途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国ドラマ感想「ウチに住むオトコ」

2019年04月28日 07時51分50秒 | 韓国ドラマ感想
有名な女優スエさんと若くて(スエさんより若いってだけか)カッコいいキム・ヨングァンとイ・スヒョク出演のドラマなら観るしかないか~と観始める。
1話で、スエさん演じるホン・ナリをお姫様抱っこする長身のコ・ナンギル(キム・ヨングァン)その時、ナリのスカートがふんわりとひるがえる。
乙女の心を持ったおばさんがちょっと『あらぁ~ステキ』と。
財閥の御曹司クォン・ドッポン(イ・スヒョク)も現れて・・・イケメンふたりに思われるホン・ナリ。
さあ、どうなる?
う~~ん、結果として、そこまで胸キュンではなかった。
ストーリーがいまいちだったのか!?
恋愛感情表現が韓国ドラマでは珍しく希薄というか淡白だったのか!?
でも、見方を変えれば、これはもうコ・ナンギルの純愛物語。
それが成就する物語。
最終話なんてずっとふたりのイチャイチャシーンが続くがそれほど嫌じゃなかった。
さぁ、ちゃんとプロポーズ!
コ・ナンギル、思いが伝わって良かったねぇ~
おばちゃん、嬉しいわ~
コ・ナンギルは乙女心をくすぐると言うより、おばちゃんのお世話焼き心をくすぐる感じだった。
演じたキム・ヨングァンくんの優しく落ち着いた雰囲気が良かった。
思えば、「僕らのイケメン青果店」の背の高い青年役でその存在を知り、「ピノキオ」ではそれなりに目立つ役だったけれど、その時にはイ・ジョンソクがいたからなぁ~
今回、やっとキム・ヨングァンを”観た”って感じ。
スエさんとは7歳近く年下で、役としてもほんの少し年下。
でも、雰囲気は頼りになる”父”の様な包容力がある感じで、女優スエをも包んでいた。
ドッポンの異母妹ドクシムが惚れこむのも解る。
そしてドッポン役のイ・スヒョク、色が白すぎ!おばちゃんとしては羨ましい、って感想。
それくらい。
イ・スヒョクは「一理ある愛」の家具職人が好きだったなぁ~
役者さん個々人に関してはみんな良かったが、ストーリーがやっぱ、薄い感じだった。


韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~」

2019年03月23日 21時01分26秒 | 韓国ドラマ感想
過去にキムタクに似ていると言われたらしいユン・サンヒョンさん。
キムタクのようにThe主役ではなく、「シークレットガーデン」や「君の声が聞こえる」あたりからのちょっと脇に寄った立ち位置の味のある役をやっているのが大好きだった。
先に見た「ショッピング王ルイ」でも、同じ様な感じだったが、ちょっと冴えないおっさんも含まれていた。
でも、やっぱり中身はカッコいい。
このドラマのナム・ジョンギ役もそんな感じ。
シングルファーザーで気弱な中小企業のサラリーマン、お父さんも子供も弟もみんな冴えない。
会社でも家でもウジウジ、ほんと冴えないオヤジ役が板についているユン・サンヒョンをどうする!?
でもね~、回が進むごとに、カッコいいユン・サンヒョンが、いやナム・ジョンギが現れてくる。
不思議なんだけど、見かけはやっぱり最初の冴えないおっさんなんだわ。
それでもカッコよく見えてくる。
役の力か?ユン・サンヒョンの演技力か?
大企業の横暴に踊らされる中小企業のラブリーコスメの社員たちを見ていたら「ミセン-未生-」を思い出してしまい、ちょっと憂鬱になった。
が、これは最後にスカッとする。
強く正義感のあるオク・ダジョンが小気味よく悪を退治する的なお話。
いや、オク・ダジョンに感化されたラブリーコスメの社長や社員たちが力を合わせて自分の会社を救う話か!
現実にはあり得ないだろうが、ドラマだからそれでいいと思う。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「あやしいパートナー」

