おいしいしあわせ

しあわせは 
いつもあたたかなキッチンから・・

マカロン

2009年11月30日 | お菓子
先ほど友達がピンポ~ンとやってきました。
「半分お願い。」と。
何かと思うとダロワイヨのマカロン。
同じものが二つ届いたそうで。
「え~っ。」と嬉しい悲鳴を上げながらありがたく頂きました。
いつ見てもきれいですよね~。
私はマカロンがすごく好きだから嬉しいな。
しかしこれが二つも届くなんて友達はなんて幸せな人なんだろう~。

わたしのもとには
もう一つ温かいお気持ち詰まった荷物も届きました。
すごく嬉しかったです。ありがとうございます。

数日更新をお休みしてしまいました。
ごめんなさい。
わがままですがもう少しマイペースで綴らせてくださいね。

早いものでもう11月も終わりなんですね。
明日からは12月。
色々なことがありすぎた一年で
その時その時は
時の流れが止まってしまったかのような時期もありましたが
今年ももうすぐ・・なんて思うと
あっという間の一年だったかも知れません。

あと残り一月となった今年。
穏やかに過ごせたらいいなと思っています。



コメント (2)

純生ロール

2009年11月26日 | お菓子
いただき物のロールケーキ。
函館のお隣、
北斗市のジョリ・クレールさんというお店のものだそう。

道南にはご縁があるけれども
なかなか生のお菓子を食べる機会は少ないので
嬉しくなりました。

それにお菓子のお取り寄せとかもほとんどしないので
冷凍で届くものを解凍して・・という経験もないので
なんだかワクワク。
ふんわり優しいロールケーキでしたよ。

話は変わって
そういえば何日か前にテレビ番組で変わる食卓・・というような内容で
たくさんの家庭の食卓の風景の写真を見ました。
以前にもこんな番組を観たことがあります。
その時はたしか朝ごはんだったような気がします。

現代の食卓からは「味噌汁」が消えつつあり
また一人で食べる「孤食」が増え
それぞれが食べたいものを食べるということで
同じ食卓の上でお魚を食べる人あり、
カレーを食べる人あり、コンビニ弁当の人あり・・の食卓も。

たまたま家族そろって観ていたので
それぞれにそれを観て感じたことはあったようでした。

我が家でも帰宅の時間が違う家族が一緒に夕食をとることは
平日は難しく「孤食」という日も多々ありますし
必ずお味噌汁があるという訳でもありません。

食事はすごく大切なものととらえてはいても
我が家も温かいお味噌汁が必ずあって
色々なおかずがあって家族揃って食卓を囲む・・
ということがなかなか出来ていないんだななんて
反省も含めて観ました。
我が家も変わる食卓・・と言われるような食卓なのかも知れません。

うちは兄弟の年が離れているから
生活や帰宅の時間もずいぶん違うし
オットが平日の晩ごはんに間に合うことはほとんど皆無。
一定の帰宅時間が決まっているわけではないので
待っていたところでいつ帰宅するのかもわからないから
そのまま深夜になってしまうことも。
私は待ってあげられても子供たちは無理なんですよね。
待っている私も時間も遅いし
既におなかが空いているのかさえわからなくなって
結局自分は食べないことも多々あります。

ただ長男も来春には高校を卒業、
次男も中学生に・・
小さかった彼らもどんどん親の手を離れていきます。
いつまで家族で日々の食卓を囲めるのかって考えると
毎回のごはんがとても大切に思えます。

なかなか現実に平日の食卓を囲むのは無理があるけれども
せめて家族がそろう週末の食卓は大切にしたいと
改めて思うmittenなのでした。






コメント (4)

優しさの宅配便とマフィン

2009年11月25日 | お菓子
おやつにマフィンを焼きましたが
途中までうっかり10度温度を高く
焼いてしまったことに気づかず~。
ちょっと濃いめの焼きあがりになってしまいました。
でも美味しいのだけど。(笑)

毎年12月に届く
オットを我が子のように可愛がってくださるご夫妻からの宅配便。
今年は少し早めでしたが先ほど大きなダンボール箱に
たくさんの優しさが詰められて届きました。

毎年書いていますが、送り主はオットが子供だったころ
社宅のお隣に住んでいたご夫妻でお子さんはいらっしゃらず
ずいぶんオット兄弟を可愛がってくれたそう。
義父母に叱られると逃げ込むのがそのお宅。
いまでもガキ大将がそのまま大人になったような俺様なオットの
子供時代はわたしにも想像がつきますが・・(笑)

そしてそのオットの家族となった私や息子たちも
我が嫁、我が孫のように大切にしてくださっています。
箱の中にはオットや子供たち、
そして私の好きなものをいろいろ少しずつ。
手作りのお総菜に果物なども入っています。
まさに母の愛のような宅配便。
詰めてくださる様子が目に浮かび
開けるとふっと笑顔になれるそんな贈り物です。
外は寒いけど、心はすごく温かくなりました。

いつか私もこんな風に息子たちに何かを送るになるのかしら。
「こっちでも買えるし~。」とか言われるんでしょうね。
それでも送りたいのが親心なのでしょうね。


コメント

見守るということ

2009年11月23日 | お菓子
友達が届けてくれたゴディバのチョコレート。
私が好きだからと目にとまり買ってきてくれたそう。
ありがとう。美味しく頂いています。

誰か身近な人に何かが起きたとき
相談にのってあげたいとか、自分に出来ることはないかとか
私自身もそんな時は考えることがあります。
結果何も出来ないことも多いのですけれど。

私を含め私の周りの人たちも概ね40代。
長い人生の折り返し地点にさしかかっている年代です。
結婚生活も子育ても20年近い年月を過ごし
時に言葉を失うようなことに直面している場合もあったりで
多かれ少なかれそれぞれの環境の中でよりよい明日を探しているんだなって
思うことも多いです。

今回私に起きたことの事情はほとんど知る人はいません。
でもみんな何かが起きていたことには、
気持ちが繋がっている程に気づいてしまうんですよね。

でも事情を知る、知らないに関係なく
友が私にかけてくれる言葉は
「言いたくないことは言わなくていいんだよ。」って
「頑張らなくていいんだよ。」って。
「ゆっくり、ゆっくり」って。

これって本当にすごいこと。
子育ての中で身をもって私も経験しているけれど
手や口を出すのは簡単なこと。じっと見守るのが一番大変。

わたしの周りの人は、すっとそばに来て
多くの言葉をかけるのではなくそして何にも聞かずに
いつも通りにしてくれる。
一番難しいであろうことを普通にしてくれることに感謝しています。
私もそんな人になりたいとも思います。

優しさや思いやりの表し方は人それぞれ。
時に不器用だったり、あふれる優しさを抑えきれなかったり
ただただ静かで穏やかな優しさも。
今回たくさんの形の優しさをもらいました。
それを知ることが出来たことはしあわせなことですね。

たくさんの優しさに報いることが
出来るかどうかはわからないけれどまずは元気になりたい。

いつかわたしも誰かのために、
穏やかにそして静かにそっとそばにいることができるように。


コメント (6)

タルトタタン

2009年11月22日 | お菓子
ただいまです。
少しの間お休みを頂いていましたが
その間もここにいらしてくださった皆さん、
ありがとうございました。

私にとっては長い長い時間でした。
この時間の中で私に起きていたことは
いつかお話することがあるかも知れないし、
ずっと言葉にすることはないかも知れません。
ただひとこと人生観が変わるほどの時間でした。

私に近い皆さんに嘘はつきたくないから
ここまでは書きますが
これ以上のことはまだうまく言葉に出来そうもありません。
今はなにも聞かずに
これまで通りにおつきあい頂けたなら嬉しいです。

いつかちゃんと話せる自分になれたら
その時が本当に乗り越えられる時だと思うので。


さてさて話は変わって
「おいしいしあわせ」はやっぱり食べもののお話。
タルトタタンを焼きました。

家の冷蔵庫にりんごが4個しかなかったので
薄めの仕上がりになりましたが
おうちスイーツなら十分です。
りんごは余市産ハックナイン。
紅玉でなくてもなかなか美味しく仕上がりましたよ。
連休のお楽しみのおやつです。
・・・・とはいえ男子二人が家にいるのでもう半分ありません~。
仕事中のオットの分は別によけておかなけれなくなってしまいそうです。(笑)

