毎日、1000件程度のアクセス、4000件以上の閲覧がある情報発信ブログ。花や野菜作り、市民運動、行政訴訟など
てらまち・ねっと



 先の2月20日でこのブログを始めてから15年目に入っていた。
 うっかりか、ついついか、そのことをまとめなかった・・・
 今朝、そのことに気づいたので、過去データを見てみた。
 
 まず一番の印象は、「何年目」というまとめを意外とやっていなかったこと。15年のうち6年は「1年の出発点のまとめ」がなかった。ということで、整理したところを下記に抜き出してみる。
 後半では、リンクをつけ冒頭部の抜粋を記録しておく。

◆2005-02-20 ブログ、はじめます。
◆2006-02-20 ブログを始めて2年目の最初の日。過去1年間を振り返る。
●2007年、2008年は無し

◆2009-02-20 ブログ5年目・今日から / 奇しくも 昨日はパソコンのシステムのトラブル 
◆2010-03-02 ブログを開始して6年目に/今日は3月議会の開会日/明日3日は一般質問の通告期限
●2011年から2014年は無し

◆2015-02-13 ブログを始めて、2月20日で「丸10年」/1月30日から2月12日の14日間のアクセス記録の整理  
◆2016-02-20 2005年2月20日に始めたブログ。毎日更新して丸11年が経ちました/gooブログも「12周年」とか
◆2017-02-22 毎日更新のブログ、2017年2月20日で13年目になりました/早朝ウォークは間もなく5年目/これも二人一緒だから、かな
◆2018-02-28 ブログ開設から14年目。26日で4755日、アクセスは閲覧数3831、訪問者数1136/日本のブログの歴史(ウィキ)/ブログ、facebook、twitter の違いと使い分け

 なお、今朝の気温は1度。ウォーキングは快適。昨日3月1日の私のブログへのネットのアクセス情報は「閲覧数4,271 訪問者数1,534」。

人気ブログランキング参加中 = 今、1位から3位  ↓1日1回クリックを↓  ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンはこちらをクリック→→人気ブログランキング←←ワン・クリックで10点

◆ブログ、はじめます。 2005-02-20 19:32:31
 私が暮らしの中で感じたこと、市民運動、議会活動、行政訴訟などの情報を発信します。乞う、ご期待を!

◆ブログを始めて2年目の最初の日。過去1年間を振り返る。2006-02-20 06:59:00
私がブログを開始したのはちょうど1年前の 2月20日 です(gooブログの文字数制限との関係で、本稿のみ、「リンクの場合の赤色反転」は設定せず)。
 毎日欠かさずアップすることを目標にしました。
 いろいろと教えてくださった人、励ましてくださった人、出会いを楽しませてくれた人、共感を伝えてくれた人・・みんな、ありがとうございます。皆さんのおかげでここまで続けてこれました(感謝)。
・・・(以下、略)・・・

●2007年、2008年は無し

◆ブログ5年目・今日から / 奇しくも 昨日はパソコンのシステムのトラブル 2009-02-20 08:04:03
昨日、うちの5台のパソコンのネットワークの機能を向上させようと挑戦。
 ・・スッとは行かなかった。

 「データ用の1テラのサーバー」をPC3台間で共有設定しているからセキュリティは重要だし、通常のインターネット接続には市のCATVのモデムを、メール通信の一部にはNTTのADSL・モデムを、これらを一緒に組んでいるし・・・

 作業を始めたら、MACアドレスの関係でトラブル・・・市のCATVを管理している「@ニフティ」のサービスと電話でやり取り。
 パソコン2台の設定を変えてつながったところで、全体が不調に・・・

 一時は、他のパソコンの操作自体まで不調になって、「大汗」だった。

 夕方、向こういわく、「モデムが暴走している可能性がある」・・・
 「今晩、その2台まではケーブルの直結でやってみてもいいけど、それ以上やるとモデムが壊れるかもしれない」・・・

 「もし、モデムが駄目になったらどうするの?」
 「それは、プロバイダーに言って下さい」・・・
          最後は放り出された感じ・・・

 やむなく、うちのシステムを組み立ててくれた友人に電話して相談。
 ・・「そこまでやっちゃダメですよ!!・・」
    2、3日うちに行けるかどうか?・・・との返事。

 仕方ない、自分で元に戻すしかない・・・で、やっと、元どおりに戻ったのは夜の10時。

 一夜明けて今朝。
        もちろん、システムは通常通り。

 ところで、ブログを始めて今日2月20日が 「5年目のスタートの日」。
 
 ブログを始めて「1年」になろうという「2006年2月6日」には、ブログに初めて「アクセス・カウンター」を設置。

 このgooブログで使えるカウンターは少なく、結構楽しく「カウンター調べ」をした。

 今は、ブログ画面の左上においているカウンターの、「このブログの閲覧数」のカウントは、たいてい 毎日 千数百。
 その合計は「100万件」近く。
・・・(以下、略)・・・

◆ブログを開始して6年目に/今日は3月議会の開会日/明日3日は一般質問の通告期限  2010-03-02 08:37:54
 先月2月20日から、ブログをスタートして「6年目」に入っている。
 毎日欠かさずブログをあげている。

 以前は、山の奥の宿など、電波の通じない場所に行くときは、そういうエリアに入る前の「平地」で送信しておくなど、苦心した。

 今は、ケータイでインターネットにつなげるようになっているし、「au」の携帯電話だと、つながらないところ『圏外』はほとんど無い。

 もっとも、日付をつけ間違えて「欠番」の日があり、数日後に気づいて修正(汗)・・・・なんてことが数回あった。

 ともかく、ブログはHP・Webページとして違って「インターネット検索」にすぐにかかるからアクセスが増える。
 しかも、毎日更新するとアクセスがぐっと増えるといわれている。

 そんなことでか、毎日、けっこうな数のアクセスをいただいている。
  いつまで続けるかは分からないけど・・・

 今日のブログは、過去の1年後との毎年のスタート日のブログを再掲。
 このgooブログはアクセスデータの記録サービスも充実してきているので、その一部も掲載。
・・・(以下、略)・・・

●2011年、2012年、2013年、2014年は無し

◆ブログを始めて、2月20日で「丸10年」/1月30日から2月12日の14日間のアクセス記録の整理 2015-02-13 07:00:08
  ブログを初めて間もなく「丸10年」、しかも、「毎日更新」、ということで、年明けから、アクセス記録をとっている。
 幸い、このgooブログは、毎朝、前日(まで)のアクセス記録を通知してくれる。
 昨日12日のアクセスに関する今朝の通知は、「閲覧数 4525 PV」、「訪問者 1322 IP」。

 ちなみに、1月30日から2月12日の14日間の「閲覧数の合計 66053 PV」、「訪問者数の合計 15820 IP」。
 1番閲覧数が多かったのは1月30日で、「閲覧数 5904 PV」、「訪問者 1178 IP」。
 1番訪問者数が多かったのは2月10日で、「閲覧数 5532 PV」、「訪問者 1398 IP」。

 「丸10年」を達成するのは2月20日。⇒ 2015年2月のエントリーの一覧 
 その日は、何か「特集のエントリー」にしたいなと思いつつ、でも、その日はとても忙しい日。だから、日にちはずらしても良いかとも思う・・・(笑)
・・・(以下、略)・・・

◆2005年2月20日に始めたブログ。毎日更新して丸11年が経ちました/gooブログも「12周年」とか 2016-02-20 10:15:35
・・・(略)・・・私のこのブログは、「gooブログ」。ちょうどgooブログも「12周年」とか。今、「gooブログ12周年企画」として「ご利用者アンケート」を行っているようだ。
 つまり、インターネットの世界で「gooブログ」が開設されて丸一年目に、この「てらまち・ねっと」を始めたことになる。
 ともに歩んできたということか(笑)。

 当時は・・・記事を投稿するのも大変だった。送信したデータがそっくり消えてしまうなんてこともあった。利用者の増加で、混み合って、投稿の繁栄が遅滞するとか、「作成画面が動かない」とか・・・惨たんたる時期を経て、とても使いやすいブログになった。おかげて、他のブログに浮気することもなく、使い続けて丸11年。

 今日の「12年目の初日」のブログは、このあたりを整理し、後は、昨年「丸10年経過」の転記。
 なお、4年近く前に始めた「朝のウォーキング」。今朝は8度の気温で、薄着でノルディックウォーク。こちらも、出張・旅行・天候などの都合以外は、歩き続けている。
 これも、ブログとともに、パートナーと同じペースでやっているから続くことだろう、とお互いに感謝の気持ちあり。
・・・(以下、略)・・・

◆毎日更新のブログ、2017年2月20日で13年目になりました/早朝ウォークは間もなく5年目/これも二人一緒だから、かな 2017-02-22 08:19:32
・・・(略)・・・ 毎日やるからには、簡単かつ効果的にする工夫も必要。
 私は、ブログと自分自身とを分離させることは、いろいろと不合理で、時間などもムダになると考えている。つまり、新聞を読むような感覚でネットのニュース等も見て、それを興味あることの勉強ということにして、結果として頭の体操・認知症予防ということに役立っていると思うことにもして、さらに「それらの中からブログを構成する」というスタイルをベースにすること。

 ともかく、1年ごとの区切りとして、「毎年の初日」のブログにリンクを付けて列記して整理しておく。

 なお、パートナーと一緒に始めた「朝のウォーキング」。今度の4月末で丸5年になる。
 今朝は気温マイナス3.3ど。今冬で一番寒い部類の記憶。それでも、天気はいいからノルディックウォークにでかけた。
 朝焼けの雲がとても綺麗だった。

 こちらも、出張・旅行・天候などの都合以外は、歩き続けている。
 ウォーキングも、ブログとともに、パートナーと同じペースでやっているから続くことだろう、とお互いに感謝の気持ちあり。
・・・(以下、略)・・・

◆ブログ開設から14年目。26日で4755日、アクセスは閲覧数3831、訪問者数1136/日本のブログの歴史(ウィキ)/ブログ、facebook、twitter の違いと使い分け  2018-02-28 07:24:12


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今年の市民派議員塾の講座は、来年の統一地補選に合わせて「選挙講座」が主体。それが先の2月の講座の終了後に決まった。
 その原案を考えるために、過去の「選挙講座」のデータを整理することをみんなから頼まれた。
 その作業は、2月の中旬に終了。・・・その結果をみんなに配信するのを怠っていて、先日、催促ないし確認があった。それで、すぐにみんなに配信して、その構成についての意見を出してもらった。

 成り行き上、その意見の集約もすることになって、昨日、エクセルに分野・内容ごとにみんな意見を落とした元表を作った。
 今朝、その元データから整理をする作業を始めた。
 すると、エクセルの上段の枠、「数式バー」にセル内の模試が2行程度しか表示されないので、今回の編集にはとても不便。
 そこで、「数式バー」の中にたくさんの行が同時に表示される、つまりセル内の文字データがそのまま出るようにするには・・・とネットで調べた。

 ・・・簡単なことだった・・・幾つか方法があるが、一番シンプルそうなのは
 ★≪数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方/数式バーの下部をドラッグして選ぶ≫ だけのことだった。
 エクセルは本当によくできているとあらためて思った。

 知っている人には何でもないことだけど、知らない者にとっては、新しい発見に近い便利さ。

 ・・ということで、今までに調べて、よく利用していることから幾つか・・・
 ★≪Excel でセル内の文字列を折り返し、または改行してセル内に収めるには? /改行が必要な場所をクリックし、Alt キーを押しながら Enter キーを押せば OK≫

 他にも例えば
 ★≪数式ではなく値を貼り付ける≫ については、Microsoftは、ある説明をしているが、私は、マウスを右クリックしたとき「貼り付けオプション」の選択で済ます。

 (左の図 参照)

この機能は、とても便利で、ワードでもエクセルでも、どのように貼り付けられるかがパッと表示されるので、間違いなく希望の貼り付けができる。

また、
★≪行方向の並べ替え/[データ]→[並べ替え]を選択。並べ替えのダイアログで[オプション]ボタンをクリック≫

 ★≪エクセル2010の数式バーのサイズを変更するにはどうすればいいですか?/「ツール」→「オプション」の「全般」タグにある、「標準フォント」のサイズ、そこを変更≫
なども・・・

