日本共産党 玉野市議会議員 松田たつおのブログ ニュース

岡山県・玉野市 日本共産党の市議会議員 松田達雄の活動ニュース

首相夫人の「関与はあった」━ファックス送信

2017年03月24日 | 政治 経済
森友学園問題をめぐって、昨日の3月23日に国会は籠池氏を証人喚問した。

小学校設立のための国有地問題で、籠池氏が安倍首相夫人にたいして

携帯留守電に助けを願うメッセージを残し、これに首相夫人付きの官邸職員が

財務省に働きかけ、その結果を知らせるファックスを籠池氏に送信していた。

その証拠となる送信ファックスのコピー用紙が示された。

当然、安倍首相夫人が指示したことは明らかであり、

森友学園の国有地問題で、安倍首相夫人が働きかけをしたことが鮮明になった。

安倍首相は、2月の国会で「私も妻も認可や払下げには関係ない。

関係していたら首相も議員もやめる」と述べていたが、

首相夫人が、夫人付きの官邸職員を動かし、財務省に働きかけるなど、

関係していたことが明らかとなった。

 安倍首相と与党は、今後どのように対応するのか。

官房長官は「関与にならず」と言い訳しているが、

国民的には、首相夫人を通じて「関与があった」と受けとめるだろう。

さらなる真相解明のため、安倍首相夫人、大阪府知事、財務省関係者など

証人喚問が求められる。

コメント

いま、思うこと

2017年03月12日 | 日記
昨日、3月11日東日本大震災から6年目、多くのメディアが福島の

原発事故の問題や岩手県などでの復興の遅れを取り上げていた。

未だに12万人もの方々が避難していることも報じていた。

2020年のオリンピックに向けた取り組みが華やかに報道されているが、

大震災による東北地域の復興はまだ道半ば。

原発の事故処理にはまだ何十年もかかるという。

優先すべきことがどこかで、間違っている。


 玉野市議会は、13日(月)から一般質問が再開される。

私の代表質問(8日)では、玉野商業高校へ工業系学科の新設を市民参加のないまま、

企業側と市と市教育委員会によって拙速に来年4月から実施する方針に対して、

同窓会やPTAなど、もっと市民参加で検討するよう求めた。

また、「たまの版CCRC」構想の実現に向けて5千5百万円も予算計上し、

都会からの高齢者等の移住、障害者支援、住民の健康づくり促進のためとして、

ヘルスケアサービスの展開など新たな企業支援等を推進するとしてる。

財政難の状況のなかで。障害者団体からの強い要望のある

福祉タクシー制度創設などは先延ばししながら、

企業等のビジネスチャンス展開を支援するという。

ここでも住民・市民参加の姿が見えてこない。

いま、暮らしている市民の切実な要望に背を向けて、

破綻したアベノミクスのローカル・アベノミクス版として、

何か新しい事に、といっても全国的には「金太郎アメ」的だが、

莫大な税金を投入することは優先すべきことを間違えた、

本末転倒の歪んだ市政と思うのだが。
コメント