2019年03月23日 06時48分58秒 | 韓国ドラマ感想
「ヒーラー」「THE K2」そして本作「あやしいパートナー」と観てきた。チ・チャンウクの色々な魅力が満載で、初めて彼をみた「僕らのイケメン青果店」のあのお兄ちゃんがこんなキラキラになったんだと思う。
前の2作はアクションとLOVE、本作は、内容はけっこうハードだけど、位置付けとしてはラブコメになるのかな。
殺人事件、理不尽な捜査、権力者の横暴、相変らずの韓国ドラマなのに息抜きのようにフッと笑える場面が随所に出てくる。妙な明るささえも感じる。
韓国ドラマで○○とLOVEを扱うとLOVEがベタベタ過ぎてあほらし~と思ってしまうことがあるが、(先日観終わった「ドクターズ~恋する気持ち~」みたいに)これは○○(殺人事件や主人公たちが抱える過去の事件)がちゃんと描かれているし、LOVEも微笑ましい。
ノ・ジウク(チ・チャンウク)とウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)だけでなくチ・ウニョク(チェ・テジュン)、チャ・ユジョン(ナラ)の気持ちがそれぞれ可愛い。
若い俳優さんたちみんなキラキラピカピカで目の保養。
でも、おじさん2人、ピョン代表(イ・ドクファ)とパク係長(チャン・ヒョクジン)も妙な明るさに貢献していて私的にはかなりのツボだった。
総括として近年のチ・チャンウクは良い仕事しているなぁ~と。
私の好みは「ヒーラー」かな。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ「ドクターズ~恋する気持ち~」感想

2019年03月14日 19時23分24秒 | 韓国ドラマ感想
パク・シネちゃん目当てで観始めた。
すっかり大人の女性になった上にキレッキレのアクションシーンもこなしてなかなかの見応え。
ちょっと苦手なキム・レウォンさんだったが、温厚な(学校の)先生とお医者さん役が良い感じ。
これは面白いかも!とワクワクしながら観ていった。
が、
医者として働く病院でのエピソードとラブストーリーが何となく私には違和感があった。
病院のエピソードはけっこう面白くて引き締まった感じなのに、ふたりのラブストーリーになるとデレデレダラダラ。
”ドクターズ”で”恋する気持ち”なんだからしょうがないか。
現実はそうだろうが、ドラマとしてはちょっとといったところ。
せっかくカッコいいシネちゃんのお医者さん姿だったのにさ、残念!
と、言うことで感想は短め。
とにかく完走はした。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「純情に惚れる」

2019年02月23日 17時35分56秒 | 韓国ドラマ感想
暇だったのとレビューでの評判が良かったので観てみた。
「ごめん、愛してる」「犬とオオカミの時間」以来、久しぶりのチョン・ギョンホさん、茶髪で現れた時にはちょっとびっくりしたが、それなりにカッコ良い。
キム・ソヨンさんは「抱きしめたい~ロマンスが必要~」ではソンジュンくんとのラブストーリーにいまいちムリがあったが、今回は良い感じ。
秘書役が似合ってる。
カン・ミノ(チョン・ギョンホ)とキム・スンジョン(キム・ソヨン)の恋は嫌味なく安定感があった。
ミノの秘書やスンジョンの友達の刑事、ドンウクの父親など、脇の人たちのキャラも良くて気持ちよく観えた。
が、イ・ジュニひとりが悪い奴。
スンジョンが好きで、恋人を殺しておいて彼女にプロポーズをしようとは・・・『えっ!?ジュニがドンウクを殺したと思っていたんだけど、違ったの?真犯人が他にいるの?』と途中で思った。
罪悪感のカケラもなく、ウキウキとプロポーズの準備をするジュニが気持ち悪かった。
最後、思わせぶりなシーンもあったが、ハッピーエンド。
まぁ、あれだけ”奇跡”を量産したんだから”奇跡のハッピーエンド”で終わって良かったよ。
じゃなきゃ、スンジョンとドンウクのお父さんがあまりのもかわいそうだったもん。


