途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「フリーター、家を買う。」9話の感想

2010年12月15日 22時32分03秒 | フリーター、家を買う。

出だしから、話が違うんだけど・・・

「たったひとつの恋」って、KAT-TUNの亀ちゃんが主演したドラマがあるんだわ。

綾瀬はるかや戸田恵梨香、平岡祐太、KAT-TUNの田中くんとか出ていたんだけど、それほど視聴率も高くなくて・・・でも、とにかく、これが私の中の歴代No.1ドラマなんだわ。

私はこのドラマの亀ちゃん演じる神崎弘人くんが異常に好きで・・・弘人くんはとにかくカッコいいの。

それにプラスして、家族思い。

弟とお母さんに対して、ありえないくらい優しいの。

こんな奴、いないわと突っこみつつも、胸キュンで観ていた。

9話の誠治も・・・

なんでそこまで、お母さんに優しいんだ!

ストーリー的にはちゃんと理解できるけれど・・・そりゃ~ないだろうと言うくらい優しい。

そりゃ~ないわなのに、ニノのあの優しい顔を観ていると、あらぁ~ダメだわ。

胸がキュンキュンしてしまう。

結局、私は弘人くんの、誠治の、お母さんだったら的な見方をしているんだわな~

息子にあんな優しい顔を向けられ、そして守られる「お母さん」って・・・はぁ~幸せだよなぁ~

最近、私の中で、ニノはすっかり誠治になっている。

ニノが嵐のニノの顔、アイドルのニノの顔をすっかり取り払って、フリーターだけど、頑張って働いている、お母さんに優しい(本当は普通じゃないけど)普通の男に見える。

来週は最終回。

9話の視聴率は18.6%だったようで、今までの最高!

たぶん、来週の最終回はその上をいくんじゃないかな。

それに、来週は相葉ちゃんも嵐ドラマバトンを受け取りにやってくるみたいで、楽しみだわ。

コメント

「フリーター、家を買う。」8話の感想

2010年12月09日 01時00分26秒 | フリーター、家を買う。

7話(14.7%)でちょこっと落ちた視聴率も8話(16.4%)ではまた盛り返したようで・・・私には直接関係ないけれど、二宮さん的には・・・おめでとうございます~

8話・・・なんだか良く出来た物語の様に物語が進んでいく、って感じ。

まっ、ドラマですから~

でも、それが嫌じゃないのは、作り手が上手いってことね。

登場人物の個々のキャラがしっかりしているし、そのキャラを役者さんたちが上手く演じている。

ニノだけが上手いんじゃないもんね。

なんと言っても、タイムリーな話題と普遍的な人の気持ちをしっかりと描き出しているので、誰が観ても、それぞれの立場で納得できる。

今回は特にデフォルメされたエピソードの羅列って感じだったけれど、うんうんと、まんまと作り手の策にはまってしまった。

私はだいたいオヤジの立場に立って観ることが多いんだけど、今回は、あの履歴書の書き方から、面接での話し方をレクチャーするオヤジにとても共感を覚えたわ~

過去に、私にも同じ状況があったもの。

同じようなことを娘を前にしゃべったもんね~、懐かしい。

先日、会った嵐友の女の子は就活を終えた自分をふり返って、ニノ、いや、誠治の態度の悪かった部分の話とか職安の人の話が面白いとか言っていた。

そして、ドラマを通して、自分の親の気持ちをも推し量っていた。

嵐Love、ニノLoveの2人だから、よけいに良いドラマだよなぁ~って盛り上がったわ。

でも・・・しかぁ~し・・・私が言った・・・

主題歌の「果てない空」が心に響いてこないんだよなぁ~、と。

そうしたら、彼女も・・・私も同じ!と言ったの。

2人とも・・・なんだかね~、今年の嵐の曲は心に響かないんだよなぁ~って。

コンに一度しか行けなかったからかなぁ~?

それとも、共鳴しない関係になったのかなぁ~?

