途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国ドラマ「Dr.JIN 」感想

2015年12月02日 15時16分01秒 | 韓国ドラマ感想
まず、この韓国版「仁」、「Dr.JIN <完全版>」ってあるんよね、<完全版>!?、ざけんな!!!と。
ちゃんとした原作があるのに、何言ってんだか。
まぁ、韓国版「仁」が日本で放送されるにあたり、いろいろあった末の<完全版>と言いたいのかもしれないけど、詳しく調べる気ないし~

日本のドラマ「JIN-仁-」を観て、そして原作が完結した時点で原作を読んだ。
タイムスリップものにはどうしても付きまとう、つじつまが合わないところもあったが、どちらもいい作品だと思った。

そして韓国版「Dr.JIN <完全版>」
そりゃぁ~興味本位で観るよね。

ソン・スンホンさん、「秋の童話」「夏の香り」(リタイヤ)を観て、なんの恨みもないんだけど、役として死ぬほど嫌いでした。
でも、興味が勝った。
観たら、そんなに嫌じゃなかったわ。
良かった。
パク・ミニョンちゃんは可愛いし、他の役者さんも韓国ドラマの常連さんたち、なんのモンクもありません。

が、

なんだかね~・・・
当然比べて観てたけど、途中から比べると最後まで観られないなと。
国民性の違いはもうどうしようもないな。

日本の「仁」で描かれた「時代」って、「人」が・・・敵対する「人」であってもそれぞれの「志」がまっすぐだった。
それが下地にあって、「仁」という医者のお話だった。
韓国版で描かれた時代はまったく知らないが、ぶっちゃけいつもの韓国。
自分さえよければと、人を陥れることばかり。
史実なのだろうが、「仁」の下地にはそぐわない気がする。
そして仁先生をうっちゃって、策謀ばかり描く。
そっちが好きなら最初っから「仁」なんて無しでやればよかったのに!

俳優さんたちが良かっただけに、残念だったな。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント