気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

低栄養について

2018-10-15 | 言葉の意味は


高齢者の健康目標として現在、注目されているのが「低栄養の予防」と
いう記事がありましたので、記してみます。

*****************************

高齢者の栄養の現状が分かってきたのは、ここ数年のこと。
痩せの指標になる「BMI20以下」、低タンパク、栄養不良の指標になり
死亡率が増える「アルブミン4・0㌘/デシリットル以下」を低栄養とし、
厚生労働省「国民健康・栄養調査」の結果から調べたところ、「65歳
以上の2~3割」が低栄養と判明した。

高齢者の低栄養はどういう弊害をもたらすのか?栄養状態を示すBMI、
アルブミン、総コレステロール、ヘモグロビンと生存率の関係を、二つの
地域の疫学調査で見た。すると四つの指標を「高い」「やや高い」「やや
低い」「低い」の4段階に分けたうち、いずれも「高い」人ほど生存率が高く、
「低い」人は生存率が低かった。

「死因では脳卒中、心筋梗塞などの心血管疾患が多かった。中年期は栄養の
過剰摂取が問題になるが、高齢者では低栄養が心血管疾患のリスクを高め、
栄養状態がいい人に比べ実に2・5倍高かったのです。

対策として、まずは、とにかく「多様な食品」を取る。
高齢者は動物性タンパク質が不足しがちなので、肉、卵、魚介類、牛乳を
意識して取るようにしてください。
「多様な食品は、体重から体脂肪の重量を除いた『徐脂肪量』を増加させます。
体重は同じでも、徐脂肪量が増えていれば体力を維持する力は上昇します。

      と、東京都健康長寿医療センター研究所の新開省二副所長談

以前は高齢者になったら、食事は粗食の方がいいと言っていましたが、
現在は
肉など大いに栄養のあるものを摂取することが、大切なようです。
ご参考になさってください。



庭の「コキア」が色づき始めました。




 

コメント

IPadでのブログ投稿の練習

2018-10-13 | 雑感想

 

iPadでのブログ投稿の練習です。

画像をupしてみます。

テーブルクロスを写したものです。

 

 

 

コメント (8)

かすみがうら市歴史博物館へ

2018-10-11 | 雑感想


かすみがうら市歴史博物館に行ってみました。
途中から大雨になりましたが、着くころには雨も上がっていました。




車が数台止まっていましたので、天気に関係なく見に来る方もいました。
歴史博物館大手門です。



4階建ての城郭型博物館です。
1~3階まで常設展示室、4階は展望台地なっています。



霞ヶ浦の帆引き船は、明治13年に考案されたものと伝えられています。
帆引き船は漁法分類から、打瀬網漁に位置づけられ、この打瀬漁法は大阪湾で
江戸時代に始まったとされています。
打瀬網漁は漁獲の利が頗(すこぶ)る高いものであったため、日本漁業史上に
おいて画期的な漁法となり、漁業振興に大いに貢献していきました。
その成果から、瞬く間に全国各地で打瀬網漁は普及していきます。

ただほとんどの打瀬網漁は、沿岸漁業で実施された漁法で、内水面漁業としては
霞ヶ浦の帆引き船が唯一用いられました。
ここに霞ケ浦漁業の特殊性が見出せます。  
帆引き船は次第に、霞ケ浦沿岸地域各地に広まり、水産加工が盛んになると共に
霞ヶ浦の魚を広める存在ともなりました。  

今回の特別展では、一般的な打瀬網漁に比べた帆引き船の特殊性、帆引き船が
果たした殖産興業の様子に焦点をあて、日本漁業史の中での位置づけや、日本
社会に与えた影響などが紹介されています。     検索にて

店内には珍しい小さな船が、何艘か展示されていました。
屋上に行ってみましたが、お天気が悪く筑波山も見えませんでした。



屋上からの「かすみがうら」です


コメント

iPadでバラの花を

2018-10-08 | 娯楽

 

iPadでバラの花・カクテルローズを描いてみました。
水彩画の本を見ての模写になります。


色数が少ないので、枝の色がありませんので、水彩画の3原色
ではありませんが、何色かを重ねて色を出してみましたが、
枝の色には程遠いです。
私なりに省略して描いてみました。



こちらが水彩画の本のカクテルローズです。

 

 



コメント (6)

「抹茶」と「煎茶」の作り方

2018-10-05 | 言葉の意味は


日本で昔から飲まれてきたお茶、ホッとする飲み物です。
「抹茶」と「煎茶」は作り方が違うそうです。

抹茶のもとになる緑茶のことを「碾茶=てんちゃ」と呼び、葉っぱを
蒸したあと、煎茶とは違って揉まずに乾燥させたものです。
碾茶の「碾=てん」は、臼でひいて粉にするという意味です。
碾茶を石臼でとても細かい粉末にしたものが抹茶になります。

この碾茶を育てるのは、とても手間がかかる。
お茶の芽は、成長するにつれて食物繊維が増えて硬くなり、うま味の
成分が、太陽の光や苦みや渋みのもとになる成分に変化する。

