途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

嵐とヒョンジュンで年越し

2011年12月31日 23時12分27秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

何年かに一度訪れるのんびりとした大晦日の夜。

のんびりしすぎて、紅白歌合戦の始まる時間を忘れていた。

でも、10分遅れで嵐さんとご対面。

緊張はしているみたいだけど、良い感じの緊張ね。

私のイメージにあるはしゃぎ過ぎの紅白ではなく、落ち着いた感じの紅白は好感が持てる。

司会をしている嵐のカラーも出ているのかしら。

つつましく、温かく、優しい。

・・・と、思っていたら・・・難波から来たKARAだって・・・

ほんまもんのKARAは可愛いけど。

演歌がダメな私は演歌の時間はすることが無い。

お風呂に入るほどの時間は無いし・・・紅白はいつもこれで困る。

さすがに録画して観るものではないと思っているので、ガマンガマン。

今日は「イタズラなKiss」のBOXの2が来たのね。

BOX1はDVDだったんだけど、BOX2はYoutube版が入っているからという理由でブルーレイにしたんだけど、やっぱ、ブルーレイは綺麗。

あっ!潤くんと真央ちゃんが並んで曲紹介してる!!!

大学生になってからのスンジョくんは私の好物なんだけど、特にYoutube版のスンジョくんが大好き。

そのスンジョくんがより綺麗に観えて・・・ステキ。

けちって、BOX1をDVDにするんじゃなかった。

以前、Youtube版を観た時に、これはクリスマスか大晦日に観たらとっても幸せな気持ちで過ごせると思ったんだけど・・・クリスマスは「私たち結婚しました」を選んで・・・「結婚しました」自体はよかったんだけど、クリスマスには切なすぎて大失敗。

わ~~!!!翔さんのピアノ演奏だ!!!

なんでか必要以上に感動する。

カッコよすぎると思ってしまうのは、やっぱ嵐ファンだから!?

大晦日は「イタキス」だ!

と、決めたけど・・・いつ観るんだ?

ところで・・・私はこういうBOXとか買うと付いてくるオマケのポストカードとかブックレットにはあまり興味を示さないんだけど、今回の「イタキス」のブックレットには食いついた。

かなり胸キュンした。

大好きなスンジョくんがいっぱいいるんだもん。

長谷部選手の言葉、うるうる

正直、かなりやばい写真がいっぱいです。

私は「イタキス」を観て、キム・ヒョンジュン落ちしたと思っていたんだけど・・・

改めてスンジョくんをみて・・・ただ単にパーマ頭のスンジョくんが異常に好きなんだと気がついた。

スンジョくんの中にキム・ヒョンジュンは居ない!

ただ、メイキングの中に時々スンジョくんの顔をした宇宙人が現れる。

「花男」のユン・ジフの最初の頃には、時々ヒョンジュンが顔をだしていたけれど、その後は完全なユン・ジフに変身していた。

そして「イタキス」では最初っからスンジョくんだったわ。

ヒョンジュンくんは進化を遂げているのね。

わぁ~!!!久々に嵐に感動してしまった。

歌にというより、ステージに。

あの映像「カゲム」のやつ、ここで使ったんだ!

潤くんが司会をした番組(世界1のSHOWタイム)でとても興味を示していたから、コンサートで、潤くんのソロくらいで出してくるかと思っていたけれど・・・すごい!

制作時間から考えたら、あの時から即行動に移っていたのね。

とても綺麗で嵐らしくて・・・本当に素敵だった。

これ、ひょっとしたら京セラから観られるのかしら?

