途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「エンタの神様」打ち切りの後に「嵐」!

2010年01月26日 16時34分15秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

遅ればせながらの翔ちゃん誕生日おめでとう!と翔ちゃん出演のドラマの感想でも書こうと思っていたのに・・・このニュース。

噂にはなっていたようだが・・・やはり来たかぁ~

ではなく

どのくらいの人がそう思ったかは判らないが、間違いなくいるはず。

今のところの正式発表によると、嵐の番組はドラマでは無いという。

バラエティー。

大人っぽい嵐のバラエティーになる予定のようだ。

嵐の冠で、大人っぽいバラエティーといえばTBSのひみつ嵐ちゃんも同じコンセプトで制作されていると思うのだが・・・どっちを観ても同じ様な感じになるのはちょっと嫌だなぁ~

・・・本当はそれを言いたいんじゃない。

たぶん、この時点での正式発表は無いんだろうけれど・・・あちこちに書かれていること・・・宿題くん終了の話。

それが嫌なのだ!

日テレとしては宿題くんから新しい嵐のバラエティへの移行、深夜30分番組からゴールデン1時間番組への移行と考えているのだろうと思うけれど・・・私からすればまったく別もん。

別に名前が宿題くんである必要はないが、あの深夜の30分という時間が嵐と私(たち)にとっては貴重な時間なのだ!

あの自分ちの居間にいるような嵐5人のぐだぐだ感や素に近い表情が見えるはあの時間だからこそじゃないのかな。

日テレだって、「真夜中の嵐」からずっとここまで大事に育ててきた嵐の時間じゃないのかな。

嵐の冠番組というのはいったい誰の為のものなんだろう?

私は・・・嵐ファンの為のものと考えるが・・・実際はスポンサーさまだったり、テレビ局さまだったりするんだろうけれど・・・一番に観るのは嵐ファンに他ならないからね。

嵐ファンはあの時間帯の嵐くんがことのほか好きだと思う。

新しい番組がたとえよい番組であったとしても、深夜の嵐くんの姿はみせてくれないだろう。

見せる時間帯でも時間でもないと思うし・・・それがなくなるのは辛いなぁ~

コメント (2)

ナゴヤドーム 並ばない話

2010年01月21日 17時10分48秒 | arashi事 コンサート

もうちょっとまともな話題を、と思ったんだけど・・・ごめんね~、トイレの話。

でも、ある意味大事だからね。

以前もトイレの話を書いたけれど・・・今回、私が学習したことを書いておくね~

ナゴヤドームに関しては・・・4階5階のトイレは空いてますよ。

今回、私は2日とも開演1時間を切ってから会場入りしたの。

1日目は5階席だったから5階のトイレに・・・一番人が多い時間帯に行ったと思うけれど10分くらいで終了。

そして、2日目、あと30分ってところで会場入り。

トイレに行く時間があるかどうか、ちょっとあせってしまったけれど・・・まぁ、5階のトイレに行けば何とかなるだろうと、自分の席に着く前にエスカレーターで上に上がった。

4階まで上がったら、やけに閑散としている・・・ひょっとしてと思って、トイレをのぞいたら・・・もう、即でした。

で、自分の席に着くために下に下りたら・・・もう大変なトイレ大行列!!!

上が空いてますよと言ってあげたかったけれど、人が多すぎてなんも言えなかったわ。

だから・・・これを見た人、次からは4階5階が狙い目ですよ~

それから・・・やたら女子が多いイベントの時、男子トイレが女子トイレとして使われるの知ってます?

いくら男子トイレに入れるからって、男子トイレは個室が少ないでしょ。

だから、男子トイレの列に並んだら同じ様に並んでいるつもりでも、全然前に進めない。

って事で・・・ちゃんと聞きましょう!

そこいらへんに立っているお兄ちゃんを捕まえて・・・本当の女子トイレはどっちって。

はい、私はちゃんと聞きましたよ~

嵐も大きな会場でしかコンをやってくれないからね、各ドームとか国立のトイレ情報はだいじかも。

コメント

ナゴヤドーム2Daysと「Anniversary Tour 5×10」全般の感想

2010年01月18日 12時49分54秒 | arashi事 コンサート

長かった「Anniversary Tour 5×10」もファイナル。

16日のチケットも無事交換できてナゴヤは2Daysの参戦ができた。

16日は交換相手の人が「申し訳ない」と言ったメインステージ横の天井席だったのだが、これがなかなか良かったのだ!

嵐と嵐のコンサートに携わった人々の細部にまでわたる気遣いをみせられた感じで感動してしまった。

大きくなりすぎた嵐とコンサート会場、その為に生じる彼らとファンのとの遠い距離。

これを少しでも解消するために考えられたのだろうなと思う数々のこと・・・ムービングステージ、トロッコ、フロート車、バルーン、巨大スクリーン、etc・・・それでも、全ての人にはなかなか届かない会場の大きさ。

今回のツアー、私は4回参戦できたが、アリーナもスタンドもそして天井席も経験した。

そこで観えたものは当然違った。

違ったが、その観てきたものの全てにファンとの距離を縮める努力をみた。

ナゴヤドーム、16日に観たものは会場全体の「美しさ」「煌びやかさ」の中で感じる嵐だった。

メインステ横の天井席なんて、当然嵐くんたちは豆だ。

でも、その豆嵐くんたちの煌びやかなこと。

本当にキラキラと光っているんだわ。

工夫された衣装と照明の力だと思う。

(翌日、普通のスタンド席で観た煌びやかさとはあきらかに違ったスペシャルな輝き)

光る嵐くん以外にも、天井席から見える会場の全景は星空の様だったり、うねったり回ったりする綺麗な光の動きはまるでオーロラの様。

メインステージで踊る豆粒嵐くんと共に綺麗な光の模様がステージ上に描き出されていたりして・・・これには感動した。

アリーナの人には当然、スタンドの人にも観えないだろう世界。

嵐くんたちを豆粒にしか観えない席に座っている人へのプレゼントだと思った。

私はこの光景を観ただけで16日の天井席が最高の席だったと思えた。

それから、この天井席、嵐くんたちがバルーンで登場した時と同じ高さだった。

今、翔ちゃんが観ている世界と私が観ている世界は同じなんだ!高いもんね~、そりゃ~、翔ちゃんが怖がるさ、と思ったりして・・・姿は遠いけれど、彼らと心でいくらでも繋がっていけるような気がした。

同行者にも感想を聞いたが、この天井席に不満を覚えるどころかやはり感動していた。

とにかく綺麗だった、綺麗さがハンパなかったと言うことだった。

翌17日はとうとう迎えたファイナル。

ツアーが長かったし、年を越したし、16日の初日で感じたのは「スタート」って感じだったけれど・・・嵐くんたちの言葉の端々でだんだんファイナルを感じ始め・・・最後の挨拶ではやはりファイナルを痛感した。

今までのように「〇〇ちゃ~ん!」という声は無い。

みんな静まり返って、固唾をのんで彼らの言葉を聞いている。

そしてスクリーンのそれぞれの顔に注目している。

先日の記事に彼らは泣かないやろ、と書いたけれど・・・潤くん、相葉ちゃんは頑張っていた感じもあったが・・・そのとおり、笑顔でちゃんと大人の挨拶をしてくれた。

この10年で成長した姿だ。

で、その姿と挨拶を聞いて、おばちゃんは涙していたさ。

隣の席のイケイケで踊っていた女の子たちもハンカチで何度も何度も顔を拭っていた。

でも、アンコールではまた歌って踊って楽しんで・・・そして最後にはこれからも続いていく嵐ということで新曲を初披露して、(現時点での)最高のツアーは終了した。

今回のツアーは嵐と映像が素晴らしく良かった。

もちろんそれ以外にも良いものはいっぱいあるが、全体の印象としてそんな感じ。

それぞれが計算し尽くされ、完成度が高かったと思う。

以前の良いと言われているアリーナクラスのコンとは比べてはいけない種類のものだと思うので・・・もちろんファンとしてはそれを望むけれど、望んでも無理な状況は理解できるから・・・これはこれで最上級だと思った。

これを越える次が楽しみ。

ナゴヤだけのツボは・・・

なんと言っても衝撃はニノのぷっくりお腹。

松潤も倒れこんで笑っていたが、自分達でやったこと。

ちっちゃいおじさんのニノを若いニノファンはどう感じるんだろうと、ちょっと心配してあげたが、私の傍のニノファンはますますニノが好きになったそうで・・・まぁ、良かった。

