人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

労基署が監督指導した73.2%法令の違反と公表/厚労省

2021-08-27 23:44:55 | 労働法



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。

厚生労働省は、毎年、長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署による監督指導を実施しています。

この度、令和2年度に監督指導した結果の取りまとめが行われ、公表されました。

監督指導が実施された事業場は『24,042事業場』であり、

そのうち『17,594事業場』で労働基準関係法令違反がありました。

違反があった事業場はおおよそ『73.2%』にのぼります。

このうち、『8,904事業場(全体の37.0%)』で

違法な時間外労働が確認され、実際に1ヶ月当たり80時間を

超える時間外・休日労働が認められた事業場は、

『2,982事業場(違法な時間外労働があったもののうち33.5%)』

確認されました。

その他、賃金不払残業があったものが『1,551事業場で6.5%』、

過重労働による健康障害防止措置が未実施のものが

『4,628事業場で19.2%』となっています。

厚生労働省は、今後も長時間労働の是正に向けた取組を

積極的に行うとともに、11月の「過重労働解消キャンペーン」

期間中に重点的な監督指導を行うとしています。


自社に長時間労働がないか、長時間労働があるときには

健康障害防止措置を実施しているか等、再度確認をし、必要に応じ是正を進めていくことが大切となります。


【厚労省】長時間労働が疑われる事業場に対する令和2年度の監督指導結果を公表します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 長時間労働が疑われる事業場... | トップ | 労災保険の「特別加入」の対... »
最新の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事