でも、やっぱ、他にはいないんだよなぁ~

やっぱ、嵐なんだよなぁ~

と、その日の結論でした。

そして、やっぱ、フリーターは良いドラマだなぁ~

あと2回だ。

コメント

なんだかいいわね、フリーター (4話5話感想)

2010年11月17日 17時29分05秒 | フリーター、家を買う。

17.6 16.8 17.7 17.4 16.7

「フリーター、家を買う。」も5話まで終了して、この視聴率。

喜ばしいこと

母親世代の人は先週の第4話でちょっとやられちゃったんじゃないかしら。

誠治、いや、ニノにクリームをぬってもらうって・・・どんだけ幸せよ

・・・じゃなくて、ニノが、いや、誠治がお母さんの手をとりハンドクリームをぬるシーンが本当に良かった

ニノの優しい表情と、優しいしぐさ、もうたまらんって・・・

私は原作を読んでいないから、原作がどうなっているのかは知らないけれど、このシーンは秀逸だと思うよ。

「おふくろがいなくなったら多分ホッとする」という言葉を口に出すまでに、精神的に追い詰められた誠治だけれど、母親に対する愛情は確固としてあるということを体現しているシーンだわね~

どこかで「マザコン」というワードを目にしたが・・・このシーンを「マザコン」と言って良いのか?

それは各個人の想像力の問題だとも思うけれど、この誠治は同じ愛情を家族とか仲間にも注げるやつなんだと思うよ。

何か事があれば、「あの」父ちゃんにもきっとそそげるやつだよ、きっと。

姉ちゃんも、強くて優しい。

そんな子供達を育てた、父ちゃん、母ちゃんがいる家庭、家族は今はこんなだけど(来週はもっと大変そうだが・・・)ちゃんと再生できそう。

ってな事を想像させてくれる・・・この脚本はいいな~、巧いな~

次も、その次も楽しみ。

しかしながら・・・さっき、あるところでちょこっと見たんだけど、これって8話までなの?

きちんと確認できてはいないんだけど・・・そうだったら・・・つらい。

【訂正・・・10話までのようです】

しばらく観ていたいドラマだから、そりゃ~、ないわな~

それにしても・・・二宮和也さん、演技がお上手。

かつ、いい脚本だわ。

コメント (3)

フリーター、家を買う。 2話

2010年10月27日 13時55分50秒 | フリーター、家を買う。

視聴率16.8%だったそうで・・・初回の17.6%から落ちたとはいえ、依然としていい感じ。

ちょっと安心した。

今回の内容も良かったしね。

お姉ちゃんに対して、ずけずけとものを言う顔、態度。

お母さんに対しては、心配そうな顔、戸惑いながらの優しい言葉。

お父さんに対しては強く反発するキツイ目つき、言葉遣い。

ほんと、上手いな~

ニノなんだか、誠治なんだか、私にはもう、あいまいで困ってしまう。

ニノが上手く誠治になりきっているってことだわね。

甘ったれたことを言っている誠治だかニノだかには、最近の若者は根性ないんだから!しっかりしなよ!と突っこみ、お母さんに優しく接するニノ(ここでははっきりニノ)を観ては、キャ~私もお母さんになりたい優しくして~と思い、仕事で泥まみれになって働くニノには、頑張れ!と声をかける。

疲れてベッドに倒れこむ誠治には、お疲れ様、よく頑張ったね~、と言う。

そして、再び、職場に戻っていった誠治に・・・「ほんの少しだけど大人になったね~」と、お母さんだか、職場の先輩だか、隣のおばちゃんだか、とにかく大人目線で褒めてあげる。

そこに恋人目線とかはまったく存在しないけれど・・・なかなか感情移入がしやすいドラマだわね。

3話、期待してま~す。

コメント (2)