あと、岡山県人である私としては松潤のお正月休みは岡山に行った発言。

お正月にある方からメールをもらって、「潤くんが吉備津神社に行ったという噂があるのですが」という内容で・・・お正月に大混雑するスポット(他にも有名な神社仏閣が点在する地域)の大混雑する神社に、ましてや岡山県に松潤が現れる訳ないでしょって思っていたから、これにはチョービックリでしたわ。

2日間で感動したことは本当にいっぱいあるのに・・・その瞬間その瞬間で綿菓子のようにしゅわしゅわっと甘く溶けて私の細胞に取り込まれてしまった感じで・・・私は今、幸せに包まれていますが、言葉で、文字で伝えられないのがもどかしい。

と、文章力の無さをごまかしてみたりして・・・

コメント (6)

アジアにおける「嵐」の影響力

2010年01月14日 14時54分16秒 | arashi事 いろいろ

って、タイトルは仰々しいんだけど・・・

今日、PCで「All the BEST」を取り込んでいた(今頃?!だけどね)。

P1000034_2

最初はiPod用に取り込みをした。

普通に作業終了。

次に仕事用のPCにも入れておこうと思って、Windows Media Playerを立ち上げて、ディスクを入れた。

機械が読み込みを始めた・・・

あれっ?

・・・えっ!?

P1000031

何?この文字??・・・

これは正規のCDだぞ!!

っと、思わず叫んでしまった!

DISC2も・・・こんな感じ。

P1000033_2

さすがにDISC3では普通の日本語が出てきたが・・・

別に、ここに書かれた文字でも判らないことはないけれど・・・とにかく正規の情報に書き換えておいたが・・・これって・・・某国で発売された嵐のCD用のものなの?

Media Playerのアルバム情報を検索した時、これの後に正規の情報があった。

こっちの方が需要が多かったってこと?

正規には画像が無い。

なのに、「これ」には画像がある。

これは某国用に発売されたCDなのか?

某国だけ特別仕様なのか?

まぁ、深く追求してもしょうがないけど・・・

これが存在するってことは・・・嵐の人気はすごいんだなぁ~、やっぱ。

コメント

紅白の力!? 嵐の力!?

2010年01月13日 16時44分29秒 | arashi事 いろいろ

オリコンランキングで嵐のミュージックDVD(5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009)が首位に返り咲いたと、そして、それ以外のDVD(ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO ,SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-,ARASHI AROUND ASIA+ in DOME ,2004 嵐!いざッ、Now Tour!! ,C×D×G no ARASHI! )もそれぞれランクをあげてベスト100の中に6作品も入っているとの情報で・・・喜ばしいことでございます。

ランキングのアップの最大の要因はやはり紅白出場だろうなぁ。

常々バカにして、観てもいなかった紅白。

影響力は凄いものがあると一応認めてはいたけれど・・・やっぱ底力があったんだね~!

私も昨年末はちゃんと観た。

それも、突然誰かの後ろで扇子かボンボンを持って踊りはしないかと、嫌な演歌も全部た。

まぁ、幸いにしてそんな場面には遭遇しなかったし、あれほど毛嫌いしていたNHKの紅白ならではのぶったまげた演出が嵐には無くて(いや、他のに人にもあまり無かったかも)嵐のミニミニミニコンサート的な演出が良かった。

当の嵐くんたちの衣装も紅白に合わせた趣味の悪い衣装ではなく(結果紅白だったけれど)、嵐らしい好感の持てる衣装だったし・・・なにより一番良かったのは「嵐」そのもの。

初出場の初々しさ、緊張感もちょいとみせつつ、そこはそれ10周年のキャリアで嵐のミニコンサートをきっちりと、ある意味余裕さえ持ってやり遂げた。

あの短い時間で嵐の良さを出してしまった。

残念なことに嵐の良さを嵐ファンでなかった人にも見せつけてしまった。

あ~ぁ、これで嵐ファンがまた増えたと思った。

ら・・・案の定、この結果だ。

まっ、嬉しいんだけどね。

紅白の時も、すご~~く誇らしい気持ちで観ていたもん、私。

うちの子がこんなにりっぱになって!!!的な見方ね。

この話題のDVD・・・実は私、買っていなかったんだわ。

音楽DVD、映画DVD、ドラマDVDそれなりに買っているけれど・・・持っているだけで、1回か2回しか観ていないものもたくさんある状態だし、PVは全部観ているからいいやと思ってね。

そうしたら、嵐友に観るべきだと手渡された。

それでもなかなか観られなかったんだけど、やっとこの前、観た。

通しで一気に観た。

嵐が放物線(一応、一般的な放物線のグラフの右側ね)を描いて駆け上る姿が観えた!

