銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

KILLERS/キラーズ

2014年11月13日 21時10分22秒 | 邦画サスペンス
KILLERS
2013年
日本/インドネシア
138分
サスペンス
R18+
劇場公開(2014/02/01)




監督:
ティモ・ジャイアント
(モー・ブラザーズ)
キモ・スタンボエル
(モー・ブラザーズ)

『マカブル 永遠の血族』
製作:
キモ・スタンボエル
ティモ・ジャイアント

製作総指揮:
ギャレス・エヴァンス
原案:
ティモ・ジャイアント
脚本:
ティモ・ジャイアント
出演:
北村一輝野村
オカ・アンタラバユ
高梨臨久恵
ルナ・マヤディナ
黒川芽以みどり
でんでん中年おやじ/樹海の父親
レイ・サヘタピーダルマ



<ストーリー>
若い女性を殺害する一部始終を撮影しては動画サイトに公開する日本の殺人鬼と、彼に感化されるインドネシア人ジャーナリストの交錯を描く。

もっと綺麗に殺し合おうぜ。

-感想-

愛に飢えた男2人が別々の国ながらも動画やチャットを通して共感し合い、それぞれの国で残酷な犯罪を犯し、殺しの美学を競い合う。
と書けば聞こえは良いかもですが、内容は予想を上回るハードバイオレンス描写で犇めき合ってます。

『冷たい熱帯魚』の日本人スタッフと『ザ・レイド』のギャレス・エヴァンス監督がタッグを組み、監督には『マカブル 永遠の血族』で鮮烈なデヴューを飾ったモー・ブラザーズを起用して日本・インドネシア合作で製作。
この面子を見ても想像できるかもですが、かなり狂った作品ですので、ハードゴアに不慣れな方は鑑賞されない方が賢明でしょう。
オープニング映像からして、結構な狂いっぷりですから、この時点で気持ち悪くなった人は速やかにリモコンの停止ボタンを押してそのまま返却される事を推奨。
この内容ならば、R18+指定も納得です。

殺人を極めた男と、それを真似するも良心の呵責に苛まれ、中途半端な形のままで終えた男。
完璧過ぎる手口と、不慣れな手口というこの2人のアンバランスさが面白い。
2人の姿を極端に対比させる事で、いかに野村の異常さが尋常で無いかが良く分かるからだ。
この精神異常者・野村を演じたのがそこそこのイケメン俳優である北村一輝。
もうね、北村さんの演技には圧倒。
常に冷たい視線を浴びせる所とか、ルンルン気分で女性を惨殺する所とか、無表情で遺体を硫酸で処理し、時にはその“肉”を喰う所とか、いやぁキチガイ度半端無くてゾクゾクさせられます(笑)。
個人的にお気に入りシーンは、自分をボコボコにした黒人に仕返しをするクラブ内にあるトイレでの一連の流れ。





野村の本性というか狂気が爆発した瞬間というか、兎に角本来あるべき姿を見せたシーンではないでしょうか。
現にここから野村のキチガイ度は更に暴走していきますし。

一通りの事を終えた野村がまさかそのまま直ぐにインドネシアまで飛ぶとはね。

「お前、使えない奴だな。自分から始めた事は最後まで遣り遂げろよ」

野村には野村なりの殺人に対しての芸術を求めているのでしょう。
女性殺害様子を全てビデオに録画し、それをネットで公開していたのもその為。
一つの殺人につき1本の作品という認識が彼には植え付けられていたのかもしれない。
だから途中で放り出したバユに怒りを覚え、わざわざインドネシアまで足を運んだのだろう。
結末はある意味ブラック。
しかし野村にとっては【完成】という想いが叶ったので大満足(思わぬ形で実った事は確かだが)。
自らラストで「カット」と呟く所に野村の執念が見えて、妙にこのブラックなラストには苦笑いが生まれてしまった。

役者たちの好演技もさることながら、カット割り等演出面にも工夫が見れて、しっかりと作られた作品だと思います。
バユが変態男に火をつける場面なんて、上手い仕上がりになってますよ。
あれどうやって撮ってるんだろう。
本当に生身の人間に火をつけた様にしか見えなかった。
このバユを演じたオカ・アンタラという役者の演技も上手かったなぁ。
強盗タクシーに出くわして、無我夢中で銃をぶっ放し殺害した直後、アワワワワワ!とタクシーから飛び出してくる演技とか凄く良かった。

自分的には面白く観れたけれど、ひ弱な女性を冷酷に殺したり、幼い少女の頭に銃を突きつけたりと、非人徳的な描写に溢れているので、万人にはお奨め出来ないです。
後、ちょっと尺が長いのも残念。
もう少しテンポ良くストーリーを展開させて欲しかった。