韓国ドラマ感想 まとめ ドラマタイトル
コメント

韓国ドラマ感想「ボイス~112の奇跡~」

2019年02月22日 19時45分54秒 | 韓国ドラマ感想
えぐい内容で、そのえぐい行為をする人物をキム・ジェウクが演じると。
それがどんな内容だろうと、ジェウクファンなら観るしかないなと。
確かに、えぐい内容でしたわ。
私はわりと平気なので普通に観たけれどダメな人はダメだろうな~
音のプロファイラーと言うのは新しいと言えば新しい。
が、韓国の権力者とその力に取り込まれる者、蹂躙される者という図式はいつも通り。
なぜこうも権力者は横暴になるのか、人の命など虫以下の扱い。
今回、ジェウクが演じるのは・・・権力を持った異常者。
端正で色っぽいジェウクがそれを演じれば・・・怖さが増す。
でも、そこはかとなく美しい。
そして、もの悲しい。
キム・ジェウク、渾身の演技だと思った。
演じるのがきつかっただろうとも思った。
このドラマはジェウクが主役ではないが、ジェウクファンだからジェウクの事だけ書いてみた。

あっ!ジェウク演じるモ・テグの悪の温床の別荘が「むやみに切なく」のシン・ジュニョン(キム・ウビン)のお家だった。
キム・ウビンくん、元気になって戻って来てくれ~~~~


韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「ヨンパリ」

2019年01月05日 08時32分51秒 | 韓国ドラマ感想
1回目の配信があった時、『あぁ~キム・テヒが出るんだ~』で観なかった。
2回目の配信の時は暇すぎたので観ることに。
キム・テヒョン(ヨンパリ)役のチュウォンは嫌いじゃない。
彼がヨンパリ(ニセ医者の意味だが、テヒョンはニセではない)としてスリリングに活躍する出だしはワクワクした。
そういう事が続く話かと思っていたら、財閥のお姫様が眠るお城ならぬ病院の話に。
そして財閥の勢力争い。
それに巻き込まれたテヒョンはヨンパリの時の躍動感がなくなってちょっとつまらなくなった。
眠っているキム・テヒは美しいというだけで害は無かったが、目覚めてからの話がどうにも・・・
キム・テヒ演じる財閥のお嬢様ヨジンとテヒョンのラブストーリーにしちゃった!!!
それまでの物語とキャラ設定からしたらそうはならないだろうと思うのだが、ふたりが風の丘でキス!
取って付けた感じでバカみたいだった。
そう言えば、『あぁ~キム・テヒが出るんだ~』=面白くないだろうなと思った発端が「アイリス」の能天気なラブラブシーンだったな。
美しいキム・テヒにはキスシーンと思っているのか!?
能面のようなキム・テヒには冷酷な財閥のお嬢様を貫いて欲しかった。
テヒョンを好きでもベタベタしないで愛して欲しかった。
この内面の演技は彼女には難しいのか!?
テヒョンは、たぶん彼はすべての人を愛する人なのだろう。
苦労や悲しみを経て形成された人類愛みたいな。
想像していたよりも面白かったけれど、”そこ!”にモンクはある!
最後の最後、イ科長が真っ当な医者になって良かったなぁ~と思った。
演じたチョン・ウンインさん、3度も観た「君の声が聞こえる」ですっごい悪人だったから。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「ショッピング王ルイ」

2019年01月04日 12時08分23秒 | 韓国ドラマ感想
好きなユン・サンヒョンさんが出演し、コ・ボクシル役のナム・ジヒョンさんは子役として出演していた「エンジェルアイズ」でちょっと気になった女優さんだったので観始めた。
が、サンヒョンさん演じるチャ・ジュンウォンは何だかビミョーな外見とキャラ。
ルイの甘ったれた言動が気に食わない。
いくら山奥の出身とはいえボクシルの人の好さがマヌケに見える。
最初の方はルイとボクシルの関係にイライラしてしまった。
でも、やっぱりサンヒョンさん演じるチャ・ジュンウォンは良い人で、キム執事もホ執事も刑事さん達も良い人、お母さんたちも良い人でと、人が死んでいるにもかかわらず何だかほんわかとした感じの展開に。
ちょっと意地悪はマリ、すごく悪い人はマリの父親だけ!
マリの父親役のキム・ギュチョルさんって、完全な悪役しか見たことがないもん!と、思っていたら、あらまぁ!今回は・・・
最後は、ちょっとホロリとしてめでたく終了。
いや、一カ所笑った!
チャ・ジュンウォンに新しい出逢いが!今度こそ結ばれますように!!!
今回もユン・サンヒョンさんは良い役だったなぁ~
最後に、主演のソ・イングクくん、私の中では、特に~の人だったんだけど、ほんわかとしたルイの役を上手く演じていたと思った。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「ゴールデンクロス」

