草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

韓国軍の武装解除進める文在寅は北朝鮮を利するだけだ!

2019年09月19日 | 国際問題

今日の朝鮮日報日本語版によれば、韓国軍は北朝鮮との9・19軍事合意にもとづき、武装解除を進めていることが明らかになった。これに危機感を抱く保守派の韓国の野党や予備役の将校団などが猛反発をしているが、文在寅は聴く耳を持たないばかりか、北朝鮮からの侵入を阻止するための地雷の除去を計画通りに行うとしている▼南北境界線上に設置された監視所にしても、いずれも11カ所を撤去したとしているが、撤去前に韓国側は60カ所、北朝鮮は160カ所で2倍以上の差があったのが、その差が結果的に3倍に広がった。飛行禁止区域を設定したことで、韓国軍の北朝鮮に対する監視偵察能力は弱体化している。南北を分ける海岸線でも、韓国軍は砲口、砲身のカバーをかけ、砲門は閉じているが、北朝鮮は砲門を開けたままなのである。北朝鮮の短距離弾道ミサイルや多連装ロケット砲の発射訓練は日常化している▼文在寅は自らが危うくなったら、金正恩の北朝鮮軍に支援を依頼するのではないだろうか。そのためには韓国軍が邪魔なのである。地獄を味わうことになるのは韓国の保守派である。韓国内にいる邦人約3万9千人の安全を確保するために、日本政府はできるだけのことをすべきである。あくまでも韓国のことは韓国民に決めてもらうしかないが、朝鮮半島の危機はもはや避けられないのではないだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ねこなで声で日本を悪者にす... | トップ | 安倍首相が日韓首脳会談を見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事