静岡ホーリネス教会グレースチャペルBlog

(日本ホーリネス教団静岡教会)

Welcome

2020年04月01日 | 教会案内

日本ホーリネス教団 静岡教会 Shizuoka Holiness Church “Grace Chapel”


 

 「人は心の中に、何によっても埋める事のできない空洞がある」とは、有名な科学者であり哲学者でもあった、パスカル(Blaise Pascal 1623-1662)の言葉です。

 この言葉は、現代に生きる私たちにも、何故かピッタリと当てはまるのではないでしょうか。物質的に豊かになり、ハイレベルの教育を受けても、人の心は満たされず、本当の平安が見いだせないのが、この世界です。

 こういう時代だからこそ、永遠に変わることのない神の言葉である聖書に耳を傾け、真の平安を見いだしていただきたいのです。

 教会とは、神を礼拝し、聖書を学び、賛美を歌い、共に祈り合うところです。お互いに助け合い、新しい交わりができる仲間がいるところです。どうぞ教会に加わって下さり、神を愛し、自分を愛し、他者を愛して生きる生活を共にしていきましょう。教会で中心となる集会は、毎週日曜日の礼拝です。まずは、こちらにお出かけ下さい。
 

ご案内 教会案内 集会案内 イベント案内
読み物 説教要約 天のマナ 教会だより
写真集 今週の生花 フォトギャラリー  
その他 リンク集 教会予定表  

使徒信条主の祈り

 

※最新記事に戻りたい場合は、ブログのタイトル部分「静岡ホーリネス教会グレースチャペルBlog」をクリックして下さい。
※コメントの書き込みは、個々の「表題」や下段にある「コメント( 0 ) 」の数字部分をクリックする事で行えますが、認証制ですので後日に表示されます。「Trackback ( 0 )」はクリックしても、受け付けていませんので拒否されます。
※掲載された写真の幾つかは、マウスカーソルを合わせるとコメントが表示されます。

日本ホーリネス教団静岡教会 〒422-8043静岡県静岡市駿河区中田本町13-30 TEL:054-286-8323 FAX:054-286-8347 牧師:杉本 守・杉本敬子

このBlogに掲載の記事・写真の無断使用を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。Copyright 2008 The Shizuoka Holiness Church. No reproduction or republication written permission.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Shizuoka Grace Gospel Choir

2018年12月31日 | 教会案内


一緒にゴスペルを歌いませんか? ぜひおいで下さい。

無料体験あります!お気軽に来てください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グレース・キッズ始まったよ! 

2018年12月30日 | 教会案内


2017年5月から、グレース・キッズが始まりました。幼児~小学生のお友達、みんなで来てくださいね。

楽しいゲーム、賛美とダンス、聖書のお話、他に楽しいイベントたくさんです。クレープ作り、リッツパーティ、オリジナルカード作り、オリジナルバック作り、パフェ作りなど。

もちろん、クリスマス会、イースターエッグハント、おもちつき、キャンプもあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年06月03日 | 天のマナ
  「あなたの御許にお返しいたします」

 5月28日(月)に教会の一人の姉妹が天に召され、翌日に納棺の時が自宅でもたれ、文章での報告をいただきました。その内容は、18名の集った者達が心をあわせ、姉妹の愛唱賛美を主なる神にささげ、続いて心を一つにした祈りがささげられ、姉妹の遺体が棺に納められました。牧師夫妻が不在でしたが、主の栄光があふれる納棺の時だったことがわかりました。また、その所でささげられた息子さんの信仰者の祈りの言葉を読み、アーメンと心をあわせ、主を仰ぎ見ました。その祈りです。「恵み深い天の父なる神様、御名を崇め感謝致します。母は、92歳と10ヶ月の生涯を終え、今、イエス様の備えたもう御国へ入る事が出来感謝致します。『死に至るまで忠実であれ、そうすれば、いのちの冠を与えよう』(ヨハネ黙示録2章10節)、まさにいのちの冠を頂いている事と思います。『試練を耐える忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう』(ヤコブ1章12節)。今まで母を通して頂いた神の愛に感謝を致します。又、皆様の導きの祈りと励ましを感謝致します。母のなきがらを棺に移します。そしてあなたの御許にお返しします。主の御名によってお祈り致します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年05月27日 | 天のマナ
 「求めよ・捜せ・叩け」        
水谷先生の礼拝説教と講演会を通して多くのことを教えられ、自らをチェックさせていただきました。また、本を購入し読みました。結婚を願う者に先生は、「求ているだけではいけません、捜しなさい、そしてたたきなさい」と語られました。祈っているだけではなく、祈りつつ具体的に行動(例:クリスチャンの集会やクリスチャンの出会いの場に行く。牧師に紹介を頼む。相手にアプローチをする:声をかける、メールをやりとりする、デートをするなど)をすることです。これは結婚を願う者にだけ当てはまるのではなく、家族や友人、地域の方々に伝道することにも当てはまります。祈りつつ行動をする。祈りつつ愛の言葉をかける、祈りつつ愛の行動をする。祈りつつ伝道礼拝や伝道コンサートにさそうのです。求め、捜せ、叩けです。
「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすればあけてもらえるであろう。」(マタイ7:7)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年05月20日 | 天のマナ
 「聖書が面白い!」 

