途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

読書感想「何者」朝井 リョウ

2018年02月28日 08時52分37秒 | 乱読本感想
何者

新潮社 2015年6月26日


★4  2017年2月27日

ずっと前に、映画化されたタイミングで買っていたものだろうが、今まで読む機会が無かった。
いや、何となくどこかで読みたくないと無意識のうちに思っていたのだろう。
いったん手に取るが、今日はこの気分じゃないと何度か思った記憶がある。
カバー裏の【「就活」と「SNS」“本当のこと”はあるのか?】
その言葉に、何となく苦さと棘を感じたからだと思う。
年代と選んだ職業によるものだろうが、自分自身も子供達も実のところは就活と言える程のことはしていない。
でも、世間で言われている就活とはメンタルを削られるものだと、知らないがゆえに妙に過敏になっていた。
読み始めて、想像通りに話が進む。
やっぱり苦さと棘がある。
ただ、典型的なパターンに分けられたと思われる若者達の言動に興味が湧く。
興味で面白く読んでいける。
彼や彼女の本音の吐露。
相手を傷つけ、自分も傷ついているのが分かるが、意外にみんなしぶといなと、ちょっと安心もした。
あと、意識して、もしくは無意識に“何者”になろうとするのは若者の特権なのかなとも思った。
現実を知らないから“何者”を目指すのか?
現実が厳しいから“何者”に逃げるのか?
と、“何者”になろうとも思わないで“何者”にもならないで生きてきたおばさんとは一線を画した話だったが、異世界の話として面白かった。
何者=ひとかどの人と解釈した。
映画化と言うことで表紙には出演の6人の役者さんの顔がある。
一応、その役者さんを当てはめて読み始めたけれど、どうにもぴんとこなかった。
唯一、光太郎役の菅田将暉君だけは納得できた。
他の役者さん、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之、そうそうたるメンバーなので映画を観れば彼らがちゃんとその役をこなしているのが観えるかもしれない。
でも、苦さと棘が増すような気がして、観えない。

乱読本感想リスト タイトル【な】行

乱読本感想リスト 作家【あ】行 
コメント

志尊淳という俳優さん

2018年02月27日 10時06分36秒 | 日本ドラマ感想
今年になって観たドラマ「きみはペット2017」
これは去年から観たかったのがやっと観えた。
もともと小雪&松潤からの「きみペ」ファンだったので、誰がスミレ&モモを演じようととりあえず押さえておくという姿勢。
もちろん韓国版「きみペ」も観た。
入り口が小雪&松潤だったために、ほぼ私の「きみぺ」は彼ら。
だから入山&志尊の「きみペ」は彼らを否定する所から始まった。
でも、途中からは肯定的に観えた。
これはこれでアリねと。
その後、10年前のDVD BOXと漫画を出して、小雪&松潤の「きみぺ」を観て、原作漫画も読んだ。
原作に近いキャラとビジュアルはやっぱり小雪&松潤なんだけど、入山&志尊のモモがやけに上手いぞ!
いや、モモを演じている志尊淳くんが、上手いんだ!と気がついた。
同時期、NHKドラマ「女子的生活」も観ていた。
何の気なしに観ていて、途中でこのドラマすごいかも!と気がついた。
あっという間の4話で終了したが、即、原作本を読んだ。
何気なく観ていた部分を補強して、再びドラマを観た。
しみじみと良くできたドラマだったと思った。
それにしても、ここでも志尊淳という俳優さんに出逢った訳だが、ペットのモモとトランスジェンダーのみきちゃんは全く次元が違う役。
それを同じ役者さんがやってるんだ~
ついでにHDDに残っていたトドメの接吻の和馬を観たら、これはゲイのホスト役で良いのかな、これはこれですごい役(まぁ、直ぐに消えたけど)
三者三様にこなしている志尊淳くん、『あぁ~上手い役者さんなんだ!』と目から鱗でございました。
調べたら、今まで私が観たドラマに彼がいたようだ。
言われてみれば、画像を見れば、“いたな”位の存在だったのね。
この度、ちゃんと存在を確認した。
益々のご活躍を祈っております。
コメント