我が家でも人気の甘酸っぱいりんごのお菓子が美味しい季節。
たくさん作ったり食べたりしたいですね。


やっとここに戻ってくる事が出来ましたが
すぐにはまだ今まで通りにいかないことも
いろいろあると思います。

休み休みになるかも知れませんが
ゆっくりまた綴っていけたらと思います。
みなさんまたよろしくお願い致します。









コメント (8)

1日早い5周年とお知らせ

2009年11月03日 | うちのごはん
本当は11月4日が「おいしいしあわせ」を始めて5年の記念日。
でも明日は更新が出来そうもないので
1日早いけれど今日ご挨拶させて頂きますね。

片手で数えられるくらいの友人知人にお知らせしただけで
あまりブログというもの自体のこともわからないままに
見切り発車した2004年の11月。
あっという間に5年が過ぎました。

今ではお話ししたことのある方、ない方も含め
毎日当初とは比べものにならない数のみなさんにお越し頂き
たくさんの楽しいお話や美味しいお話を聞かせて頂けることを
本当に嬉しく思っています。

また楽しいときばかりでなく、
わたしが辛い時、悩んだ時、悲しい時もここでみなさんに
励まされ本当にここがあって良かったと思う5年でした。

これからここがいつまで続けられるのか私にもわかりませんが、
ゆっくりゆっくりマイペースで背伸びをすることなく
出来るところまでやっていけたらと思っています。

これまでの5年、
ご縁のあった皆さんにたくさんのありがとうを贈ります。

      ありがとうございました。

そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。


       

そして突然ですが2~3週間ほど「おいしいしあわせ」はお休みを頂きます。
11月下旬には元気にまたここでお話出来ると思いますので
少しの間わたしに時間を下さいね。

体調を崩したり、どうしてもブログに向き合えないときもあったり
今年は(今年も??)みなさんに沢山のご心配をおかけしました。
リアルでもおつきあいのある方ばかりでなく
会ったこともないわたしを心配してくださる方が
こんなにもいてくださることに感謝するばかりでした。

諸事情あって多忙になる11月、
更新出来ずに放置するのでなくお休みという形を取りますので
みなさんご心配なさらないでくださいね。

すべて終わりましたら、
またちゃんとここに食いしん坊話をたくさん持って戻りますから。(笑)

画像はオットの大好物、豚の角煮。
2日がかりで完成。柔らかいですよ~。
おいしいって言ってもらえるかなぁ・・

もう一枚はそのまんまですがスイートポテト。
ちょっと焦げ目が強かったかな?
さつまいもを箱買いしたので作ってみました。
いつもはコロコロと丸めたりスプーンでラフに落としたりしますが
たまにはさつまいものケースで作ってみました。

ではではしばらくお休みを頂きます。
みなさん寒くなりますのでどうぞご自愛下さいね。
またお会い出来るのを楽しみにしています。



      p、s  私信ですが見て下さっていたら野ばらさんへ。
           パソの調子が悪いと拝見したのでここで。

           今日は大切な記念日ですね。
           おめでとうございます。
           ご夫妻でまた素敵な一年をお過ごし下さいね。
           お二人でのお出かけのお話も楽しみにしています。 


             

コメント (14)

めるかーどのベーコン

2009年11月02日 | うちのごはん
小樽に住んでいたことがあり、
今もすごく小樽を愛しているという話は
何度もここでしたことがあります。

大事な友達もできたし、
今の私も小樽に住まなければ違う私だったかも知れない。
そんな愛すべき小樽で歩いていける距離にあったのが
「めるかーど」さん。

少し年の離れた兄弟を育てる我が家では
なかなか子供の手が離れずようやく小樽で次男が入園。
子供が生まれてから
ゆっくりと夫婦でレストランに行けたのは
ここが初めてだったように思います。
一皿一皿美味しく楽しんだのをよく覚えています。
とにかくスモークが美味しかった。 

