王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

アジアカップ 日本 イランを撃破 !

2019-01-29 06:50:16 | スポーツ
大迫2発だ!原口1発だ!日本3発決勝 イラン撃破
昨日28日深夜(日本時間)サッカーのアジアカップ 準決勝戦が行われました。
対戦相手は格上(ランク29位)のイランでした。
結果は3-0で 日本の快勝!!
決勝進出です。
良かったですねー!!

これで森保Jは2年ぶり5度目の優勝を狙う事になりました。

この勝利のキーマンは臀部痛から復帰した大迫選手の大活躍でした。
お互い無得点の前半を終え後半11分のヘディング、同22分のPKを決め大勢を決め ロスタイムで原田がゴールを決めて止め! 終わってみれば格上を退けました。
森保Jの皆さん 良く頑張りました。
真夜中に寝ないで応援したファンの皆さん その甲斐ありましたね。
決勝戦に相手はカタールかUAEか どちらでしょうか? 
勝って欲しいものです!


写真:大迫選手 ヘディングで先制点

日刊スポーツ:
<アジア杯:日本3−0イラン>◇準決勝◇28日◇UAE・アルアイン

2大会ぶり5度目の優勝を狙う森保一監督が率いる日本代表(FIFAランク50位)は、FW大迫勇也(28=ブレーメン)の2ゴールなどで同ランク29位とアジア最上位のイランを下し、決勝進出を決めた。

前半はイランの注目FWアズムンを狙ったクロスに苦戦した。アーリークロスやディフェンスラインからのスルーパスなど、形を変えて次々とボールを放り込んでくるイランだったが、吉田麻也(30=サウサンプトン)冨安健洋(20=シントトロイデン)のCBコンビがピタリと付いて、アズムンに自由を許さない。

日本も右臀部(でんぶ)痛から先発復帰したFW大迫勇也(28=ブレーメン)やMF南野拓実(24=ザルツブルク)、MF柴崎岳(26=ヘタフェ)らの連係でチャンスを作ったが、決めきることはできず。前半19分にはMF堂安律(20=フローニンゲン)がシュートを放ったが、惜しくもポスト右にそれた。

後半ついに試合が動く。11分、MF柴崎のスルーパスをFW大迫がはたいてMF南野へ。相手DFに倒された南野だったが、笛が鳴らない状況を受けてすぐに立ち上がり、こぼれ球を追いかけてコーナー付近から右足でクロス。ニアサイドに走り込んだ大迫がヘディングで押し込み、待望の先制点を奪った。

後半14分にはMF遠藤航(25=シントトロイデン)が接触プレーで負傷交代するアクシデントに見舞われたが、続く18分にはMF南野がエリア内で相手ハンドを誘いPKを獲得。同22分、これをFW大迫が落ち着いて決めて今大会4点目。ロスタイムには原口がとどめのゴールを決め、快勝した。
(引用終わり)
ジャンル:
スポーツニュース
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 嵐 2020年末で活動休止... | トップ | 米政府 ファーウエイ幹部を... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敗戦 (落ちこぼれのつぶやき)
2019-02-03 02:03:09
残念ながら最後の試合は勝てなかったですね。

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事