to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

信さん・炭坑町のセレナーデ

2016-05-25 21:36:49 | the cinema (サ行)

あの頃、だれもが一生懸命でまっすぐだった
製作年 2010年
上映時間 1時間48分
原作 辻内智貴 『信さん』小学館刊
脚本 鄭 義信
監督 平山秀幸
出演 小雪/池松壮亮/石田卓也/柄本時生/小林廉/中村大地/金澤美穂/村上淳/岸部一徳/大竹しのぶ

もう6年前の作品になるのですね・・。
当時観たいリストに入れながら、地元公開がなく観そびれていましたが、
先日TOKYO MXキネマ麹町でやってくれました♪

「必死剣 鳥刺し」「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男」-「エヴェレスト 神々の山嶺」の平山秀幸監督作品

昭和38年。福岡県の炭坑町に小学生の守(中村大地〜池松壮亮)と共に帰って来た美智代(小雪)は、ある日、悪ガキたちに囲まれた息子を“信さん”と呼ばれる少年(小林 廉〜石田卓也)に助けてもらう。
親を早くに亡くして、街では厄介者のように扱われている信さんは孤独だったが、事件を機に優しく接してくれる美智代にだけは心を開くようになる。


都会からこの小さな炭坑町に越してきた、大人しい少年・守が、
ひとつの出会いによって町に馴染み、逞しく成長していく一方で、
その出会いはまた、信さんにとっても生涯をかけた大切な出会いになり、、、
けれど、信さんにもこの炭坑町の大人たちにも、
高度成長の時代の波は、確実に直ぐ傍まで押し寄せてきており、
厳しい現実は容赦なく、子供時代を奪っていく…―

優しさに餓えた日々の中で、信さんにとって美智代は特別な存在になる。
それは母親への愛のようであり、淡い恋心のようでもあり…大切に一途に想って成長する過程が
妹や守の目線で捉えられたりしながら描かれていくのが楽しく、

美智代も嫉妬や羨望の中でひとり子育てをしながらも、息子とは違う、
自分を慕う信さんを、特別な愛情をもって関わり続けるが…
それは、最初の出会いから、
痛みを包み込む彼女の優しさと、誰からも愛を受けられなかった少年の
自然でピュアな心の結びつきだと、、自然に受け入れられる。。。

池松壮亮くん目当てで観たかった作品でしたが、
聖女のようなバツイチの美智代@小雪も、
“信さん”の想いを知る守@池松くんの九州男児っぽさも、
虐めに遭いながらも家族で支え合う李親子の岸部一徳、柄本時生も、
なりふり構わず生きて、貧しさと闘う“信さん”の育ての親の大竹しのぶさんも凄くよかった。


ひとの心の純粋さと、強さに触れて
何度かたらたらと涙が流れてしまうシーンがありますが、
後味は優しい、素敵な作品でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恭子ちゃんテレビ♪

2016-05-21 22:23:35 | Weblog


5/23(月)20:30〜23:00 【BS朝日1】
犬神家の一族
出演 石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子松坂慶子、萬田久子、深田恭子、中村敦夫、仲代達矢

2006年の作品なので、もう10年経つのですねぇ〜。
これは豪華女優陣との共演でしたが、恭子ちゃんの清楚な美しさがインパクトありました
恭子ちゃんの役は、30年前(公開時点で)には坂口良子さんが演じられた役で、
出演シーンは短いのですが、恭子ちゃんの美しさは隠せない1本♪


当時の舞台挨拶時の恭子ちゃん

去年の記事・・・
ジョーカー・ゲームから
久しぶりに映画「ジョーカー・ゲーム」からの情報♪発売日が8月12日だなんて、恭子ちゃんも亀梨くんも8月は舞台があるし、なんだかご褒美が待ってる夏〜って感じです私としては「...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

64-ロクヨン-前編

2016-05-14 22:18:47 | the cinema (ラ・ワ行)

犯人は、まだ
昭和にいる。

上映時間 121分
原作 横山秀夫
脚本 瀬々敬久 久松真一
監督 瀬々敬久
出演 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/菅田俊/瑛太/吉岡秀隆/永瀬正敏/三浦友和