 ・・ということで、今日のブログはエクセルの使い方を記録し、この後は、また作業に移り、出来次第「講座の構成の骨子の原案」を起案としてみんなに送信する予定・・

人気ブログランキング参加中 = 今、1位から2位  ↓1日1回クリックを↓  ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンはこちらをクリック→→人気ブログランキング←←ワン・クリックで10点

●【エクセル2010】数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方
      Excel使い方ガイドブック 2016年3月10日
エクセルでデータを入力していると数式バーに改行で入力した文字を全て表示したい時があります。

そんな時には3つのやり方のどれかを使えば解決できます。

数式バーに改行で入力した文字を全て表示できれば、数式バーでの確認や編集を見やすくできます。

とはいえ、
『数式バーに改行で入力した文字を全て表示するにはどうすればいいの?』と困っている人も多いでしょう。
そこで今回は、
「数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方」についてご紹介していきます。

1 数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方
1.1 数式バーの下部をドラッグして選ぶ
1.2 「数式バーの展開」アイコンをクリックして選ぶ
1.2.1 「数式バーの展開」を解除するやり方
1.3 「Ctrl」+「Shift」+「U」キーを押す
・・・(以下、略)・・・

●Excel でセル内の文字列を折り返し、または改行してセル内に収めるには?
       Microsoft
適用対象: Excel 2013Excel 2010Microsoft Office Excel 2007 詳細
Excel (エクセル) に入力した文字列がセル幅より長く、セル内に収まらないときに文章を折り返し、または改行してセル内に収める方法を、画面写真と会話でご紹介します。
・・・(略)・・・
次に改行が必要な場所をクリックし、Alt キーを押しながら Enter キーを押せば OK よ。
・・・(略)・・・

●数式ではなく値を貼り付ける
        Microsoft
適用対象: Excel for Office 365 Excel 2016 Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007

セルの内容をコピーする場合は、値だけをペーストする必要があります: 基になる数式ではなく数式バーで表示できます。

たとえば、別のワークシートのセルに数式の結果の値のみをコピーする必要があります。数式で使用した値を削除する、または、-、ワークシート上の別のセルに数式の結果の値をコピーします。単純なコピーを実行する場合は、このような操作が原因での数式で使用した値を含むセルを参照される不要になったので、コピー先のセルに表示する無効なセル参照エラー (#ref!)。

コピー先のセルに数式の結果の値のみを貼り付けるでは、次のエラーを回避できます。

手順
1.ワークシートで、コピーする数式の結果の値を含むセルを選択します。

2.[ホーム] タブの [クリップボード] グループで、コピー ボタン イメージ をクリックするか、ctrl キーを押しながら C キーを押します。
・・・(以下、略)・・・

●行方向の並べ替え
      よねさんのWordとExcelの小部屋 
行方向のデータを並べ替える例です。
【操作手順】データ表内のセルを選択してアクティブにします。

行方向のデータを選択
[データ]→[並べ替え]を選択します。
並べ替えのダイアログで[オプション]ボタンをクリックします。

並べ替えダイアログ
方向で[列単位]にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。

列単位を選択
最優先されるキーで「行2」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
・・・(以下、略)・・・


●エクセル2010の数式バーのサイズを変更するにはどうすればいいですか?
      ヤフー 知恵袋 2011/7/710:26:02
エクセル2010の数式バーのサイズを変更するにはどうすればいいですか?

数式バーのフォントサイズは小さいのに画面には拡大されて表示されてしまいます。新規でエクセルを開いても拡大された状態で開いてしまいます。数式バーだけがフォントサイズ70以上で画面に表示され、セルには11の設

「ツール」→「オプション」の「全般」タグにある、「標準フォント」のサイズはいくつになっているでしょうか?
何かのタイミングでそこが変更されたのだと思います。
(標準だと11かな?)

既存のファイルを開くと、セル単位の書式はそのまま表示されますので、数式バーだけが大きく表示されます。
新規bookを開くと全体的に大きくなります。

エクセル自体の再起動が必要になりますので、一度保存してから設定変更することをお薦めします。
・・・(以下、略)・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ブログを始めたのが「2005年2月20日」。指を折って数えてみたら、「14年目」に入っている。
 ブログを作ることが頭の体操になっているのは間違いない。

 ともかく、このブログは「gooブログ」を使っていて、昨日通知されてきた「2月26日のアクセス数、閲覧数3,831、訪問者数1,136。ブログの開設から4,755日」だった。 なお「人気ブログランキング」の 国内ニュース のカテゴリーでは1位。

 ともかく節目として、日本のブログの歴史を確認して振り返ってみた。
 それと、ブログとfacebookやtwitteとの使い分けは重要なので、その関係の分かりやすいネット記事を見てみた。
 以下、要点を抜粋。詳しくは参考のために、後半に記録しておく。

★ブログ (ウィキペディア)/ 2002年(平成14年)頃から急速に普及し、2006年3月末の時点においては日本国内での利用者数が2,539万人。2006年(平成18年)の第4四半期には全世界のブログ投稿の約37%を日本語によるもの。

●ブログ、facebook、twitter の違いと使い分けポイント ~その1~/ビーチュー : Webサイト制作・Web&ITコンサルティング/
 ・・・(略)・・・以上のような理由から、一番やってはいけないのは、Facebook を始めるからこれまで続けてきたブログをやめるということ。その性格が異なる。どっちが良い、という判断ではなくネット活用に本質を見誤る。
 
 ★ブログ/記事を書けば書くほど、情報は蓄積されていく。/検索サイトに登録されやすい。/その分野に興味関心がある人を引っ張って来てくれる。/「興味関心」が切り口のメディア
 ★Facebook/投稿は、蓄積されるというよりも流れて消えていく。/検索サイトに登録されない。(Facebookページは登録されるがブログほど強くない)/友人やつながりのある人からの情報を引っ張って来てくれる。/「つながり」が切り口のメディア
 ★Twitter/投稿はその瞬間で消えていく。/検索サイトに登録はされるが、ほとんど検索されない。/友人やつながりのある人からの情報を引っ張って来てくれる。/「つながり」が切り口のメディア
 
 簡単に言うと、★ブログは興味関心が切り口のメディア ★Facebook twitterは・・つながりのメディア(=ソーシャルメディア)
 その性格が全然違う。どの窓口(メディア)にどんな情報を出すのかという使い分け。ここが多くの人が勘違いしている点。

●フェイスブックとブログの大きな違い!/コーチング,コンサル起業×ブログ集客ラボ< 2013年9月13日/
 ブログ=専門家ブランディングが可能。 フェイスブック=パーソナルブランティングが可能。
 ★ブログの場合★ ブログでノウハウを見る →専門性を感じる → 繰り返しリピートする →専門家としての認知される
 ★フェイスブックの場合★ 投稿する → 人間性に魅力を感じる → 友達になりたいと思われる →セミナーなどで会いたいと思われる。この順序を知らずに、場違いな事をすると・・・(略)・・・

●“SNS”をやめてよかったこと/NAVER まとめ ad_books_boy /ソーシャル・ネットワーキング・サービス【SNS】を利用する人が増えている現代。常に誰かとつながれる安心感がSNSにはあります。一方で、“SNS疲れ”を起こす人々も増えているようです。思い切って“脱SNS”をした人々の“SNSをやめてよかったこと”について、情報をまとめました。 更新日: 2017年08月28日

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

★ブログ  (ウィキペディア)
 ブログ (blog) は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えて記録(ログ)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でウェブログ (weblog) と名付けられ、それが略されてブログ(Blog)と呼ばれるようになった[1]。その執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。
・・・(略)・・・

日本における普及
日本ではブログよりも先に、「2ちゃんねる」や、「スラッシュドット日本語版」などといったウェブサイトがコミュニケーションの目的で浸透していたほか、Web日記、個人ニュースサイトといったウェブサイト、さらにそれらに付随するコミュニティも存在したことから、当初は日本での普及には懐疑的な見方もあった。

しかしながら、実際にはサービスツールの日本語化などによって2002年(平成14年)頃から急速に普及し、2006年(平成18年)3月末の時点においては日本国内での利用者数が2,539万人に達していることが総務省から発表された。

 また、2005年(平成17年)から翌年にかけての利用者数の増加が特に顕著であり、この間に2倍以上に増加したことによって2,000万人を超えたという調査報道もなされた。

日本におけるブログは、各ブログの投稿数が多いことを特徴としており、その結果として、2006年(平成18年)の第4四半期には全世界のブログ投稿の約37%を日本語によるものが占め、英語や中国語を上回る第1位となっていた。また、日本独自のブログ形態として、携帯電話からの写真付投稿等に対応したブログがある。

日本で市民権を得たブログは、個人のほか、人気タレントや政治家、その他著名人などによっても作成されるようになり、角界においてもブログ開設が盛んである。・・・(略)・・・

●ブログ、facebook、twitter の違いと使い分けポイント ~その1~
      ビーチュー : Webサイト制作・Web&ITコンサルティング 雨宮伊織
・・・(略)・・・以上のような理由から、一番やってはいけないのは、Facebook を始めるからこれまで続けてきたブログをやめるということです。Facebook が話題になっているからブログよりも効果があるということではなく、ブログもFacebookもともにネットの活用としては重要で、その性格が異なるということです。どっちが良い、という判断ではありません。このことに振り回させてしますと、ネット活用に本質を見誤ってしまいます。

ブログ、Facebook、Twitter のそれぞれの性格を簡単にまとめてみましょう。

■ブログ
●記事を書けば書くほど、情報は蓄積されていく。
●検索サイトに登録されやすい。
●その分野に興味関心がある人を引っ張って来てくれる。
●「興味関心」が切り口のメディア

■Facebook
●投稿は、蓄積されるというよりも流れて消えていく。
●検索サイトに登録されない。(Facebookページは登録されますがブログほど強くない)
●友人やつながりのある人からの情報を引っ張って来てくれる。
●「つながり」が切り口のメディア

■Twitter
●投稿はその瞬間で消えていく。
●検索サイトに登録はされるが、ほとんど検索されない。
●友人やつながりのある人からの情報を引っ張って来てくれる。
●「つながり」が切り口のメディア

本当は、どうしてこうなのかを土台からちゃんと説明しないといけないのですが、今回はそこを飛ばしています。

簡単に言うと、
●ブログ ・・・・ 興味関心が切り口のメディア
●Facebook twitter ・・・ つながりのメディア(=ソーシャルメディア)

というわけで、同じネット上のメディアですがその性格が全然違うのです。ですから、どれがいいということではなく、どの窓口(メディア)にどんな情報を出すのかという使い分けの話でしかありません。

ここが多くの人が勘違いしている点です。

ではさらに詳しく掘り下げて、ネット上における「情報との接し方」という切り口で、ブログ、Facebook、twitter の違いを見てみることにしましょう。 (その2で紹介しています。)
→ ブログ、facebook、twitter の違いと使い分けポイント ~その2~

●フェイスブックとブログの大きな違い!
      コーチング,コンサル起業×ブログ集客ラボ< 2013年9月13日
~フェイスブックとブログの違いがイマイチわからない人へ~
・・・(略)・・・
大きな違いはブランディングに存在する!
さっそく、本質を説明していきます!

ブログ(ワードプレス、アメブロ)とフェイスブックの違いと
して、ブランディング方法に違いがあります!

