ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

陣馬山往復

2019-10-07 06:48:17 | トレイル・ランニング(高尾山系)

毎月のエクササイズですが、最近は陣馬山を超えて藤野に下りることが多かった。

高尾から藤野(JR駅)までのコースだと22km、陣馬山往復(京王線高尾山口駅)だと28kmなので、普段は遅いスタートなので、短い藤野片道になることが多い。

今日はスタート時間が早かったので、のんびり行っても陣馬往復が楽勝でできるだろう。

この日は東京でも31℃ぐらいあって、山の上でもそれなりの気温だったが、風は涼しくなっていた。

山頂の3つの茶屋は満員だった。

繁盛しているのは何にしても良かったじゃありませんか!

8時過ぎだったがケーブルカーの改札には行列ができていた。

入口には八王子観光大使をやめた北島三郎の銅像が、、、相変わらずあった。

それだけが違和感モリモリですが。

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/aa1bc491dac6978d0aaba103cf14ef62

私は八王子市民じゃないので詳しいいきさつは知らないが、あれーと違和感や疑問を持つことは大切です。なぜだろう・なぜかしら姿勢です。何の疑問も持たないで生きるのは、、、生きていないのと同じ。

それを横目に左の4号路(稲荷山コース)の階段を登り始めた。

小仏峠のベンチ脇からは富士山がくっきり見えていた。

遠景がくっきり見えるのは午前中の9時、10時ぐらいまでですね。

その時間を過ぎるともやってくることが多い。

この写真は帰路に撮ったものだと思う。

ヘイズの色が違う。

中央高速道路と相模湖です。

秋になって草花に種ができていました。

帰路は景信山の頂上を踏んで戻ってきた。

関東平野の見晴らしが素晴らしいでしょ。

でも大気のモヤが300mあたりまであります。

関東平野のもや(スモッグみたいなもの)ですが他国の都市に比べたらキレイな方です。EUは白人国家で空気がキレイなんじゃないかと思うだろうが、おそらく米国が一番うるさくて空気はキレイ。むろん未開の地だったらもっとキレイですが、EUは規制があるのかないのか、遅すぎたのか意外にスイスでも空気は「あれー」となります。

景信山は普段はパスしますが、この日はトイレに立ち寄りたかったのだ。

普段は巻道、巻道の連続で通過します。

陣馬山まではトイレは、一丁平、城山、景信山、明王峠、陣馬山とあります。

景信山のトイレは水洗だった。

たぶん城山も同じだろう。

でも平地と同じぐらいを期待しちゃ、、、大間違いです。

明王峠のトイレが一番原始的で、穴の奥は寒風が吹いている。

高尾山口→陣馬山 3:00:55

陣馬山で1時間うどんを食べていた。

陣馬山→高尾山口 3:42:00

ハイかーとしては速めでトレイルランニングとしては遅すぎです。

今回は全く走らずに先週買ったストックのチェックだった。

行きの登りにはザックの中にしまっていて、戻りのくだりに使ってみました。

ストックは走ろうとすると邪魔になるが、下りでは2点支持で体がブレることがなく、膝などへの負担が軽くなる。

ただ、ランナーならば脚が元気なうちは、ストックはないほうが下りでも速い。

自分の楽な距離を超え、若干疲れを感じるようならば、ストックは安全なツールだろう。

つまりストックは安全のためのグッツですね。

先週、高尾山口から陣馬山を超え藤野に下りたときは、下りは足が自然に走り出して下山がえらく早かった。今日は重めの足だった。

ストックを買った 2本で300gでペットボトルよりも軽い!

https://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/28137ee6cd1b7c2f8f4ea63b524bd10c

コメント