日本共産党 玉野市議会議員 松田たつおのブログ ニュース

岡山県・玉野市 日本共産党の市議会議員 松田達雄の活動ニュース

玉野市9月定例市議会の日程

2013年08月30日 | 市議会
8月29日午前9時より会派代表者会議、10時より議会運営委員会が開催され、9月定例市議会の運営日程等が協議された。

9月5日(木) 9月定例市議会開会 市長等から提出議案の説明

10日(火)~13日(金)、17日(火)の5日間を一般質問

18日(水)~19日(木) 各常任委員会。 

20日(金)は幼保一体化等に向けた協議の総務文教委員会と厚生委員会の合同会議。

24日(火) 9月議会最終日、平成24年度各決算質疑

9月5日午後から議員全員協議会か開催され、「議員政治倫理要綱」(案)の策定に向けた協議

「玉野市公共施設の再編整備等の方向性について(案)」の協議を行う。

 その他、議員定数削減(現行21名から15名に削減)を求める住民直接請求が出されているため、

議会開催等の対応も協議された。

 住民の切実な要求実現、公約実現の立場から、また市政をチェックする立場から

論戦を準備するとともに、議会外でも行動し、活動する9月議会として臨みたい。

 
 
コメント

玉野市・厚生委員会協議・管内視察

2013年08月27日 | 市議会
昨日、8月27日(月)午前10時から厚生委員会が開催された。

協議報告内容は、①市民病院経営改善計画の進捗状況。②認定こども園にかかる保育ニーズ調査。

③玉認定子ども園の課題の整理検証。④平成25年度玉野市地域密着型サービス等事業者の選定結果について

④その他。以上の事項を12時過ぎまで協議した。

 午後1時より厚生委員会所管施設の視察を午後5時までおこなった。

市内視察先は、玉野市心身障害者福祉会館・地域活動支援センター(ほほえみ作業所)、

地域活動支援センター(しらさ工房)、障害児通園事業 「わかえの園」

玉野市障害者就労支援センター、玉野市ボランティアセンター

玉原保育園、渋川保育園、和田保育園、玉認定子ども園。

 10数年ぶりに厚生委員会に所属したため、知らない事、認識不足の点も多く、

改めて、それぞれの施設、事業、そして、そこで頑張っている方々の重要な役割について考えることができた。

 委員会の協議事項にしても、管内施設・事業の視察先においても、

私自身、理解できていないことが多くあること、一つ一つを掘り下げてみるなら、

そこに多くの重要な課題や解決しなければならに事があると思う。

短時間の視察ではあったが、現場で努力されている方々に接することができたこと、

10数年ぶりにみた保育園施設など、大いに意義があったと思う。

何よりも、よくわかっていない事を、今後、より深く理解する努力を通じ、

議会としての役割を十分に果たすよう取り組みたい。

コメント

草の根の運動を燎原の火のごとく

2013年08月20日 | 政治 経済
 異常な猛暑が続いているが、それでも朝晩、少しは暑さが緩んできたようにも思える。

今日は、午後より全県市議会議員研修会が岡山市で開かれる。夜は会議と続く。

21日(水)は県下党地方議員の研修会がほぼ一日開催される。

22日(木)は午後1時半より議会改革特別委員会が開かれる。

来週の29日には9月議会に向けた議会運営委員会が開催され、9月5日から9月議会開会の予定。

安倍内閣は、集団的自衛権容認の解釈改憲、TPP参加、医療や介護、生活保護などの社会保障の切り捨てなど、

参院選挙で与党が過半数を確保したことで、財界奉仕、米国いいなり、国民犠牲の暴走を始めている。

国会議員多数の靖国参拝にみられる右傾化、国会内だけでは、この暴走は止められない。

地域から、地方政治の場から、圧倒的多数の国民に、暴走の実態を伝え、草の根の運動を、大きな国民運動に広げ、

暴走にストップをかけることが求められる。

運動の原点は、「知って、知らせて、組織する」こと、

住民の声と運動を燎原の火のように・・・



コメント

無料法律相談のご案内

2013年08月04日 | おしらせ
 無料法律相談のご案内

と き  8月17日(土) 午後1時より(受付午後1時~2時まで)

ところ  市民会館別館1階(玉)


 弁護士が相談に応じます。

 なお当日は日本共産党市議団による市政・生活相談をおこなっています。

お気軽にご相談下さい。

 相談者の人数にもよりますが、受付時間は1時から2時までですが、

相談時間は午後3時から4時ごろまで実施しています。
コメント