途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「夏虹」最終回の前に

2010年09月20日 13時09分35秒 | 夏の恋は虹色に輝く

「夏虹」最終回ということで、フジにチャンネルを合わせておけば潤くんの笑顔に間違いなく会える日。

で、オグ爺の番組・・・むっちゃ嬉しそうなオグ爺に・・・何だ!?あの潤くんの異常に爽やかな笑顔は!!!

美しすぎる!

眩しすぎる!!

「最近の松潤にはものすごい豪華なオーラが漂っているなぁ~。『スマイル』の時には消えていたけど、最近の綺麗さはハンパないなぁ~」と、嵐ファンでも、潤くんファンでもない方の娘が言っていた。

確かに、誰が観てもこいつは凄いという豪華なオーラが出ているのには間違いない。

・・・しかしながら~・・・と、言う結果に終わった(いや、今夜が最終回で、終わってはいないけれど)フジの月9の「夏の恋は虹色に輝く」

「スマイル」の時のように文句書きまくり~の状況ではなかったけれど・・・どう、感想を書こうかと悩んでいる間に終わってしまった(まだだけど)。

自分は盛り上がろうと思っているのに・・・盛り上がれない「内容」だったってところなんだろうね。

あれだけ豪華な松本潤さんなんだから、すご~~く胸がときめくはずなのに・・・

私の風船はもう膨らみすぎてしまっていて、これ以上は膨らまなかったってところかな。

何故?と何度も何度も問いかけた。

先週、思ったんだけど・・・この物語には胸キュンドラマに欠かせない恋の障害が無かった。

普通ならライバルになってハラハラドキドキする状況をつくる詩織と桜が2人で仲良くじゃれあっているってどうよ!?

ほのぼのとはしているけれど・・・月9はホームドラマじゃない。

最終話を前にやっと海ちゃんという可愛い障害なるのもが登場だけど・・・しょぼい障害。

あとね、大雅のキャラが幼すぎる感じ。

私たち(勝手にたちにしました)はたぶん大人な潤くんの恋を観たかったんじゃないかな。

中高校生男子のように可愛くはしゃぐ潤くんより、苦悩する大人の潤くんはたぶんステキだったはず。

個人的に気になったのは台詞とか言い回し、シーンが「きみぺ」チック過ぎたこと。

「きみぺ」フリークだけど、今回はそれが観たかった訳じゃない。

たぶん、制作する側の個人的嗜好のようなものが大きかったんじゃないかなと思う。

あの時のあんな表情の潤くん、あの時のあんなシーンの潤くんが良かったから・・・みたいな。

もとより、脚本は同じ大森美香さん、で、同じ人が演じる訳だから・・・デジャヴ。

少し前から並行して始まったNHKドラマ「10年先も君に恋して」は同じ大森さんの脚本だけど・・・見比べてみると・・・

「松本潤」のあんな顔やあんなしぐさをあんなシーンで観たい。

「こんな松本潤」が観たいという、個人的欲望が「夏虹」にはプンプンしている。

一瞬のその台詞や、シーンはちょっと良いんだけど・・・ね。

とにかく、今夜最終回。

豪華ゲスト、ニノまで登場で盛りだくさんだけど、延長も無いようだし・・・どう、収まりをつけるんだろう!?

忙しすぎて、胸キュンする間が無さそう。

でも今夜、私の想定外の出来事が起きることを期待して・・・今、これを書いている。

コメント (4)

キスが似合うね

2010年08月24日 15時01分38秒 | 夏の恋は虹色に輝く

昨日の「夏虹」を観ていて、松潤って、本当にキスが似合う男だわね~としみじみと思った。

だけど、あのシーンを観ながら胸キュンとかしないで、そんなことを考えているのはちょっと違うような気がする。

潤くんはほんとカッコいい。

絶頂の嵐人気の中、華やかに咲き誇っている。

竹内結子だって、匂いたつような清楚な美しさがある。

で、その2人のラブストーリー。

それにモンクは無い筈なのに・・・自分でも良く解らない。

先週の「夏虹」と「ホタルノヒカリ2」、潤くんと向井理くんが「好きだよ」とほぼ同じ台詞で告白していた。

う~~ん、まいったな、ちょっとドキッとしたのは向井くんだった。

別に・・・向井くんのファンではないのよ、私。

う~~ん、何故なんだ?

コメント (4)

恋に落ちる瞬間

2010年07月30日 21時30分24秒 | 夏の恋は虹色に輝く

「・・・人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。・・・」

翔ちゃんが出た映画「ハチミツとクローバー」の冒頭のつぶやくような台詞。

その台詞とそこだけ時が留まったように惚けた翔ちゃん(竹本祐太)の映像は正確には覚えていないけれど、とにかく、そうか~、今、彼は恋に落ちたんだ~とバカでも(私のことね)解ったシーンだった。

でも、今回の「夏虹」、潤くんは、いや、大雅はどの瞬間、何に心が動いて恋に落ちたのだろう?