楽しみ

あと、30分ほどで嵐さんたちの司会も終わる。

ご苦労さま。

来年もまた。

コメント

閉鎖

2011年12月30日 17時27分08秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

キム・ヒョンジュン絡みで知った時には既に活動していなかったけれど、動画サイトにはたくさん映像がUPされていて、観ているうちにすっかり彼らの虜になっていたようだ。

声もちゃんと聴き分けられるようになっていたし、彼らのキャラもちゃんと分って、5人それぞれに愛すべき青年たちだと思っていた。

たま~に、SS501 Official Fan Site と言うところをクリックして、過去のある日で止まってしまった彼らの活動の再開を夢見ていた。

それは現実には奇跡に近いことだと解っているけれど、夢をみる場所だった。

久しぶりにのぞいたら、いつもと様子が違う。

2011年12月26日をもちまして当サイトを閉鎖させていただくことにいたしましたの文字が・・・

そうか・・・

・・・

・・・・・・

12月26日は何か特別な日だったのかな!?

6月8日が特別な日であったように・・・

とにかく、ひとつの終わり。

ヒョンジュンやSS501に興味を持った時に、過去の彼らを愛するだけだったら切ない思いはしなくてすむだろうと考えていた。

・・・しかしながら、落とし穴は意外にちょっとしたところにあるようで・・・こんな些細なことでも、ちょっと寂しい。1オフィシャルファンサイト

コメント (2)

ジフさんのお洋服 1話

2011年12月28日 21時57分02秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)


「花男」を何度か観て、ストーリー以外で気になったのがジフの洋服。

ジュンピョは黒が多く硬くて強いイメージだけど、ジフの洋服は華やかでソフト。

綺麗な色の衣装が「花男」を彩っている感じ。

後に制作側の話を読んだらそれそれの衣装はほとんどがオーダーメイドで1着として着回しがないと書かれていた。

それをふまえて気をつけて映像を観ていたら、確かに・・・そんな感じ。

同じように観える衣装だけど、デザインが違ったりしている。

ちょっと抜き出してみようと・・・

動いているのであまりきれいには取り出せないけれど、やってみた。

111_2113_2121_2122_4131_3132_2
133_2141

142_2
151_2
152_2
153_2
161_2
171_2

「イタズラなKiss」を観て、「花より男子」を観て、「私たち結婚しました」を観て・・・

最初は分らなかったけれど、1話の中には「私たち結婚しました」に居たジフになりきれていないヒョンジュンがまだところどころいるみたいで、そんなヒョンジュンを見つけるとなんだか愛おしい。

1話2話の少しだけ頬にふくらみがあるのが「結婚しました」に近いヒョンジュンね。

その頃の方が表情が硬い。

もちろん、花沢類の最初の頃って原作でもそんな奴だったから、ドラマ的には違和感ないんだけど。

そして、まだあか抜けない普通のお兄ちゃんの部分がある。

それが回数を重ねるごとに、あの「ジフ」になっていくんだから成長するって素敵なことね。

1話の衣装、ニットのダッフルコートが好き

6の衣装、F4が仲良くお食事って場面なんだけど、みんな座っているから上半身だけしかわからないのね。

ジフのこの衣装、全体はどうなんでしょ?

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント

もうすぐ

2011年12月28日 07時02分47秒 | arashi事 コンサート

昨日、旅行会社から宿泊1週間前予約確認というメールがきた。

えっ!???

・・・一瞬、なんだ?と思ってから思い出した。

おお!嵐コン!!!!!

年末、忙しかったから忘れていたってことではなくて・・・

ずっと、忘れようとしていた状態が長かったのでそうなったのかなと思っている。

年末年始、嵐祭りの真っ最中。

ちょっと目を背ける癖がついてしまった自分が切ない。

コメント

原作「もう誘拐なんてしない」感想

2011年12月24日 23時58分05秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

嵐の大野くんが主演するドラマの原作を書店で見かけて買ってきた。

読んだ本の感想は一応mixiのレビューに書くということにしているので書いたが・・・特に書くほどの内容も無く★2つ。

軽くは読めたが、はっきり言って面白くもなんともない本だった。

あまりにも面白くなかったので、作者を調べたら、翔ちゃん主演の「謎解きはディナーのあとで」の原作者だった

嵐のメンバーが主演なのに、1話を観ただけでリタイヤしてしまった「謎解きはディナーのあとで」・・・そうか・・・同じ原作者だったか

まいったな

それにしても・・・原作がある場合、原作を超えられる映画やドラマはあまりないものだけどね。

原作の評価がたいしたことないのに・・・それによって作られるドラマって・・・まぁ、嵐の大野くん出しときゃそれなりの視聴率取れるっちゃって考えでしょうか!?

