銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

沈黙の終焉

2019年05月12日 17時18分37秒 | 洋画アクション
GENERAL COMMANDER
2018年
イギリス/ハンガリー/フィリピン
85分
アクション/サスペンス
劇場公開(2019/01/11)




監督:
フィリップ・マルチネス
ロス・W・クラークソン

出演:
スティーヴン・セガール
ソーニャ・クーリング
バイロン・ギブソン
ミカ・ハビエル
ソラヤ・トレンス
ジェイ・デイ




<ストーリー>
CIAのベテラン捜査官、ジェイク・アレクサンダーは臓器売買の違法ブローカーを追跡中、チームメンバーを射殺されてしまう。辞表を提出したジェイクは処刑チームを結成し、復讐を開始する。

―感想―

途中で飽きた。
何の変哲もない映像ばかり。
セガールのアクションが観たいのであれば冒頭とラストの10分間だけ観れば良い。
他は別に早送りしたって問題ないでしょう。
仲間を殺された復讐という事だけで話自体にも全く魅力なし。

あ、「セガールのアクションが観たい」て書きましたが、大したアクションしてないです。
ヤル気のない金蹴りとか、もうセガール自身が動くのしんどいのとちゃうかな。
ラスボスとの1対1もあっさり決着。

要は見せ場がないんですよこれ。
監督が2人も居ながらこの程度の内容しか作れないて才能なさすぎでしょ。

“セガール引退”この謳い文句はどういう意味なんすかね。
ラストで爆撃されて殺されたから「引退」と捉えるべきなのか。
それとも俳優を「引退」するのか、長年続いた「沈黙」の冠名を「引退」するのか。
誰もその動向を気にしない。
てか、セガール一人殺すのに爆撃て凄くね?
それだけ俳優人生30年という歴史の中でセガール=不死身といったイメージが整ってしまった、それに対しての爆撃一つで片付ける大袈裟な作戦が答えとして提示されたと理解するべきなのだろうか。

どうでもいいけど敵ボスの右腕となるハゲが面白い顔していて、何かのアニメキャラに似ているんだわ。
勝手に「タコ助」というあだ名付けたったww

評価:★☆
19/05/12DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-04-02
メーカー:ハピネット

情報
<未体験ゾーンの映画たち2019>


コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« テリファイド | トップ | ミッシング・レポート »
最近の画像もっと見る

洋画アクション」カテゴリの最新記事