韓国ドラマ「バッドガイズ」感想

2018年02月26日 11時49分45秒 | 韓国ドラマ感想
イケメン、パク・ヘジンが出演というので観なくっちゃ。
「星から来たあなた」で悪役をやりそこなったそうで。
役者さんって、悪役をやってみたいみたいね。
で、念願の悪役、どう演じるのか?
無茶な設定で、連続殺人犯、殺し屋、暴力団員が特殊犯罪捜査班員って。
パク・ヘジンさんが足下にも及ばない悪役が似合う人が他にもいて、さすがに迫力が違った。
最初からスプラッターホラーみたいな展開で、連続殺人犯がいったい何人いるんだ!?
出演者が多くて、薄暗い画面の中でやたら人が死ぬ。
安定の韓国ドラマ的展開で、つじつまが合わないことは無視って物語が進む。
ニュースで見る韓国社会に“法”などというものは存在しない様に感じるが、ドラマでも当然のごとくで、最終話で真相は明らかになるが、何だかなぁ~
ただ、犯罪者の心からの贖罪のみが被害関係者の気持ちを慰めるものだというのはちゃんと伝わった。


韓国ドラマ感想まとめ ドラマタイトル
コメント

読書感想「麒麟の翼」

2018年02月24日 11時40分40秒 | 乱読本感想
麒麟の翼

東野 圭吾

講談社 2014年2月15日

★5
2018年02月24日 11:40

最近多いのは読んだつもりになっていた本。
本作も、テレビで放送された映画の冒頭部分で『あれっ!?知らない!』だった。
加賀恭一郎シリーズでは10作目の「祈りの幕が下りる時」を読んでいたので、「麒麟の翼」も読んでいるものだと思っていた。
7作目「赤い指」と「祈りの幕が下りる時」、直接起きた事件よりも印象に残っているのは加賀恭一郎とその父親の奇妙な関係。
「赤い指」、臨終を迎えた父親の傍ではなく、あえて距離をとったところでその時を迎える恭一郎。
距離が離れていてもお互いの気持ちが通じあっていることと強い愛情があるのは感じたが、あまりにも不器用で頑な態度が切なかった。
そして「祈りの幕が下りる時」で恭一郎と母親父親の心情が分かった。
その間の物語が本書。
恭一郎と父親のことは少ししか語られないが、起きた事件は父と息子の物語。
既に10作目を読んでしまってからこれを読むと、9作目は大きな意味を持って10作目に続いていたのだなと感じた。
大きな流れでの加賀父息子。
小さな流れでの青柳父息子。
父親が息子に残すメッセージがちゃんと伝わって安堵する。
私は加賀恭一郎シリーズがあまり好きではなかったが、恭一郎の真の姿があぶり出されてくる7作目以降はけっこう好き。
そして、本作は自分がなぜか素直に読めた。