初回は初回という事で、どうも変なところばかりに目が行っていたようで・・・第2話を観ていてどうも自分の中で話のつじつまが合わない。

これは何なんだろう?と自分の気持ちを持て余していたら・・・あるブログに恋に落ちたところがよく判らないというような一文があった。

あっ!そうか!!・・・言われてみれば・・・そこだ!

私の妙な、折り合いのつかない気持ちはそこだ!

第2話での詩織に対する思いはそれなりに大きいのに、その大きさにみあうだけの出会いがあったのか?ってところだ。

で、あまり気がすすまなかったけれど、初回を見直してみた。

ふ~~ん・・・最初に目が合った瞬間か!?

それとも、紐が切られる直前か!?(映っている時間としてはこっちの方が長い)

たぶんこのあたりなんだろうけれど、ドラマで心が出会う情景としてはあまりインパクトが無いというか・・・そりゃーあのスカイダイビング、木にぶら下がった男と走ってきた女の出会いという物理的な出会いは一見ドラマチックでインパクトがあるような設定だったけれど・・・一目惚れと言うような(設定は一目惚れなんでしょ!)、何か強烈なものが・・・無かった。

いや、ただ単に私には判らなかった。

一目惚れするという要因には何があるのだろう?と考えた時、ただ自分の好みにあった容姿であるか、強烈に自分が心を打たれる行動を相手がしたという以外には無いと思うんだけど・・・そんなことがあっただろうか?

ドラマなんだから、鈍感な私にも判るように、そこんとこはっきり出して欲しかったな。

結局のところ、私はこの「夏虹」に一目惚れはしなかったようだ。

「花男」や私の中の最高峰のラブストーリー「たったひとつの恋」も一目惚れはしなくて、第2話とか第3話で惚れたから・・・まだ、「夏虹」も大丈夫だ。

・・・と、思いたい。

コメント (2)

「夏虹」初回

2010年07月20日 21時11分38秒 | 夏の恋は虹色に輝く

どうしようかと思ったけれど・・・とにかく待ちに待った松潤のラブストーリーだから・・・感じたことを書いてみた。

オープニング・・・海、潤くんの(いや、大雅)のつぶやき、わぁ~、コッテコテの夏の月9じゃん

わぁ~、シャワーシーン何のサービス!?

見慣れていたはずの潤くんの上半身の裸体・・・久々だからなのか、大人の男になったからなのか、観ていてこっ恥ずかしい。

考えたら、モモの裸も耕二の裸も・・・耕二なんて、アンナコトやコンナコトまでしていたのに・・・普通に観ていたような・・・彼を中性的に捉えていたのかもしれない。

大人になったのね~、潤くん。

スカイダイビングのシーン、潤くんのあの笑顔は心底楽しんでいる顔ね。

大昔のクイズ番組で翔ちゃんが死にそうな顔でダイブしていたのを思い出してしまったわ。

道明寺を思い起こさせるシーンもけっこうあったけれど、「きみぺ」ファンの私にとってはきみぺ臭がプンプンしていて、喜んで良いのか悪いのか・・・

ひと言の台詞、一瞬の演技に「モモ」がまんまいたわ。

2人でいちゃつくシーンなんぞ、小雪の時とダブって見えた。

この表情、きみぺのあのシーン。

このしぐさ、きみぺのあのシーン。

このしゃべり方、きみぺのあのシーン。

はっきり言って「・・・きれいな涙・・・」という台詞はきみぺでも使われていた。

それだけ「きみぺ」を好きだったってことなんだろうけれど、自分でも飽きれてしまうような見かたをしていた。

脚本家(大森美香)が一緒ってことは・・・松潤の演技も大森美香仕様になっているんだねとも思った。

まぁ、今の嵐ファンの大半と一般の人は「きみぺ」なんてマニアックなドラマ、よくは知らないだろうから、こんな見方をする人もそうそういないはず。

新鮮なものとして「夏の恋は虹色に輝く」を楽しめるはず。

初回、視聴率15、7%・・・へぇ~、「怪物くん」の初回より悪いのか!と、ちょっとした驚き。

松潤が、というより、「月9」なのに!?って、ところにだけど、今期はどこも視聴率は高くないようだから、こんなもんか~

まだ、始まったばかり、これからの展開次第ね。

できれば、現状維持を期待しますわ。

いや、祈りますわ。

コメント (2)

潤さまが輝いている

2010年07月15日 17時28分03秒 | 夏の恋は虹色に輝く

来週に迫った「夏虹」(こう、略すのだとの公式コメントがあったので)に向けて、潤くんの露出が多くなってきている。

そんなん観たことも聞いたこともないぞ~というバラエティ番組を観る破目になっている。

私、バラエティ嫌いだし~・・・と言いつつも、惚れた弱み、録画して、なるべく他を観ないようにして、観ている。

何だか、今回は潤くんの光り方が違う!

尋常じゃない輝きようだ。

あんな「スマイル」を観て、しばらく、いや、ずいぶん長くビトショックだった私も立ち直ったようだ。

「スマイル」ではない潤くんのスマイルは久々にヤバイ!