横山秀夫の傑作ミステリーを豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の前編。
7日間で幕を閉じた昭和最後の年、昭和64年。そのわずかな間に少女誘拐殺人事件が発生。それは刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点を残し14年が過ぎ去った……。
時効まであと1年と迫る平成14年。当時“ロクヨン”の捜査にあたった刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。三上は時効が迫ったロクヨン解決のために動き出すが、そこに巨大な壁が立ちはだかる。記者クラブとの確執、キャリア上司との対立、刑事部と警務部の軋轢……。そんななか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する……。


公開初日の夜の回、観てきました。
普段は大抵、情報を入れずに映画を観てきているので、最近ドラマ版を観たばかりで
こういうミステリーが(しかも前後編)どこまで愉しめるか、不安でしたが、
ぃや〜〜っ流石のキャスト陣!ぐいぐい引き摺りこんでくれました。
面白かったです!


とある県警。
ある交通事故の被疑者の実名を公表するか否かで、県警と記者クラブとで激しい攻防が繰り広げられている。
この仕切りを任されているのは警務部の広報に異動になったばかりのベテラン警察官・三上。
この県警の抱える未解決の少女誘拐殺人事件“ロクヨン”の担当刑事だった。
そして、彼は恐らくは精神疾患(醜形恐怖症)だと窺わせる高校生の父親でもあり、
家庭の悩みも抱えながら、再び“ロクヨン”と関わっていく…―

三上は、県警と記者クラブの板挟みで窮地に立たされ、あるいは本庁と県警の板挟みになり
また、対立する刑事部と警務部との板挟み、情報を得られない中で、被害者家族と関わっていく。。

もの凄い数の登場人物ですが、それぞれの立ち位置がしっくりするキャスティング。
広報官三上を支える若手の綾野剛。
三上を窮地に追い込む尖がった記者の瑛太。かなりイイです(笑)
タカピー警務部長の滝藤賢一、その部下の調査官仲村トオルちゃんのキャラは
ドラマ「刑事の勲章」と同じ(笑)
そして“ロクヨン”関係者の永瀬、窪田、吉岡秀隆、菅田俊、何れもぴったり


この前編は、ミステリーとしてはプロローグでも、
ヒューマンドラマとしてはちゃんとクライマックスもある。

警察という特殊な舞台ではあるけど、社会はこんなにも生き難い。
だけど、様々な困難と闘って、大人は子供を護ろうと必死に生きている。

この2時間で描かれる三上の孤独な闘いに胸が潰れそうになる。
が、
これは、大人だけでなく、これから大人になる世代にも観て欲しい作品。
来月の後編も楽しみです♪
コメント (4)   トラックバック (18)
この記事をはてなブックマークに追加

私たちまた・・・

2016-05-12 21:19:52 | Heart pink
深キョンに恋しています


いつまでも変わらない可愛さがミラクル........andGIRL 6月号

この、「私たちまた、」っていうのが、イイ
だって、「思い出しても恥ずかしいデス」って言ってた10代の頃から
ずっと、その年齢の可愛さを追求して、努力して。
いつも言葉少なだけど、
ちゃあんとその時必要な自分に出会えてるって感じを受ける。



恭子ちゃんのミラクルな可愛さは、
それはそのまま、ミラクルな心の可愛さから――
Q&A読んでにまにましちゃってね〜

1年前の記事、、、
『100万回生きたねこ』恭子ちゃん頑張ってるよ
『100万回生きたねこ』で深田恭子が初舞台に挑戦常々、恭子ちゃんは臆病だけど大胆、女の子らしい可愛さと、きっぱりとした男気が同居しているって思ってました....オトコマエ...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまで経っても、、、

2016-05-07 22:29:08 | Weblog


何年経っても・・・
恭子ちゃんドラマが終了したあとの長き不在の寂しさに慣れないです〜。

で、だいたいそんな恭子ちゃんロスを埋めるのは
恭子ちゃんの過去作品の中でも、
春には春のドラマ、
夏には夏ドラをチョイスするのですが、(例外は「神すこ」「フレンズ」「SOS」)
今回はいつもの「農家の〜」を観たあとは「専業主婦探偵〜」にどっぷり

面白くて、切なくて、そのバランスが絶妙だったなあ〜

↓またお借りします。だって、とってもイイ編集なんですもの
【Puppy love】 ふみくん 【Perfume】

CSをご覧になれる方、現在【テレ朝チャンネル1】で『富豪刑事デラックス』を放送中。

【映画・chNECO】で『超高速!参勤交代』が放送されます。
  5/13(金)21:00〜23:00


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイアムアヒーロー

2016-05-02 21:54:44 | the cinema (ア行)

ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。
上映時間 127分映倫 R15+
原作 花沢健吾『アイアムアヒーロー』(小学館『ビッグコミックスピリッツ』連載)
脚本 野木亜紀子
監督 佐藤信介
出演 大泉洋/有村架純/長澤まさみ/吉沢悠/岡田義徳/片瀬那奈/片桐仁/マキタスポーツ/塚地武雅/徳井優/風間トオル
漫画家アシスタントとして最低な日々を送る35歳の鈴木英雄。ある日、徹夜仕事から帰宅した英雄は、異形の姿に変貌した恋人に襲われかける。辛くも逃げ出した英雄は、同じように異形の者が人々を次々と襲い、襲われた人間もまた異形の者へと変貌していくさまを目の当たりにする。やがてそれは“ZQN(ゾキュン)”と呼ばれ、謎の感染パニックが日本中で起きていることが分かってくる。標高が高いところは感染しないという情報を頼りに富士山を目指した英雄は、その道中で女子高生の比呂美と出会い、ひょんな成り行きから一緒に行動を共にするのだったが…。
ひとりでは〈危険〉です!っていうので(笑)邦画好き友人と観てきました♪
吉沢悠くんが出るというので気になってはいましたが、
ホラーは苦手だしスルー予定でしたので、全く予備知識なく行ったら、
コレが凄かった(笑)
まあ、ゾキュンのビジュアルはともかく、R15+も納得のグロさ。
全編血みどろ、アレやこれや飛び散ります


ダメ男の主人公・英雄は、漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。
ある日突然、彼女の異形の変貌ぶりを目にし、あっという間に謎の感染パニックに陥る。
趣味のクレー射撃用ライフルを持ち出していたけど、
英雄にとって、それは単にお守りのハズだった・・・

ゾキュンは吸血鬼のように血を吸う訳ではないが、噛まれると感染しゾンビ化。
やはり音に反応するらしい。
そして、記憶は残るらしい。

そんなゾキュンから身を守り、仲間と生き延びる事はできるのか!?
そしてただの英雄(ヒデオ)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?


いやあ、、、2度ほど大きく飛び上がり(帰りに笑われました
こうも全編ゾキュンだらけだと、案外見馴れてきた部分もありました(爆)

車での逃走シーンとか、最後の敵との対決なんかは迫力あり、監督が
GANTZ図書館戦争の佐藤信介監督というのも観終わって気づいた次第。成る程〜です!
そして、悠クン、岡田義徳くん、片瀬那奈さん、風間トオルさんまで!!
その意外性が面白かったです♪
コメント (6)   トラックバック (23)
この記事をはてなブックマークに追加

今月の気になる作品♪

2016-05-01 22:14:08 | Weblog


熊本地震から半月。
熊本や大分に大きな爪痕を残し、沢山の方が不自由な避難生活の中でこのGWを迎えられ、
いまだに余震に眠れぬ夜を過ごされている事を思うと
ただ祈る事しかできないのがもどかしいですが、
本当に、一日も早く余震が収まり、最後の不明者がみつかりますようにと願っています。

それでも九州新幹線の復旧の速さ!!凄いです!
いろんな処で皆さんが頑張ってらっしゃるんですよね!
被害を受けてない私たちは、自粛よりも日常に出来る事、、
頑張って働いて税金を被災地に使ってもらい、
恐らくこれから長くかかるであろう復興の為に息の長い募金にも協力したいですね。

さて、今年は私的にはGWとは言えないSWですが、皆さんはいかがですか?
先月の「スポットライト」「アイアムアヒーロー」の感想がまだですが
今月は気になる4本の鑑賞前に、がんばって簡単にでも記事にしたいと思っています。

5/07 公開
64-ロクヨン-前編
 佐藤浩市/綾野剛/緒形直人/瑛太
先日のドラマ「刑事の勲章」も面白かったし「陰の季節」シリーズも好きなので
横山秀夫原作モノは映像化すると面白いと、期待

5/14 公開
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス
鈴木亮平/清水富美加/柳楽優弥/安田顕
アノ、純情で変態のヒーロー、色丞狂介が帰ってきます
前回は友人と新宿で待ち合わせて観たのですが、今回はナント、地元公開あり〜
東京では5月7日深夜にMXTV2で、前作がOAされるようです。勇気あるなあ〜(笑)