僕が色々実験して見えてきたのですが

■ ブログ = 専門家ブランディング が可能
■ フェイスブック = パーソナルブランティングが可能

という違いが存在します。< 詳しく説明すると

★ブログの場合★
ブログでノウハウを見る
→専門性を感じる
→繰り返しリピートする
→専門家としての認知される

★フェイスブック(個人アカウント)の場合★
投稿する
→人間性に魅力を感じる
→友達になりたいと思われる
→セミナーなどで会いたいと思われる

最後は、商品を買ってもらったり、提携したりする
エリアに行きつくのですが、順序が大きく異なります。

この順序を知らずに、場違いな事をすると

例) フェイスブックの個人アカウントで
・アフィリエイト   ・セミナー情報  ・ビジネスノウハウ
を投稿して、いいねの数が減る

などの状況になってきます。(僕が実験済みです笑)

逆に アメブロで
・今日の日記   ・自分の趣味  ・おいしいゴハンの写真

などの記事を書くと、アクセスが下がる
という現象もおきます(ーー;)
・・・(略)・・・

●“SNS”をやめてよかったこと
      NAVER まとめ ad_books_boy
ソーシャル・ネットワーキング・サービス【SNS】を利用する人が増えている現代。常に誰かとつながれる安心感がSNSにはあります。一方で、“SNS疲れ”を起こす人々も増えているようです。思い切って“脱SNS”をした人々の“SNSをやめてよかったこと”について、情報をまとめました。 更新日: 2017年08月28日
 ・・・(略)・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 多くの人にとって「インターネット」が不可欠な時代。そこを狙うウィルスや悪意の仕組み。
 年末年始は、その狙われる確率の高いタイミング。
 例えばグリーティングカードと挨拶状などに紛れることが最近の一つの傾向らしい。
 ‥だから自衛も不可欠。
 
 今年「2017年1月4日」のNHKの指摘は「年末年始のあいさつ装うウイルスメールに注意を」。年が明けてからそんなこと言われてももう遅いよね、ということで、いまそれを振り返る。

 なお、12月になって送信されたメールから、ウイルスだろうと思うのは次


 ということで、今日は新しい警告などを留めておく。
●年末年始のあいさつ装うウイルスメールに注意を/NHK「かぶん」ブログ2017年01月04日

●年末年始休暇中の注意点 ネット詐欺 ウイルス フィッシング ヒント /ソースネクスト 2017/12/19
2017年はウイルス付きのメールが増加しました。休暇中や休暇明けにそういったメールを開かないよう注意してください。
手口/・「請求書」「発注書」「あなたのApple IDの~」などと思わず開いて しまいそうな件名でメールを送る
  ・そのメールにファイルが添付されており、受信者が開いてしまうと ウイルスに感染する
  ・感染したウイルスにより情報詐取や銀行口座からの 不正送金被害にあう
対策/・メールの添付ファイルは不用意に開かず、おかしいと思ったら安全な環境で開く
  ・パソコンのOSやソフトをアップデート(更新)する
  ・ウイルス対策ソフトを導入して最新にアップデート(更新)する

●年末年始の長期休暇に向けて行うべきセキュリティ対策/INTERNET Watch 2017年12月22日/情報窃取を目的とした不審なメールを用いた攻撃例/パスワードリスト型攻撃例

●ルータ製品の脆弱性を悪用して感染を広げる Mirai の亜種に関する活動/2017-12-19 サイバーセキュリティ研究所
●年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起/情報処理推進機構 2017年12月21日

●モバイルWi-Fiルーターがマルウェアの感染経路になっていた! 日本を狙った「XXMM」亜種の特徴的な感染経路 活動が続く「The Bald Knight Rises」の洗練された攻撃手法/インプレス 2017年12月27日
●年末年始のコンピュータセキュリティ対策重要ポイント| JPCERT/CC/ JPCERT/CC | トレンドマイクロ is702 2017/12/19

人気ブログランキング = 今、2位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●年末年始のあいさつ装うウイルスメールに注意を
         NHK「かぶん」ブログ2017年01月04日
年末年始のあいさつを装って、実在の企業や個人名でウイルス付きのメールを送りつけるケースがあるとして、情報セキュリティーの専門機関は、官公庁や多くの企業が仕事始めとなる4日、年末年始に送られたメールについては、特に慎重に確認するよう、呼び掛けています。

独立行政法人の情報処理推進機構などによりますと、企業や行政機関を狙ったサイバー攻撃が巧妙化する中、実在する企業や個人を装ってウイルスつきのメールを送りつけるケースが相次いでいます。

特に年末年始の時期は、暮れのお礼や、新年のあいさつを装って、メールに添付したファイルを開かせようとするケースなどがあり、ほかにも「請求書を確認してほしい」とか「宅配便の配達確認です」などというケースもあるということです。

こうしたメールでは、添付されたファイルを開くと、パソコンがウイルスに感染し、ファイルを読めなくされたうえ復元のための金を要求されたり、インターネットの銀行口座で勝手に送金が行われたりする深刻な被害が起きています。

情報処理推進機構は、官公庁や多くの企業で仕事始めとなる4日は、年末年始に送られたメールを特に慎重に確認するよう、呼び掛けています。
情報処理推進機構の野澤裕一研究員は「慌ててしまうこともあるかと思いますが、ふだんどおりに、不審なメールの添付ファイルは開けないことが重要です」と話しています。

●年末年始休暇中の注意点 ネット詐欺 ウイルス フィッシング ヒント
            ソースネクスト 2017/12/19
2017年はウイルス付きのメールが増加しました。休暇中や休暇明けにそういったメールを開かないよう注意してください。

手口
・「請求書」「発注書」「あなたのApple IDの~」などと思わず開いて
 しまいそうな件名でメールを送る
・そのメールにファイルが添付されており、受信者が開いてしまうと
 ウイルスに感染する
・感染したウイルスにより情報詐取や銀行口座からの
 不正送金被害にあう
対策
・メールの添付ファイルは不用意に開かず、おかしいと思ったら安全な環境で開く
・パソコンのOSやソフトをアップデート(更新)する
・ウイルス対策ソフトを導入して最新にアップデート(更新)する

参考情報
・流行しているウイルスメールの件名が「一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」の
webサイトで紹介されています。
 https://www.jc3.or.jp/topics/virusmail.html

・JPCERT/CCからも年末年始のセキュリティ対策情報が公開されています。
 http://www.jpcert.or.jp/pr/2017/pr170003.html

●年末年始の長期休暇に向けて行うべきセキュリティ対策
      INTERNET Watch 2017年12月22日 磯谷 智仁
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、ウイルス感染や情報漏えいの問題発生に気付きにくい年末年始の長期休暇におけるセキュリティ対策のまとめと注意喚起を行った。

 情報窃取を目的としたばらまき型メールの拡散が引き続き確認されている。実際の組織の業務メールや広告メールなどを装っており、メール本文中のURLをクリックすることで、2016年度より見られるマルウェア「URSNIF(別名GOZI)」や、2017年に入ってから確認されている「DreamBot」などに感染する。これらのマルウェアに感染することで、保存されているインターネットバンキングなどの認証情報が窃取され、不正送金などの被害を受ける可能性がある。

 マルウエアへの感染を防ぐため、休暇明けに業務PC宛のメールを開く際には、添付ファイルや本文の内容に気を付ける必要がある。また、個人のPCのメールアドレスでも同様のメールを受信することがあるため、休暇中もメールの添付ファイルや本文の内容に注意するよう促している。

情報窃取を目的とした不審なメールを用いた攻撃例
 2017年はウェブサービスのユーザーアカウントに対して行う、パスワードリスト型攻撃による不正アクセスも複数確認された。不正アクセスによって、ウェブサービスのポイントが不正に使用されたり、登録されている個人情報が窃取される事例がある。

パスワードリスト型攻撃例
 これらのような攻撃による被害を受けないように、システム管理者は休暇期間中に不測の事態が発生した場合に備えて、緊急連絡体制や関係者への連絡方法などを事前に整理する必要がある。また、ウェブサーバーで使用しているOSやソフトウェアの更新・修正プログラムのインストール、休暇中の業務に不要なサーバーが稼働していないかの確認を行うよう促している。休暇中に修正プログラムが公開されていた場合は、休暇明けに社員・職員に向けて情報を周知させ、組織内のネットワークに接続する前にウイルスチェックを行う必要がある。さらに、休暇期間中のサーバーへの不審なアクセスや挙動がないかを確認し、ウェブサーバーで公開しているコンテンツが改ざんされていないか確認することを推奨している。

 社員・職員向けには、業務で使用するPCや、スマートフォンのOS、Adobe Acrobat/Reader、Adobe Flash Player、Microsoft Office、Microsoft Windows、Oracle Javaなどのソフトウェアに、最新の修正プログラムを適用するよう促している。

 休暇明けには、出社直後にウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に更新し、休暇中に持ち出したPCやUSBメモリのウイルスチェックを行う必要がある。また、休暇中に修正プログラムが公開されていた場合は、システム管理者の指示に従い、修正プログラムを適用することを推奨している。

●ルータ製品の脆弱性を悪用して感染を広げる Mirai の亜種に関する活動
        国立研究開発法人 情報通信研究機構 2017-12-19 サイバーセキュリティ研究所
1. 概要
NICTER では2017年10月31日頃から,23/TCP に対して Mirai の特徴をもつパケットを送信するホ
スト数の増加を確認しています(図1).パケットの送信元が日本国内のIPアドレスであったこと
から,ICT-ISAC や JPCERT/CC など関連組織と NICTER 観測データを共有し,事象の把握に努
めてきました.

関連組織における調査の結果,送信元ホストの多くでロジテック製のブロードバンドルータが動
作していることが判明しました.この情報を元に NICTER でさらに調査を行ったところ,次の状
況であることが判明しました.

● 一部機器の UPnP 用インターフェイス(52869/TCP) がインターネット側からアクセス可
能である
● 国内外の NICTER 観測網において,52869/TCP に対するスキャンが増加している
● 52869/TCPの通信において,Realtek SDK の Miniigd サービスにおけるコマンドインジェ
クションの脆弱性(CVE-2014-8361
1)を攻撃するペイロードがみられる
● コマンドに記述されていたURLから,Mirai亜種の実行ファイルがダウンロードされる
これらの状況から,当該脆弱性を抱える日本国内の機器がMirai亜種に感染し,日本国内からの
23/TCP へのスキャンが増加しているものと推測しています.
・・・(略)・・・

●年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起
      IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 2017年12月21日
多くの人が年末年始の長期休暇を迎えるにあたり、IPAが公開している長期休暇における情報セキュリティ対策をご案内します。
長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況になりやすく、ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。

また、ここ数ヶ月の間、実在の企業を騙った不審なメールに関する相談が多く寄せられています。長期休暇明けはメールが溜まっていることが想定されますので、誤って不審なメールの添付ファイルを開いたり、本文中のURLにアクセスしたりしないように注意してください。
これらのような事態とならないよう、「長期休暇における情報セキュリティ対策」に、(1)組織のシステム管理者、(2)組織の利用者、(3)家庭の利用者、のそれぞれの対象者に対して実施すべき対策をまとめています。また、長期休暇に限らず、日常的に実施すべき情報セキュリティ対策も「日常における情報セキュリティ対策」として公開しています。被害に遭わないためにもこれらの対策の実施をお願いします。
2017年に起きたサイバー攻撃の中から、標的型サイバー攻撃に関わる活動の概要とそのトピックを下記にご紹介します。

今年のセキュリティトピック
今年のはじめは、2月にWordPressの脆弱性を突いた非常に多数のサイトのWeb改ざんが、3月にApache Struts2の脆弱性をついた情報漏洩が発生し、脆弱性の公開から時間をおかず大規模な攻撃が行われ、脆弱性対応の重要性と緊急性が再認識させられたスタートとなりました。また、ワーム(自己増殖)の機能を持つランサムウェアが世界で猛威を振るい、5月のWannaCry、6月のPetya亜種等が国内でも大きく取り上げられましたが、幸いなことに、国内での被害は限定的なものに止まりました。これらに対して、IPAでは随時、注意喚起を発信し、被害の回避や低減に努めてきています。

以下では、組織にとって、この数年変わらぬ最大の脅威に挙げられている標的型サイバー攻撃に対して、IPAで実施している活動から、その状況と動向を報告します。

2012年に開始したサイバー情報共有イニシアティブJ-CSIP ※1は、2017年末には、11の業界団体による190の参加組織からなる情報共有体制に拡大しました。12月15日時点で、3,155件の情報提供を受け、156件の情報共有を実施しています。非常に巧妙な手口で企業から金銭をだまし取る「ビジネスメール詐欺(BEC)」が継続的に発生していることをうけ、J-CSIPで共有された実事例と攻撃手口の情報をもとに、4月、注意喚起のレポートを公開しました。ビジネスメール詐欺はその後も発生しており、各企業で手口と注意の徹底が必要です。また、Microsoft社のOffice365のアカウント情報を狙うフィッシング攻撃についても報告しました。

