銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

BUYBUST/バイバスト

2019年06月08日 14時19分14秒 | 亜細亜アクション
BUYBUST
2017年
フィリピン
127分
アクション/サスペンス/犯罪
劇場公開(2019/01/18)



監督:
エリック・マッティ
『バトル・オブ・モンスターズ』
製作:
エリック・マッティ
脚本:
エリック・マッティ
出演:
アン・カーティス
ブランドン・ヴェラ
ヴィクター・ネリ
アージョ・アテイド
レビ・イグナシオ
アレックス・カリェヤ
ラオ・ロドリゲス
ジョロス・ガンボア
リッキー・パスクア
ノニー・ブエンカミーノ




<ストーリー>
新人女性捜査官のニーナは麻薬組織撲滅のためにスラム街に乗り込むが、作戦は失敗。組織だけでなく不満を爆発させたスラムの住民たちからも命を狙われることに。

―感想―

全編127分の内100分位にアクションシーンだけを注ぎ込んだ監督のその意欲は買う。
ただ戦闘の殆どがもっさりとしているんだよなあ。
チャンバラする訳でもなくカンフーを使う訳でもなく。
皆が束になってポコポコ殴り合っている印象。
画面が滅茶苦茶やなと(笑)。

スラム街が舞台なので、逃げ道ルートが確保されない、だから常に誰かが前に立ち塞がる。
そして戦闘が始まる。
まあこれの繰り返しなんですよね。
それを面白いと思うか思わないかは各鑑賞者の判断任せ。
私?ちょっと後半飽きたかな。

それとこれはお国柄のせいかもだが、BGMが変。
殺伐とした雰囲気にまるで合っていない妙な音楽が流れるのよ。
もっと場面に合った良い音楽があっただろうが、て俺はその辺凄く萎えた。

ノンストップアクションを売りとした作品だが、余り(舞台変更が無いのも含め)変わり映えしないシーンが続く感じで、今一つ物足りなさを抱いたのでありました。

今作のフィリピン女優図鑑

隊長に歯向かう私かっけえ、な主人公マニガン。
仲間が次々と倒れていく中、最後まで立ち続けるタフ女。
顔が好みだったし、男勝りな性格からくる決して弱みを見せない姿がクールに思えた。
十分、女性でありながらもジャンルアクションの主役としての華を出している。

隊長で思い出したけど、こういうチームで行動する映画って何故か必ず頼りの隊長が負傷したり殺されたりするのが鉄板ではあるよねえ。

評価:★★☆
19/06/08DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-05-10
メーカー:インターフィルム

情報
<未体験ゾーンの映画たち2019>


コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« クリード 炎の宿敵 | トップ | PS4ゲーム『DAYSGONE』クリア... »
最近の画像もっと見る

亜細亜アクション」カテゴリの最新記事