碾茶と、緑茶の中でも高級な「玉露」は葉を摘み取る3週間ほど前から、
黒い布で覆って光を遮っている。すると、わずかな光でも光合成をしようと
葉っぱの葉緑素が増える。だから碾茶や玉露は濃い緑色なのです。
5月初めごろの新茶の時期に摘み取られる風味のいい葉を使っています。

*** もっと教えて!ドラえもんより抜粋にて  ***

何気なく飲んでいますが、茶畑を見るくらいで、このように手をかけて
作られていることは知りませんでした。
「玉露」は頂き物で飲むくらいですが、「抹茶」は高いと思っても時たま
飲んだりしていますが、深く味わって飲むように心がけようと思います。

 



コメント (4)

庭の草花にて

2018-10-02 | 植物・花


庭の草花の簡単なアップです・・・。
キンモクセイが珍しく沢山の花を咲かせていました。
木ばかり大きくなって、ほとんど咲くことがありませんでした。


  

キンモクセイ                   シロシキブ
キンモクセイの花は4つに深く裂けていて、4枚の花びらに見えるものは
全部つながっている。桜やバラのように花びらがひらひら散ることはなく、
十字形の形を保ったまま花は地面に軸ごと落ちるそうです。



コムラサキシキブです。

シロシキブです・・・枝ばかり伸びるので切ってしまったら、また出てきて
実をつけてくれて、邪魔扱いしてごめんなさいの心境です。

 

 

 

コメント (4)

かすみがうら市歴史博物館の企画展

2018-09-29 | 雑感想


第17回世界湖沼会議開催記念 平成30年度第41回特別展
「日本漁業史の中の帆引き船」が、かすみがうら市歴史博物館で
開催されています。



霞ヶ浦の帆引き船は、明治13年に考案されたものと伝えられています。
帆引き船は、霞ケ浦沿岸地域各所に広まり、最盛期には900艘を
数えるに至ったと伝えられています。

帆引き船の発明によって水産加工が盛んになると共に、霞ケ浦の魚を
広める存在ともなりました。



かすみがうら市歴史博物館

展示期間=平成30年9月15日(土)~平成30年10月21日(日)
月曜日休館日(祝日の場合は翌日休館)
開催時間=午前9時~午後4時30分

是非ご来館くださいますように!!。

 

 

 

 

コメント (4)

ジャガイモの種類にも・・・

2018-09-28 | 飲食物


昨日カレーを作ろうと思って、メークイーンを数個取り出して、
皮をむこうと思いましたら、変わった色のジャガイモ?がありました。
メークイーンは煮崩れしませんので、カレーに使用しています。

一袋の中に入っていたのを気付かずにいたのですね。
とにかく皮をむいてみましたが、色が濃くて、果たして食べて良いものかどうか、
始めてみましたので、使うのにためらってしまいました。


今日検索してみましたら、なんとジャガイモの種類の多いことを初めて知りました。


画像はお借りしました。
「ノーザンルビー」と名前が出ていて、果たしてこの名前でよいかどうか
分かりませんが・・・色が似ていましたので・・・。



やはり画像はお借りしました。
「シャドークイーン」と出ていて、色が似ていましたので・・・。

ジャガイモの「芽」の部分には、ソラニンという毒があることが
知られていますが、芽以外にも日光によって皮が緑化している
部分にもソラニンが含まれています。ご注意ください。


いつも野菜はJAで求めることが多く、今度メークイーンの場所で、また
袋に一緒に入っているかどうか、確かめてみます。

結局食べずに、てんぷらにしてみようかとも思いましたが、色が色だけに
処分してしまいました。
ジャガイモにも色々な種類があることを知った次第です。

 

 

 

コメント (6)

開花していたコルチカム

2018-09-26 | 植物・花


庭を眺めることもせずにいましたら、コルチカムが開花していました。
垂れ下がったりしていますが、気づくのが遅くて、気の毒でした。
球根は少ないのですが、毎年の開花を楽しみにしていました。




コルチカム=ユリ科コルチカム属  イヌサフランとも呼ばれます。

葉をつけずに地面から現れることから、「裸の貴婦人」とも呼ばれます。
コルチカムには毒性の強い化学物質コルヒチンを多く含む。
これは動物からの食害を防ぐ自衛手段とか・・・。

 

 



コメント (2)

ヤブランの花って?

2018-09-24 | 植物・花


長い年月、庭のヤブランを見てきましたが、ヤブランにも
花が咲くことを初めて知りました。



花期になると葉の間から花径を延ばし、小さな藤色の花を穂状に咲かせます。
花は4~7mm程度で6枚の花被片を持ち、中央には淡い黄色の葯(やく)を持つ
雄しべが六本と雌しべがあります。
花は花序に数輪ずつが束になって咲きます。

黄色いのは、雄しべと雌しべなのですね。
今までこのように開いた中を見たことがありませんでしたので、
このように黄色の雄しべなど見られて、花が開いた様子を見たわけですので
初めてのことで嬉しいですし、花が開くことも知った次第です。
この後にヤブランの黒い実が出来ていきます。

左下の方に黄色いものが見えますが、気が付かないでいました。

 

 

 

 

 

コメント (2)