私はもう、それを確認しただけで良かったけれど、新しく嵐のファンになった人にとってはこのDVDと先のベストアルバムは嵐の今までを知るのにとっても良いアイテムになるなと思った。

だから、売れているんだろうしね。

若い嵐友の話・・・お正月に、久しぶりにやって来た自分の叔母ちゃんに会ったら、いつの間にか熱い嵐ファンになっていて・・・その熱さにやられて自分が嵐ファンだと言い出せなかったとか。

また、その叔母ちゃんの夢が嵐コンに行くこと。

何度となく嵐コンに出かけ、番協にまで行った自分の事なんて絶対言えないって。

嵐コンに行くという叔母ちゃんの夢が叶いますようにと願ってあげたいけれど・・・ここまでチケットが取れないと、また、コンに行ってもここまで嵐くんが遠くなると・・・ちょっと気持ちは複雑。

でも、あんなんや、こんなんやのファンに支えられての今の嵐。

もっと、もっと嵐を支える人が多くなるのは嵐にとっては当然良いこと。

しかたがないなぁ~、アニバツアーが終わっても、またまたチケットの争奪戦を繰り広げるか~

コメント (2)

16日の名古屋のお天気は?そして関ケ原は越えられるのか?!

2010年01月12日 16時19分04秒 | arashi事 コンサート

ずっと先だと思っていた記念ツアーのファイナルがもうそこに迫ってきた。

夏の嵐コンは台風の心配。

そして冬は雪の心配。

文字通り、嵐をよんでしまう嵐さんたちのコンは先ずお天気の心配だわ。

・・・週間予報を見るかぎり、雪は大丈夫そうだけど・・・

去年の夏、台風の心配をしていたら、まさかの地震。

どうもそれ以来、心配性がもっと心配性になったって感じで・・・無事に着きたいな、ナゴヤドーム。

それにしても・・・長い道のりだったよなぁ~このツアー。

嵐くんたちのテンションはいかがなものかな?

昨日、嵐友とミニミニ嵐会をしていたら・・・「最後に松潤、泣くかなぁ?相葉ちゃん、泣くかなぁ?」と、嵐友が聞く。

「泣かないやろ」と、私。

何となく・・・嵐さんたち、ドームが普通になっちゃったし、10周年記念イベントも嫌というほどやっちゃったし、既に11年目を歩いている訳だし・・・10周年の記念とは言え、ドームツアーの最後に泣く程の感動の要素がどこに在る?と思えるのよね~。

(私自身は会場がドームになった時点で、ちょっとテンション落ちている)

とは言え・・・泣くほどの感動が無いままを望んでいる訳では決してなくて・・・「何か」で嵐くんと会場のファンが心からひとつになれることを望んでいる。

今のところ「何か」は何か分らないし・・・その時生まれる「何か」に期待しよう。

コメント

突っ込んでいいですか~「最後の約束」

2010年01月10日 14時20分34秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

目だし帽を取った途端・・・現れた顔を観てきゃ~~~!!!カッコいい!!!と、同時に・・・あ~ぁ、やっぱこういう展開か。

途中から何となく読めていたけれど・・・そりゃ~ないだろ。

その安易な理由(もちろん人が亡くなったことを安易と言っている訳ではないよ)と起こしたことの重大さのギャップというか、ちゃんと年を重ねた大人がすることかい!いくらなんでもその設定はないだろ!と思った。

