途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

恋に落ちる瞬間

2010年07月30日 21時30分24秒 | 夏の恋は虹色に輝く

「・・・人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。・・・」

翔ちゃんが出た映画「ハチミツとクローバー」の冒頭のつぶやくような台詞。

その台詞とそこだけ時が留まったように惚けた翔ちゃん(竹本祐太)の映像は正確には覚えていないけれど、とにかく、そうか~、今、彼は恋に落ちたんだ~とバカでも(私のことね)解ったシーンだった。

でも、今回の「夏虹」、潤くんは、いや、大雅はどの瞬間、何に心が動いて恋に落ちたのだろう?

初回は初回という事で、どうも変なところばかりに目が行っていたようで・・・第2話を観ていてどうも自分の中で話のつじつまが合わない。

これは何なんだろう?と自分の気持ちを持て余していたら・・・あるブログに恋に落ちたところがよく判らないというような一文があった。

あっ!そうか!!・・・言われてみれば・・・そこだ!

私の妙な、折り合いのつかない気持ちはそこだ!

第2話での詩織に対する思いはそれなりに大きいのに、その大きさにみあうだけの出会いがあったのか?ってところだ。

で、あまり気がすすまなかったけれど、初回を見直してみた。

ふ~~ん・・・最初に目が合った瞬間か!?

それとも、紐が切られる直前か!?(映っている時間としてはこっちの方が長い)

たぶんこのあたりなんだろうけれど、ドラマで心が出会う情景としてはあまりインパクトが無いというか・・・そりゃーあのスカイダイビング、木にぶら下がった男と走ってきた女の出会いという物理的な出会いは一見ドラマチックでインパクトがあるような設定だったけれど・・・一目惚れと言うような(設定は一目惚れなんでしょ!)、何か強烈なものが・・・無かった。

いや、ただ単に私には判らなかった。

一目惚れするという要因には何があるのだろう?と考えた時、ただ自分の好みにあった容姿であるか、強烈に自分が心を打たれる行動を相手がしたという以外には無いと思うんだけど・・・そんなことがあっただろうか?

ドラマなんだから、鈍感な私にも判るように、そこんとこはっきり出して欲しかったな。

結局のところ、私はこの「夏虹」に一目惚れはしなかったようだ。

「花男」や私の中の最高峰のラブストーリー「たったひとつの恋」も一目惚れはしなくて、第2話とか第3話で惚れたから・・・まだ、「夏虹」も大丈夫だ。

・・・と、思いたい。

コメント (2)

「夏虹」初回

2010年07月20日 21時11分38秒 | 夏の恋は虹色に輝く

どうしようかと思ったけれど・・・とにかく待ちに待った松潤のラブストーリーだから・・・感じたことを書いてみた。

オープニング・・・海、潤くんの(いや、大雅)のつぶやき、わぁ~、コッテコテの夏の月9じゃん

わぁ~、シャワーシーン何のサービス!?

見慣れていたはずの潤くんの上半身の裸体・・・久々だからなのか、大人の男になったからなのか、観ていてこっ恥ずかしい。

考えたら、モモの裸も耕二の裸も・・・耕二なんて、アンナコトやコンナコトまでしていたのに・・・普通に観ていたような・・・彼を中性的に捉えていたのかもしれない。

大人になったのね~、潤くん。

スカイダイビングのシーン、潤くんのあの笑顔は心底楽しんでいる顔ね。

大昔のクイズ番組で翔ちゃんが死にそうな顔でダイブしていたのを思い出してしまったわ。

道明寺を思い起こさせるシーンもけっこうあったけれど、「きみぺ」ファンの私にとってはきみぺ臭がプンプンしていて、喜んで良いのか悪いのか・・・

ひと言の台詞、一瞬の演技に「モモ」がまんまいたわ。

2人でいちゃつくシーンなんぞ、小雪の時とダブって見えた。

この表情、きみぺのあのシーン。

このしぐさ、きみぺのあのシーン。

このしゃべり方、きみぺのあのシーン。

はっきり言って「・・・きれいな涙・・・」という台詞はきみぺでも使われていた。

それだけ「きみぺ」を好きだったってことなんだろうけれど、自分でも飽きれてしまうような見かたをしていた。

脚本家(大森美香)が一緒ってことは・・・松潤の演技も大森美香仕様になっているんだねとも思った。

まぁ、今の嵐ファンの大半と一般の人は「きみぺ」なんてマニアックなドラマ、よくは知らないだろうから、こんな見方をする人もそうそういないはず。

新鮮なものとして「夏の恋は虹色に輝く」を楽しめるはず。

初回、視聴率15、7%・・・へぇ~、「怪物くん」の初回より悪いのか!と、ちょっとした驚き。

松潤が、というより、「月9」なのに!?って、ところにだけど、今期はどこも視聴率は高くないようだから、こんなもんか~

まだ、始まったばかり、これからの展開次第ね。

できれば、現状維持を期待しますわ。

いや、祈りますわ。

コメント (2)

