銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

亜人

2018年04月17日 13時13分21秒 | 邦画アクション
2017年
日本
109分
アクション/サスペンス/SF
劇場公開(2017/09/30)



監督:
本広克行
『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』
原作:
桜井画門
主題歌:
THE ORAL CIGARETTES『BLACK MEMORY』
出演:
佐藤健永井圭
玉山鉄二戸崎優
城田優田中
千葉雄大奥山
川栄李奈下村泉
山田裕貴高橋
浜辺美波永井慧理子
綾野剛佐藤
声の出演:
宮野真守IBM



<ストーリー>
事故で死亡した直後に生き返った永井圭は、亜人であることが発覚し、国家から追われる逃亡者となった。そんな彼の前に、人類に牙を剥く亜人最凶のテロリスト・佐藤が現れ…。

DEAD
and
ALIVE

絶体絶命を、生きろ。


―感想―


ブンブン、ハローYouTube!
やたらと嬉しそうに自身の動画で出演しましたと語っていたヒカキンさん、どんな役で出ているのかと思っていましたが、まんまユーチューバーやないかいっw

これ、アメリカではちょっと流せないかもなあ。
だってさあ、ビルに飛行機が突っ込むての、どう考えても不味いだろ。

911を連想させちゃうから上映したら非難轟々かも。

絶対に死なない不死身の亜人には守護神みたいな「幽霊」が居る。

JOJOやんwて遂口に出てしまったのは俺だけか?

『踊る大捜査線』シリーズを撮り続けてきた同じ人のものとは思えない程の躍動感とアクション性の強い作品。
優しめのグロさもいい感じだ。
原作もアニメにも一切触れてないが、1本のエンタメ映画としては非常に面白く、楽しく鑑賞出来た。

元AKBの川栄りっちゃんが重要な役所で出演(彼女自身も亜人)。
演技いいんじゃない?
自然体で演じ切れてた様に私には見えた。
アクロバティックなアクションはりっちゃん自身がやったのかどうなのかは判別不能でしたが、こりゃあ今一番の売れっ子女優になっているのも当然だわと納得。
なんかさ、オーラがあるんよね。
雰囲気暗すぎるあっちゃん(前田敦子)や、無理矢理空元気なキャラ作りしている風にも感じる優子(大島優子)と比べたら素のまま昔の可愛さを変えず演技に取り組んでいる様に見て取れるし、表情も多様に使い分けていて厭らしさがない。
この辺の上手さにあっちゃんや優子には無かった、天性の才能を抱かされた。
まだまだ上に登り詰めていくと思うよ、この子は。

ラストも永井圭が「さらばだ!」と言わんばかりに窓突き破ってビルの階上から外へ飛行ダイブというカッコいい終わり方だったなあ。

今作の美女図鑑

永井圭の妹・慧理子を演じた浜辺美波ちゃん。
私が満点評価付けた『君の膵臓をたべたい』ではヒロインを務めていた浜辺美波ちゃん。
なんやねんこの可愛さ。
てか又病人の役なのか^^;
中盤以降はパタッと出てこなくなったのが無性に寂しい。
ギブアンドテイクで政府に保護されたんやろうけど、後半ちょっと位、姿見せてくれても、ねえ。

評価:★★★★
18/04/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-04-04
メーカー:講談社

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

切り株画像こちら
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 切り株画像(映画『亜人』よ... | トップ | リンキング・ラブ »
最近の画像もっと見る

邦画アクション」カテゴリの最新記事