特に、今の嵐くんたちのちゃんと大人になった顔を観ていると、その思いが強くなる。

10年を強調したいのならあんな浅はかなガキっぽい行動を起こす内容は無いなぁ~

もっと大人の行動を取る方が彼らの今の面構えにあっていると思うけれどなぁ~

まぁ、ストーリーについては嵐くんたちの責任ではないけれど・・・

と、突っ込みを入れたところで・・・

このドラマ、最初の例の裸が映し出された瞬間から、もう、ハートをギュっ。

そして、ちょっとauのCMチックな役設定が楽しい。

大ちゃんとニノが入れ替わった感じだけど、もちろんこっちの方がしっくりくる。

ニノにはやっぱ、キーボードが似合う。

個人的にはネクタイ、ワイシャツ、ネックストラップといった普通のサラリーマン風の姿に萌え~

脇に付いている役者さんたちの自然な演技には敵わないけれど、5人それぞれがちゃんと演技も出来ていて、それぞれの魅力がいっぱい。

嵐くんたちの重ねてきた10年の力が出ていて良かったな。

5年では出せない力だったなぁ~

まぁ、残念なストーリーだったけれど、嵐くんたちの魅力は満載だったなぁと言うのが感想。

ひとつ・・・最後の花火のシーン、ヤッターマンのドクロ雲が出るかも~と思った私・・・変?!

コメント

蝶の羽ばたきから「嵐」

2010年01月01日 11時55分31秒 | arashi事 いろいろ

年末の歌番組を観ていて、NEWSを観ていて、私はとんでもないことに気がついた。

私は嵐を本当に好きになってから、ファンクラブに入ったんじゃなかったということ!!!

つまり、嵐のファンクラブに入ろうか?

NEWSのファンクラブに入ろうか?

どちらにしようかな?

う~~ん、二宮くんが可愛いし、お芝居も上手いから、嵐にしとこ的な選択。

当時、怪我をして暇で暇で、いつもは観ないテレビを観たり、動画サイトを巡ったりしていて、あぁ~、なんかときめくことがないかな~と思っていた。

ときめくにはやっぱジャニだよなぁ~と。

以前は少年隊のファンクラブに入っていたおばちゃんは一応ジャニのシステムを知っていたので、とりあえずどっかのグループのファンクラブに入っとかなきゃコンサートに行けないもんね~・・・と。

結局、かる~~いノリで入った嵐のファンクラブ、会員証と同時に送られてきたのはコンの申込書。

早速、申し込んで、やって来たチケットにはアリーナの文字が!!!

SMAPコンには友達がファンクラブに入っていたので何度か行ったけれど、アリーナ席なんて、どこか特別な人が座るもんだとしか思っていなかったから、嵐コンに行くというよりは初のアリーナ席が楽しみで行ったら・・・

そこで、初めて本当の嵐に出会って、本当に好きと言えるファンになった気がする。

あれよあれよと言う間に、すごい人気になってしまって・・・

テレビで観ていても(コンじゃ、箱が大きくなって観えなくなったからね~)オーラが違う人になっちゃた。

あの時、NEWSを選んでいたら・・・それはそれで楽しんだと思うけれど・・・

とにかく、求めていたときめきを想像以上にあたえてくれた嵐。

かる~~くから始まったけれど・・・思いの他、私の人生に色々影響を及ぼしているようで・・・出会えて良かったなぁ~としみじみと思っている。

蝶の羽ばたきが嵐を起こす。

まさに「嵐」

・・・ついでに、年末年始寒波の嵐で・・・引きこもってこれを書いている次第。

コメント (4)

今年もカウコンでカウントダウン。

2010年01月01日 01時04分30秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

カウコンが終わって、めでたく2010年がやってきた。

おめでとう!

31日は忙しくて2時間しか寝ていないのにもかかわらず、紅白を観て、カウコンを観てテンション上がって、まだ起きている。

いつもはどうでもいい「紅白も」嵐のおかげで、いや~~楽しかった

嵐くんたち、初出場だけど、でどこに出しても恥ずかしくない貫禄さえ漂うパフォーマンスで、いや~ごちそうさま。

潤くんの輝きオーラと大ちゃんの黒さが尋常ではなかった気がしたが・・・気のせいか!?

紅白の嵐で助走がついたおかげなのか、今回の出来が良かったのか・・・カウコンでは盛り上がったなぁ~

やっぱり、私はジャニオタなんだなぁ~と再確認。

どのグループが出ても、誰が出ても楽しくてときめくもん。

もちろん、嵐が一番ときめいたけどね~

あれだけ勢ぞろいしたときめき軍団の中でも軍を抜いて・・・あぁ~~良かった

でも、さすがに、眠くなった。

寝ます。

今年もときめきをください、嵐さん。

コメント