途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

流星の絆 第9話が終わって・・・

2008年12月14日 12時41分00秒 | 流星の絆

初回のあの、ニノのドラマが始まって、チョー嬉しい・・・けど

原作とはかけ離れたおちゃらけたドラマに正直がっくり状態から、やっと、この「ドラマ」もありだなになって、次回は最終回。

このドラマ、最初は原作のイメージとは違うといちゃもんをつけていた役者さんたちの上手さが光ったドラマだったなぁ~と。

子役までが上手かった。

ビミョ~に原作とは違う「流星の絆」のそれぞれのキャラを自分のものにしていった3兄弟と要ちゃん。

特に要ちゃんの役は美味しい役、かつ、重要な役なので、心配していたけれど・・・行成の役まわりをちゃんと果たしていて、一安心。

それと・・・今思えば・・・私の読み込みが足りなかったのかもしれないけれど、原作の「功一」って、いまいち印象が薄かったんだわ。

出番も、しーや行成と比べたら少なかったのかな!?

ニノが演じるということが分かってから読んだにもかかわらず、影が薄かった感じ。

でも、ニノが実際に演じてくれて・・・ニノの為にそういう脚本なのかもしれないし、ニノの演技力なのかもしれないけれど、とにかく「功一」が生きているわ。

で、次回最終回、原作とは違う終わり方をするとか言われているけれど・・・

まさか、どこかの局のあのドラマのように犯人を変えるって事はしないだろうね。

原作の終わりって・・・賛否両論だけど・・・出来れば原作のように終わって欲しい気がするなぁ~。

とはいえ・・・大事な小道具が・・・4話か5話あたりで出ただけで、その後、登場していない。

あと、TBSさん、あのいやらしい終わり方だけはしないで欲しい!

終わりの続きはDVDでどうぞっていうのは、くれぐれもやめてね、じゃなくて、やめろよな!

コメント (4)

流星の絆 第7話

2008年11月28日 23時34分40秒 | 流星の絆

物語りも佳境に入ってまいりまして・・・

ニノの功一に圧倒されております。

東野圭吾ファンでもあるわたくしめは原作「流星の絆」が好きで、今回のこのドラマ、ニノが出るということでむっちゃ期待していた半面、原作と違うドラマの内容に落胆しておりました。

このメンバーで何故に原作にそったドラマをやってくれないんだ!と、その方がずっと良いと、ぐちゃぐちゃ、ぐちゃぐちゃ思っておりました。

しかぁ~し、もうね、ニノの演技を観ていたらどうでもよくなってきた感じで。

ニノを含め、まわりの役者さんたちも、わたし納得の演技で・・・

ニノに押し切られた感じで・・・このドラマもすごいと認めますわ。

はぁ~ニノ、すごいなぁ~、好きです、はい。

コメント (2)

「流星の絆」 第1話

2008年10月18日 00時47分48秒 | 流星の絆

神様ありがとうございます。

ニノを堪能しましたわ。

演技するニノって久しぶりなので、あぁ~こんなだよなぁ~と何度も何度もうなずきながら、ニタニタしながら、胸キュンしながら

タイトルが出て、「Beautiful days」が流れ出すと、既に

くるくると変わるニノの表情に釘付け

たぶんみんなもだと思うけどメガネのニノに胸キュンMAX

最初っから最後までニノの表情だけ観ていた。

私って・・・ニノの演技に飢えていたんだな~~と。

・・・我に返って・・・ドラマの内容ですが・・・・・・

東野圭吾の「流星の絆」ではなかったです。

たぶん、宮藤官九郎の「流星の絆」なんだろうね。

詐欺の場面がマンガになっていた所なんかが象徴的。

普通に笑って観ていたけれど・・・笑って観ていられたのは最初っからドラマは別もんだと思っていたからだろうね。

原作通りのドラマは無い!と。

ただ、原作者の東野圭吾ファンでもある私としては・・・原作に近いシリアスドラマでも良いと思うんだけどな。

ニノ、亮くん、恵梨香ちゃん、3人ともちゃんとそういう演技ができる人のだし。

ほんとの事を言うと、この3人の原作に近いシリアスドラマが観たい。

別もんだと言ってはいるけれど、やっぱり東野圭吾の「流星の絆」を3人に演じて欲しい。

原作、良いんだわ。

東野圭吾ファンのところをのぞいたら、大ブーイングだった。

曰く、脚本が悪い、ジャニーズが悪い、と。

ついでに主題歌にあれ(嵐のBeautiful days)はないだろうと・・・思わずスマンと心の中で謝ったわ。

でも、私にとっては「あれ」命ですから~

今夜のところ、久しぶりに観たニノの演技で舞い上がっているから、私としてはむっちゃ良かったんだけど・・・ニノが・・・可愛い

・・・って、やっぱりこれはドラマの評価じゃないね

次週で様子をみてみよう。

コメント (4)

