日本共産党 玉野市議会議員 松田たつおのブログ ニュース

岡山県・玉野市 日本共産党の市議会議員 松田達雄の活動ニュース

消防体制の強化こそ─

2016年12月29日 | 玉野市政
今日12月29日(木)、今年も残すところ3日となった。

冬至の21日から1週間余が過ぎ、朝明けが早くなっているはずだが、

今朝、午前4時半に起きて新聞配布していても、まだ、その気配は感じられない。


 12月22日に発生した糸魚川市の大火。被害家屋144棟、

その8割以上の120棟が全焼、被災した人は200人余に上る

と新聞が報じている。

密集地に強風が重なり大火となって、この街を襲った。

消防力も追いつかなかった。

被災した方々に心からお見舞い申し上げます。


 玉野市では、財政難を理由に「行財政改革計画(案)」が検討され、

消防出張所の消防署員を減らす行革案が示された。

「同じ出張所の管轄内で救急事案中に火災が同時発生した際、別の出張所から

の出動となり、到着時間に影響がある・・・・しかしながら、同時に火災や救急の

複数事案が発生することは稀で(年に2~3件程度)であるため、

厳しい財政状況に鑑み、費用対効果を勘案した上で、当該改革に取り組む」と

個別計画案に記述している。

 黒田市政も、ここまで劣化、凋落してきたかと、あきれるばかりである。

瀬戸内国際芸術祭に1億円もの大盤振る舞いなど、

沢山のムダづかいを見直し、削減せず、「費用対効果」が低いからと、

消防体制の弱体化を押し進めるなど、とんでもない、と

日本共産党市議団はキッパリと「異議あり」を主張した。

もともと、消防はめったに起こることがない火災や自然災害などに

対応して体制を確立しているのである。

玉野市の誇れる5分間消防(現場に5分以内に到着する)を壊す暴挙。

想定される巨大地震等に対応する消防・防災体制の強化こそすれ、

現行の消防署員の削減、消防弱体化は許されない。 


コメント

書きしたためる

2016年12月24日 | 市議会
12月24日(土)ほぼ1か月ぶりにブログ更新。

前回が11月26日に12月議会日程を掲載してから、

もう、1か月が過ぎた。

あっという間、時が過ぎ去るのがこんなにも早く、

1日が、1週間が、1カ月が私の前を振り向きもせず、

足早に通り過ぎていく、遠くに消えかかる小さな灯のように、

忘れ去られていく

書きしたためなければ・・・。

 22日(木)には南部水道議会が午前10時から開催された。

岡山県南部水道企業団の議員の期末手当の引き上げ条例議案が提案。

一般職の人事院勧告による給与アップに伴い議員の期末手当(ボーナス)を

アップする議案について、日本共産党議員3名だけがこの議案に反対した。

 玉野市議会12月最終日の19日(月)に、

同様の市議会議員の期末手当と市長、副市長、教育長の期末手当も

一般職に合わせ引き上げる議案の採決が行われた。

市財政が逼迫し厳しいことを理由に、市民への負担増とサービス切り捨ての

行財政改革を強行しようとしている市長ら特別職。

さらに、財政運営の失政を毎年の予算・決算に賛成し容認してきた

議会の責任を考えれば、ボーナス引き上げはとんでもない、と

日本共産党市議団を代表し、反対討論を行ったばかりだ。


 ・・・・・足早に過去る日々を一行でもいい

 記録し、書きしたためていなければ・・・・・・


コメント