Office365等、法人で使用しているクラウドサービスのアカウント情報が詐取されると、組織内情報が盗まれたり、他組織への攻撃の踏み台とされたりと、被害が大きくなる可能性があり、改めて注意が必要な状況となっています。更に、日本語の「ばらまき型メール」による攻撃が個人・組織問わず繰り返し行われており、メールの文面等が一段と巧妙化を続けているだけでなく、ウイルスを感染させる手口も頻繁に変化しています。特に、11月15日に修正プログラムが公開された脆弱性(CVE-2017-11882)について、約1週間後には、その脆弱性を悪用するMicrosoft Word文書ファイルが添付された日本語のウイルスメールがばらまかれたことを確認しました。J-CSIPでは、これら注意すべき攻撃手口の情報の共有を進め、また、ウェブでの資料公開を行っています。

2011年に標的型サイバー攻撃特別相談窓口として発足し、2014年にサイバーレスキュー隊へ拡大したJ-CRAT ※2では、発生した事案や過去から潜伏している事案に対して、タイムリーな支援を実施してきました。12月15日時点で、338件の相談が寄せられ、99件のレスキュー活動を実施しています。今年も国際政治・経済・安全保障や先端技術に関わる組織に対する継続的な攻撃が生じ、多方面に影響を及ぼした事案や、長期間の感染の結果、大規模な情報窃取や攻撃の踏み台となった事案も起こりました。

数年前から侵入、潜伏されていた事案を分析し、その攻撃者の挙動やその検知方法を解説したレポートを1月に公開しました。直近の攻撃状況だけではなく、過去の攻撃に対して再度目をむけ、関連する攻撃情報を公開情報などからも再収集することで、複数組織への攻撃実態把握が行え、注意対象となる業界を再認識でき、より効果的なレスキュー活動が行えるといった、サイバー状況把握(Cyber Domain Awareness)の重要性も増しました。また、従来のマルウェアと異なった形態の攻撃として、ファイルレスや現地調達型といった攻撃の検知や痕跡の検査が困難な攻撃が仕掛けられた年でした。

(*1)
サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP(ジェイシップ))
https://www.ipa.go.jp/security/J-CSIP/index.html
(*2)
サイバーレスキュー隊(J-CRAT(ジェイ・クラート))
https://www.ipa.go.jp/security/J-CRAT/index.html

●モバイルWi-Fiルーターがマルウェアの感染経路になっていた! 日本を狙った「XXMM」亜種の特徴的な感染経路 活動が続く「The Bald Knight Rises」の洗練された攻撃手法、カスペルスキーが解説
     インプレス 2017年12月27日 17:35 永沢 茂
 サイバー攻撃グループ「The Bald Knight Rises」が日本の企業・組織などから情報を盗み取るために、モバイルWi-Fiルーターの意外な挙動や日本製ソフトの脆弱性を悪用してマルウェアを感染させていたという。侵入後は検出を回避するさまざまな手段を講じるなど、非常に巧妙な手口が用いられているThe Bald Knight Risesの脅威について、12月中旬に開催された株式会社カスペルスキーの報道関係者向けセミナーで同社グローバル調査チームセキュリティリサーチャーの石丸傑氏が解説した。
・・・(略)・・・

XXMMの通信先は、一見すると正規ウェブサイトのJPEG画像ファイル
 カスペルスキーの調査によれば、The Bald Knight Risesが標的としている地域は、日本と韓国。VirusTotalにアップロードされたXXMMの検体のアップロード元の国の内訳は、日本が75.0%を占めており、次いで韓国が13.2%となっている。

 攻撃の目的は企業・組織内の情報・データを盗み取ることで、行政機関のほか、エネルギー/ユーティリティ、重工業、貿易、情報通信サービス、製造業といった業種が狙われているという。

 XXMMの通信先となっているC&Cサーバー(指令サーバー)について、XXMMの300以上の検体から100以上の通信先を抽出して分類した結果でも、日本が52.9%と半分以上を占めている。日本国内の正規のウェブサイトを改ざんしてC&Cサーバーとして悪用しているのだという。

 しかもXXMMは、正規サイトを改ざんして置かれたJPEG画像ファイルだけと通信するようになっており、その画像ファイルに指令内容や次に通信する先などが暗号化されて記述されている。そのため、企業・組織内に侵入したXXMMからC&Cサーバーへの通信が発生したとしても、そのPCの挙動は、正規サイトの画像ファイルを閲覧しに行っているようにしか見えないという。

 さらには、標的となる企業・組織の業務時間も攻撃者は熟知しており、XXMMのスリープタイムを設定。業務時間外の夜中に通信を発生させて怪しまれないように、例えば日本時間の8時から19時までの間だけ2時間おきに通信するといったような設定を施すなど、徹底して通信先や自身の存在の隠蔽をするようになっていることも分かった。

・・・(略)・・・メールで送られてくる「平成20年度の防災」文書や「新年アニメーション.exe」での感染も
・・・(略)・・・

●年末年始のコンピュータセキュリティ対策重要ポイント| JPCERT/CC
        JPCERT/CC | トレンドマイクロ is702 2017/12/19
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月18日、「長期休暇に備えて 2017/12」と題する情報を公開し、冬の長期休暇期間におけるセキュリティについて、あらためて注意を呼びかけました。

長期休暇の時期には、スパムやサイバー攻撃が増加する傾向があります。一方で、ウイルス感染や情報漏えいが発生しても気づきにくく、対処が遅れがちです。個人の行動においても、SNSへの投稿やスマホの利用時間が増え、不用意なトラブルを招く可能性が高まります。休暇明けには、不審なアクセスや侵入の痕跡がないか、確認する必要もあります。

「長期休暇に備えて 2017/12」は、長期休暇期間におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防および緊急時の対応に関して、要点をまとめた内容です。以下の7項目ごとに、基本的な対策と情報へのリンクを紹介しています。

(1)情報窃取を目的とした不審なメールへの注意
(2)パスワードリスト型攻撃による不正アクセスへの注意
(3)休暇前の対応
(4)休暇後の対応
(5)JPCERT/CCからのお願い
(6)修正プログラム情報
(7)参考情報

とくに年末年始で重要なポイントとして、以下があげられるでしょう。

【基本的な対策】
・OSやアプリケーション等、最新アップデートを適用しておく
・ウイルス対策ソフト等、定義ファイルを更新しておく
・ハードディスクやUSBメモリ等、使用メディアのウイルスチェックをしておく

【緊急時に備える】
・データの持ち出し等が不用意に発生していないか、ポリシーをあらためて徹底する
・重要データのバックアップを行う
・緊急時の対応体制・連絡手順等を確認しておく

【1年の振り返りとして】
・使用しているサービスについて、把握整理を行い、棚卸しを行う
・システムで管理しているユーザアカウントについて、棚卸しを行う
・適切なログインIDとパスワードを使用しているか、あらためて確認する

【休み明けには】
・休暇期間中に更新プログラム等が公開されていないか、必要に応じて情報収集する
・休暇中に持ち出していたデータを社内に戻す際に、事前にウイルスチェックする
・休暇中のサーバやシステムに、不審なアクセス履歴がないか確認する
・休暇中のサーバやシステムに、改ざん等、変化がないか確認する
・休暇中のメールが溜まっていても、読み飛ばさず、リンク先URLや添付ファイルに注意する

年末年始のこの機会に、ぜひ利用環境の見直しを兼ねて、セキュリティ対策を実施してください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 先週、「マイクロソフトから妙なメールが来た」と相談があった。つれあいが使っているパソコン。私のパソコンには何も来ていなかった。
 「開かずに削除したら」、と話した。
 その翌日だったか、私のパソコンにもメールが来た。
 25日(土)の1時台の2通は、差出人が「日本マイクロソフトセキュリティチーム」、件名は「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」と表示されている。

 マイクロソフトからそんな"ノンビリ"したメールが来るわけはない。誘導する詐欺メールだろうと思った。
 一応、ネットに件名と同文をコピペして検索してみたら、「注意情報」があちこちに出されていて、納得。
 
 続いて、25日(土)の22時から23時ごろの2通は、差出人が「マイクロソフトセキュリティチーム」と「日本」が省かれていて、件名は「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」と表示されている。こちらは「不正コピー」「恐れ」と少し表現が修正されている。

 もう少し様子を見てみようと「開きも削除もせず」そのまま置いておく。
 27日(月)の2時台に後者と同様の表示で2通きた。
 ・・・ということで、もう少し詳しく見てみたので情報を整理。

 ウィルスを着ける、もしくはパスワードなどを盗む目的だろうから自分で「メールを開く」ことはしない。
 とはいえ、ネットは大したもので、注意情報を解説しているページがあちこちにあり、開くとこういうページが出てくる、とか、ここをクリックするとこうなる、とか、カード情報も盗られる、とか説明している。図入りで。

 下記リンク・抜粋の「INTERNET Watch」の解説は、「偽サイトへはアクセスせず、万が一アクセスしてしまった場合も、クレジットカード情報をはじめとした個人情報の入力は絶対に入力しない」と注意喚起している。
 「内容は1月12日・1月30日のフィッシングメール・偽サイトとほぼ同一」とある。

 その時期に今回のメールが来た自覚はないので、ランダムに発信されているのだろう。
 ‥ということは、それなりの日数の経過後に、4回目が発信される可能性が高く、自衛は必要なので、このブログでも警告を拡散させておく。

 下記リンク・抜粋の「Windowsパソコン初心者ナビ」は、一般的、基本的な確認手法などもまとめていたので分かりやすい。
 今日は以下を記録しておく。

★ 私に来たメールの記録
●Microsoft Officeをかたるフィッシングに注意、今年に入って3度目/news.nifty 2017年02月27日 15時41分 マイナビニュース
●「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」、マイクロソフトセキュリティチームをかたるメールが再び出回る/INTERNET Watch 2017年2月27日 12:16
●日本マイクロソフトをかたる詐欺メールに注意!内容文章はコレ/Windowsパソコン初心者ナビ

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

★ 私に来たメールの記録


差出人 件名 受信日時 サイズ 分類項目
日本マイクロソフトセキュリティチーム 警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。 02/25 (土) 10 KB

差出人 件名 受信日時 サイズ 分類項目
マイクロソフトセキュリティチーム 警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。 02/25 (土) 11 KB

●Microsoft Officeをかたるフィッシングに注意、今年に入って3度目
     news.nifty 2017年02月27日 15時41分 マイナビニュース
フィッシング対策協議会は2月27日、マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回っているとして、注意を喚起した。

同協議会は1月12日および1月31日にも、同様の発表を行っており、マイクロソフトをかたるフィッシングメールについて注意を呼びかけるのは今年に入って3回目となる。

2月27日13時00分時点で、フィッシングサイトの停止が確認されているが、同協議会は、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるので、引き続き注意を呼びかけている。

フィッシングメールの件名は「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」と「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」。

メールによりユーザーに対し、プロダクトキーが不正コピーされたものかどうかを検証する偽のサイトに誘導、検証作業をしない場合はプロダクトキーの授権状態を停止すると脅し、個人情報やクレジットカード情報を窃取しようとしている。

同協議会が確認している偽サイトのURLは以下の3種類。

・●●●●.com/
・●●●●.com/
・●●●●.com/

マイクロソフトからも1月31日に、マイクロソフトを装った不審メールの配信について情報を公開しており、該当するメールを受信した場合は開かずに削除するよう呼びかけている。


●「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」、マイクロソフトセキュリティチームをかたるメールが再び出回る
内容は1月12日・1月30日のフィッシングメール・偽サイトとほぼ同一

   INTERNET Watch 岩崎 宰守 2017年2月27日 12:16
 件名が「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」または「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」という、マイクロソフトセキュリティチームをかたるフィッシングメールが、2月24日夜から27日早朝にかけて出回っている模様。

 これまで、1月12日と1月30日にも、「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」との件名でMicrosoftをかたるフィッシングメールが出回っていたが、件名と送信先メールアドレスこそ一部異なるものの、今回のフィッシングメールの本文も、以前のものとほぼ同一となっている。

 フィッシングメールの送信元が「マイクロソフトセキュリティチーム」となっているのが特徴。メール自体は、国内企業のドメインや、「.ru」ドメインなど、複数の送信先から送信されているが、送信先メールアドレスは詐称されているものと思われる。

 メール本文から誘導されるURLは、2月27日12時10分時点でまだ稼働中のものもあることを編集部で確認している。偽サイトへはアクセスせず、万が一アクセスしてしまった場合も、クレジットカード情報をはじめとした個人情報の入力は絶対に入力しないよう注意してほしい。


