途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「オレたちバブル」と「主人公」

2013年06月26日 21時30分55秒 | watakusi事

今日起こったことで私がドキドキ(嬉しい楽しい気持ち)したことが2つ。

書いておきたくなったので・・・

来月から始まるドラマのリストを見ていた。

ら、

あれっ!?

私の好きな本がドラマになるようだ・・・けれど・・・

あれっ!?

原作に2つのタイトルが・・・

いいかげんな私、今まで書店で何度もそれを見ていたはずなのに、気がついていなかった。

続編が出ていたんだ!!!

池井戸 潤 「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」

昔、「入行組」を読んだ時、銀行が舞台なので小難しい経済用語が出てきたりしたけれど、むちゃくちゃ面白かったの。

手に汗握る展開で不正を働く輩を最後にやっつけちゃう。

出来過ぎた勧善懲悪ストーリーだとは思ったけれど、とにかく痛快で、小気味良かった。

続編が出ればと思っていたけれど・・・

とっくの昔にそれは出ていたのね。

書店にソッコー出かけ、読み始めた。

むっちゃ面白い!

7月7日からTBSでドラマが始まるそうで・・・

ドラマがどうなるのかはわからないけれど、私は原作が読めて良かった。

そして、すごいことにNHKで始まるドラマも池井戸 潤さんの「七つの会議」が原作のようだわ。

おお~、少年隊、ヒガシ(東山紀之)くんが主演!

夕方のニュースを観ていたら、さだまさしさんの話題。

本日、アルバムが発売されたそうで、「天晴~オールタイム・ベスト~」

ファンの投票で選ばれたという収録楽曲が紹介されていた。

その1位が「主人公」

そうか~これか~ファンしか知らないだろうなぁ~

ちょっと意外という気もするし、さすがさだファン、いいとこついてきたなぁ~という気もする。

最近は聞くこともなかったけれど、わが青春のさだまさし。

テレビで「主人公」を歌っている最近のさださんが出たけれど・・・

ごめん、昔のさださんの声で聞きたい!

聞きたいと思ったけれど、わが家にあるのはレコードだわ・・・

さぁ、本を読もう!

コメント

「私たち結婚しました」の 別れ

2013年06月24日 17時44分29秒 | 私たち結婚しました

GyaO!配信で「私たち、結婚しました4」の5話分だけ短期配信というのがあったのでちょこっと観てみた。

それは「シーズン4」の始まりだったけれど、同時に「シーズン3」のカップルの別れでもあった訳で・・・3組のカップルが別れていった。

私は「シーズン1」しか観たことがなくて、「シーズン3」の別れるカップルたちがどんな結婚生活だったのかは知らない。

知らないからそれほどの思い入れも無く、またサンチュの別れが強烈すぎたこともあり、1話ごとに別れていくカップルをたんたんと観ていった。

別れる2人もたんたんと別れていっているように感じた。

サンチュから数年たったウギョルのカップルたちの別れは新しい感覚での別れなのかもしれないな~とも思った。

お別れ3組目のカップルはイトゥク(スーパージュニア) & カン・ソラ。

彼の方は顔と名前くらいは知っているという程度、そして彼女の方はまったく知らなかった。

別れまでの数話をちょこっと観た程度ではどんなカップルだったのか、またそれぞれの人となりもわからない。

女の子はキャピキャピしたところが無くぶっきらぼうな感じだし、1年近く続いたカップルだったらしいがべたべたとした感じがなく、彼らの別れもそんな感じでサラリと終わるのだろうと思っていた。

女の子カン・ソラは別れの涙を彼には見せたくないみたいで、途中別の部屋に入って泣いていた。

イトゥクの方が先に泣いていた。

涙をこらえていた彼女が泣いたのは最後のハグ。

そんな彼女がいじらしく、最後の2人の唇へのキスがすご~く切なくて泣けたわ~

こういう時は女性が見送るのがトレンドよと彼を先に送り出した彼女。

涙の別れではあったけれど、想像したような別れだった。

でも、

インタビューを観て、わぁ~ん

Q.なぜ見送ることに?

最後まで残る人は強い人ですよね。

私は強くはないけど、先に出ていったら彼がつらいかと思って。

私が残った方が気が楽。

Q.後ろ姿を見ながら何を思った?

「ふり返らないで」

彼も、今にも泣きそうだったし、振り返って私が泣いていたら置いていけなくなるでしょ。

わぁ~ん

なんていい女なんだ!