今作のこんな姉ちゃんが居たらウッキウキ図鑑

小学生の弟を養いながら1人で花屋を営む女性・久恵役の高梨臨さん。
野村と同じ境遇を持つ為に、彼から優しくされるものの、最終的には彼の家に無断で行ったが為に殺人現場に居合わせてしまう。
「だから言ったでしょう。ここに来ちゃ駄目だって・・・」
どうやら野村に殺された様ですが、その様子は描かれていません。
殺される姿なんて観たくなかったので、自分的にはそれが救いになりました。
けど、何で家の中に戻っちゃうかなぁ。
1人で逃げれば良かったのよ。
余計な正義感出しちゃうと自分の首を絞めるだけなのにさ。。。
凄く笑顔の可愛い女優さんなんですけど、この人、何かの映画で観た事があるんだよなぁ。
何の映画だったんだろ。

評価:★★★☆
14/11/13DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-11-05
メーカー:日活

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« オールド・ボーイ(2013) | トップ | X-MEN:フューチャー&パ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2014-11-14 17:40:48
北村さん、はまってましたね~
ちなみに私も、執念深く仕返しする野村は、
とても良いと感じました

野村のスナッフビデオに「美」をそんなに感じられない私は正常ってことでいいのか、悪いのか…
そんな事を考えさせられました
もう少し、凝った感じのスナッフがみたかったですが、
生々しいという点で、バユは魅せられたのかもしれないですね
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-11-15 09:35:37
おはようございます!
北村さんの演技は絶品でしたね。
精神的に異常な人物というのを、表情変化激しく上手く演じきっておられました。

野村のスナッフビデオに私も「美」は感じませんでした。
あれは単なる人殺ししているだけの、惨殺動画ですよ。
現実的に、ああいうのが動画にUPされていても私は観たくないなぁ。
本物と嘘は別ですから。
本物は気持ち悪くて、観れないです。
ホラー映画は好きなのに、チキンな私であります^^;
こんにちはー (momorex)
2014-11-20 14:55:05
↑お二人の「スナッフビデオの美」談義を興味深く読ませて頂きました^^
何の演出も無いからこそホンモノなのかもしれませんねー。だからこそ初っ端の殺人シーンはエグかったです。初めのうちは「人ってこんなに殴られても簡単に死なないんだ・・」と妙に感心したりして。

野村のお姉さんに関する部分がありましたが、あの「部屋」の映像にとても日本らしいアニメなのかコミックなのか、そんなものを感じました。
>momorexさんへ (ヒロ之)
2014-11-20 21:42:49
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。
映画だから観れますけど、本物の殺人動画は怖くて観れないです。
冒頭の撲殺シーンはえらくリアルに描かれていて、気持ち悪さを感じましたけれど、そういう風に思わせるという意味では上手く作られたシーンなのかもしれません。

お姉さんのミイラが寝かされていた部屋ですよね。
あそこだけ他の殺風景とした部屋とは雰囲気が完全に異なっていました。
それだけ野村は姉に愛を深く感じていたという事なんでしょうね。

4 トラックバック

KILLERS キラーズ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アジア発ハイテンションアクション「ザ・レイド」の ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督はホラー映画 「マカブル」を手がけた二人組「モー・ブラザーズ」で 日本とインドネシアの合作であるスリラー「KILLERS」 が公開、熱い一作だった「ザ・レイド」やティモの ほう...
KILLERS/キラーズ (いやいやえん)
【概略】 若い女性を殺害する一部始終を撮影しサイトに公開する日本の殺人鬼と、彼に感化されるインドネシア人ジャーナリストの交錯を描く。 スリラー サイコキラーの北村一輝さん。強面濃顔なのでこういう狂気に満ちた役はハマりますね。ただ、ジャカルタのパー...
『KILLERS/キラーズ』(2013) - Killers - (momoな毎日)
もうすぐ続編公開『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督がモー・ブラザーズ、おまけに日本が絡んだバイオレンス作品という事で、虎視眈々とレンタルが開始されるのを待っていた管理人。全編が真っ赤に染まる狂気の世界が繰り広げられるのかと思い...
「KILLERS/キラーズ」、日本とインドネシア、二人の猟奇殺人鬼 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ ただし、R+18の猟奇映画ですから、覚悟のほどを インドネシアは最近映画製作に熱心らしい。今公開の「ザ・レイド GOKUDO」もそうだが、本作は、インドネシアと日本の合作映画だ。 そのため、日本とインドネシアをまたいでの映画。 とい...