昨年ロビンソンが閉店するときにも
地下でベーコンを売ってるのを見かけて懐かしく嬉しかったけれど
週末にまた違う場所で出店されていて
懐かしさのあまり思わず近寄って
「お店にも伺ったことがあるんですよ」なんておしゃべり。
完全手作りのベーコンは深い深いお味で本当に美味しい。
これで何を作ろうかとオットとワクワクするくらいのお味。
あ~懐かしい。こうして食べられることが本当に嬉しいな。


      

こちらはダッタンそば茶。
ダッタンって漢字があるけれどカタカナでスミマセン。
そば茶はもともと好きだけれど、
ルチンを多く摂れるダッタンそば茶も香ばしくて美味しい。
お茶にせずそのままでも食べられるから
次男はそのままアイスクリームにかけたり
サラダに入れたりカリカリと楽しんでいます。
お茶にするときにでた茶がらもごはんに炊き込むとか
ハンバーグ等に混ぜるとかして栄養をそのまま全部頂けるそうなんですよ。
最近オットがお弁当に持って行く水筒の中はこのそば茶です。


       

これはかぼちゃのサーターアンダーギー。
昨日出かけたスーパーでレシピ紹介と試食が行われていた物。
(商品の販売ではなくサービスのレシピカードの実演)
何となく気になり食べてみると美味しくて
レシピをもらい家で早速作ることに。
私は道産かぼちゃと道産小麦を使って。
油っこいこともなくさっぱりと美味しいサーターアンダーギーでした。
また作ろう~。
何も入れずそのままでも、さつまいもでもいいかもしれませんね。
コメント (4)

銀杏並木と念願のお店へ・・

2009年11月01日 | おいしいもの、外ごはん。
寒い寒い1日だった昨日。
オットと北大の銀杏並木を散歩。
寒空だったけれどこの美しさ。
何とも心和むお散歩でした。
北大構内の環境の素晴らしさ。
でもなかなか在学中にはそれに気づかない・・
と聞いたりしますが
卒業し改めて訪れたときこんなに素晴らしい環境の中で
学生生活を送っていたのかと思う方も多いとか・・・。
そんなものかもしれませんね。

銀杏並木のお散歩の前に次男と3人で
うどんの「寺屋」さんへ。
山の手にあるお店ですが
一度行ってみたいと思いながらなかなか行けずにいたお店。

朝食後
「今日はうどん食べに行かない?」とオットが知っているお店に行こうと
誘われたのですがネットで場所を確認すると口コミも載っていて
色々なご意見。オットもずいぶん前に一度行ったことがあるだけとのこと。
「どうしようか~?」と迷うもすでにうどん食べたいモードの二人。
それなら連れて行って欲しいところが~と提案すると快諾。
「オレおなか空いていないから留守番する~」という次男を
無理矢理連れてお店へ。(笑)


       

ぶっかけ天ぷら。オットは温、私は冷。
写真奥で腕組みしているのはオットです。


       

次男のおでん。すじとちくわ。後からまた追加して食べたほど。


       

いなり寿司好きのオットが注文。

       

おなかが空いていないと言っていたはずの次男完食のざる。

       

天ぷら色々。

噂に違わぬ美味しいうどん。
札幌シャンテのうどん屋さんも大好きだけど
ここのも絶品。おいしい~。
来るまではなんだかんだ言っていた次男も食べる食べる。
お気に入りの証拠です。
彼はお店の讃岐うどんは初めてだったし
北海道とは全然違ううどんにびっくりしたみたい。
オットもすごく気に入ってくれて
また連れてきてきれるとの言葉に私も嬉しくなりました。

うどんやさんでおでんが食べられるって
こちらの文化にはあまりないことだし
お店に入った途端、次男は嬉しくなっちゃったみたい。
湯気の立つおでん鍋にたくさんお皿に並んだいなり寿司。
活気ある店内に立ちこめる美味しい香り。
これはテンション上がるでしょ~。(笑)
食いしん坊のDNAは間違いなく受け継がれているようです。

ここのおでんが気に入りすぎて
夕食におでんを・・と言われ私は牛すじのの下処理などして
久しぶりにすじ入りのおでんなど作りました。

銀杏並木のお散歩で冷えた体をぽかぽか温めてくれましたよ。
コメント (4)