 誘導先の偽サイトの内容は、前々回、前回とほぼ同一。24時間後にプロダクトキーを無効化するとして、Microsoftアカウントとパスワードの入力を促す。「今すぐ認証」をクリックすると、Microsoftアカウントのサインイン画面が表示される。Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードを入力すると表示される「詳しいお客様情報の追加」の画面は、氏名、住所、電話番号、クレジットカード情報の入力を促すものとなっている。

 マイクロソフトをかたるフィッシングメールについては、フィッシング対策協議会でも27日に改めて注意を喚起している。

【追記 13:55】
 フィッシング対策協議会による注意喚起の内容を追記しました。


●日本マイクロソフトをかたる詐欺メールに注意!内容文章はコレ
      Windowsパソコン初心者ナビ
・・・(略)・・・
メール内容が怪しいときリンク先URLを確認する方法
リンク先が怪しいときは、青文字で下線が付いている文字はリンクが貼ってある文字です。それをクリックしたり、押したりするとサイトが表示されます。怪しいと思ったときは押す前に矢印のカーソルを青文字に合わせるとリンク先のURLが表示されます。表示されたリンクのアドレスが関係性のないものであれば押さないようにしましょう。

編集後記
届いたメールがフィッシング詐欺メールなのかどうか分からないときは、リンク先を押す前にホームページを開いて、件名やメール本文の気になる文字で検索します。そうすると、同じような内容のメールが送られてきている人がいるときには注意するようなサイトが出てくると思います。危険なメールであれば絶対に押さないで事前に調べるようにします。

それでも本物ではないかと思うときには電話で連絡してみましょう。詐欺メールの場合、大抵はメールに連絡先が書かれていませんので、公式サイトから問い合わせやサポートセンターに連絡して確認します。例え、メールに電話番号が書かれていても、そこに連絡してはいけません。公式サイトに書かれている電話番号に連絡して確認するようにしましょう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 一昨日2017年2月20日は、2005年2月20日にブログを始めてから丸12年が過ぎ、13年目の初日だった。

 その日の管理者(gooブログ)からの通知は「2月20日のアクセス数2969 訪問者数829」「ブログの開始から4384日」。

 基本的に毎日更新。長期出張や旅行などの時に、一部を先に作って準備しておくとか、今は(何年か前からの新しい機能として)「予約投稿」をしておくことがあるけれど、基本は、その日にブログをアップする、という毎日。
 
 毎日やるからには、簡単かつ効果的にする工夫も必要。
 私は、ブログと自分自身とを分離させることは、いろいろと不合理で、時間などもムダになると考えている。つまり、新聞を読むような感覚でネットのニュース等も見て、それを興味あることの勉強ということにして、結果として頭の体操・認知症予防ということに役立っていると思うことにもして、さらに「それらの中からブログを構成する」というスタイルをベースにすること。

 ともかく、1年ごとの区切りとして、「毎年の初日」のブログにリンクを付けて列記して整理しておく。

 なお、パートナーと一緒に始めた「朝のウォーキング」。今度の4月末で丸5年になる。
 今朝は気温マイナス3.3ど。今冬で一番寒い部類の記憶。それでも、天気はいいからノルディックウォークにでかけた。
 朝焼けの雲がとても綺麗だった。

 こちらも、出張・旅行・天候などの都合以外は、歩き続けている。
 ウォーキングも、ブログとともに、パートナーと同じペースでやっているから続くことだろう、とお互いに感謝の気持ちあり。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

★ ◆2005年2月20日に始めたブログ。毎日更新して丸11年が経ちました/gooブログも「12周年」とか
  ●2016年2月20日朝のブログ編集画面 ↓
 
 

★gooブログ12周年企画「gooブログ」ご利用者アンケート
      gooブログ12周年企画
平素より「gooブログ」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
今後のサービスの参考にさせていただきたく、アンケートを実施させていただきます。いただいた回答の一部は、gooブログ12周年企画のページに掲載させていただきます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 

★「2015年2月20日ブログ」⇒ ◆ブログを開始してから 「丸10年」 達成/ その毎年の振り返りのデータをまとめてブログに

 ブログを始めたのが「2005年2月20日」。だから、一昨日20日で「丸10年を達成し、11年目に入った」こととなる。
 義務的には思っていないけれど、「毎日更新」し続けている。パートナーとは、二人ともが、それぞれでブログをやっているからか、と話している。
 毎日の「早朝のウォーキング」も、間もなく「丸3年」。
 これも、一人だったら、「今日は、ま、いいや。やめとこ」になるのは間違いない。

 ともかく、20日は午前中は議会の会議、午後は、市内全戸配布の「新しい風ニュース」の原稿の仕上げと印刷・・・だったので、「丸10年を達成」のブログを作っている余裕はなかった。昨日は、来客と、1才・3才の孫の子守りの約束だったのでバタバタして、ブログを出したのが昼12時過ぎ。

 今日はできると、「丸10年を達成」をまとめることにした。

 このブログはNTT系の「gooブログ」で、アクセス数や閲覧データは、「前日分」を翌朝に通知してくれる。
 それとは別に、ブログ開始後1年あたりで、いろいろな無料カウンターを探しながら、左サイドバーに「カウンター」を設置。
 「カウンター 設置 2006.1.26」  06.02.09 設定変更 
 2013年6月ごろから計数不調 で、gooブログ通知数と比べて少なく表示されるようになった。
 だから、それ以来「閲覧数・合計」の伸びがぐっと落ちた。

 そのカウンターの2015年2月21日午後の表示は  閲覧数・合計「596万0972」。
 
 
 いずれにしても、このブログは、土日や休日は少しアクセスが減るものの、通常は千数百件のアクセス、閲覧は4000~5000件ある。ちなみに「2月20日」のgooブログからの通知は、「閲覧数4468 PV」「訪問者は1164 IP」

 ・・・ブログのまとめをしようと過去の「2月20日」を振り返った。そしたら、最近5年間は、「○年になりました」という投稿はしていなかった。でも、前の5年間は、1年の「2月20日」ごとにまとめをしていた。
 
 まず、第一日目。
 ●2005年2月20日ブログ ⇒ ブログ、はじめます。
 私が暮らしの中で感じたこと、市民運動、議会活動、行政訴訟などの情報を発信します。乞う、ご期待を!私が管理している「寺町ともまさのwebページ」です。



 2年目から5年目までは、5年目の2009年2月20日のブログで、ピックアップしていたが、それ以上は整理していないので、6年から9年目は「2月20日」のエントリーにリンクだけしておくことにした。

 ・・ともかく(2日遅れで)「丸11年目の初日」のブログは、過去の振り返りのデータです。
・・次に向かって・・・
 

最近5年間の記録
 ★ 2014年2月20日 ◆若年層フリーターの割合最高6.8%に 2013年平均182万人/総務省の統計データ

 ★ 2013年2月20日 ◆東京ドーム / 観てきた「世界らん展日本大賞2013」 / テーマは 「都会の真中の楽園」

 ★ 2012年2月20日 ◆原発訴訟/電力会社側が「絶対的な安全性はない」と認めた

 ★ 2011年2月20日 ◆【地域のかたちを問う】議会「数の論理」超えよう 多様な当事者に発言の場を/無党派・市民派ネット

 ★ 2010年2月20日 ◆長崎知事選、町田市長選/民主候補に大逆風/鳩山・小沢のスキャンダル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その前の最初の5年間の記録
 ★ 2009年2月20日 ◆ブログ5年目・今日から / 奇しくも 昨日はパソコンのシステムのトラブル 

 まず、インターネットとの付き合いの最初。

● 初めて自分で作ったWebページ。↓
くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク
2000年5月29日スタート

 くらし・しぜん・いのち 岐阜県民ネットワーク


● 2番目に作ったWebページ
 無料のサイトに作ったけど、その後、自分でもアクセスできなくなったので、放置↓
無党派市民派・自治体議員と市民のネットワーク
2002年4月15日UP  

(検索すれば出てくるけど・・リンクせず)


● 今では、ブログが主体なので、上記「県民ネット」も 
  下記のWebページ↓も「データ倉庫」としての使い方に近い。
  4番目に作ったWebページ↓
寺町ともまさのネットワーク 2004年1月8日スタート 
 寺町ともまさのネットワーク



●これが、ブログの第一日目   2005年2月20日
 ブログ、はじめます。
 私が暮らしの中で感じたこと、市民運動、議会活動、行政訴訟などの情報を発信します。
 乞う、ご期待を! 


●ブログの2年目の第一日目    2006年2月20日
 ブログを始めて2年目の最初の日。過去1年間を振り返る。
 ブログの基本的な特徴であり、WebページいわゆるHPと比べたメリットは、簡単に投稿できること、コメントが容易なので双方向であること、トラックバックによる広がり、などとされています。
 最初の頃は、コメントもトラックバックも心臓がドキドキするほど緊張したものでした。慣れたら、気楽。
 1年に当たって、振り返りのために、コメントの多いものから拾い出して、月日の近い方から並べて総集編としてみました。


●3年目の第一日目    2007年2月20日
◆耐寒性マラコイデス
先日の雨上がりの朝の花。 耐寒性マラコイデス。
 サクラソウ科 プリムラ属 和名:ケショウザクラ、オトメザクラ 。
 ずっと咲き続けていますが、写真を撮るのは初めて。


●ブログの4年目の第一日目    2008年2月20日
◆政治倫理条例の直接請求の詳細。署名集めは終了



●5年の第一日は、このブログとして進行形

●今日2009年2月20日の朝のこの「gooブログ」からの通知の画面
【先週1週間のアクセス・データ】
  2009.02.08 ~ 2009.02.14 26357PV 7448IP 225位/1183545ブログ

【昨日2009年2月19日のアクセス・データ】
     2009.02.19(木)  3100PV  1007IP  245位/1186363ブログ



今朝20日のアップ直後の画面は・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 先日からうちのパソコンのネットワークが不調。
 思い出してみると、一週間ほど前だったか、常用のパソコンの電源を入れたけど、ちっとも立ち上がりきらない。
 注意してみると「Windows」の自動更新が続いているようだ。何度も再起動し、「更新中 電源を切らないで 更新〇〇%」の旨が表示される。
 ・・・2時間以上かかってやっと終了した。
 今年、新規に入れたパソコン2台は、もしもの時のサポートが充実した「法人向き」「法人契約」にした。その2台のパソコンは、数日たちあげていないと更新に長時間かかる、ということを認識している。ともかく、セキュリティが高いのはいいことだけど。

 だから、個人用でも、時には「更新に長時間」もあっても仕方ないかと思って待っていた。
 運転再開後、常用のパソコンのネットワークシステムに変更が生じていることがすぐに分かった。
 パートナーのパソコンは「お気に入り」の順番が変わってしまっている、と嘆いていた。

 3日ほど前から「光テレビ」にも幾分不調がある。
 こういう時、以前は、「システムの復元」というやり方で、「更新以前の状態」に戻すことが簡単にできた。
 昨日、やってみようとした、表示がヘン。「以前のドライバなどか壊れる可能性がある」旨の記載。
 今朝、ネットでいろいろと調べたら、居間、まずいことが起きているらしい。
 それで、マイクロソフトが何とかするだろうと、しばらく、様子を見ることにした。

 警告をいくつか記録しておく。
 「自作PCの道楽新館」★≪【重要】システムの復元は使い物にならない?かも【回復・保全】
 この記事は現在作成中なのですが、具体的手法はご存知という方も多いと考え、明日(9/20 02:00)の第二定例日前に警告を発する目的で公開しました)
副題:2016/10月の定例WinUP以降にシステムの復元を頼りにするのは非常に危険/2016/10/16 突然のBSoDを防止する Win10において不適合ドライバによる障害や起動不能例が発生しています。≫
 
 「ぼくんちのTV 別館」★≪主な原因 ドライバが古い、Windows10 RS1に未対応。
 多くのケースで、周辺機器のドライバが古いために問題が発生しているようです。
特に、以下のドライバが古い場合、かなり深刻な症状がでる恐れがあります。
問題発生しやすいドライバ
無線LAN (Wi-Fi) アダプター、Bluetoothデバイス、無線キーボード・マウス、NAS 、マザーのチップセットドライバまたはUSBコントローラ
 以下、対処方法の紹介です。≫