乱読本感想リスト タイトル【か】行

乱読本感想リスト 作家【は】行 
コメント

読書感想「年下の男の子」

2018年02月22日 09時38分59秒 | 乱読本感想
年下の男の子

五十嵐 貴久
実業之日本社 2011年4月5日

★3

以前から書店でたまに見かけていたタイトル、読みたいような、読みたくないような。
作家さんは男性。
男性が描く“女”って、どこかずれているんだよねと思いつつ。
10年ぶりに「きみはペット」がマイブーム。
そのノリで目についた本書を買ってしまった。
まさかの、「きみぺ」の上をいく14歳の年の差!
特にセンセーショナルな始まりではない。
そりゃ~ね、37歳の女が23歳の男の子(あえて男の子と書く)と仕事をしたって、何とも思わないわよね、と女の私は思う。
それが、なぜか男の子が積極的。
そうなる説明エピが後に来るのか?
37歳の女性の気持ちは、まぁ、普通にそんなもんだよね~と思うが、男の子の気持ちが知りたいといそいそと読んでいく。
男の子がカッコいいし、善い子なので、胸キュンシーンではちゃんとキュンとした。
完全なる傍観者として読めば無責任に面白い。
でも、37歳の女性の気持ちを推し量ると、それは複雑というより、結果は見えているから切ない気持ちにもなる。
見えている結果にこの物語は落ち着くのか、その過程は?
それとも、漫画チックに大どんでん返しがあるのか!?
結果はさておき、男の子の気持ち、なぜ彼女に魅かれたかの説明が、まぁ、そういうこともあるだろうねというくらいの説明で、14歳差を乗り越える画期的な理由が無かった。
そこが野次馬根性丸出しで見ている私には不満足。
せっかく男の作家さんなのだから、女には想像もつかない理由を考えてくれよ!
私は創作を楽しみたいと思っているのだから!
解説で全国の児島くん(男の子)と晶子さんは共感するでしょうと書いてある。
はたして児島くんと晶子さんはこういうのを読むでしょうか?
児島くんはさておき、晶子さんは痛くて読めないんじゃないかなと思った。
でも、晶子さん、頑張れ!幸せになれ!とは思うよ。


乱読本感想リスト タイトル【た】行

乱読本感想リスト 作家【あ】行 
コメント

中山美穂&キム・ジェウクが年の差カップルに!『蝶の眠り』予告編

2018年02月21日 11時43分01秒 | ジェウクさま(キム・ジェウク)
昨日から動画が公開されたようで、やっと動くジェウクの姿が見える。
遠景での立姿が美しい。
横たわる姿も美しい。
聞える日本語がいつもよりヘタに聞えるのはそういう役だからかしら?


中山美穂&キム・ジェウクが年の差カップルに!『蝶の眠り』予告編
コメント

志尊淳の"女装"姿も話題『女子的生活』がギャラクシー賞月間賞

2018年02月21日 11時09分32秒 | 日本ドラマ感想
マイナビニュースに
”志尊淳の"女装"姿も話題『女子的生活』がギャラクシー賞月間賞”

https://news.mynavi.jp/article/20180220-586668/

という記事が出ていた。
このドラマ、”志尊淳の女装”というのがウリではなくて、内容がなかなか面白かったので、印象に残っている。

ドラマを観た後と、原作本を読んだ感想をそれぞれ書いたくらい。
そのドラマがこのように評価されて嬉しい。

なにしろ、4話という短い話数で、良さに気がついた時には終わっていた。
だから、良かったよと言っても観ている人が周りにいなかった。
もっと長かったらと思ったけれど、原作を読んだら・・・ほぼ原作通りに描かれた内容をこれ以上長くしても伝わるものは無いなと、やっぱり4話だ。
この賞を受賞と言うことで再放送して貰えたら嬉しい。