ちょっとの救いは主人公らしき人物(特に魅力ないんだよね)樽井翔太郎のキャラがちょっと大野くんに似ているところ。

特に魅力がないと言っておいて大野くんと似ているって言うのもなんだけど、大野くんがやるとひょっとしたら原作の翔太郎より魅力的になるかもしれない。

そう言えば、唯一魅力的なキャラの女性が出てきたんだけど・・・どんな女優さんがやるのかなと、期待していたけれど・・・なんかイメージと違う。

まぁ、どうでもいいわ。

あ~あ、お正月の楽しみが1つ減ってしまった。

ニノの「フリーター、家を買う」なんて、原作の評価がとっても高かったし、ドラマの出来も良かったのにね・・・

コメント

Mステ 2011/12/23

2011年12月24日 19時24分50秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

1日遅れだけど、やっと観えたので来年の為にちょこっと書いておこう

先にあった某テレビ局とは違って、ちゃんと嵐さんたちが素敵にみえるステージだったので一安心。

ってか、とっても綺麗だった。

Lotus、Happyness、そして迷宮ラブソング。

Happynessがチョイスされたのはちょっと意外だったけれど、やっぱり楽しい。

途中で色とりどりの風船が落ちてきたのは可愛くてほんとにハッピー。

嵐らしいって感じの演出。

そして「迷宮」の時の照明も、蒼く光る無数のビーズという歌詞に合わせたブルーがキラキラして綺麗だった。

Mステスタッフのみなさんありがとう!!!

某局もみならって欲しいわ。

う~~ん、ひとつ気になったのは・・・嵐5人は仲良くおそろいの衣装だったのに(まぁいつもだけど)相変わらずキスマイは3人と4人。

はっきり言ってすご~く嫌な感じ。

7人一緒の衣装にして欲しい。

それか、7人が同じレベルで全部違う衣装とか。

ね!

嵐のステージを観て、話題もお正月のコンサートの話題。

行くよ!

テンションあげて京セラへ

おっと忘れた!肝心の嵐さんたちのこと。

いつもと一緒で仲良くカッコよく、そして平和な嵐さんでした。

もうね、今さらあんまり言うことも無いの。

彼らは大切な「空気」の様なもの。

ね。

コメント (2)

デジャブ

2011年12月22日 10時46分42秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

Cap003Cap004朝方、夢をみたらしい。

起きた瞬間「きみはペット」の台詞らしいものだけが頭の中に少しだけ残っていた。

潤くん、じゃなくてモモの「すみれちゃんは頑張り屋だから・・・」みたいな、なんだか慰めるような、元気づけるような台詞だったような・・・

珍しく、一瞬にしてなぜこんな夢をみたのか解った。

”リーダー・ヒョンジュン”の私たち結婚しましたを観たからだと。


別れが近づいた頃、キム・ヒョンジュンがファンボ夫人の足にマニキュアを塗ってあげているシーンが出てきた時に感じたデジャブ。

Cap009Cap010きみぺ」でもあったなぁ~、と。

考えてみれば、ドラマとバラエティの違いはあるけれど、どちらも似たような設定。
年齢差も6歳と7歳、 女性が年上で頑張り屋さん。

男性側は・・・ちょっと屈折したところがあるようで・・・ヒョンジュンに関しては設定でなく事実だけど。

お互いが影響し合って、愛情も芽生える。

でも、別れを意識する瞬間が訪れる・・・

お互いを思いやる温かい時間が流れ、切なさがこみあげてくる。

これって、ひょっとしたらチャン・グンソク版「きみはペット」より、心情的には近いんじゃないかしらと、ちょっと思った。

Cap002Cap011

コメント (2)