 もっと、詳しく知りたいわけで、ブログにはリンクや要点部分を記録しておく。
 なお、今朝は、19.6度の気温。半袖でノルディックウォークしてきた。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●technet.microsoft.com  マイクロソフト セキュリティ情報
マイクロソフト セキュリティ情報のまとめ
マイクロソフト セキュリティ情報は、毎月第 2 火曜日 (日本ではその翌日) に公開しています。
Microsoft Update で更新プログラムを入手する

ご自宅のコンピューターのセキュリティを保護するには、「 セーフティとセキュリティ センター」をご覧になるか、 Microsoft Update で更新プログラムをダウンロードしてください。
詳細なセキュリティ情報一覧のダウンロード
・・・

●JPCERT/CCからのお知らせ
       2016年 10月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急 5件含) に関する注意喚起
各位 JPCERT-AT-2016-0039 JPCERT/CC 2016-10-12(新規) 2016-10-13(更新)
<<< JPCERT/CC Alert 2016-10-12 >>>
I. 概要
マイクロソフト社から 2016年10月のセキュリティ情報が公開されました。
本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが 5件含まれて
います。脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコード
が実行される恐れがあります。

** 更新: 2016年10月13日追記 ******************************************
2016年10月13日、マイクロソフト社は、2016年10月のセキュリティ情報を更新
しました。本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが
1件追加され、合計 6件含まれています。
**********************************************************************
脆弱性の詳細は、以下の URL を参照してください。
2016 年 10 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-Oct
[緊急のセキュリティ更新プログラム]

●自作PCの道楽新館
          2016/9/21 システムの保護/復元に関する注意喚起
特に緊急・重要な情報など
先月分
【警告・重要・重大】
今回(2016/9/21)の第二定例で私の手元環境では「Win7では復元ポイントが消失、Win8.1では今回の復元ポイントが生成されないという事象」が発生しました。

(【重要】システムの復元は使い物にならない?かも【回復・保全】で予測した通りです)

この問題は、過去のWeb上の事例などからも、私一人に発生するものではないと考えられます。

特に現状で
・Win10のシステムの保護がWinUp時に無効化される
・ファイルの以前のVer.がファイル履歴と置き換えられようとしている
・システムの回復の方式がUSB回復ドライブという外部ストレージに変更され、Win8.1と異なりOSインストール後の変更も一部反映される仕様になった
などの例を見ても、MSとしてはシステムの保護と復元をなくする方向性ではないかと考えられます。

今後、Win7/8.1も定例日のKBがロールアップ提供されることになり、システムの復元では下手をするとシステムの復元に失敗するのならまだましで、「OSがクラッシュする」可能性も高いために変更してなるべくシステムの復元を利用させたくないのではないでしょうか?

当月分
2016/10/14 再起動ループや起動不能の取り扱いについて

2016/10/16 突然のBSoDを防止する
Win10において不適合ドライバによる障害や起動不能例が発生しています。
Windows 10 レスキューキットFree版(無料配布版)で、すべての不適合ドライバというわけではありませんが大部分をチェックできます。

今まで大丈夫であったものが、WinUp後に顕在化し「突然起動不能に陥る」という場合があるため一度自分の環境を確認しましょう。
・・・

★自作PCの道楽新館
        【重要】システムの復元は使い物にならない?かも【回復・保全】
この記事を読むのに必要な時間は約 10 分6秒です。

・この記事は現在作成中なのですが、具体的手法はご存知という方も多いと考え、明日(9/20 02:00)の第二定例日前に警告を発する目的で公開しました)
副題:2016/10月の定例WinUP以降にシステムの復元を頼りにするのは非常に危険

★自作PCの道楽新館
        【Windows Update】2016年10月の不具合情報など【定例+臨時】
お知らせ
2016年10月の定例更新予定は、日本時間2016/10/12 02:00前後 (米国日付2016/10/11)です。また、最近の例では第二水曜日は重要、第三水曜日オプションということが多いようです。

・2016年10月より定例日の配信の大部分がロールアップパッケージでの配信となる予定です。このため不具合発生時の対処が非常に困難です。特に業務用のPCでは、様子見が必須です。

今までの例ですと「古めで署名の怪しいドライバの周辺機器やソフト、CAD・会計ソフトなどで特殊なフォントが入っているもの、暗号化ドライブやPTM、指紋認証デバイス」などが起動しないなどの重大トラブルの原因になっていますので留意してください。

定例の注意事項…【Win UP@2015/7~個別】一般的注意事項と復元ポイント自動生成の不都合など

・更新前の注意事項は【注意点】Windows Update前の設定など【2015年6月版】で確認してください。また、その中でWindows8/8.1起動時にセーフモードが起動オプションとして必ず表示されるようにする方法を紹介しています。Windows8/8.1を高速スタートアップ有効のままで使用したい方や、ASUSのM/Bを使用しているなどF8キーに起動時の機能が割り当てられている方は参考にしてみてくださいね。

Windows Update情報の検索について:
【Win UP@2015/7~個別】Microsoft Update カタログ ページ【2015/8/21追加】

Windows10レスキューキットの最新Ver.情報
Win10特有の10秒ルールやドライバ不適合によるBSoD、内臓HDDデマでファイルが消えてしまう問題の解決のほか、最新の機能としてWinUp後の勝手な再起動を防止して自分の指定して時間に再起動させる機能などが追加されています。

【Win10レスキューキット】最新バージョン情報【随時更新】

本文
最近Win8.1とWin10で(以前から指摘していたように)WinUp後に各種のドライバが不正になってしまう事例が発生するケースが散見されます。チップセットドライバなどに不都合が発生するとファイル消失やHDD丸ごとのぶっ飛び(OSが起動しなくなることも…)が発生しますので厳重注意です。

参考記事
【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】

★自作PCの道楽新館
       【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】
この記事を読むのに必要な時間は約 10 分11秒です。
当初仮記事(2016/6/20)に続いて正式版の記事を掲載しています。
【当初仮記事】
◎ 最終更新日 2016/8/30
Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう現象に関して解決策として確認できたものがあり、取り急ぎお知らせします。(すべて解決する手段ではありません)

★自作PCの道楽新館
           【回復方法】Windows7以前のOSとWin8.1/10で共用しているHDDのファイルやデータが消えた???
この記事を読むのに必要な時間は約 3 分27秒です。
キーワード:高速スタートアップ、NTFS Ver.、ファイル、フォルダ、消失、フォーマット、回復方法、LFS(NTFSボリュームのログファイルシステム)
更新
◎最終更新日 2016/4/24
更新履歴
結論要約
Windows10無償アップグレードに伴い、高速スタートアップ・NTFS Ver.(LFS)の関連でファイルやフォルダの消失、HDD/SSD丸ごとのデータ消失が増えてきているようです。この問題は、当ブログでお勧めしているWindows 10 レスキューキットを使用することでワンタッチで総合的に解決ができます。また、総合的にという形にはなりませんが高速スタートアップを無効にすることで一定程度の解決が図れます。
解決方法は…。

注意:なお、高速スタートアップを無効にした場合でも「USBの省電力対応の関係でシャットダウン時にLFSのダウンバージョンが実行できない場合」は発生する恐れがありますので操作・設定が必要です。
(サスペンドからの復帰に失敗する場合は当然シャットダウン時のVer.ダウンが正常に行われません)

●ぼくんちのTV 別館 
       Windows10の更新プログラムが遅い・失敗する問題2016年10月版
2016.10.13: 全面的にページ修正
2016.10.06: 初稿
2016年9月30日から、一部の Windows10 マシンで更新プログラムのダウンロードが遅い、更新プログラムの適用に失敗する問題が発生しています。
このページでは、これらの問題を解決するための情報を取り扱っています。
※2016.10.13: 全面改訂
初稿時に大きく取り扱っていた「スクリプトで解決する問題」よりも、ドライバが古いことで発生する問題の方が深刻で、かつ発症数が多いようです。解決手順をまとめる事が出来たので、全面的に改訂しました。
(過去に「Insider Programに参加したことがある」というPCの場合はこちら)

このページの対象OS
Windows10 バージョン1607 (RS1 / anniversary update )

対象の更新プログラム
2016年9月30日配信: KB3194496 (10月6日以降は落ちて来ない)
2016年10月6日配信: KB3197356

主な症状
更新プログラムのインストールに失敗する
インストールに失敗し、更新が繰り返される
インストール失敗した後、Windowsが起動しなくなる
上記の問題が発生した場合、ユーザー自身で対策をとるか、もしくは更新プログラムの適用を延期する必要があります。

主な原因
ドライバが古い、Windows10 RS1に未対応。

多くのケースで、周辺機器のドライバが古いために問題が発生しているようです。
特に、以下のドライバが古い場合、かなり深刻な症状がでる恐れがあります。
問題発生しやすいドライバ
無線LAN (Wi-Fi) アダプター、Bluetoothデバイス、無線キーボード・マウス、NAS 、マザーのチップセットドライバまたはUSBコントローラ
 
以下、対処方法の紹介です。
ダウンロードが遅い場合
今回の場合、ひたすら待つしかない、という状況のようです。

KB3197356 のダウンロードにはとても時間がかかります。
※ PC内のデバイスやドライバをスキャンしているものと思われます。

インストールに失敗し、更新が繰り返される場合
全てのドライバが最新の状態になっているか、確認してから更新する必要がありそうです。

一旦 wushowhide.diagcabで更新プログラムを非表示にして、自動的にインストールされないようにします。
ドライバが自動的に更新されないように設定している場合は、それをキャンセルしておきます
サイト内参考
Windows10でドライバが勝手にインストールされないようにする方法
このページの逆の手順を行います。
自分で更新できるドライバは、できるだけ自力で更新します。
自分で更新できないドライバがある場合は、できるだけ長い時間 「ネット接続したまま」PCを放置します。
1日4~5時間PCを利用している場合、通常で2~3日ほどで新しいドライバが (Windows Update)経由で自動インストールされます。
定期的に再起動してみたり、手動でWindows Updateしてみるのも有効です。
ドライバがインストールされたかどうかの確認方法
信頼性モニタで確認
▲クリックで拡大
「信頼性モニタ」を使うのが便利です。このように、自動的にドライバがインストールされた情報を確認できます。
「信頼性モニタ」を開く方法
「コントロールパネル」>「セキュリティとメンテナンス」>「メンテナンス」>「信頼性履歴の表示」
チェックする項目
画面下段の「情報イベント」の項目
問題を引き起こしやすいドライバ
無線LANアダプター、Bluetoothデバイス、NAS 、マザーのチップセットドライバまたはUSBコントローラ
解決しない場合・ドライバ入手できない場合
システムの復元などを利用し、Windows Update前の状態に戻す。
KB3197356をインストールしないよう、「非表示」設定にする
非表示設定にはwushowhide.diagcab を使う。
当面の間KB3197356 を非表示にしておき、ドライバが更新されるのを待つほかに方法がなさそうです。
KB3194496 / KB3197356 にはセキュリティ関連のアップデートは含まれていないので、暫くの間は様子見しても特に問題は出ないと思われます。
Windowsが起動しなくなる場合
Windows10 が起動しなくなった場合、対処方法はかなり複雑になります。
別ページを用意しました。

手順紹介ページ
アップデートしたWindows10が起動しない、再起動を繰り返す、「KERNEL AUTO BOOST LOCK ACQUISITION WITH RAISED IRQL」が表示される
こちらも基本的にドライバの更新で対処できるはずです。
(一度セーフモードで起動して、デバイスマネージャーで問題のデバイスを[無効]にする必要があります)

おもな対処方法の紹介はここまで。
以下、その他の情報と例外的な対処方法の紹介です。

その他1: 何か問題が発生しているが、我慢できるレベルの場合
KB3194496/KB3197356 がインストールされた後でも、暫くすると最新ドライバがWindows Update経由で自動的に、かつ気が付かないうちに適用されるようになっています。

KB3197356インストールされた後で 最新ドライバが 自動的にインストールされるケースもあります。
手元のPCの場合、KB3197356適用後3日たってようやくドライバ更新される場合もありました。
KB3197356をインストールした後、何度かPCを再起動しなければドライバが更新できないケースもあるようです。
 
その他2: スリープ復帰に失敗するようになった場合
別ページで解決方法(というか手元の発症例)を書きました。

(解決済み)Windows10でKB3197356の適用後、スリープ復帰失敗が解消しない
スリープ復帰に失敗する場合も、ドライバの更新で解決できそうです
更新したドライバ
ビデオカードドライバ、マウスの無線デバイスドライバ
その他
XP~Vista時代のHTMLエディタがスリープと相性悪くなっていた。
 