始まった

2010年07月16日 12時28分50秒 | arashi事 コンサート

国立の当落の発表が始まったようで・・・

嵐友から、当選した!との一報が入った。

が、内容を聞いて、かなりビビッてしまっている。

今回、嵐友1名義、友達名義と称する(まぁ、嵐友の友達にはまちがいないけど)2名義、計3名義をつぎ込んでの国立挑戦だった訳なんだけど・・・嵐友名義は落選、友達名義が2つとも当選した。

昨年のツアー用に作って、国立は温存して(つまり使っていない)、ドームにだけ使って落選した2名義が当選だった。

一度も当選していなかった名義が当選という事は確かに平等で、かつ、おめでたいことだが・・・あとの残りは、全部過去に当選した名義ってこと。

あと4名義、これで、ドームを戦うわけだけど・・・この当選した名義ってのは不利ってことみたいだ。

私自身は国立には行きたくないんだけど・・・残りが全部落選したらってことを考えると、国立に行くしかないのかしら~

嵐コン不参加の年にはしたくないし・・・まぁ、国立までには京セラくらいは発表があるだろうから、その結果を踏まえて、国立行きを決めよう。

しかしながら、京セラ担当はくじ運の悪い(悪いっても席が悪いだけ、当選はしている)我が娘と未知数の嵐友の父ちゃん。

どうなるかね~

コメント (4)

潤さまが輝いている

2010年07月15日 17時28分03秒 | 夏の恋は虹色に輝く

来週に迫った「夏虹」(こう、略すのだとの公式コメントがあったので)に向けて、潤くんの露出が多くなってきている。

そんなん観たことも聞いたこともないぞ~というバラエティ番組を観る破目になっている。

私、バラエティ嫌いだし~・・・と言いつつも、惚れた弱み、録画して、なるべく他を観ないようにして、観ている。

何だか、今回は潤くんの光り方が違う!

尋常じゃない輝きようだ。

あんな「スマイル」を観て、しばらく、いや、ずいぶん長くビトショックだった私も立ち直ったようだ。

「スマイル」ではない潤くんのスマイルは久々にヤバイ!

どうも過剰な期待を「夏虹」にしてしまいそうになる。

抑えろ!自分と言い聞かせつつ、潤くんの輝きにやられている今日この頃。

「Love Rainbow」は聴いていて、ちょっと心が動いたけれど・・・あれ!(題名さえ覚えていない)・・・「To be free」は・・・何でシングルなのか解らない。

アルバムの中に入っている1曲で、好きな人だけ好きで良いじゃんって感じの曲だと思いましたわ。

だから、せっかくテレビご出演だったのに、萌えどころが無かった。

あくまでも、私の思うところでございます。

コメント (8)

「ちかちゃん」

2010年07月12日 16時26分51秒 | arashi事 いろいろ

最近は遅れ遅れで録画を観ている状態なので、嵐さん達の日々の情報にはかなり疎くなっている。

「ひみつの嵐ちゃん」「VS嵐」はもうすっかりそれぞれのスタイルが出来上がってきたので、安心して、かつ、文句も言わないで楽しく観ている。

本当に楽しい。

笑って、笑って、笑って・・・その時だけ楽しんで、以前にも書いたけれど、後に何にも残らない。

まぁ、楽しかったというあまぁ~い記憶だけが残ればアイドルのバラエティとしては大成功ってところかな。

もうひとつの「あれ」は・・・かつての「アラシちゃん」のように書くほどのことはないけれど・・・半年は・・・いや、1年は様子をみてみようと思っている今日この頃。

で、本題。

先日のMステ・・・やはり、遅れて録画をぼ~~っと観ていたら・・・

「ちかさん、結婚してください!」(はっきり覚えていないけれど、こんな感じだった?)

って、潤くんが!!!

ちょっとドキっとした。

私はどちらかというと「ちかさん」よりは「ちかちゃん」が良いけど~と思っていたら、相葉さんだっけ!?「ちかちゃん」って言ってくれて・・・ははっごちそう様でした。

ほんと、いいオバサンがときめいちゃってさ

名前、ばらしちゃったけど・・・「ちか〇」で良かったって思った。

私と同じ思いをした人、きっとたくさんいるだろうな

コメント (2)

07.07.~07.12.(Ⅲ)

2010年07月12日 15時01分50秒 | 植物

P1000656 P1000663 P1000667 P1000670 P1000671 P1000692

コメント

07.07.~07.12.(Ⅱ)

2010年07月12日 14時56分32秒 | 植物

P1000648 P1000649 P1000654 P1000655 P1000660 P1000662 P1000664 P1000669 P1000684 P1000690 P1000691

コメント

07.07.~07.12.(Ⅰ)

2010年07月12日 14時47分29秒 | 植物

P1000645 P1000646 P1000647 P1000657 P1000658 P1000659 P1000665 P1000666 P1000682 P1000683 P1000686 P1000688

コメント

06.28.07.06.(Ⅳ)

2010年07月06日 17時13分29秒 | 植物

P1000581 P1000590 P1000593 P1000602 P1000603 P1000607 P1000620 P1000636 P1000644

コメント

06.28.~07.06.(Ⅲ)

2010年07月06日 17時04分49秒 | 植物

P1000582 P1000587 P1000594 P1000599 P1000604 P1000615 P1000635 P1000639

コメント