心霊ドクターと消された記憶
エイドリアン・ブロディ
娘を亡くした悲しみを拭いきれない精神分析医の、自身の失われた記憶の旅路!
今月の私的目玉、なんですが、、地元上映はなく角川シネマ新宿
できたらお休みの日、新宿で↑↓2本はしごで、うまく観れたらいいなあ・・・

追撃者
マイケル・ダグラス/ジェレミー・アーヴァイン
これはひたすら最後が気になっているだけシネマート新宿



シャーリーズ・セロン出るけど、、『スノーホワイト』はパスかなあ・・・
邦画2本、洋画2本って、なんか珍しい(笑)
1年前は・・・
今月の気になる作品♪
今年のGWはまずまずお天気に恵まれそうですが、皆さんの地域は如何でしょうか?今日から5月。そして映画サービスデイですよ〜♪とは言うものの、先月楽しみにしていた2本の中の1...
コメント (6)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

春ドラスタート♪

2016-05-01 10:02:55 | Weblog

各局、春ドラが出そろったようです♪
新年度のスタートらしく、お仕事ドラマが多い印象でしたが、
相変わらず弁護士モノ、入ってますね〜。
そして私の好物、ラブものも多いんですが・・・・
さて、今季は何作完走できるでしょうか
☆は独断と偏見の個人的満足度、初回を観ての簡単感想と、初回視聴率を記しておきます。

 ラブソング ☆☆☆★ 
月曜)21:00〜21:54 <フジテレビ>10.6%
脚本 倉光泰子
福山雅治、藤原さくら、菅田将暉、夏帆、
ココロの傷を隠し、チャラ男を演じている元ミュージシャンで企業カウンセラーの主人公と
吃音症の孤児のヒロインが出会い・・・という第1話はそれなりに引きこまれたけれど、
なんとなくちょっとドロドロの人間関係を予感させて、、、
どこまで観れるかな〜…?


 重版出来! ☆☆☆☆ 
火曜)22:00〜22:54 <TBS>9.2%
原作 松田奈緒子「重版出来!」
脚本 野木亜紀子
黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎、荒川良々
漫画家と出版社を描いたモノって、映画「バクマン。」(記事書いてないがあるけど
コチラは体育会系女子がヒロインなんだけど、堪える女じゃない黒木さんが新鮮♪
坂口クン、松重サン、荒川良々サン、安田顕サンと脇も贅沢!、
各話(漫画家)ゲストもイイ感じ


 世界一難しい恋  ☆☆★ 
水曜)22:00〜23:00<日本テレビ>12.80%
脚本 金子茂樹
大野智、波瑠、小池栄子、北村一輝
脚本の金子さんは「今日は会社〜」の方らしいけど、アレは原作が漫画で、
今回はオリジナルということらしいけど、、私にはどうも合わないみたいで、、
キャストは結構好感持てる方ばかりなのに、笑いのツボがかすりもしない残念!


 グッドパートナー 無敵の弁護士  ☆☆☆★ 
木曜)21:00〜21:54 <テレビ朝日> 12.9%
脚本 福田靖
竹野内豊、松雪泰子、賀来賢人
スマートでブリリアントな弁護士・・・の、実はカッコ悪い素を暴き出すのも
見るからにカッコイイ二人だから笑える。そして、
「逃げる女」ではマジな刑事だった賀来賢人くんが、実はコメディのセンス抜群なのに驚いた!
これきっと完走する♪


 私 結婚できないんじゃなくて、しないんです ☆☆☆☆ 
金曜)22:00〜22:54 <TBS>10.30%
原作 水野敬也「スパルタ婚活塾」
脚本 金子ありさ
中谷美紀、藤木直人、徳井義実、大政絢、瀬戸康史
コレ、タイトルがなんだかなあ〜で、期待してなかったら、いやん、おもろー
中谷さん演じるヒロインに、アルアル感あったあった感満載
俺様な藤木さんは、テレ東LOVE理論の愛之助さんがのり移ったかと思って、ワロタわ


 お迎えデス。  ☆☆☆
土曜)21:00〜21:54 <日本テレビ> 10.30%
原作 田中メカ「お迎えです。」
脚本 尾崎将也
福士蒼汰、土屋太鳳、鈴木亮平、門脇麦、
う〜ん、、、8時台か、深夜のほうがいいような気がしました。。。

 99.9 −刑事専門弁護士− ☆☆☆★ 
日曜)21:00〜21:54 <TBS>15.50%
脚本 宇田学
松本潤、香川照之、榮倉奈々
タイトルになっているのは有罪率。―無実を証明できる確率が0.1%でも、そこを探り
立証していく風変わりな弁護士のJK(笑)結構好き〜〜
これは気楽に観れるし多分完走します♪


 ゆとりですがなにか ☆☆☆☆ 
日曜)22:30〜23:25 <日本テレビ>9.40%
脚本 宮藤官九郎
岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラ、太賀、
コレは面白い!
数年前から一部映画館で流れている“貝社員”を想い出してしまう岡田クンと桃李クンの周辺人物たち。
やっぱりクドカン作品って、面白いだけじゃないリアルな社会現象もコミカルに描いて、でも深い。
これは完走しそうです!


新年度が始まって1ヶ月経つというのに、相変わらず忙しない日々を送っていますが、
若い人にシゲキを受けつつ(笑)
春の花々に癒されつつ
そしてドラマに元気をもらいながら、明日はも少し頑張ってみようと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レヴェナント:蘇えりし者

2016-04-23 23:23:50 | the cinema (ラ・ワ行)

THE REVENANT
上映時間 156分 映倫 R15+
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ
音楽 坂本龍一
出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース
1823年、アメリカ北西部。狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。ヘンリー隊長をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるベテラン・ハンターのヒュー・グラスとその息子ホーク、グラスを慕う若者ジム・ブリジャーや反対にグラスに敵意を抱く荒くれハンターのジョン・フィッツジェラルドなどが一緒に旅をしていた。ある時、一行は先住民の襲撃を受け、多くの犠牲者を出す事態に。混乱の中、グラスたち生き残った者たちは船を捨て陸路で逃走することに。そんな中、グラスがハイイログマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。ヘンリー隊長は旅の負担になるとグラスを諦め、ブリジャーとフィッツジェラルドに彼の最期を看取り丁重に埋葬するよう命じるのだったが…。

公開初日の夕方の回、観てきました。
ほぼ予想通りの展開ながら、2時間半という長さを全く感じさせない極寒の旅!
レオの凄まじい演技に心を掴まれ、深く入り込んだ2時間半。面白かったです

偵察中にグリズリーと出くわしたグラスは、瀕死の状態で、
目の前で最愛の息子を殺された怒りと絶望を生きる力に変えて、死の淵から蘇り、
文字通り命を懸けてフィッツジェラルドを倒すべく後を追います――

武器も奪われ、食料も無く、何度も死の淵に立たされながらも執念で生き延びる!

敵は仇と狙うフィッツジェラルドだけではなく、
荒涼たる雪原では、クマもオオカミも、先住民も、誰もがサバイバル。
そんな過酷な旅でネイティブ・アメリカンとの交流、
その裏で、フランスの商人たちの悪行なども描かれ、
大自然の中で、餓えと寒さと孤独と戦うグラス@レオが凄いです!!


グラスが追いかける息子の仇、裏切者フィッツジェラルドには、レオのたっての希望で
『インセプション』でも共演したトム・ハーディ。
荒くれハンターとして、レオとはスタント無しの壮絶な戦いが見ものです

そして、そんなフィッツジェラルドが可愛がってる孤児ブリジャー役に、
リトル・ランボーズ』『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』
最近では『メイズ・ランナー』にも出ていたちょいワルの似合うウィル・ポールターくん。
今回も持ち味を生かした役どころ

自然光だけで撮ったという迫力の大自然の、壮大で神秘的な映像も素晴らしく、
(マジックアワーといって、1日1時間半程度の黄昏時の撮影にこだわったそう)
坂本龍一の音楽もその自然の神秘と迫力を彩って、、余韻がありました。
静寂と、音の響きと、生き抜くグラスの息遣いが、凄くマッチしていました。。。


世界中の映画賞に輝いた本作。そして、
ついにレオがオスカーを受賞した渾身の演技。ぜひ映画館で!
コメント (6)   トラックバック (25)
この記事をはてなブックマークに追加

さざなみ

2016-04-18 22:47:48 | the cinema (サ行)

上映時間 95分
製作国 イギリス
原作 デヴィッド・コンスタンティン
脚本: 監督 アンドリュー・ヘイ
出演 シャーロット・ランプリング/トム・コートネイ/ジェラルディン・ジェームズ/ドリー・ウェルズ/デヴィッド・シブリー

イギリスの片田舎で穏やかな毎日を送る老夫婦のジェフとケイト。5日後に結婚45周年の記念パーティを控える中、スイスの警察から1通の手紙が届く。それは、50年前にジェフと登山中にクレパスに転落して亡くなった当時の恋人カチャの遺体が、昔のままの状態で発見されたことを知らせるものだった。以来、ジェフはカチャへの愛の記憶に浸っていく。最初は自分と出会う前の話と平静を装っていたケイトも、“彼女と結婚するつもりだった”と悪びれることなく口にする夫に次第に不信感を募らせ、いつしかそれはこれまで積み重ねてきた45年間の結婚生活にも向けられていくのだったが…。

スイスの警察から手紙が届いてから6日間で崩壊していく夫婦の45年。
しかもその週末には、夫婦の一大イベントが予定されており、
その準備に忙しいケイトを尻目に、ジェフの態度が急変する――

50年前の恋人――自分と知り合う前の・・・。
そうはいっても、妻に対して今更正直になるところと、
嘘でも、いややっぱり君を選んだというべきところが違うだろ・・の、ジェフ。

そしてケイトは屋根裏部屋でジェフが隠し持っていた思い出の品を盗み見る―…。


これは、男性と女性で、大きく感想が分かれそうな作品でした。

45年も一緒に過ごしてきたら、50年前の小さなウソは許されるだろう。とか、
だから今正直に話したんだ、なんていうのも、、、ちょっと違う。
ジェフの正直さはケイトの妻としての45年をバカにしてる。。。と感じてしまった。
老いはデリカシーをも忘れてしまうのか・・・カナシイ。。。


最後の名スピーチも、甘えの延長だと感じて、、
・・・でも、このまま目を逸らして46年目を迎えるのかしら?
気になる終わり方でした(笑)
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

恭子ちゃん新CMは♪

2016-04-11 21:00:37 | Weblog


首をなが〜くして待っていました

深キョン×マツコ、姉妹役!?スポーツくじCMで新シリーズ登場
深キョン、大好きな姉マツコと仲良くうなぎ屋さんへ!
「キョウコとお姉ちゃん 誕生日」篇
「キョウコとお姉ちゃん うなぎ」篇
新CMは本日、4月11日(月)から放送されています♪

マツコと深田恭子が姉妹になる 
『スポーツくじBIG』マツコ・デラックスと深田恭子共演


1年前・・・
恭子ちゃんテレビ♪
爽やかゆるい(笑)恭子ちゃんとムロさんのCMで充たされてはいるのですが、それでもやはりドラマや映画の恭子ちゃんが観たいですよね〜。CSなど恭子ちゃんの過去ドラマは結構いろいろ...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルーム

2016-04-09 22:56:26 | the cinema (ラ・ワ行)

ROOM
上映時間 118分
原作 エマ・ドナヒュー『部屋』(講談社刊)
脚本 エマ・ドナヒュー
監督 レニー・アブラハムソン
出演 ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー

7年間もひとつの部屋に監禁されているヒロインと、その間に生まれ、部屋の中しか知らない5歳の息子が辿る予測不能の運命
5歳の誕生日を迎えたジャックは、狭い部屋に母親と2人で暮らしていた。外の景色は天窓から見える空だけ。母親からは部屋の外には何もないと教えられ、部屋の中が世界の全てだと信じていた。2人はある男によってこの部屋に監禁されていたのだった。しかし母親は真実を明かす決断をし、部屋の外には本物の広い世界があるのだとジャックに教える。そしてここから脱出するために、ついに行動を開始するのだったが…。

7年という青春時代を奪われ、
家族の温もりさえ失って、
そんな監禁生活の中で、拉致された当時はまだ17歳の高校生だったジョイは、
ジャックを産み育てる事で、かろうじて精神のバランスと健康を保ってきたという。

脱出してぱっぴーエンドではなく、
社会に戻ってからの母子の姿を描いている―。

現実にもつい先ごろ日本でもあった、誘拐・監禁事件でも、
インタビューに応じていた人やマスコミが声を出せば逃げれたのではないか?といった
無責任且つ無神経なコメントがあったけど、
ここでも同じ。
誘拐犯に傷つけられたジョイの傷を深くえぐるようなマスコミに怒りを覚えます。

ジョイにとっては、家族や社会から閉ざされた“ルーム”
でも、ジャックにとっては、、、いつもママの傍にいてある意味安定していた小さい“ルーム”
彼にとって初めての“世界”は広すぎて・・・
ジャックのセリフにいちいち胸を衝かれてました。。。
未知の世界に向かう事への臆病さ、そして、望む望まないに関係なくしている成長・・・
この作品で言いたかったことの全ては、要所要所で、ジャックの言葉で語られていたと思います。


子供って、素晴らしい・・・
でも、どんなに純粋で素晴らしい子供も、ずっと子供ではいられないのは不幸なことなのか、、
アノ犯人も、インタビュアーも、嘗ては子供だったのに。。。
そんなことを考えるのも、この子役のジェイコブくんがほんとに凄い演技だったからなんですね〜
そして、強さと弱さをみせるママ・ブリー・ラーソンも勿論良かった。

これは女性の方が、より多くを感じ取れる作品かもしれません。
コメント (4)   トラックバック (24)
この記事をはてなブックマークに追加

今月の気になる作品♪

2016-04-03 10:41:20 | Weblog

新年度が始まり、今年は入学式・入社式に合わせたかのように
関東も桜が満開になり、なんとなく気持ちも上がりますよね〜
日頃はゆとりもなく、会社と家の往復をしているだけの私もつい、
桜巡りをしたくなりました♪

でも、また4月は値上げの月でもありますが、締めるところゆるめるところの工夫で
何より健康第一で、映画生活も楽しめたらいいなあと思っています。

さて、今月はアカデミー賞受賞作が続きますね

4/08(金)公開
ルーム
ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ
ブリー・ラーソンがオスカーを受賞した、密室に監禁された母子の脱出を描くドラマ。

4/09(土)公開
さざなみ
シャーロット・ランプリング/トム・コートネイ
結婚45周年目前にして夫の50年前の恋人の遺体が昔のままの状態でみつかり、
そこから崩れていく夫婦の愛の行方―ーう〜ん、気になります!
これもシャーロットがアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

4/15(金)公開
スポットライト 世紀のスクープ
マイケル・キートン/マーク・ラファロ
カトリック教会に蔓延る児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームの執念を描いた実録サスペンス。
権力と戦うジャーナリストたちを描く社会派ドラマ。
アカデミー作品賞、脚本賞をW受賞した作品ですが、、少し重いかも。

4/22(金)公開
レヴェナント:蘇えりし者
レオナルド・ディカプリオ/トム・ハーディ アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督
レオがオスカー主演男優賞を手中にした実話モノ。復讐劇。
凄く楽しみです

ふり返ってみると昨年は6本挙げながら←観たい作品の2本しかみれなかったんでした。
今年のは全部地元上映があるので安心してますが、
話題の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「アイアムアヒーロー」「追憶の森」は
多分観ないと思いマス。


六義園の枝垂桜
寒すぎて真っ暗になるのを待ちきれず(苦笑)黄昏にライトアップされる一枚
こういう時、も少し身長があったらなあ〜と思います。
桜の樹の足元は黒山の人だかり、スマホだらけで、背伸びをして撮りました(笑)

昨年の記事・・・
今月の気になる作品♪
このところの暖かさで、列島のサクラも一気に満開今年も、新入生、新社会人の門出を祝福しています♪今日の日の緊張と幸福感が、何時までも続きますようにそんな今日、せっかくのサ...
コメント (4)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

LOVELOVEなBD♪

2016-04-02 21:34:08 | Heart pink

もう月をまたいじゃったけど・・ゴメンナサイ
ともえちゃん、37歳になったんですねぇ〜!
おめでとうございます

年齢を感じさせない可愛さがよくでている2ショット♪
ともえちゃんが恭子ちゃんをインスタ公開したのは「100ねこ」以来でしょうか?