ドラマ感想

本感想

コメント

嵐 二宮和也のドラマの原作としての「ブラックペアン1988」

2018年02月21日 10時54分51秒 | 和也
海堂尊さんが「チーム・バチスタの栄光」で脚光を浴びた頃から読んできたが、Aiについて語られることが多くなり、作品全体が饒舌になったと感じたあたりから離れていた。
今回、ニノが主演のドラマに本作品名が上がった時、「あっ!読んでない」「チーム・バチスタの続編みたいなんだったら嫌だな」と思った。
とにかく原作を読もうと買ってきた。
読み始めて、ニノは果たして誰の役を演じるのだろう?と。
何しろ冒頭から一貫して描かれるのは世良くんという新米医師、この時点では国家試験の結果待ちで、医師でさえない。
先輩医師が何人か登場する。
この中の誰かだろうか。
あっ!この、新参者の医師なのか!?
さすがに調べたら「渡海征司郎」だそうだが、えっ?1章終わって、2章終わっているのにまだ出てきてない!
やっと出てきたのが3章、文庫本の80ページ、名前が出たのが81ページ。
『え~~、80ページ登場の人をニノがするの?』
そこに至る前、主役然としていたのは新米医師の世良くん、その次が新参者の高階医師。
原作無視で80ページ登場の渡海を主役にしたドラマになるのか?
と、このあたりで共演者が発表された。
世良に竹内涼真、高階に小泉孝太朗、佐伯教授に内野聖陽。
おいおい、ヘタすりゃ主演・竹内涼真みたいになるかも~(原作はでは世良みたいだし)と思ったが、最後まで読んで、『無理矢理でなくても主人公が渡海でいける!』と安心した。
このあらゆる顔を持った渡海という役はニノだよ!
新米医師をやれるほど若かったら、世良の役も美味しいけどね~
そこは竹内涼真くんに譲るしかない。
まぁ、彼に合っている役かな、欲を言えば、もう少し真摯な感じを出せる人が良いけど。
他の共演者に文句はないです!
この作品、悪人は出てこない。
よくある権力争いもない(それっぽくミスリードされるが)だから読後感は良い。
私はバチスタシリーズよりこっちが好きかもと思っていたら、最後の吉川晃司と海堂尊の対談で、(海堂が)吉川さんにはこっちの方が面白いんじゃないかと本書をプレゼントしたとか。
そうしたら(吉川が)バチスタよりこっちが好き。ドキドキ感、わくわく感がすごく強い、と言っていた。
書かれたのは「バチスタ」より後だが1988年の話で、後のバチスタに登場する人たちの若い頃も描かれている。
高階は20年後には病院長に、原点にここがあったから、“あの”院長ができあがったのか!
ちょこっと登場の田口先生はここがあったからあの不定愁訴外来か!
じゃ、渡海先生は?
この作品、シリーズものだというので調べたら・・・あららっ、やっぱり世良くんシリーズみたいね。
渡海先生はここだけ、ニノだけってことのようね。
ニノが出る映画やドラマの原作って、私的には“アタリ”が多い。
もちろん映画・ドラマも。
ドラマ「ブラックペアン1988」も期待したい。


乱読本感想リスト タイトル【は】行

乱読本感想リスト 作家【か】行 
コメント

読書感想「疾風ロンド」

2018年02月20日 08時35分17秒 | 乱読本感想
疾風ロンド

東野圭吾

実業之日本社 2013年11月15日

★3
2018年02月18日 10:07

レンタルDVDを借りようとして、まだ原作を読んでなかったことに気が付いた。
既に読んだ「白銀ジャック」と勘違いしていたようだ。
調べたら「白銀ジャック」の続編的作品らしい。

生物兵器、身代金3億円と始まりは華々しい。
でも、それを公表できないという状況の中、超自分勝手上司と小心者の栗林が何とかしようとするが、どうにも締まらない。
応援を求めるのが中学2年生の息子って。
スキー場に行くがそこでももっと役に立たないオヤジぶりを発揮。
「白銀ジャック」にいた根津昇平と瀬利千晶がここでも登場する。
彼らはそれなりに大活躍だった。
状況的には緊迫感があっても良いんだけど、なぜか緩~い感じになっている。
中学生の息子、スキー場の地元の中学生、その家族を巻き込んでちょっとハラハラするが、ほわっと終了。
バス移動中にさくっと読めてしまった。


乱読本感想リスト タイトル【さ】行

乱読本感想リスト 作家【は】行 
コメント

映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 [DVD]

2018年02月19日 08時21分19秒 | 日本映画感想
植物図鑑 運命の恋、ひろいました [DVD]

松竹
2016年12月7日


2018年02月18日 10:12


有川浩さんのファンだから原作は読んでいた。
私が好きな「きみはペット」と同じようなシチュエーションの話ではあるが、淡々としすぎていて彼女の作品の中ではあまり好きな方ではなかった。
それが映画化。
樹(いつき)役、岩ちゃんだし~、観ることはないだろうと思っていた。
でも、寒いから~

「お腹がすいて歩けません。拾ってくれませんか? 噛みません。しつけのできたよい子です。」もう、これ、「植物図鑑」のハイライト!
心配していた岩ちゃんの演技だけど、意外に大丈夫だった。
そもそも淡々としたストーリーだし、岩ちゃんの見かけが「噛みません。しつけのできたよい子」そのものなので違和感なかった。
野草を摘んで料理する、原作の料理が色と形をもって現れる。
高畑充希さんは安心してみていられたし、なんのモンクもありません。
ただただ、原作のまま淡々と。
コメント