日本共産党 玉野市議会議員 松田たつおのブログ ニュース

岡山県・玉野市 日本共産党の市議会議員 松田達雄の活動ニュース

御崎シーサイド「納涼の夕べ 盆踊り大会」

2019年08月12日 | 行事


 前半「子ども部」での踊りはじめ

8月11日(日)午後7時から御崎シーサイド自治会主催の

「納涼の夕べ&盆踊り大会」が開催された。

前半30分は子供の部で、里帰りしたお子さんなど

沢山の子どもたちが親御さんやお家の人と一緒に

カッカラカの盆踊りに参加した。

後半の午後7時半過ぎから総踊りに移り、

シーサイド団地の自治会会員さんや、地域の方々が二重の輪になって踊った。

子どもたちには参加賞のお菓子袋、

大人には洗剤1箱の参加賞が配られた。

最後は事前に全世帯450戸に配られた抽選引換券をもとに、

抽選会が行われ、50個を超える豪華賞品? が各参加者に配られた。

今年で15回目の「納涼の夕べ、盆踊り大会」、賑やかに、楽しく

地域の親睦を深め、何事もなく午後9時には無事に終了した。

コメント

2019年、今年も平和行進

2019年07月20日 | 行事


 大雨の中での平和行進集会


 2019年国民平和大行進・玉野市網の目行進が、

7月19日(金)午後5時半から玉野市中央公園で開催された。

4時半から黒田 晋市長と三宅宅三議長に表敬訪問して、

2019年原水爆禁止世界大会の向けて

ペナントと募金をいただき、懇談した。

 集会では全国通し行進者の山口さんが挨拶、

各団体からそれぞれ挨拶と決意表明があった。

雨脚が強くなり、宇野駅までの平和行進は中止し、

参加者全員で「なくせ核兵器、繰り返すなヒロシマ、ナガサキ、フクシマを !」と

シュプレヒコールで声と心を一つに、

憲法9条・平和を守り、核兵器廃絶、原発再稼働ノーへ決意を固めあった。
コメント

今年も平和行進━━60周年

2018年07月24日 | 行事


7月19日(木)午後5時半から玉野市役所前の中央公園で出発集会を開き、

約60名の参加で平和行進を行った。

夕暮れ時の暑い中、宇野駅まで往復、沿道の市民に核兵器廃絶、

憲法9条・平和を守れとシュプレヒコールと歌で訴えた。

今年は国民平和行進が始まって60回目の記念すべき年。

草の根の運動として、核廃絶、ノーモア ヒロシマ、ノーモア ナガサキの声が

世界に広がり、昨年は核兵器は違法とする国連での核兵器禁止条約が採択された。

日本政府はこれに反対した。

世界の流れは一歩進んで、核廃絶の運動は草の根の市民運動として広がっている。

 
コメント

第二日比小学校の運動会

2018年05月29日 | 行事


5月27日(日)は、第二日比小学校の運動会。

五月晴れの下

子どもたちは「立ち上がれ ! 自分の限界をこえた先には笑顔がある」という

スローガンのもと、対抗リレーや応援合戦などに力いっぱいがんばっていた。

1・2年生のあどけない可愛い演技に、つい笑顔がこぼれる。

観客・保護者からは大きな声の声援が届く。

5月の最後の日曜日

思い出に残る楽しい運動会になったことと思う。



コメント

岡山県中央メーデーに参加

2018年05月03日 | 行事



5月1日、第89回岡山県中央メーデーに参加した。

岡山市民会館横の石山公園で午前10時から開催され、全労連傘下の多くの労働組合や、

農民連、県商連などの団体、約400人が参加した。