彼が最後の手紙で、

心が感じられる時間だった

会うのが楽しかった

ずっといい思い出として残っていたい

「別れ」は愛した人たちだけができることだそうだ

僕がいなくても元気で笑顔で

時々僕のことを思い出してくれ

大切にしてくれてありがとう

本気だった 愛しているよ

だって、

過程は知らないけれど、良いカップルだったんだねぇ~

コメント

翔ちゃんの家族ゲーム終了

2013年06月24日 15時37分13秒 | 

最終話の視聴率、16.7%。

だんだん良くなっていった視聴率というのがこのドラマの評価ってことね。

私は翔ちゃんの出たドラマはあまり観ないというか、ほぼ挫折なんだけど、これはちゃんと観えたし、良かったと思っている。

ドラマの内容も良かったし、これに主演した櫻井翔を高く評価する。

櫻井翔の新境地開拓ドラマと勝手に位置付けている。

ただ、多くの皆さんが評価しているあの狂気の演技は個人的には好きではないけれど。

さあ、これでやっと「家族ゲーム」原作が読める。

コメント

韓国ドラマ「強敵たち」感想

2013年06月24日 15時12分08秒 | 韓国ドラマ感想

GyaO!配信。

時々、「チェリム」さんが出ているので観たとか、「チェリム」さんのファンだから観たといった書き込みを見かけるが、私もけっこう「チェリム」ドラマが好きみたい。

っても、「オー!マイレディ」と「 タルジャの春」を観ただけだけどね。

だから最初は好みのナムジャ(男性)がいないけれど、チェリムが出ているので観てみるか~って感じ。

前半は青瓦台の警備員たちのお仕事拝見って感じ。

後半は恋の行方・・・チャ・ヨンジン(チェリム)と結ばれるのは大統領の一人息子カン・スホか?警備員ク・グァンピルか?・・・の興味もあったけれど、家族とか友情のあり様を観るのが面白かった。

男女のラブストーリーもあるけれどべたべたした感じではなくて私好み。

チェリムさんのキャラもあるか「チャ・ヨンジン」は見かけも性格もきりっとした良い人間。

良い人間前提の良い女。

我儘なカン・スホ、心を開かないク・グァンピル、性格に難ありの2人の男が彼女に魅かれるのは当然。

韓国ドラマのドロドロ感はほとんどなくて、人間の成長とか家族の愛情を描いてあるので視聴後の気分は良い。

それにしても、韓国の子役もすごいなぁ~

グァンピルの娘役のキム・ユジョン、かなり泣かされましたわ。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント

キム・ジェウク ドラマ復帰

2013年06月19日 13時43分05秒 | ジェウクさま(キム・ジェウク)

今年は除隊の年だし、何か動きがあるかなと気にしていたら・・・

妙なところから彼の近況が入ってきたわ。

Googleアラートの【ヒョンジュン】で引っかかってきてた。

【ヒョンジュン】で何でキム・ジェウクが引っかかるんだ?と記事を読んだら、新しく始まるドラマの彼の役名が『イ・ヒョンジュン』だそうで・・・【ヒョンジュン】かぁ~^^フフフッ^^

「フーアーユー」という題名でゴーストメロドラマだって。

ジェウクは幽霊役!?

警察官ヒョンジュンは不慮の事故で昏睡・・・死にはしないのか?・・・

もんくなく彼の雰囲気には合いそう。

いつになったら私が観えるのか分らないけれど、とにかく楽しみに待ってよ~

あっ!グンちゃんもドラマだって!!!

「きれいな男」ってタイトル。

でもって、グループエイトだそうで、これも楽しみ。

何だか嬉しいなぁ~

彼らは私の韓流原点だから。

コメント   トラックバック (1)

「私たち結婚しました」のレンタル

2013年06月05日 20時58分31秒 | 私たち結婚しました

先週久しぶりにゲオに行ったら「私たち結婚しました」のチョ・グォンとガインカップルのレンタルDVDを発見!

噂には聞いていたけれど、田舎のショップには並ばないだろうと思っていたのに・・・良かった。

とりあえずは「神のクイズ」を借りて、その次に観ようと。

で、今日行ったら、きゃ~!なんとです、イ・ジャンウとウンジョンの「私たち結婚しました」とリーダーヒョンジュンの「私たち結婚しました」も棚に並んでいた~!!!

ヒョンジュンくんの「私たち結婚しました」はずっとレンタルがなくて、動画サイトにも字幕入りが最近は無いし(昔はあったんだけどね~)、それを観る為にはDVDを買うか、MBCオンデマンドで観るしかなかったの。

時々、探している方が私のところにも来られるけれど・・・そういう方の為に、レンタルDVDができて良かったわ。

それにしても・・・あれから5年。

サンチュの物語はもうDVDの中だけに存在する「私たち結婚しました」という物語って感じ。

現実の彼にはしないんだけど、私は今でもあの中の彼にはドキドキするの。

コメント

「神のクイズ シーズン3」感想

2013年06月05日 15時58分59秒 | 韓国ドラマ感想

やっと借りられた。

借りてしまえばあとは一気に観るだけだった。

相変わらず上手い作りになっていて面白かった。

1話完結形式でスタートするが・・・1話ずつ少しの引っかかりが残っていく。

それが最後にすべて繋がる。

繋がって全てがクリアになるのかと思ったら、新たな始まりが待っていた。

それにしても・・・この作品でネタバレの感想なんて書かないし、既にシーズン2まで観た人だったら間違っても作品情報を最初には見ないだろうけれど・・・シーズン3の終わりに『えっ???』

なんでこんなシーンで終わるんだ!?????