「流星の絆」が動き始めた

2008年09月23日 10時38分53秒 | 流星の絆

ここに来て、「ヒット祈願」「嵐主題歌」「中島美嘉挿入歌」とドラマが動き始めた感が

しばらく更新されていなかったHPも更新されて・・・

「Beautiful days」に「ORION」どのくらい街に流れるかな。

それにしても「Beautiful days」・・・今年4枚目のシングルってことらしいですが・・・今年のシングル、それぞれ売れているみたいだし、どれも良い曲だと思うのよね。

でも、次々に出てくるからちょっとアップアップ溺れてしまっている感もあって・・・これが売れている嵐って事なのね

最近のニノはスッキリとした顔をしているんだよね。

演じる顔になっている。

しかし、まだ暫く会えないんだよなぁ・・・17日って、どんだけ先なんだぁ~

コメント (2)

主題歌は嵐! 「流星の絆」

2008年09月22日 08時50分45秒 | 流星の絆

既にテレビで流れている「流星の絆」の予告を観て、今回は嵐が主題歌を歌わないのかな!?と思っていましたが・・・

歌うようです

今年はようだしますなぁこれも嵐さん人気の証。

それにしても、週に2、3度は必ずテレビに出てくれる嵐さん」たちですが、今年になってからの怒涛の露出で慣れてしまった私たちにはこれでももの足りない

毎日観たいぞぅ

コメント (3)

「流星の絆」プレサイトオープン

2008年09月06日 16時34分50秒 | 流星の絆

昨日、AAAコンの話に夢中になっている影でひっそりとオープンしていました。

http://www.tbs.co.jp/ryuseinokizuna/

主役の次に美味しい役の戸神行成役は要潤がやるようです。

まぁ、モンクは言わんとこ。

昨夜の「魔王」の最後に予告が流れました。

ちょっとビックリ!ちょっとテンション

イメージと違うといちゃもんをつけていた妹役の戸田恵梨香ちゃん、あら~さすが女優さん・・・近づけているわ。

バックに音が流れていましたが・・・今度は嵐じゃないの?

まだこれから?

いずれにしてもこれからが楽しみ。

その前に、「魔王」最終回があるしぃ

コメント (3)

ペルセウス座流星群

2008年08月05日 12時19分10秒 | 流星の絆

国立天文台のHPによりますと8月11日~14日にかけてペルセウス座流星群が観られるそうです。

ピークは12日の深夜から明け方にかけてとのことです。

嵐オタのブログになんで!?な話題ですが・・・

ニノ主演のドラマ「流星の絆」のプロローグ、3兄弟の両親が殺されてしまうのですが、その時、3兄弟は家にいなかった。

夜中に流星を観るために家を脱け出していたから。

まさにそれがペルセウス座流星群。

まぁ、それだけの話です。

コメント (2)

「流星の絆」を読んでみた

2008年07月27日 00時45分41秒 | 流星の絆

ネタバレは無いから大丈夫!

ドラマ、映画に原作があれば観る前に読む、本を買うのは文庫になってから、という私のルールがあるんだけど・・・

今回は文庫になっていないのにドラマが始まる・・・悩んだ末、単行本「流星の絆」を買ってしまった。

ニノのドラマと原作本・・・ニノのドラマは絶対観るだろうし、我が愛する東野圭吾の推理作品をドラマでネタバレになってから読みたくは無い。

まっ、そういうことで読むこと7時間・・・私の判断は正しかった

東野ファンの書き込みとか本のレビューを読んでいたら何となく犯人は読めちゃっていたんだけれど・・・はい、まぁ、その通りだったけれど・・・そこに至るまでのストーリーはさすがの東野作品。

一番じゃないけど、ちゃんと高レベルキープ作品。

「流星の絆」がドラマ化されることが決まった後の東野ファンの書き込みを見ると、ジャニ主演が嫌とか言う以前に配役がイメージと違うという意見がとっても目立っていたのよね。