その他3: 問題が発生しない場合
各種ドライバがWindows10 RS1に対応している場合、基本的にこれらの問題は発生しません。
KB3194496またはKB3197356 が無事インストールされ、問題が発生しないPCの場合、更新プログラムを削除する必要はありません。
KB3194496 / KB3197356 には、Windows10 RS1 で発生している様々な不具合を修正するプログラムが含まれています。
参考リンク
Windows10 RS1の不具合・トラブル・注意事項(2016年8~10月版)
例外:
過去に「IPに参加したことがある」PCの場合
過去に「Insider Programに参加したことがある」PCの場合、以下のスクリプトで問題が解消する場合があります。

KB3194496、KB3197356 が更新失敗する問題を解消するスクリプトが公開される
※このスクリプトはIP参加者限定のものでした。
関連ページ
Windows10にKB3197356配信。一部の修正のみで更新プログラムが遅い、失敗する問題は引き続き継続中か?
Windows10のKB3194496で問題発生 →KB3197356配信:一部の修正のみ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今朝のニュースを見て驚いた。「富士通 パソコン事業を中国レノボ・グループと統合へ最終調整」という。
 うちの今のパソコンのうち4台は富士通の「FМV」シリーズだから、他人ごとではない。
 富士通は国内のパソコンでは2位、というから気になる人も少なくないだうろ。
 それに、全国の役所のほとんどに、何らかの形で富士通の機器やソフトが入っているはず。機器をはずす、ということは、いずれ将来はソフトも外れる可能性を否定することはできない。

 NHK★≪かつて躍進を続けた日本メーカーのひとつがまた事業縮小に踏み切ります。関係者によりますと、パソコン事業を手がける富士通の子会社にレノボが株式の過半数を出資する形で両社が事業を統合する方向で最終調整を進めています。・・レノボは、2005年にアメリカのIBMのパソコン事業を買収したあと、2011年にはNECとも事業を統合し、世界最大手のパソコンメーカーに成長しました≫

 日経★≪富士通は今年2月に非中核分野としてパソコン事業を分社しており、レノボに主導権を渡すことでIT(情報技術)サービス事業などに経営資源を集中する。・・新会社は当面、NECレノボとは別のグループとして経営する方針。FMVブランドのパソコン事業を継続し、徐々に企業やブランドの統合を検討していくとみられる。≫

 産経ビズ★≪近年はスマートフォンやタブレット端末などの普及により、パソコンの市場は縮小している。このため、富士通は一時、東芝やVAIO(長野県安曇野市)とのパソコン事業統合を検討していたが、合意に至らなかった経緯がある。≫

 ところで、今朝起きたとき、まず外に出て空を見た。満点のきれいな星空。血圧や体重などを測定、記録した後確認した気温は19.9度。
 今朝もきれいな朝焼けを見つつ、台風一過のさわやかさも感じながらのノルディックウォークをしてきた。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

富士通パソコンFMV:公式直販サイト WEB MART


●富士通 PC事業を中国レノボ・グループと統合へ最終調整
    NHK 10月5日 23時11分
 大手電機メーカー「富士通」は、パソコン事業を中国のパソコンメーカー「レノボ・グループ」と統合する方向で最終調整を進めていることが明らかになりました。かつて躍進を続けた日本メーカーのひとつがまた事業縮小に踏み切ります。
関係者によりますと、パソコン事業を手がける富士通の子会社にレノボが株式の過半数を出資する形で両社が事業を統合する方向で最終調整を進めています。


富士通は、福島県伊達市と島根県出雲市に工場があり、「FMV」のブランドで主に国内向けに事業を手がけています。
一方、レノボは、2005年にアメリカのIBMのパソコン事業を買収したあと、2011年にはNECとも事業を統合し、世界最大手のパソコンメーカーに成長しました。

富士通とレノボによる今回の事業統合は、レノボやNECのブランドの事業とは切り離す形で行う方針で、開発や部品の調達、それに生産などを共同で行うことで収益力を強化する狙いがあるものと見られます。

また、富士通の国内の2つの工場については、事業統合後も維持する方向で検討を進める一方、FMVのブランドを維持するかどうかは、両社の間でさらに検討を進める方針です。

富士通のパソコン事業をめぐっては、スマートフォンやタブレット端末の普及を背景に事業の立て直しが課題となっていました。
富士通は一時、「東芝」との間で事業の統合について検討を進めていましたが、それを撤回し、中国メーカーと事業を統合することになり、かつて躍進を続けた日本メーカーのひとつがまたパソコン事業の縮小に踏み切ることになります。

●富士通、パソコン事業をレノボ傘下に  合弁事業で調整 月内合意めざす
       日経 2016/10/5 23:36
 富士通はパソコン事業を中国レノボ・グループの傘下に移す方針を固めた。合弁事業とし、レノボが過半を出資する方向で調整している。月内の合意をめざす。富士通は今年2月に非中核分野としてパソコン事業を分社しており、レノボに主導権を渡すことでIT(情報技術)サービス事業などに経営資源を集中する。

 富士通グループでパソコンの企画・開発・製造を手がける部門を合弁会社に移管する。2000人程度が移る見通しだ。パソコン世界首位のレノボの規模を生かし、部品の調達や製造のコストを削減する。

 「FMV」ブランドのパソコンを手がける富士通は、2015年度の出荷台数が400万台だった。出荷の大半を占める国内市場ではシェア2位で、1位のNECレノボ・グループを追っている。だがパソコン市場の縮小などで採算が悪化しており、15年度は「3ケタ億円の赤字」(富士通)だった。

 富士通は東芝のパソコン事業やVAIO(長野県安曇野市)との統合も模索したが、合意に至らなかった。富士通首脳は「短期的に黒字にはできるが2~3年後の状況は不透明だ」とみて、他社との事業統合などの可能性を検討してきた。工場も含めて統合する案を提示したレノボを選んだ。

 レノボは11年にNECと共同出資会社を設立し、NECのパソコン事業を統合した。共同出資会社傘下のNECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンの2社が国内を中心にパソコン事業を手がけている。NECの「ラヴィ」やレノボの「シンクパッド」などのブランドで展開している。

 新会社は当面、NECレノボとは別のグループとして経営する方針。FMVブランドのパソコン事業を継続し、徐々に企業やブランドの統合を検討していくとみられる。

●富士通、レノボとパソコン事業統合へ ブランドや工場は存続
       産経ビズ 2016.10.6 00:42
 富士通がパソコン事業を世界最大手の中国、レノボ・グループと統合する方向で調整していることが5日、分かった。分社化したパソコン事業にレノボが過半を出資する方向で調整している。早ければ月内の合意を目指す考えで、富士通はレノボとの事業統合により競争力強化を目指す。

 富士通が福島県伊達市と島根県出雲市に持つパソコンの生産拠点は、統合後も維持する方針。富士通は「FMV」のブランドで、主に国内向けのパソコン事業を手掛けていた。

 ただ、近年はスマートフォンやタブレット端末などの普及により、パソコンの市場は縮小している。このため、富士通は一時、東芝やVAIO(長野県安曇野市)とのパソコン事業統合を検討していたが、合意に至らなかった経緯がある。
 レノボは2005年に米IBMのパソコン事業を買収。11年にはNECとパソコンの合弁会社を設立し、同社のパソコン事業を統合した。NECの「ラヴィ」やレノボ「シンクパッド」などのブランドで、日本国内でも3割程度のシェアを持つ。レノボは富士通とパソコン事業を統合することで、さらに日本での足場を固める狙いとみられる。

◆東芝・富士通・VAIO、パソコン統合交渉白紙に
       日経 2016/4/15
 東芝、富士通両社のパソコン事業とソニーから独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)を統合する交渉の合意が難しくなり、構想を白紙に戻す見通しとなった。統合後の成長戦略や拠点の統廃合などについて折り合いがつかなかった。パソコンは需要の減少などで経営環境が悪化しており、事業の採算が悪い東芝と富士通は戦略の練り直しを迫られる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今朝、起きてパソコンの電源を入れて、いつもどおり血圧や体重などを測定、記録した後パソコンの方を見たら、いつもと画面が違う。
 アップデートの更新中の表示。それ自体は、電源を切って、次に立ち上げる時に、たまに行われる基本動作。
 ・・・でも、文字をよく読むと「Windows10へのアップデート作業中」の旨の表示!!??・・・・そんな、Windows10への更新なんか選択していないのに!!   電源を切ろうとしたけれど落ちない。
 そういえば、先日、パートナーのパソコンが夜に「Windows10へのアップデート作業中」とか表示されて・・・コンセントを抜いて防いだ。OSのシステムへのマイナスとWIN10のマイナスを比較して。

 しかし、今朝、自分のパソコンは電源が落ちない。・・でも、コンセントを抜くまでするのも・・・・すでに、先週、自らの意志で、「タブレット」はWIN10にしていたし。ただ、タブレットはマイクロソフトの純正なので、WIN-8.1から10にアップしても問題が起きるとは思えないので更新した、というのが真意。

 いずれにしても、常用の本機をどうするか、7月のWindows10の無料更新期限が近づく中で、判断をしなければいけない・・・いずれは変わることだから、今回は、このまま更新に任せようと決めた。
 あとは、先日のタブレットの更新の時に選択したように、「設定のカスタマイズ」の段階で、基本は、「どの機能も『オン』を『オフ」にする」という方針でチェックを入れていった。
 ただし、私としては「ブラウザ、更新、保護」と「ページ予測」だけは、「オン」のままにしておいた。「Microsoft Edge」も。

 ウォーキングから帰って、以上の方針で設定を進めて、今、ブログを作った。
 注意したい人への情報をいくつかリンクしておく。
  中には、≪レジストリを操作するまえに、バックアップを必ずおとりください≫との解説もあって、「そんな対策をすること自体、ちんぷんかんぷん、怖くてとてもできない」という人が圧倒的だろう(もちろん、私も)。
 ・・ともかく、ここまで、通常通りにブログを作ることができた、との感想・・・・

 ところで、gooブログの昨日5月19日のアクセスの通知は「閲覧数 5.380 訪問者数 2.097」だった。
 今朝は、快適にノルディックウォーク、一面の金色の広大な麦畑の写真も撮った。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点


●Windows 10への自動アップグレードスケジュールの通知がさらに凶悪化してWindows Updateと一体化、キャンセル方法はコレ
      GIGAZINE 2016年05月17日 13時00分00秒

●2016年2月版:Windows 10への「自動アップデート」の停止方法
           ぼくんちのTV 別館   2016.05.18 追記
5月13日頃から「Windows10を入手する」アプリの挙動が変わっています。5月16日頃から自動アップグレードが始まるPCが多数発生しているようです。
状況や予約解除方法など → 勝手に予約されたWindows10へのアップグレードをキャンセルする方法: 2016年5月版

2016.04.10 追記
4月6日頃から「Windows10を入手する」アプリの挙動が変わっています。
予約の解除方法も変化しています。
解除方法 → 勝手に予約されたWindows10へのアップグレードをキャンセルする方法: 2016年4月版

●強制アップグレード!?Windows10さんの新しい攻撃がヤバい!
         NAVER まとめ 更新日: 2016年04月09日
 今年の7月までは無料でアップデートできるウインドウズ10。ほぼ強制のようなアップデートを仕掛けてくることがありましたが、今回の方法はとにかくすごいものでした。

●Windows10 自動アップデートを防ぐ方法 
          パソコン生活サポート Pasona 
7月29日をもって、アップデートが開始されるWindows10。
Window10は事前に自動アップデートを無効しなければ、勝手にインストールされてしまう困りもの。
今回は、自動的にアップデートさせない方法を解説します。

【目次】 [非表示]
Windows10の自動アップデートを無効化したい3つの理由
自動アップデートを無効化する方法

Windows7の方が対象
手順1.レジストリを開く
手順2.HKEY_LOCAL_MACHINE\~を確認する
手順3.コマンドプロンプトを管理者権限で起動させる。
手順4.参照※1のコマンドを、コマンドプロンプトにコピーする。
手順5.ファイル名:[DisableOSUpgrade]の値を[1]に設定する
合わせて読みたい関連記事

