途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国ドラマ感想「ゴールデンクロス」

2018年12月28日 18時45分22秒 | 韓国ドラマ感想
ちょっと前のレンタルDVDの予告を観ていたらこれにであった。
好きなイ・シヨンとオム・ギジュンが出ているのに何で私はこれを観ていなかったのだろう?
観始めて、『あれっ!?これ、観たことがある気がする!』でも、内容の記憶がないし、感想も書いてない。
借りてきたのでとりあえず全部見てみようと。
1話を観て、これはたぶんGYAO!の配信で観始めたのだろうな、でも、あまりにも気分が悪い内容だったのでリタイアしたのだろうと思い当たった。
今回は、全話借りてきてしまっていたので、観ることに。
韓国ドラマによくある権力者の横暴、それに蹂躙される弱者が描かれている。
慣れているとはいえ、胸糞悪い内容に辟易。
お目当てのイ・シヨンは正義の検事のようだが、オム・ギジュンはどうやら悪役。
どの程度の悪役なのか?
そこそこ悪い奴ではあったが、イ・シヨン演じるソ・イレの父親、ソ・ドンハとその友人弁護士のパク・ヒソがあまりにも悪くて、特にソ・ドンハの悪いことったら。
あっけにとられて観るしかなかった。
裏切って陥れて、敵なのか味方なのか、三つ巴どころか、四つ巴、五つ巴の攻防。
前半やられっぱなしの弱者、妹と父親を殺されたカン・ドユンが後半は攻勢に出て”正義は勝つ!”で終われば、前半の気分の悪さも救われるのにと、勧善懲悪のドラマであることを願った。
そこで終わったと思ったら・・・最後の最後に一瞬映ったのは、”数年後”と文字が出て、気持ちよさそうに刑務所を出るソ・ドンハ。
直接的に3人の人を殺しておいて、数年で出所って、最後の最後で気分の悪さがMAXになった。
「私の心が聞こえる?」で初めて観たチョン・ボソク、知的障碍者だが優しい人の役だったのでかなり好感を持っていた。
先日観終わった「マッド・ドッグ」でも悪役だったが、最後はフェードアウトしていた。
で、今回のこの役、主演はカン・ドユン役のキム・ガンウとソ・イレ役のイ・シヨンのようだが、圧倒的な”悪”を演じたチョン・ボソクが主演のようだった。
でも、役とはいえ、今後チョン・ボソクを観るたびに嫌~な気持ちになるだろうなと思う。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「マッド・ドッグ」

2018年12月23日 20時39分25秒 | 韓国ドラマ感想
冒頭、チェ・ガンウ(ユ・ジテ)と仲間たちがいろいろな保険金詐欺を摘発していくシーンがスピーディーに、かつカッコよく描かれる。
そしてそれが飛行機事故の真相に繋がっていく。
飛行機墜落事故で妻子を亡くしたガンウと事故を起こしたとされる副操縦士の弟、キム・ミンジュンが出合って、仲間たちと事故の真相を解明していく。
と、言ってしまえば短いんだけど、韓国ドラマらしく脇の保険金詐欺もたっぷり描かれる。
事故の真相がある程度分かっても、暴く側、暴かれる側の策謀がこれでもかこれでもかと描かれる。
まぁ、適度にハラハラドキドキ、泣けるシーンあり~のの、ちょいと恋バナなどもあって観ていける。
「ヒーラー」以来のユ・ジテさん、一見間の抜けた感じの風貌なのにじわじわ存在感が増してくるという不思議な人(と、私は思っている)
存在感と共に見えるのが包容力。
役なのか、その風貌なのか、今回もそれが十分に発揮されていた。
ちょっと訳ありの仲間に対して、孤独なキム・ミンジュンに対して注がれる愛情がより温かいものに感じられた。
キム・ミンジュン役のウ・ドファンさん、今回初めてだったが、なかなか良い雰囲気を持っていて、好み!
また、どこかの良い作品で出会いたい。
そして、やはり初めてのチャン・ハリ役のファヨンさん、チャーミングな女の子だが、パク・シネちゃんとよく似ていて、最初はそれが気になってしょうがなかった。
終わるまでには慣れたけど、シネちゃんより肉感的でセクシーだったね。
まっ、面白く終了。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

韓国ドラマ感想「華麗なる2人-ミセスコップ2-」

2018年12月22日 09時20分21秒 | 韓国ドラマ感想
まず最初にモンク!
ミセスコップ2があるらしいと小耳にはさんだが、ショップに行っても見つからない。変だなぁ~と思いつつも本気で探してはなかった。
ある日、棚のタイトルを見ていたら「ミセスコップ」の文字が!でも並んでいるのは「か」の棚。
「華麗なる2人-ミセスコップ2-」という邦題、そりゃ~「み」の棚をいくら探しても無いわね。
で、いそいそと借りて帰って観始めた。
1のメンバー総とっかえ、パク課長役のキム・ミンジョンさんが残っているくらいかな。
2のチーム長役はキム・ソンリョンさん、1のキム・ヒエさんとの差別化を図ったのか、こちらはケバイ化粧、ケバイ服装だが、やはり正義感の強い”おばさん”刑事。
イ・ダヒさんの替わりはソン・ダムビさんだが、どうにも変わってしまった顔に馴染めない。
「ウギョル」の頃の、「MY DREAM」の頃の顔の方が好みなんだけどなぁ~
まぁ、2のメンバーもそれなりに納得。
派手なアクション、ハラハラドキドキは1にひけをとらない。
そして、悪役の、今回はキム・ボムの悪役ぶりはいかに?
甘ったれの卑怯者が権力を持つとこうなるという見本のような”坊や”を綺麗な顔のキム・ボムが演じるのはなかなか面白かった。
ほんとにクズの男だったなぁ~イ・ロジュンという男。
彼がクズに育ったのは理解できたが、側近のぺク理事はいまいち理解できない。
クズのイ・ロジュンに命を捧げるその理由にいまいち説得力がない気がした。
まぁ、ただ単に人を殺したかっただけの奴だったのかも。
で、最後に、もう一度タイトルにモンク!
邦題の「華麗なる2人」の”2人”って誰だ?
パッケージの写真を見るとキム・ソンリョンさんとキム・ボムさんが大きく写っているが、どう考えてもキム・ボム演じるイ・ロジュンは華麗ではないだろう。
親が与えた生活のみは華麗だが(それを単純に華麗と言っているのだろうが)、この浅薄な中身のイ・ロジュンを華麗と言ってしまうって、この邦題を付けた人って、ドラマの内容を解って付けたのだろうか?と思ってしまった。
シンプルに、原題「미세스 캅2」=ミセスコップ2で良かったんじゃない。
と、妙な邦題のせいでDVDを探せなかった恨み。

韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

読書感想「四人組がいた。」高村薫

2018年12月19日 09時05分45秒 | 乱読本感想
文藝春秋 2018年11月9日

★3

”あの”、「黄金を抱いて翔べ」「マークスの山」の高村薫さんが今までとは違った傾向の作品を書いているようだ、と言うことで買ってきた。
読み始めて、『あれっ!?これって、”あの”高村薫さんじゃないの!??同姓同名ってことはないよね?』と本を何度か確認した。
今までとは違う傾向とはいえ、違いすぎる!
4人の爺婆の身の回りで起きた事が語られるが、どうも現実じゃないみたいな・・・
毒のある日本昔話、いやいや現代日本の話。
すっとぼけているようで、実はきっついことが描かれている、『やっぱり、ほんまもんの高村薫のようだ』
でも、どうにも馴染めない。
馴染めないけれど、描かれることは妙に納得できる。
面白く読んだとは言えないけれど、最後まで”何だこれ!?”だった。
文庫本だから解説を読んだら何か分かるかもと思ったが、解説が無かった!

乱読本感想リスト タイトル【や】行

乱読本感想リスト 作家【た】行 
コメント

韓国ドラマ感想「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

2018年12月15日 16時20分39秒 | 韓国ドラマ感想
「青い海の伝説」を観た後、検索をかけたら「トッケビ」というワードがかなり出てきた。
似たような作品だという。
「青い海の伝説」が面白かったので「トッケビ」を借りてきた。
コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、好きな俳優さんたちが出演だ。
期待して観始めた。
始まりこそ良かった。
ひとつひとつの場面や台詞も素敵で、俳優さんたちはすごくいい演技をしていると思った。
淡々としたドラマは嫌いじゃない。
が、あまりにもふたり(キム・シン&チ・ウンタク)とふたり(死神&サニー)の進展が遅過ぎて、流石にイライラし始めた。
どこが「青い海の伝説」と並び称されるのか?そして異例の高視聴率だったのか?全く理解できない。
普通の放送とか配信だったらリタイヤしていたと思う。
幸か不幸か、お金を払って借りてきているという欲から、仕方なしに見続けた。
後半にさしかかり、急にテンポアップ、そして面白くなった。
前半の”あれ”はいったい何だったんだ?と思った。
二組のカップルのお互いを思う気持ちが切なくて切なくて。
美しい場面と優しい言葉、まさに副題の~君がくれた愛しい日々~が過ぎていく。
出逢いと別れを繰り返し、「会いたい」「愛してる」が連なって日々が過ぎてゆく。
日々が過ぎていくと言っても、トッケビ(キム・シン)と死神の容姿は変わらない。
その中で、ウンタクは変わっていく。
19歳の天真爛漫な高校生と29歳の働く女性を演じるキム・ゴウンさんが素晴らしい。
実年齢はその中間の筈だが、その10歳違いのチ・ウンタクを見事に演じ分けている。
スゴイ美人と言うわけではないのに、その演じる人にすんなりとなって、”その人”の美しさを出しているのは凄いと思う。
「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」の時も同じ印象を持った。
コン・ユさんは「コーヒープリンス1号店」以来だが、大人の素敵な面構えになっていて、再会が嬉しかった。
何度も涙して、二組のカップルの幸せを祈った。
最後まで観て、これは確かに良いドラマだったと言える。
でも、やっぱり前半のあれはちょっときつかったな。


韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
コメント

読書感想「60-誤判対策室-」石川智健

2018年12月12日 08時58分19秒 | 乱読本感想
講談社 2018年3月15日

★4
文庫の表紙の舘ひろし・古川雄輝・星野真里の厳しい顔と「死刑囚を救え!」の文字を見て、これは面白いに違いないと思った。
読み始めると登場人物が生き生きと動く。
ドラマを観ているようだ。
警察官、弁護士、検察官、相互に独立している組織の一員が一つのチームとして捜査する。
設定自体は架空の組織だけれど、現実に存在するようだ。
巧みに展開される話は老練なサスペンス作家の様だ。
そこで初めて、作家・石川智健を調べてみると、1985年生まれ、意外に若い人だ。
ワクワクしながら読み進むと、ちょっとびっくりする展開に。
さすが、若い人の作品だ!
この辺から現実感は無くなってきたが、エンターテインメントとして楽しめた。
そして、結末。
死刑制度に関係した作品には必ず「冤罪」という問いかけが入るものだが、この作品はなかなか興味深い問いかけを残して終わる。
初めて読んだ石川智健さん、これからの作品が楽しみだ。

乱読本感想リスト タイトル【ら】行

乱読本感想リスト 作家【あ】行 
コメント