 先週、私達は礼拝と学び会で水谷牧師を通してみ言葉を聴きました。それぞれ多くのことを学んだに違いありません。人に当てはめるのではなく、自分に当てはめていきたいと思います。私も多くの事を教えていただきましたが、一番心に残ったのが「み言葉に生きる」ということです。み言葉を聴き知り学ぶことにとどまらず、み言葉を信じ、そしてみ言葉に生きる。それは、日常生活においてみ言葉によって判断し、み言葉によって行動し、み言葉を経験していくことです。日曜日の教会生活と平日の日常生活とが乖離(かいり:本来は密接に関係しているか、またはそう在るべき2つの存在・事象・概念・数値が、離れ離れになっていること、またはその状態を指す)してはいけません。日曜日は信仰者としてのクリスチャンの歩みですが、平日はノンクリスチャンのような歩みではいけません。デボーション・セルに参加している一人の方が目をキラキラさせて、「み言葉が面白い」って私に語って下さいました。み言葉の命、力、恵みを日曜日~土曜日まで毎日豊かに聴き、信じ、経験させていただきましょう。
「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ」(詩篇1:2)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年05月13日 | 天のマナ
「賛美は力です」 「神のみ名の栄光を歌え。栄えあるさんびをささげよ」(詩篇66:2)

 「イエス 愛します 愛します 心尽くし~ ただあなただけ 慕い求めます~」と1歳半のさらちゃんが、お母さんの賛美の声にあわせて歌っていることを聞きました。乳飲み子の賛美を主イエスはどんなに喜ばれているでしょうか。
 朝起きますが、どうも気持ちが乗らない朝があります。ゴミ捨ては私の担当ですが、たまあに次にまとめてすればいいと思うことがあります。夕食の皿洗いは私の担当なのですが、時にはパスしたくなります。温泉は好きですが、お風呂に入ることに気が進まない時があります。そう言う気が進まない時、皆さんならどうしますでしょうか?
 「イエス 愛します 愛します 心尽くし~ ただイエス あなただけ 慕い求めます~」とまず小さい声で歌います。聖霊なる神により、霊が満たされていくのを感じます。肉体にも精神にも力が与えられていくのを感じます。次に優しく歌います。その頃になると、着替えていて、ゴミを持ち玄関を出て、皿洗いを始めていて、お風呂に入っている自分がそこにいるのです。まず好きな賛美から主にささげようではありませんか。賛美は力ですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年05月06日 | 天のマナ
「始めの一歩」
 皆さんは、どのようなゴールデン・ウィークをお過ごしになられたでしょうか?ある方は、旅行へ、ある方は実家へ、ある方は近場で、ある方は自宅でのんびりと、ある方は仕事だったかもしれません。牧師夫妻は、月曜日は東京で教団主催のMMお茶会(クリスチャンの出会いの会)を開催し、火曜日はこれまた東京で教団主催の夏季聖会の委員会、木曜日は交わりバーベキュー、金曜日は納骨式、土曜日は主日礼拝の準備でした。それぞれにとても有意義で、主の豊かな恵みをいただきました。
 教会総会、ゴールデン・ウィークと過ぎ、いよいよ本格的な新年度が始まります。新しく選出された役員の兄姉と共に、宣教を成しキリストの体なる教会を建て上げてまいりましょう。早速来週は、講師を招いての礼拝と学び会です。講師は、「性・結婚・夫婦」についての専門家です。伝道の場ともなりますし、学びの場ともなります。質問をもって大いに期待して集い、共に一歩踏み出しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年04月29日 | 天のマナ
 「辛い時にも変わらずに」    
 以前、サッカーの試合を観戦しました。私は、サポーターたちの必死な応援に驚くと同時に、その応援が選手たちをどれほど力づけていることかと思ったのでした。11人でするサッカーにおいて、サポーターは12人目の選手と言われます。多くの観客は、優勢な試合では最後まで応援しますが、劣勢な試合になりますと、負け試合は最後までみたくないと試合が終わる前に席を立って帰宅します。選手にとって優勢な試合の時の応援よりも、劣勢な時の応援の方がどんなに励ましになるのかと思います。喜びを共にするだけではなく、苦しみの時こそ共にする、辛い時こそ共にある、これこそ一致であり一体でありましょう。
 主イエスは、復活の後、使命を終えたからといってすぐに昇天されず、途方に暮れていた弟子達に自らを何度も何度も自らを現し励ましました。そして、次の言葉を残したのです。「見よ、わたしは世の終わりまでいつもあなたがたと共にいます」(マタイ28:20)。主イエスを信じる者とどんな時にも共にいて下さるこの方を見上げ、応援の声に耳を傾けましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天のマナ

2018年04月22日 | 天のマナ
 「天国泥棒しちゃえば」   (みさと吉川教会信徒M.Hさんの証しの抜粋より)
 主人は私が教会に行くことをひどく嫌っていた時期があり、私は教会をしばらく休みました。そんな主人でしたが、今はずいぶん変わりました。教会の話も嫌がりません。ある日、自分たちの葬式のスタイルのことを話していた折、主人に「浄土真宗でやるのでしょ」と尋ねると、返事をしないので、「キリスト教式でやる?」と冗談交じりで話すと、「そんなことをしたら、天国泥棒じゃない?」と言うので、「天国泥棒しちゃえば」と話しました。主人がそんなことを言ったことに私はびっくりしてしまい、その先の救いのことは話すことが出来ませんでしたが、少しずつ変わっていることが分かり、うれしく思ったものでした。我が家はまだ家族が救われておりませんので、真剣に祈り続けたいと思っております。

「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出して下さい。」「よくよく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう。」(ルカ23:42,43)。主イエスの十字架の隣につけられた強盗の告白と主イエスの救いの言葉、神の国に入る宣言が心に響きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加