篠原ともえ、深田恭子とのバースデ−ショットに反響!「ずっと変わらない」「ふたりとも眩しい」

ところで『ダメ恋』ドラマが終わって半月経つのに、
ダメ恋 ストーカー日記」が更新されていますホントにこのチームはイイ
恭子ちゃんのある日のBBA発言〜、
ディーンさんのマトメ方などに触れて、最後は原作者中原アヤ先生のコメントですが、、
原作はまだ続いているんですよね〜・・・
続編、期待しちゃいますよね、、ロスなファンは、、、


1年前・・・
ねこひげ恭子ちゃん♪
深田恭子“ねこヒゲ姿”公開 スタッフ全員が「かわいい」先日ミュージカル『100万回生きたねこ』オフィシャルTwitterでもうすぐビジュアル公開〜と言っていたので楽しみに...

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リリーのすべて

2016-03-28 22:00:25 | the cinema (ラ・ワ行)

あなたの愛で、
本当の自分になれた。

夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。

THE DANISH GIRL
上映時間 120分 映倫 R15+
原作 デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』(講談社刊)
脚本 ルシンダ・コクソン
監督 トム・フーパー
出演 アリシア・ヴィカンダー/エディ・レッドメイン/ベン・ウィショー/セバスチャン・コッホ/アンバー・ハード/マティアス・スーナールツ

舞台はデンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、

内面的には女性でありながら、男性の身体を持って生まれてしまったアイナーは、
1920年代まで男性の画家、としてデンマークで活躍していました。これは事実に基づいた物語。

風景画家として成功を収めていたアイナー・ヴェイナー。
彼の妻のゲルダも肖像画を専門にする画家として活動していたが、結婚6年目の、
芸術家のお遊びだと考え登場させた“リリー”の、ゲルダに衝撃の告白が待っていた。

カミングアウトしてからは、夫として、画家としてのアイナーは消え去り、
皮肉なことに、彼女が描く“リリー”が評判となり、今度はゲルダが画家として評価されるようになる・・・が、
彼女は“リリー”より夫が恋しい…―
しかし封印を解かれたかのような、違和感のない女性としての“リリー”を、
どうしても手放せないアイナーも、苦しんで。。。


今でこそIS(アイエス=インターセックス)や「性同一性障害」という言葉を耳にし、
社会がようやく理解しつつあるのだけれど、今から90年も前、性的違和に対する理解がなかった時代では
「性的倒錯」や「妄想」果ては「精神分裂」と診断され、現代の私たちからみれば恐ろしい事。
寸でのところで脱出するシーンには、心から安堵しました....。

アイナーがリリーとして初めて出会うヘンリクはゲイなのだけど、アイナーは違う。
男性の身体に、心は女性―。女としての人生を手にしたいのですね。
身体も女性になり、子供の頃からの違和感から解き放たれたいと願う夫の思いに、
ゲルダも苦しみますが、愛する人の夢を叶える為に奔走していくことに−―。
そしてそれは、究極の選択を迫られる道へと繋がったのですね.....

最愛の夫が女性として生きたいと願うようになった時、
全て受け入れて協力することが自分にできるだろうか・・・
それは男女の愛を越えた無償の愛。
2人が深く深く認め合い、繋がっているからこその決断で、でも、
ゲルダを想うと胸が張り裂けそうでした。


お互いを認め信頼し合い、幸せな芸術家夫婦であった序盤が余りにステキで
アイナーがリリーとして生きていくというコトは、もう夫婦ではなくなるわけで。。
さりとて、二人の間にまだ大きな愛があるわけで…―

開かれたドアに向かって必死に進むアイナーは、
ともすると自分のことしかもう念頭にない身勝手な存在にもみえるけど、
それも我が身に置き換えたら、そんなことは言えないだろうと思うのですね、、。
エディ・レッドメイン、リリーとしても良かったけどアイナーの翳りが素晴らしい。
だけど、
アカデミー助演女優賞に輝いたアリシアのゲルダの心情に殆どの方が心を持って行かれるでしょう。
泣くに泣けない、そんなラブストーリー。

出演シーンはそれ程でもないけど、アイナーの幼馴染ハンスのマティアス・スーナールツ、
リリーの理解者にもなるヘンリクのベン・ウィショーが二人ともいい味でした〜

1年前は・・・
映画 暗殺教室
よく学び、よく狙え。最高の先生は最強の標的(ターゲット)。上映時間 109分原作 松井優征脚本 金沢達也監督 羽住英一郎音楽 佐藤直紀出演 山田涼介/椎名桔平/菅田...
コメント (2)   トラックバック (16)
この記事をはてなブックマークに追加