「安倍9条改憲反対、戦争法廃止、市民と野党の共闘で安倍政権退陣を。

過労死合法化、雇用破壊の安倍「働き方改革」反対。

8時間働いて普通に暮らせる賃金・働くルールの確立などのメインスローガン。

メーデー宣言(案)を採択した。

 その後、柳川交差点から岡山駅前近くまでデモ行進し、シュプレヒコールで沿道の人々に訴えた。

 私は、玉野勢とともに、重工産業労働組合の列に入り、行進した。

流れ解散後、みんなでラーメン店により、昼食を食べて帰った。

 新自由主義が蔓延し、格差が広がり、労働者の権利や個人の尊厳よりも、

金儲けが最優先される時代の、薄汚れた黒い霧のなかでも、

確かな未来への志向は、働く者の団結の力。

「今こそ、安倍政権退陣、立憲政治の回復、社会的弱者切り捨ての政治を許さない国民のための政治を実現しましょう。

働くものが報われる社会、人権と命が大切にされる社会をめざしてともに闘いましょう。

働くものの団結万歳、世界の労働者万歳、メーデー万歳」


とメーデー宣言は結ばれている。

コメント

マリンフェスティバル・インたまの2018オープニング 渋川藤まつり

2018年04月30日 | 行事
今日は4月30日(月)、振替休日。

昨日29日(日)は、渋川で「マリンフェスティバル・インたまの2018」

オープニングセレモニー&第32回渋川藤まつりの開会式典があった。

気持ちのいい晴天のもと、大勢の市民、観光客らが参加され、藤の花も満開。

傘踊りや和太鼓演奏、婦人会などのおどり披露と、催しがあった。

会場は公園の藤棚にそって、模擬店やフリーマーケットが多数出店し、

賑やかなオープニングでした。











コメント

玉野商業高校━60周年記念

2017年11月21日 | 行事

 玉野市立玉野商業高等学校創立60周年の記念式典が、11月17日(金)午後1時から玉野市民会館で開かれた。

当日、午後6時より同窓会主催の玉野商業60周記念行事も、各期の卒業生ら200人余が出席してマリンホテルで開催された。

 来年度から玉野商工高校と名称が変わるため、玉野商業高校としての名称では最後の60周年記念式典となった。


 三井造船や関連企業等の強い要請と、保護者・市民から工業系学科・機械科の新設を望む一定の声があったにしても、

同窓会やPTA役員などの住民参加のないまま、企業側だけの検討協議会の開催によって、拙速にトップダウン的に、

わずか1年余りで、「地元企業の即戦力」として工業系学科新設に踏み出す、その進め方、手続きが、

住民参加の民主的な行政手法でないと、問題点をきびしく指摘し、批判してきた。

 同時に、当面の課題や目先のことだけに目が奪われるのではなく、少子化のもとで10年後、20年後を見据えた

魅力ある市立高校として発展できるよう、新たな住民参加の検討協議会の設置を求めている。

 私は6期生、昭和40年/1965年卒業。52年前に卒業した。半世紀以上が過ぎ、確かに時代は大きく変化し、

当時の社会経済情勢から想像もつかないほど、情報通信、パソコン、電気機器などが発達普及した。けれども、

人々の働き方、暮らしは、明らかに劣化しているのではないかと思う。

 







コメント

ラジオ体操に参加

2017年07月22日 | 行事


夏休みに入って、ラジオ体操に参加してる。

自宅からすぐの御崎公園では夏休みから子どもたちが大勢(20名程度か)

ラジオ体操に参加している。大人も入れて総勢40人程度か?

いつもは大人だけで年中、ほぼ毎日ラジオ体操を行っている。

7月20日から、私の「2017年度ラジオ体操出席カード」には

出印の朱印が3日分つけられた。

 夏休みが終わるまで出来るだけ出席しようと思っている。

公園はクマゼミの鳴き声で騒がしいほどにぎやかである。
コメント

平和行進が玉野市でも

2017年07月20日 | 行事


今年も国民平和大行進が玉野市にやってきた。

7月19日午後5時半に市役所前の中央公園で集会をし、

6時から7時頃まで宇野駅前まで行き、

Uターンして別の道から市役所まで行進、約70名の参加者が沿道の人々に

ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ、核兵器なくそう・・・・と訴えた。

 今年は7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択された記念すべき年となった。

唯一の被曝国である日本政府がアメリカなど各保有国に追随しボイコットしたなかで、

国連加盟国193カ国の3分の2に当たる122か国の賛成で、

条約は採択され、核兵器は悪であり、違法であることが国連で確認された。

ヒバクシャの願いに応えた、人類の未来にかかわる正義の条約である。

 行進の前に午後3時半から平和行進玉野市実行委員会の代表が玉野市長、議長を訪問し、

「ヒロシマ、ナガサキの被爆者が訴える 核兵器廃絶国際署名」を市職員にも

署名用紙をまわして、協力を訴えていただくよう要請した。

 
コメント

玉野市、渋川海岸の藤まつり─マリンフェスティバル・インたまの開会

2017年04月30日 | 行事




玉野市渋川海岸の藤まつり・

マリンフェスティバル・インたまの2017オープニングセレモニー

天気も良く、大勢の参加者で賑わっていました。
コメント

渋川海岸の藤棚

2017年04月29日 | 行事
昨日4月28日(金)、今日29日(土)と天気も良く、

夕方になると少し肌寒く感じるが、それでも日中は、

車の窓ガラスを少し開けて走るとちょうど良い。

 今日29日は玉野市渋川の「藤まつり」、

マリンフェスティバル・インたまの2017オープニングセレモニーが開催される。

 広い駐車場と渋川公園を囲む、約900m藤棚が

いま紫色の藤の花で咲かせている。

その前に広がる瀬戸内の海は、まぶしく輝き、四国の讃岐冨士などの

山並みを映し出していることだろう。

 午前11時開会の式典に出席し、そのあと

久しぶりに瀬戸内海国立公園の絶景、王子が岳山頂まで

車で登ってみようと思っている。

コメント

玉野のこれからの地域医療と市民病院を考える集い

2017年01月22日 | 行事


昨日、1月21日(土)午後2時から宇野のサンライフ玉野にて

「これからの地域医療と玉野市民病院を考える集い」が開かれ、60余名が参加しました。

これは主催団体である「地域医療と玉野市民病院を守る会」「玉野市民病院労働組合」を中心に取り組まれたものです。

三重短期大学の長友薫輝教授から「自治体病院の役割~地域で医療保障をつくる視点」と題して

約1時間の講演がありました。「病院のM&A」によって全国的に病院が統合・吸収合併・買収がおきていること、

自治体病院も例外でなく、老朽化した公立病院の建替えなどの動きから、民間病院に譲り渡す、

自治体病院のM&Aもありうるとのことでした。

地域住民とともに地域医療と自治体病院を守る運動がいっそう大切になってきています。

 講演の後に、児島市民病院、岡山市立せのう病院の職員・労働組合から報告、

さらに、玉野市民病院の職員からもそれぞれ現状報告がなされ、

質疑応答もあり、4時過ぎまで活発な意見がだされました。

コメント

無料法律相談のご案内

2016年11月26日 | 行事

 無料法律相談のご案内

〇日 時 12月17日(土) 午後1時より相談開始
                  (受付時間 午前2時まで)
 
                              先着順にて相談

〇場 所 サンライフ玉野2階 (文化センター前)

 弁護士が相談に応じます

相続、不動産問題、交通事故、多重債務・サラ金、

借地借家、労働問題、行政問題など、法律に関することはご相談はお気軽に。

 なお、当日は日本共産党市議団による市政・生活相談もおこなっています
コメント

渋川保育園の運動会

2016年09月24日 | 行事



 今日、9月24日(土)は玉野市の渋川保育園で運動会。

午前9時から開会され、晴れた秋空のもと

やっと歩ける1歳児から、小学校入学前の6歳児まで

みんな大きな声で、元気よく、

かけっこに、踊りにがんばっていた。

オリンピックイヤーにちなんで

子どもたちが聖火をかかげ、点燈する、

工夫した開会、閉会式も行われ、

最後には、いっぱいのシャボン玉が風に吹かれ空にまわった。

保護者や祖父母の方々も、満面の笑顔で

子どもたちに拍手と声援を送っていた。
コメント

日比中学校28年度運動会

2016年09月10日 | 行事


 9月10日(土) 午前9時開会の日比中学校の体育祭に来賓として参加した。

好天に恵まれ、昨年よりも少し涼しく感じる

絶好の運動会日和。

生徒数は少し減ってきているものの、

元気いっぱいの中学生らしい躍動する体育祭だった。

大勢の声援の中、リレーに、綱引き、二人三脚、障害物競争に

若さ溢れんばかりに頑張っていた。

私の同級生もお孫さんの応援に参加していた。

用事のため11時頃までの応援で失礼した。



コメント