2018年12月28日 18時45分22秒 | 韓国ドラマ感想
ちょっと前のレンタルDVDの予告を観ていたらこれにであった。
好きなイ・シヨンとオム・ギジュンが出ているのに何で私はこれを観ていなかったのだろう?
観始めて、『あれっ!?これ、観たことがある気がする!』でも、内容の記憶がないし、感想も書いてない。
借りてきたのでとりあえず全部見てみようと。
1話を観て、これはたぶんGYAO!の配信で観始めたのだろうな、でも、あまりにも気分が悪い内容だったのでリタイアしたのだろうと思い当たった。
今回は、全話借りてきてしまっていたので、観ることに。
韓国ドラマによくある権力者の横暴、それに蹂躙される弱者が描かれている。
慣れているとはいえ、胸糞悪い内容に辟易。
お目当てのイ・シヨンは正義の検事のようだが、オム・ギジュンはどうやら悪役。
どの程度の悪役なのか?
そこそこ悪い奴ではあったが、イ・シヨン演じるソ・イレの父親、ソ・ドンハとその友人弁護士のパク・ヒソがあまりにも悪くて、特にソ・ドンハの悪いことったら。
あっけにとられて観るしかなかった。
裏切って陥れて、敵なのか味方なのか、三つ巴どころか、四つ巴、五つ巴の攻防。
前半やられっぱなしの弱者、妹と父親を殺されたカン・ドユンが後半は攻勢に出て”正義は勝つ!”で終われば、前半の気分の悪さも救われるのにと、勧善懲悪のドラマであることを願った。
そこで終わったと思ったら・・・最後の最後に一瞬映ったのは、”数年後”と文字が出て、気持ちよさそうに刑務所を出るソ・ドンハ。
直接的に3人の人を殺しておいて、数年で出所って、最後の最後で気分の悪さがMAXになった。
「私の心が聞こえる?」で初めて観たチョン・ボソク、知的障碍者だが優しい人の役だったのでかなり好感を持っていた。
先日観終わった「マッド・ドッグ」でも悪役だったが、最後はフェードアウトしていた。
で、今回のこの役、主演はカン・ドユン役のキム・ガンウとソ・イレ役のイ・シヨンのようだが、圧倒的な”悪”を演じたチョン・ボソクが主演のようだった。
でも、役とはいえ、今後チョン・ボソクを観るたびに嫌~な気持ちになるだろうなと思う。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「マッド・ドッグ」

2018年12月23日 20時39分25秒 | 韓国ドラマ感想
冒頭、チェ・ガンウ(ユ・ジテ)と仲間たちがいろいろな保険金詐欺を摘発していくシーンがスピーディーに、かつカッコよく描かれる。
そしてそれが飛行機事故の真相に繋がっていく。
飛行機墜落事故で妻子を亡くしたガンウと事故を起こしたとされる副操縦士の弟、キム・ミンジュンが出合って、仲間たちと事故の真相を解明していく。
と、言ってしまえば短いんだけど、韓国ドラマらしく脇の保険金詐欺もたっぷり描かれる。
事故の真相がある程度分かっても、暴く側、暴かれる側の策謀がこれでもかこれでもかと描かれる。
まぁ、適度にハラハラドキドキ、泣けるシーンあり~のの、ちょいと恋バナなどもあって観ていける。
「ヒーラー」以来のユ・ジテさん、一見間の抜けた感じの風貌なのにじわじわ存在感が増してくるという不思議な人(と、私は思っている)
存在感と共に見えるのが包容力。
役なのか、その風貌なのか、今回もそれが十分に発揮されていた。
ちょっと訳ありの仲間に対して、孤独なキム・ミンジュンに対して注がれる愛情がより温かいものに感じられた。
キム・ミンジュン役のウ・ドファンさん、今回初めてだったが、なかなか良い雰囲気を持っていて、好み!
また、どこかの良い作品で出会いたい。
そして、やはり初めてのチャン・ハリ役のファヨンさん、チャーミングな女の子だが、パク・シネちゃんとよく似ていて、最初はそれが気になってしょうがなかった。
終わるまでには慣れたけど、シネちゃんより肉感的でセクシーだったね。
まっ、面白く終了。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント