とうやのひとり言

山形県議会議員 佐藤とうや ブログ

低コストの「中速鉄道」に注目

2017年07月16日 | 日記

 日本の鉄道網に「中速鉄道」の考え方が、鉄道アナリストや学者の間で広がりつつある。「中速鉄道」とは時速130キロから200キロで運行する鉄道の事で、コストが整備新幹線の5分の1の安さにある。
 整備新幹線は時速200キロ以上で運行する鉄道の事であり、フル規格とは全線高架で複線である事は言うまでもない。東北新幹線の営業速度は、時速260キロ程度で、当然止まる駅は極端に少ない。在来線は切り離されるので、残された在来線は自治体の負担が大きく問題も提起されている。
 先般、酒田市で開催された「鉄道高速化講演会」で東京大学名誉教授の曽根悟氏は「高速鉄道技術を持っている国で、中速鉄道がないのは日本だけ。この考え方を全国に広げたい。その先鞭を山形県が付けてほしい。東京・庄内間は2時間40分程度で結ばれる。建設期間は7年もかからない」と強く訴えた。
 一方、東京大学工学部卒業後JRに17年間勤務していた株式会社ライトレール社長の阿部等氏は「空力特性、低重心車輛に優れた新車輛の導入や、板谷峠の新建設など今考えられる速度向上、安全、効率化を結集させると充分可能である。事業費は数千億円程度と見込まれる。山形新幹線は県の発案で出来たもの。同じ発案で中速鉄道の第1号を実現して欲しい。これは全国に広がる」と呼びかけた。
 鉄道は移動手段で船に次ぐ低コストの乗り物である。地方創生の基本インフラでもある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島カフェが港に上陸 | トップ | 無人ヘリの防除が始まった »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中速鉄道について (西日本在住)
2018-05-14 21:10:20
「中速鉄道」に関するブログ主さんのお考えはどのようなものでしょうか?

山形新幹線(奥羽新幹線)の福島~新庄~酒田間について、個人的には
「部分複線」の新幹線(標準軌・大型車両)と部分複線の狭軌在来線を並列させる。(秋田新幹線秋田~大曲間のように)
その線路を福島~新庄~酒田間に新規に敷設し直し、新幹線路線網の拡大と在来線路線網の維持の両立を図る のが最も適切ではと考えています。

整備新幹線によって「並行在来線問題」による在来線の第三セクター化や碓氷峠のような路線廃止は起こしてほしくありません。一方で、中長距離の高速(或いは中速)鉄道網の整備もしてほしい。そのような願いから考え出したのが上記の考え方です。
書き忘れがありました (西日本在住)
2018-05-14 21:18:50
連投になり失礼いたします。申し忘れた事があります。

上記コメントに挙げた
「部分複線の新幹線」ですが、
・最高運転速度は時速160~200km程度、
・カーブや勾配は東北新幹線のような完全な新幹線よりはきつくても在来線よりは緩やかな範囲で設計する。
・踏切は設置しない
・新幹線に並列して在来線の線路を敷設する

というような構造を想定しています。
山形新幹線(奥羽新幹線)は新幹線路線網の中でも支線に相当するので、上記のような形の「中速鉄道」が最も適していると考えました。

また、福島から新庄・陸羽西線経由で酒田まで「フル規格新幹線の車両」が通れるような構造で造っておけば、将来的に羽越新幹線計画がフル規格または青函トンネルのように三線軌条方式で整備されることがある際にも対応できます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事