♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■キリストの証人となる / 板倉邦雄

2018年07月03日 | Weblog
2018/5/29放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「キリストの証人となる」という題でお話ししましょう。証人とは、見たこと、自分で聞いたことを証言する人のことです。キリストの弟子たちに求められるのはキリストの証人になることでした。使徒の働きの続きです。

 さて弟子たちが一緒に集まった時、復活されたイエス様に質問してこう言いました。「主よ。イスラエルのために国を復興なさるのはこの今の時でしょうか?」 十字架で死なれましたが栄光の復活をなされた今こそ、イエス様がイスラエルの国を復興してくださる時だと弟子たちは願っていたのでしょう。祖国イスラエルはローマ帝国の属国となり、そして支配されていましたので、弟子たちは神の国が復活されたイエス様によって今この地上に実現することを願ったのです。

 しかし復活されたイエス様は答えられました。「イスラエルの国の復興の時期と場合は主なる神様がご自分の権威と計画によって定めておられるのであって、あなたがたの知る限りではない。また知らなくても良い。むしろ今からはあなたがたはわたしの証人となることを父なる神は欲している。」と復活の主イエス様はお答えになったのです。

 キリストの証人となる。これこそがキリストの弟子であるすべての信徒に求めておられることなのです。そしてキリストの証人となるためには臆病になったりしてはならないし、勇気が必要です。ですから復活されたイエス様は約束しました。「ただ聖霊があなたがたに下るとき、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、更に地の果てまでわたしの証人となるであろう。」

 聖霊の降臨こそキリストの証人になる力の源となります。聖霊は天の父なる神様とイエス・キリストから送られる神様です。神の霊とかキリストの霊と聖霊は呼ばれています。キリストの証人となるために私たちには力が必要なのです。

 聖書のことばです。
 「 神は私たちに、臆病の霊ではなく、力と愛と慎みの霊を与えてくださいました。
                  第二テモテ1章7節 (新改訳2017)
 
   (PBA制作「世の光」2018.5.29放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***