途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

嵐コン 2015 Japonism 京セラ11月28日

2015年11月30日 09時02分03秒 | arashi事 コンサート
嵐コン、行ってまいりました。

さあ、感想・・・

やっぱ本音書くべきよね。

なんというか、去年の嵐コン、私もまわりもみんな不参加。
行きたくないから不参加じゃなくて、行きたいけど当たらない不参加ね、もちろん。
15周年で盛り上がりをみせる嵐さんサイド。
なんだかね~、行けない残念な気持ちをこれ以上落ち込ませない為に、バリアはっちゃって生きてました。
まぁ、コンサート関係だけだけどね。

席はメインスクリーンが見やすい、高ぁ~~いところ(個人的に好きな位置)
でも、禁欲生活が長かったせいか嵐コン参戦!っても、平常心。
平常心で観察。

ぶっちゃけ、「ジャポニズム」ってテーマ、んんっ!?
いや、解らなくもない、本来の「ジャポニズム」の意味は解るし、東京五輪を控えてるし海外の観光客も増えている昨今だもんそういうことねって。
それで突っ走るのか!と思ってた。
ら、ジャニーズの原点回帰みたいな事言ってるし~~、あららっ。

日本人の目から見たら微妙に違うんじゃない!?的なのが「ジャポニズム」だと思うんだけど、それはみごとにジャポニズムだったな。
面白かった。
日本らしさの象徴「歌舞伎」を意識したセットとか演出。
だからか!?正面だけでちまちまやってる感じ。
嵐ってもっと大きく空間を使ってたやん!
私はそれが好きだったのに~
照明で、全員参加のペンライトキラキラでスケールデカいぞ!感を出してるつもりだったのかな。
それは、ちゃんとすご~~く綺麗だったよ。
ドームになってから嵐さん個人を観るということを捨て、セットや照明を楽しむということに新たな楽しみを見つけていた私にとって、それだけではちょっとね~~だった。

で、8時45分終了!
アンコール含め2時間45分の公演。
あっさりと嵐さん去っていくし、まわりの人も淡々と去っていく。

あれぇ~、嵐コンってこんなんだっけ!?
これが今回の感想でした。
コメント