・ニノと亮ちゃんじゃ兄弟に見えない

・ニノには次男役の方が合っている

・妹役はもっと、影があって色っぽい人がいい

ニノ、亮ちゃん、恵梨香ちゃんを頭の中で動かしながら読んでいったんだけど・・・確かに、東野ファンが言うとおりだった。

ただ、ニノは長男でも次男でもどちらでもこなせると思ったし、演技者二宮和也をそれぞれの役で観てみたいと思った。

また、最初、報道で言われた違和感・・・何で、親が殺されて、自分達が騙されたからと言って詐欺師になるんだ?という、訳の解らない設定は本書を読んで、ちゃんと納得。

原作は問題ないから(言い切るところは、しょせん私は東野ファン)・・・後は脚本と「違う」と言われている3兄弟の演技力次第ね。

ところで・・・原作を読んでいくうちに私の中で大変な事が起こった

主役は3兄弟だが、それ以外にも当然重要な登場人物は居るわけで・・・その中の1人の人物がやけに魅力的な奴で・・・物語の最後の方は3兄弟を食ってしまっていた(あすなろで中居くんを食ったキムタクって感じ)。

もちろんあくまでも私の中でだが・・・この役、誰がやるんだろう??

この役を誰がやるのか?って言うのはこのドラマでは重要かもしれない(私の中で)。

何にしてもこれから楽しみ

コメント (6)

ニノ ドラマ「流星の絆」

2008年07月23日 13時40分50秒 | 流星の絆

少し前にドラマのことは教えてもらっていたので、昨夜のゲームニッキを読んで直ぐに、あっ!ドラマだと思いました。

どの局かは知らなかったので、推理しまして・・・なんとなくいけ好かないけれどTBSだろうと・・・張っていたらみのさんのところで見事キャッチ

嵐メンが続けてサスペンスで、それも復讐物ってのもちょっと~とは思いましたが、何にしても嵐の誰かがテレビに、ドラマに、出てくれるのは喜ばしいこと。

ニノだと演技の心配はいらないし・・・ごめん、杞憂に終わったけれど大ちゃんのことかなり心配していたんだ・・・原作も東野さんだから完璧

東野ファンからはちょっとブーイングが無きにしもあらずかな。

私は嵐より前からというか、東野さんのデビュー作から注目してずっと読んできていているので、ここでニノが東野作品を演じてくれるのは嬉しいわ

ニノといえば・・・今回のauのCMの宇宙人、かなりツボです。

「ぼくんちで~」と言うときの眼をくるっと回すのが可愛い

1匹飼っておきたいわ。

ゲームをさせておいたらいい子にしてそうだし、飼いやすそう。

食費はあんまりかからなそうだけど、おもちゃ代はかなりかかるな

みのさん朝ズバッ!

http://jp.youtube.com/watch?v=OjOVYnU69cc

au CM

http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=key5388&prgid=32455723&skey=arashi#prgid=32455723&categid=all&page=4

「流星の絆」内容

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。
「この小説は私が書いたのではない。登場人物たちが作りだしたのだ。」――東野圭吾

息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰

ハヤシライスが看板メニューの洋食店『アリアケ』の経営者夫妻が殺された。功一、泰輔、静奈の三兄弟がペルセウス座流星群を見に出ていた間の惨劇だった。
泰輔は店の裏口から出ていく男を目撃したが、犯人特定は難航し、時は流れる。
14年後。ひっそりと肩寄せ合ってきた三人は、静奈と功一がたてつづけに騙されたことで、静奈の美貌を利用した結婚詐欺で生き抜いていく。その最後のターゲットが、レストランチェーン『とがみ亭』の御曹司・戸神行成。功一のたてた作戦で、擬態名人の泰輔と静奈は行成に近づく。
だが――
泰輔が見た行成の父親は、あの夜に目撃した男だった。
静奈が口にした『とがみ亭』のハヤシライスは父親の味だった。
功一は、結婚詐欺ではなく、両親の仇を討つことを決意する。
別のところを見ていたら・・・本書は3兄弟の妹の心情をていねいに描き、根っからの悪人が1人も登場しないのが救われる と書いてありました。
救いの無い話は観ていて辛いので良かったわ。
コメント (3)