現実に気丈に立ち向かい、家出した夫の捜索や銭湯の再開、学校でイジメに遭っている娘を叱咤して独り立ちさせる、といったやらなければならないことをリストアップし、すぐさま行動に移す双葉だったが…。

時間が出来た時、丁度待ち時間なく観られるのがコレしかなかった。
評判も良かったので迷わずチケット購入。
正解でした。ってか、この出会いに感謝!
心地よい2時間を過ごせました。。。


飄々とした一浩@オダギリジョーと、
懐の深い、けれど、現実をみつめて真剣勝負の双葉@宮沢りえの夫婦の落差に笑い、

娘の危機に凛として一歩も譲らない母の姿に共感し―、
彼女(双葉)のこれまでの子育ての真意に触れた時も、
たぶん、独りだったら大人気なくしゃくりあげて泣いていた。。。

双葉が行動を起こす度、
娘の知らなかった家族の秘密が暴かれていくのが衝撃ですが、
その全てが感動に繋がっていく後半――。

この物語には様々な母親が隠れています。
子供を捨てて男に走った母親、
産んでもいない子をわが子として育てる母親。
子供の将来を案じ、離れてしまった母親。
捨てたわが子が会いに来ても認めず断固会おうとしない母親――

家族の愛を知らない、目標を見出せず彷徨ってる青年に出会った時も、
母を亡くした意味も解らない探偵の幼い娘にも、嘘のない愛情で向き合い…

妻として、母として、女として、そして娘としても、
最後まで偽りのない自分の愛を燃焼させた双葉が残したもの…―



愛は この愛は あなたにも言わない
会いたいな 会えないな
今そっと手放すよ

花の名前を知るとき あなたはいない
会いたいな 泣きたいな
でも全部抱きしめて

生きていくの
           .......きのこ帝国「愛のゆくえ」


親として、その前に女として、、
自分の生き方を考えさせられる作品でした
コメント (2)   トラックバック (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

2016-11-05 21:01:17 | the cinema (ハ行)

上映時間 123分
原案 ヘレン・フィールディング
製作国 イギリス/フランス/アメリカ
監督 シャロン・マグワイア
音楽 クレイグ・アームストロング
レニー・ゼルウィガー/コリン・ファース/パトリック・デンプシー/ジム・ブロードベント/ジェマ・ジョーンズ/エマ・トンプソン

前作から12年後のブリジットを描く第3弾。
すっかりアラフォーとなってしまったブリジットは、テレビ局の敏腕プロデューサーとして順調にキャリアを積んでいたが、プライベートでは残念なことに未だ独身。
ダニエルは事故で亡くなり、マークも別の女性と結婚してしまっていた。そんなある日、ブリジットは野外ロック・フェスでイケメン実業家ジャックと出会い、お酒の勢いでそのままベッドイン。ところが数日後、マークと気まずい再会を果たすも、“妻と別れた”という彼の思いがけない告白に気持ちが高ぶり、こちらでもまさかのベッドイン。それから数ヵ月後、ブリジットのオメデタが判明する。しかし肝心の父親がジャックかマークか分からず、そのことを2人に告げるブリジットだったが…。



前作のラストから7年も付き合って別れたマークとの決定的な理由は明らかではないが、
別れて5年経って、、43歳のバースデイも独り。
若さと体重と恋人を失った代わりに、キャリアを得て――

なのに、同僚と行ったロック・フェスでのハプニング、
その後ダニエルの葬儀でマークと再会すると、一気にモテ期に突入のブリジット♪
それまで自分の卵の消費期限を心配していたのが、別の心配になるというハプニング
まあ・・こういう、、、どんなタイミングなんだよ~っっていうコトは
案外リアルでもあるのかもしれませんが(笑)

今回も楽しくて紳士的なジャックと、相変わらず不器用で不愛想なマークがお相手。
でも――、敏腕プロデューサーとなったブリジットは…―


パトリック・デンプシーは今でも「魔法にかけられて」の王子っぽく
ディズニーネタでクスリとさせてくれます。今年50に見えない。

そこでレネーが43歳という設定の割に、もの凄くお肌がアレで言葉が出ないくらい驚いた
日本の女優で言えば43歳だと松嶋菜々子、篠原涼子。47歳でも石田ゆり子。なので、
彼女たちより10は老けて見えるこの、今回のブリジットがニンシン・・にもの凄~く感動(爆)
で、
結局どっちの子?
それとも3人で仲良く育てるの?
・・・それは観てのお楽しみ
コメント (2)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

恭子ちゃん“シュールCM”第2弾♫ 

2016-11-04 21:17:38 | Heart pink

「UQ mobile」新CM「のりかえる長女」編❤
<深田恭子>多部未華子、永野芽郁の美しき3姉妹 キレキレ?UFOダンス

深田恭子の“シュールCM”第2弾 多部未華子&永野芽郁とのダンスも再び 
「UQ mobile」新CM「のりかえる長女」編






コメント
この記事をはてなブックマークに追加