どうも過剰な期待を「夏虹」にしてしまいそうになる。

抑えろ!自分と言い聞かせつつ、潤くんの輝きにやられている今日この頃。

「Love Rainbow」は聴いていて、ちょっと心が動いたけれど・・・あれ!(題名さえ覚えていない)・・・「To be free」は・・・何でシングルなのか解らない。

アルバムの中に入っている1曲で、好きな人だけ好きで良いじゃんって感じの曲だと思いましたわ。

だから、せっかくテレビご出演だったのに、萌えどころが無かった。

あくまでも、私の思うところでございます。

コメント (8)

韓国版「きみぺ」

2010年06月02日 16時50分11秒 | 夏の恋は虹色に輝く

嵐ファンでも、松潤ファンでも、あんまり食いつかないだろう話だけれど・・・「きみぺ」ファンの私は食いついた。

今頃、今さらだけど、韓国で「きみはペット」が映画化されるそうですわ。

【@韓流ぴあ】http://community.pia.jp/hanryu/2010/06/20100601-01.html#more

UPされている写真を観るかぎり・・・納得のお顔ですね~

私はおばちゃんだけど、韓流ドラマにもヨンさまにも○○さま(既にもう名前を知らない)にもまったくはまってはいない。

たぶん、この人にもはまらないだろうけれど、映画はちょっと観てみたい気がする。

あの大好きな「きみぺ」の世界を韓国の人たちがどう作りあげ、そしてそれを一般の人がどう評価するのかに興味がある。

「きみぺ」って、放送当時、あんまり評判が良くなかったのね。

私もちゃんと観ていなかったし、何だかな~って感じだった。

って、いうより、ちょっとキモイって感じだった。

それがある日突然・・・私に何が起こったんだろうな???・・・すみれちゃんみたいにちょっと疲れていたのかな?・・・とにかくガァ~~~ンと来た。

私はドラマ「きみはペット」と、その前にも、その後にも居ない松潤のあんなキャラ、その一瞬の松潤をこよなく愛してしまった。

松潤自身は「きみぺ」のモモは好きではないようだし、語ると長くなるので止めとくけど・・・そんな話題があったの。

韓国で、このかなり昔の「きみぺ」が映画化されるってことはやはり嵐人気ということ!?

たまたまこのチャン・グンソクという俳優さんのキャラに合った原作だったってこと!?

まっ、その両方ってところかな。

松潤のドラマ「夏の恋は虹色に輝く」のエキストラ募集が来ていたね。

フォーマルな格好で来てくれって、着物OKって・・・ドラマのどんなシーンの撮影なんだろう?

月9らしく、賑やかに、派手にやるんだろうな。

本当は月9のそんなところも嫌いだけど・・・ついでに、キムタクの後だけど・・・

ちなみに観てはいないけれど、視聴率くらいは知っている。

あれだけ派手に騒いだ結果、初回は高視聴率だったけれど・・後は・・・

中身の問題かな。

松潤の番になった時、そんなことにならないように祈るわ。

本当に祈るわ。

コメント (2)

松潤が月9に初主演!

2010年05月28日 12時17分02秒 | 夏の恋は虹色に輝く

やっと正式発表になったのね~「夏の恋は虹色に輝く」

久々の新規カテゴリー追加。

どうか愚痴ばかりをアップするカテゴリーになりませんように。

個人的には若いカッコいい系のお兄ちゃんお姉ちゃんがくっついたり離れたりが多い月9ドラマは好きではないんだけど・・・でも、一般的にはそこが良いようで、視聴率が注目される月9。

まあ、これに主演ってことはそれなりのステータスを得たってことだろうね。

どっちかっつうと、他局よりだった嵐さん、松本さん・・・ホームを離れてアウェーで戦う訳ね。

どうなるのか・・・まぁ、サポーターとしては応援するしかないんだな、これ。

今回の内容を見ると、いかにも月9って感じで、カッコ良いどころ、綺麗どころを揃えてベタな明るいラブストーリーのようで・・・まぁ、観てみたいシチュエーションね。

考えたら・・・こんなラブストーリーは松本さん、「花男」以来じゃないかしら。

思えば・・・「花男」に続いた「バンビ~ノ」、私は異常に期待してしまっていたのに・・・こっちが思っている様な甘ぁ~い展開にならなくて、がっかり

「スマイル」は死ぬほどがっくり

こちらがアイドルの松本潤さんに期待していたのは甘くトキメク時間だったのに、何をどう勘違いしたのかしら~ってドラマが続いてしまって、正直テンション落ちていた。

今回はそう意味での期待は膨らむ・・・膨らませすぎて自滅しないように気をつけなくっちゃ、私。

今回、膨らみ度が大きい理由がもうひとつ。

はい、そうなんですね~、脚本が、あの「きみぺ」の大森美香さん。

松潤には不人気な「きみぺ」だけど・・・私が愛する「きみぺ」の脚本家で一部演出も(こちらが勝手に盛り上がる回の演出だったのよね)手がけた人。

よっしゃ~~、久々に気持ちがいいぞ~!!!

とにかく、始まるまではモンクは無い!!!

コメント (4)