草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

新型肺炎で「習近平が情報提供の強化」と報道したNHKを嗤う!

2020年01月22日 | 感染症

NHKは中共の出先なのだろう。新型のコロナウイルスによる肺炎が中共国内で拡大していることに対して、習近平が重要指示を出したことを大々的に報道したからだ。2003年の新型肺炎「SARS」の際に情報を隠蔽したことで感染が拡大したことを反省し、習近平が情報提供を強化することを強調したというのだ。昨日のニュースで中共の大本営発表をそのまま伝えたのである▼今回もまた、中共はまともな情報を出していない、現時点でどれだけの感染者が出たかについても、公表された数字を信じる人は誰もいない。パンデミックが起きているのに、実際どうなっているかは、推測の域を出ないのである。日本や韓国ばかりではなく、ついにアメリカでも西部ワシントン州の住む男性から新型のコロナウイルスが確認された。世界的な規模で広がりつつあるのだ。その根本的な原因は対応の後れにある。全体主義国家であるために、都合のいいことしか公表しないのが常であり、それが混乱に拍車をかけるのである▼NHKはそんな中共の発表を鵜呑みにしているのである。中共様のこととなると、日本のマスコミは異常に気を使う。情報統制を面と向かって批判しないばかりか、そのお先棒を担ぐのである。日本国民のことなどどうでもいいのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)