フリーター、家を買う。初回

2010年10月21日 19時52分05秒 | フリーター、家を買う。

初回視聴率17.6%

想像していたよりもはるかに良い数字だったような気がする。

内容が悪かったという意味ではなく、ラブストーリーでもない比較的地味なこのドラマにおいてこの数字であったということ。

潤くんの、あれだけ事前に騒いだ、騒がれた「夏虹」が初回15.7%だったことを思えば、やはりこの数字は良いと思う。

それにしても、二宮和也さん、みごとなフリーターぶりだったわ~

私たちファンは何年もかかって、ニノがそういう人間とは対極の位置にいる人間だと解っている。

それなのにあの誠治のダメっぷりがニノのダメっぷりにみえてしまうほどで・・・さすがやね~

ニノの特性(!?)、猫背で歩く姿はダメな誠治の内面が出ているようで、これもなかなか。

ニノは誠治になりきっている。

部屋だって、みごとに「誠治」の部屋って感じで、制作側の力もなかなか。

それからカラオケの場面。

あそこで BLUE HEARTSを持ってくるあたりもなかなかやるな~って感じ。

たぶん、ニノはBLUE HEARTS好きだと思うんだわ。

以前、歌番組でVTRを観ながらノリノリで歌っていたような・・・ニノが選んだにしても脚本にあったとしても、行き場の無い思いが伝わってくる良い場面だった。

・・・と、もっともらしく書いてみたが・・・あそこでニノが歌っているというだけでキャ~ステキなんておいしい場面なんでしょ、ここでこんなニノの歌声が聴けるなんて最高!!!

ストーリー的には気持ちがな場面なのに、な気持ちで観ていたわ。

もう、ワンフレーズ長く流してくれたらもっと良かったけどね~

このドラマ、母親世代の私としては、どちらかといえば、お母さんのように優しく思うより、お父さんのように、世の中そんなに甘くない!しっかりしろ!!と言いたい。

そう、言いたくなってしまう。

今を生きる色々な世代の人がそれぞれの立場で共感できるドラマだね。

来週はどんな展開をみせるのか・・・楽しみ。

観る度にしみじみと良いね~とみんなに言われるドラマであって欲しいと思うわ。

コメント (2)

「潤」もらった

2010年10月12日 11時26分19秒 | フリーター、家を買う。

Img_0459 これはやはり・・・「嵐」の松本「潤」さんをさりげなく意識してみましたってやつかしら。

潤くんファンならこんなんでもちょっと買ってみよ~って思うんだろうね。

こんな写真UPしている場合か!?わたし。

「大奥」、観にいけてない。

それどころか・・・「『Dear Snow』ってええ曲やな」って、嵐ファンでもない娘からメール。

「PVもかっこええわ」と続けてメール。

ええ曲と思うほど聴けていないし、カッコええと評されたPVもチラ見しかしていない

ニノのドラマくらいはちゃんと観たいわ~

ニノのドラマはラブストーリーに非ず。

こういうのって、最初っから変な期待をしなくていいから良い。

普通の演技をするニノって好きなんだわ~

最近はふつ~のニノにわりと逢えていないから・・・ちょっと期待

コメント

「フリーター、家を買う。」に寄せて

2010年09月17日 15時29分23秒 | フリーター、家を買う。

このお兄ちゃん、インタビューを受けているのに何をぼそぼそ言っているんだ!?と思ったら・・・ニノで・・・

さすがニノ、たった数秒の番組CMでもすっかりフリーターになりきっている。

秋は「大奥」も公開だし、ニノの秋だね~

「フリーター、家を買う。」、実はこの作者に私はちょっと思い入れがある。

近年、私が注目している作家さんだ。

と、言うより世間的に注目されているようだ。

有川浩(女性よ)・・・ライトノベル出身と言う事で、若い人向けの本を主に書いているそうなので、私とは無縁だったが(彼女まだ若いしね)一昨年ふと手にした「空の中」を読んでファンになった。

その後、「海の底」「塩の街」「シアター」を読んだ。

解りやすい文章、爽やかな文章、登場人物は好感が持てるといった印象。

文庫にならないと買わない主義だから「フリーター・・・」はまだだけどね。

私は本を読んでいて、この人がこの役だったら良いなとたまぁ~に思うことがあるのだけれど・・・以前、「塩の街」に出てくる青年が相葉ちゃんのイメージだと書いたことがある。

(参) http://blog.goo.ne.jp/bokutikurin/d/20100216

もとよりこれが実現することは無いけれど、有川作品がニノで観られるのがとっても嬉しい。

と、いうことでした。

ニノ、フリーター、あの姿、どう想像を膨らませても胸キュンラブストーリーにはなりえないけれど、ニノが上手く、ニノっぽく演じてくれるのは判る。

「やまたろ」とは違って(あれは観ていてきつかったわ)、ある意味等身大のニノで演じてくれそうなので、自然に観えそう。

普通に、叩かれない程度の視聴率でお願いします。

コメント