日本共産党 玉野市議会議員 松田たつおのブログ ニュース

岡山県・玉野市 日本共産党の市議会議員 松田達雄の活動ニュース

市内企業への公共工事・物品購入の発注状況は─

2009年07月19日 | 玉野市政
 6月定例市議会で質問した地域内循環型の経済振興について、市の地元企業への発注状況は私のホームページに掲載していますが
 公共工事では企業への発注割合は以下のとおりと答えています。
 平成18年度─発注件数で91.2% 発注金額で61.8%
平成19年度─発注件数で89.7% 発注金額で44.6%
平成20年度─発注件数で83.2% 発注金額で63.6%

 平成17年3月議会での私の同様の質問では
 平成15年度─発注件数で85.6%  発注金額で86.8%
平成16年度─発注件数で84.2% 発注金額で86.1%(16年度は2月末まで)
と答えています。発注件数は18年度~20年度との比較ではほぼ同じですが、発注金額の割合は、20ポイント程度、地元業者への発注割合が低下しています。原因は様々にあると思いますが、いっそうの分離・分割発注を含め、地元企業の育成、地域循環型の地域経済振興をすすめる必要があります。

 地元企業への物品購入の割合は
 平成18年度─発注件数78.7% 発注金額60.1%
平成19年度─発注件数80.3% 発注金額51.1%
平成20年度─発注件数77.7% 発注金額55.6%
と答えています。
 平成17年3月議会では
 平成15年度─発注件数78%  発注金額54%
平成16年度─発注件数78% 発注金額51%(2月末まで)と答えています。

 市内企業からの物品購入の割合は件数、金額ともほとんど前進していません。
 6月議会の質問では、目的意識的に地域内循環を高め、市内企業への優先発注を求めましたが、これらの数値は毎年検証し、前進の手立てを打つことが求められます。


コメント   この記事についてブログを書く
« 今年も平和行進に参加 | トップ | 臨時議会に向け議会運営委員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

玉野市政」カテゴリの最新記事