グンちゃんからのクリスマスプレゼント

2011年12月21日 15時42分34秒 | うなぎが好きなグンちゃん

P1010628聞いていたのでびっくりはしなかったけれど・・・

私はクリスマスカード的なものが来るのかと思っていたらまさかのDVD。

15分ちょっとの写真集。

ツアーの様子とかね。

最後にグンちゃんの

P1010629

こんにちは、ウナギの皆さん チャングンソクです(ここは日本語)から始まるメッセージ。

写真は正直あまり好きな写真がなかったんだけど、この方、声はホントに素敵ね~

コマオ~

P1010630

コメント

なぜだか胸が痛い

2011年12月21日 02時08分57秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

Cap001
うん、そうなの。

大笑いしたんだけど、終わった後で胸が痛い。

リーダー・ヒョンジュンの「私たち、結婚しました」Vol.1 Vol.2 Vol.3、クリスマス用に買っちゃえと、クリスマスは大笑いだ~!!!と思っていたのに・・・

昨日、Vol.2まで観たら、最後のお別れシーンが出てきた。

Vol.3は1と2のカットシーンを集めたものだったので、Vol.2にお別れシーンがあった訳なんだけど・・・なんだか、泣けて泣けて。

すご~く切ない思いで寝ちゃったんだわ。

Cap005Cap004
でも、寝ながら・・・人間って、変わる時には驚異的に変わるんだ!と思った。

最初に登場した時のキム・ヒョンジュンと山の上でお別れの言葉を言うキム・ヒョンジュンの変わり様がスゴイの。


たった7カ月でこんなに良い面構えの男になるとは・・・ファンボさんはまさに神様が送ってくれた人だった訳ね。

ドキュメンタリーを観ているような気分になってしまった。

すごく良い作りのバラエティで、すごく楽しい会話もいっぱいあったので感想をいっぱい書こうと思うけれど、まだ胸が痛いので書けない。

面白くて大笑いするだけの予定だったのに・・・なんだかキム・ヒョンジュンの深いところを観てしまった感じ。

Cap007Cap006

ファンボさん、ほんと、あなたはスゴイ人だわ!!!

あなたについても語りたい。

でも、もっと胸が痛くなるので・・・キツイな。Cap009

コメント

「花より男子~Boys Over Flowers」7言目

2011年12月18日 11時44分35秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

Photo_2
3回目の最終話。

最初の頃の、いじめのあたりはもう観ないんだけど、途中から観はじめると、次が観たくなり、次が観たくなり・・・そして、最終話まで観てしまう。

最終話の最後の場面はワァ~~~!!!!!っと叫びたいくらい良い出来になっていると思う。

全部で25話、最初は端折っても、20話以上真剣に観ていくのは結構しんどい。

かといって、真剣に観る以外の観ようはできない。

一生懸命観た結果として最後の場面にたどり着く。

ここにたどり着く為に真剣に観る。

彼ら、家族をも含めた彼らの成長を観るのはかなり感動的なことだわ。

なんだか観る度に感動が大きくなるような気がする。

多分、良い作品だからなんだろうなと思う。

グループエイトの勝利ってところ。

私の最近の状態を韓流にハマったという人がいるんだけど・・・ハマったと言えばハマったんだろうけれど・・・ただ単に、間口を広げたので良い作品に出逢えたってことのような気もしている。

まぁ、私が幸せならそれでいいの。

Photo_4
それにしても・・・はぁ~ジフ(あえてキム・ヒョンジュンとは言わないで・・・)のカッコいいことったら、ビジュアルに合わせた彼のキャラ、行動設定はすごすぎる。

ジュンピョとジャンディの愛はジフが居なかったら成立しなかった。

彼が居たから持ち直せた2人の危機っていくつもあった。

ジャンディを愛していながら、それ故に2人の為に行動するって・・・ちょっと人間ではないようなキャラ設定はどこから生まれたのだろう?

Photo_3
最後の砂場で言いかけた言葉・・・この人、一生をジャンディの為に捧げそう。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント (2)