まぁね、既にシーズン4があるって分かっているから良いんだけど・・・

シーズン1とシーズン2が一つの物語として繋がっていたようにシーズン3とシーズン4はまた繋がっているんだろうな。

で、最後に本人が言っていたようにこのドラマってずっとつづくんだろうね。

大歓迎!

シーズン3、ハン・ジヌのあのぶきっちょなラブストリーはどうなるんだ?と期待していたが、まったく甘さも進展も無かった。

前半こそ、今回から登場した刑事ペ・テシクとのコミカルな場面もあったが、相変わらず暗くて心理的に怖い内容だった。

この刑事役のアン・ネサン、脇役としてドラマでよく目にするけれど、今回の役はなかなか良い役で、かつ良い演技だったわ~(脇役の人みんな上手いけど)

シーズン1、2も暗さや怖さがあったけれどジヌの(一見)明るいキャラとギョンヒとのラブストリーで緩和されていた様な気がする。

今回は明るいジヌも居なかったし、仲間との信頼や友情がそれに代わるものだったかな。

リュ・ドクファン自身も言っていたけれど、今回の明るさが無いジヌは難しかったよね。

彼の迫真の演技が怖さを倍増させていたと思うわ。

語りたい気もするけれど、思いっきりネタバレだから残念。

とにかく早くシーズン4が観たい!

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント

ジヨン ソロコンFINAL ナゴヤドーム 2013.06.02.

2013年06月03日 16時10分14秒 | BIG BANG

ジヨンのソロコン、オーラスということでナゴヤドーム!!!

Img_1479_1

席はアリーナの一番後ろのブロックだったけれど、ステージの真正面。

ケガの癒えたジヨンくんのダンスも今回は観えたし、BIGBANGの5人の姿も観えたし、トロッコで会場を回るジヨンくんの生の顔も近くで観えたし、良かった良かった。

と、

簡単な感想。

Img_1483

前日に最後に特別な企画があるとは聞いていたんだけど、席にはこれがセットされていた。

写真ではこんなだけど、もっと鮮やかなピンクで光沢があって丈夫な紙。

裏には【「Thanx GD」プロジェクト】と題して趣旨と参加方法と注意が書かれていて・・・まぁ、アンコールの時に掲げましょうってことね。

ジヨンくん、これを見てどんな反応するかな~

って、

一切、触れませんでしたね~

そしてオーラスだというのに淡々と終わって引っ込んでいきましたね~

彼らしい感じ。

私は彼のことをよく知らないけれど、なんとなく彼らしいと。

このソロのドームツアー、ハンパなく大変だっただろうということは簡単に想像できる。

作り上げることの大変さに加え、発熱とケガというアクシデント。

それを何事も無かったかのように越えてきた。

熱い努力は隠して、あくまでもCOOLジヨンを演じきった彼はほんとCOOL。

「アリガト ジヨン」

ところで、昨日、開演前に【ファンの皆様へ】と題したこんなメールが届いた。

いつもBIGBANGを応援していただき、ありがとうございます。
6/1(土)G-DRAGONの名古屋公演がありました。
そこで非常に残念な事がありました。
メンバーが宿泊しているホテルにまで追っかけをする方やホテルの敷地内で待機している方が大勢いました。
ファンのみなさんは、一目でもメンバーに会いたいという思いでこのような行為をされているのだと思いますが、
この行為はBIGBANGが日本で活動する上での完全な迷惑行為にあたります。
事実、宿泊先、一般のお客様に多大なるご迷惑を掛けてしまい、警察からも指導を受けました。
昨日、BIGBANG 6大ドームツアー開催の発表をさせていただきましたが、この状況が続きますと、今後BIGBANGが日本で活動することが困難となります。
宿泊を許可していただけるホテルがなくなります。
また、一般の交通機関までも使用出来なくなります。
決してファンのみなさんが、そのような事を望んでいるとは思いませんし、
メンバーをはじめBIGBANGに関わるスタッフ一同、誰も望んでいる事ではありません。
今後もBIGBANGが日本で活動していくにあたり、このような迷惑行為は決して行わない事を約束して下さい。
最後に、きちんとマナーを守って応援していただいているファンの方はこのメールを読み、
非常に不快な思いをされている事と思いますが、
今後このような迷惑行為が起きてはならないという事を、みなさまに知っていただきたく
全てのVIP JAPANのみなさまへメールをさせていただいた事をどうかご理解いただければと思います。
今後ともBIGBANGへの熱い応援をよろしくお願いいたします。

たぶん、こういうこと他の誰にも起こる可能性があることだよね~

「ファン」と言われる人たち1人1人がちゃんと考えなくちゃね。

コメント