日本共産党 玉野市議会議員 松田たつおのブログ ニュース

岡山県・玉野市 日本共産党の市議会議員 松田達雄の活動ニュース

市民の信託に応える━さらなる議会改革を

2013年05月20日 | 市議会
二十四節気では「小満」。「万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ」とある。「万物盈万(えいまん)すれば草木枝葉繁る」(暦便覧)とある。

山々の草木が新緑に生い茂り、盛り上がって見える、草木枝葉が勢いを増して見える季節である。

 今日20日(月)午前10時から臨時議会が開催される。市民会館のアスベスト除去工事の補正予算約2600万円などが審議される。

その後、2年ごとに実施される議長選出などの議会内役員、常任委員会の委員などを決める。

玉野市議会は、2年前の改選後、議会基本条例制定など議会改革を進めるため「議会改革特別委員会」を設置し、

37回の委員会を開催し、今年2月に議会基本条例を制定した。そして、初の議会報告会を5月7日、13日、15日と7会場で開催した。

市民と議会の距離は縮まり、改革に向けて一歩前進したことは間違いない。

 今後、さらなる議会改革を、議会基本条例に基づいて着実に推進していくこと

常に議会基本条例に立ち返り、市民の信託に応える質の高い議会活動が問われている。



コメント

5月5日深山・玉野市子どもふれあいまつり

2013年05月10日 | 行事
 



2013年5月5日、玉野市子どもふれあい祭りが、今年も深山公園で開催されました。

五月晴れの気持ち良い天気のもと、保育園児の鼓隊演奏、防火の誓いで始まり、

会場には多くの屋台、模擬店が出店、輪投げなどのゲームも、

例年よりも多くの方が参加していたのでは。

私は、毎年のように、お茶席で抹茶をいただき、昼食にお弁当を2パツク買いました。

その後、渋川海岸に移動、ここでも大勢の観光客らでにぎわっていました。
コメント

憲法記念日━輝け日本国憲法 岡山集会に参加して

2013年05月04日 | 日記
   庭の花々

3日の憲法記念日は、「輝け 日本国憲法! 集会」(第37回 5.3憲法記念日 岡山県民のつどい)が、午後1時半より、

岡山市・三木記念ホールで開催され、参加した。

 岡山詩人会議から詩の朗読、岡山合唱団の合唱、そして、松元ヒロさんのライブ。

久しぶりに大笑いした楽しい「松元ヒロ ライブ」を堪能した。

後半は、水島朝穂先生の「いま、憲法とは何かを考える━日本国憲法施行66周年の岡山で━」と題した講演。

 安倍晋三氏の危険な「立憲主義不在の憲法改正論」━「安倍式改憲論のアベコベーション」をわかりやすく話をされた。

現憲法99条は、「天皇または摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」と、

権力を縛るが、国民を縛るものではない。ところが、自民党の「憲法改正草案」は、同条項を、

「第百二条 すべての国民は、この憲法を尊重しなければならない。2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。」に変更。

「権力制限規範から、国民の行為規範への変質、国民に憲法尊重擁護義務」を規定している。

安倍・自民党の「権力にやさしい憲法へ」のアベコベ改憲論である。

 水島先生は、その危険性を強調されていたが、

いま、歴史を逆戻りさせる「壊憲」を阻止するため、草の根からの運動を構築し、

圧倒的多数の人々と連帯するたたかいを展開しなければ・・・と思う。


 

 
コメント

玉野藤まつり━マリンフェスティバル・インたまの2013オープニングセレモニー

2013年05月03日 | 行事

 4月29日に渋川公園にて午前11時より、第27回渋川藤まつり・マリンフェスティバル・インたまの2013オープニングセレモニーが開催された。好天にめぐまれ、例年よりも参加者は多く、たいへんな賑わいでした。











コメント