Windows10の自動アップデートを無効化したい3つの理由

Windows7をまだ使いたい
周辺機器がWindow10に対応するまで待ちたい
絶対不具合があるハズ・・・と考えて様子見したい

自動アップデートを無効化する方法
ここでは、Windosw7の場合を想定して、解説を進めます。

Windows8 or 8.1 の人は若干操作が異なりますが、基本操作は同じです。

手順は以下の通りです。

レジストリを操作するまえに、バックアップを必ずおとりください
・・・・(略)・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨年、「Windows 10」への無償アップグレードが開始された。しかし、トラブル続出。
 そこで、私は、自宅で使っている、一昨年購入した「Windows 8.1」については、当分アップグレードしない方針で来た。

 その時に空いてきた前機「Windows 7」を作業場へもっていった。「Windows 7」のサポートは2020年までなのでまだいけるけど、使用開始から6年ぐらいになるので、スピードも展開も遅く、今年更新しようと考えている。
 そう思ってきたが、どうせ更新するなら、自宅で主として使っているパソコンを最新版にして、今のこの自宅パソコン「Windows 8」を作業場へ移せばいいと気づいた。

 そこで、この自宅パソコン「Windows 8」を「Windows 10」へ無償アップグレードして、各種のシステムに関連設定関係をそのまま移行すればいいと思い、昨日、自宅パソコン「Windows 8」の無償アップグレードの可否、適否をマイクロソフトの公式ページで診断してみた。
 ・・・診断結果は、「互換性をご確認ください」・・・ぬぬっ。すんなり移行は難しい感じ。

 ということで、メーカーの機種ごとの情報を確認してみた。
 「2013年10月発表モデル」だからとみると、「・・・は、できません」「・・・は、表示しません」「・・・は、されません」・・・との評価がズラズラっと書かれていた。
 これらを見て、即決定。
 一昨年購入した「Windows 8.1」は、「Windows 10」への無償アップグレードをせずに、このまま作業場に持っていくことにした。今8ギガのメモリーは、16か32に増設するけれど。

 今後は、「Windows 10」を標準装備の最新版について、機種やグレードを選定して、更新する準備。
 そんなわけで、マイクロソフトの公式ページでの診断などの情報にリンクしておく。

 ところで、12年目になった私のブログ、gooブログからの今朝の通知は、「4月5日のアクセス数 閲覧数 4.772 訪問者数 1.845」だった。
 今朝は、気温12度。この辺りは、昨日は風が吹かず、雨だけだったので、桜が適度に散ったとの印象。だから、堤防の路面にびっしりと敷かれたような桜の花びらが続く。その上を快適にノルディックウォークした。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●Windows 10 仕様 ここでは、Windows 10 の要件、エディション、対応言語の概要について説明します。
    マイクロソフト 公式ページ
 ここでは、Windows 10 の要件、エディション、対応言語の概要について説明します。

PC 目次
システム要件 削除される機能 特定の機能を使用するための追加要件
エディション別のアップグレード Windows 10 がサポートする言語

●Windows 10 アップグレードガイド |
 Microsoft atLife マイクロソフト 公式ページ
Windows 10 にアップグレードするメリット、お使いのパソコン、タブレット、ソフトウェア、周辺機器のWindows 10 対応状況、アップグレードの方法から簡単な使い方まで各ステップにまとめてご紹介。


★Windows 10 アップグレード診断
   マイクロソフト 公式ページ
2016 年 7 月 29 日まで、Windows 10 への無償アップグレードが可能です。まずはお手持ちの PC が Windows 10 に対応しているか診断
してみましょう。


  診断結果 
   診断結果
お使いの OS は...  Windows 8 / 8.1 診断結果 互換性をご確認ください
お使いの PC、タブレットの互換性をご確認ください。
まずは、お使いのPC、タブレットが Windows 10 に対応しているかどうかを確認しましょう。

アップグレード前の事前確認

お使いの PC・タブレットの互換性をチェック。そのあとによく使うソフトウェアやプリンターなどの周辺機器の互換性をチェックしましょう。

 ⇒ 無償アップグレードに対応している場合
アップグレード無償有効期限は、2016 年 7 月 29 日です。
お早めにアップグレードしましょう。

無償アップグレードに対応していない場合
2020 年 1 月 14 日(米国時間)に Windows 7 延長サポートが終了しますので、最新環境への移行をお早めにご検討ください。


 Windows 10 アップグレードガイド 互換性情報 - Microsoft atLife



そこでメーカー情報を調べてみた

  ■ メーカー情報を確認  
 [2013年10月発表モデル]・・・ - Windows 10動作確認情報 機種別注意事項
Windows 10へのアップグレードを行う際は、以下の機種別注意事項をご確認のうえ行ってください。
注意事項
【・・・ 】パソコンのアクセスポイントおよびブラウザーを呼び出す機能などが正しく動作しません。
Windows 7、Windows 8.1 Pro with Media Centerをお使いの場合、Windows 10にアップグレードすると Windows Media Centerが削除されます。

Windows 10にアップグレードした後、アプリケーションの表示が崩れる場合があります。

Windows 10にアップグレードした後、Windows 転送ツールはご利用になれません。

リカバリディスクを作成し、大切なデータのバックアップを取ってください。

Windows 10にアップグレードした後、最新の更新プログラムおよびドライバが適用されていない場合があります。
ご利用のアプリケーションがWindows 10に対応しているかご確認ください。
Windows 10にアップグレードした後、アップグレード前のOSに戻す方法についての説明です。
Windows 10にアップグレード後、アップグレードする前のOSに戻すことができない場合があります。
メモリを交換する場合は、パソコンをシャットダウンしてください。
トラブル解決ナビの『「パソコンの状態」の復元』「Cドライブのみリカバリ」「領域設定」「リカバリ領域の削除」がお使いになれません。
セキュリティ対策ソフトを最新状態にしてからWindows 10へアップグレードしてください。
・・・診断ツールのハードディスク診断は正常に動作しません。

タブレットモードがオンの場合、・・・が表示されなくなります。
・・・ 設定画面を表示中に画面を回転させると、設定画面の位置が右端から中央に移動することがあります。

アップグレード前の注意事項
Microsoftアカウントについての注意事項があります。
ご購入時にインストールされているWindows ユニバーサル アプリ(Windows ストア アプリ)をアンインストールすると、再インストールできません。

アップグレード後の注意事項
Windows 10の起動時に【F8】キーを押しても、[詳細ブートオプション](セーフモードなどのメニュー)を表示できません。
Windows 10にアップグレードした後、・・が正常に動作しない場合があります。
Windows 10にアップグレードした後に・・をインストールしてください。
サポートツール 「パソコンの情報」と「トラブル解決ナビ・・で再起動できません。
書き込み機能拡張ユーティリティがインストールできません。
バックアップナビのマイデータでバックアップする場合、複数アカウントがあるときは、それぞれのアカウントで一度はサインインをしてください。
「自動サインイン設定」の再インストール後、「自動サインイン設定」の「いつでも自動でサインインする」を設定しても自動サインインしません。

Windows 10にアップグレードした後に「・・拡張機能ユーティリティ」をインストールしてください。
・・


●【朗報】Windows 10からWindows 8.1へ簡単に戻すこともできる
     PCまなぶ 2015年7月31日 タグ: Windows 10, windows 8.1
 アクセスが多いため動画も作成しました。「2分30秒でわかる!Windows10から既存のOSに戻す方法」もよろしければ参照ください。
また、私のようにログインすらできなくなった場合は、「Windows 10 ログインができない状態からWindows 8.1に戻す」を参照ください。
一度アップグレードすると、古いWindows に戻せないのか当たり前でした。

例えば、Windows 8からWindows 8.1へ上げると、パソコンをリフレッシュ(初期状態)しない限り旧バージョンに戻せない。
それが、Windows 10日本語版の場合は、データは、そのままで簡単に古いバージョンに戻すことができます。
本日検証した結果、たった5分でWindows 10からWindows 8.1に戻すことができました。
※ちなみにWindows 8.1からWindows 10へのアップグレードは1時間程度かかりました

実施することができるのは、Windows 10にアップグレードしてから1か月間のみです。
・・

●windows 10 アップグレードされた方に質問です。 不具合とか大丈夫ですか? レポ...
       Yahoo!知恵袋 2015/10/10
Windows 7SP1 64Bit OS から Windows 10 64Bit OS に入れ替えました。
Windows 7SP1 よりも PC ON 時から OS が使用可能に成る迄のタイムラグが短く又ソフトウエアの機動タイムラグも短縮されて非常に扱い易く成りました。

私はブラウザーを Windows 10 メイン設定の Edge では無くInternet Explorer 11 に設定変更して使用して居ます。
この書き込みはメーカーが Windows 10 64Bit アップグレードインストールサポートを行って居ない HP ProBook 4520s(改)に
Windows 10 professional 64Bit で行って居ます。

Windows 10 に OS を入れ替える場合。
事前に準備が必要データファイル等は当然 PC 以外の記録媒体に避難バックアップして置かなければ成りません。
OS 入れ替え予定の PC が Windows 10 に対応したドライバーを用意して居るか調べて PC メーカーが用意して居ない場合は自分で PC の仕様等から調べて探し用意して置かなければ成りません。

周辺機器特に、単機能プリンターや複合機等のドライバーも事前にメーカーサイトからWindows 10 専用ドライバーやアプリケーション
ソフト等を用意して居るか又用意されて居ない場合。

Windows 8.1 等の物で代替インストール可能かどうか等の情報を収集する必要が有ります。
PC OS 上で自分が使用して居るソフトウェアも同様にWindows 10 に対応して居るのか入念な確認が必要。
この作業に目処が付いた所で下記 Microsoft サイトから
Windows 10 iso フアイルをダウンロードしてDVD-R/USBメモリーを作って置くと、無料アップグレード期間終了後でもベースに成る OS をインストールしなくともWindows 10 のクリーンインストールが可能に成ります。

又 Windows 7 等とは違い OS インストールメディアが無いと万が一 OS 起動時に異常が発生した場合、セーブモード等が使えません。
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

OS を他のバージョンにアップグレードインストールする場合。
出来るだけソフトウェア等はアインストールして、アップグレード元の OS のみに近い状態にするとOS アップグレードインストール失敗のリスクが低く成ります。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨夜のニュースで、「Document2 の添付ファイル」が、パソコンのデータを乗っ取り、「身代金を要求するウイルス」で、これが急増している、とされた。
 ここ10日ほど、変なメールが増えている自覚があり、来たメールは「シンプルな基本形部分」で共通的に自動削除する仕分けにしている。
 でも、「Document2」のタイトルは記憶にない、そんな会話をしてお休み、した昨夜。

 ・・・そしたら、なんと、今朝メールボックスを開けたら、深夜に2つのアドレス、それぞれに来ていた。
 そこで、今日のブログは急いで、この件で調べてみて、整理することにした。
 
 今朝のメールボックスの一部をPrint Screen(プリントスクリーン)して、画像を抜き出して再度画像にすれば以下。


 警告は、例えば、「東工大CERT」では、
 ★≪Document2という件名で”Document2.zip”が添付されたメールが出回っています。 同様にDocument3、Document5など数字の部分だけ違うメールも存在します。 添付ファイルをクリックするとマルウェアに感染する危険性がありますので、 その他の不審なメール同様に無視またはメールごと削除して下さい。 From(差出人)が偽装され、差出人も宛先も自分自身になっています。自分では 送って無いはずなのに何だろう、と気を引かせてクリックさせようという手口 だと思われます。・・・≫

 ところで、12年目になった私のブログ、gooブログからの今朝の通知は、「開設から4.051日」「3月24日のアクセス数 閲覧数 3.874 訪問者数 1.314」だった。今朝の気温は0.5度。

 ブログには、以下を記録。
●迷惑メール document2 というメールがきまし・・・/Yahoo!知恵袋 016/3/2220:15:5
● [warning] ”Document2”等の件名のメールに注意して下さい/東工大CERT Mar 17, 2016
●身代金要求型ウイルス急増 今月国内で20万件以上に/NHK 3月24日 17時47分

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●迷惑メール document2 というメールがきまし・・・
       Yahoo!知恵袋 016/3/2220:15:58
document2 というメールがきました
私宛に届いたのではなく母からこんなのがとどいたんだけとと転送されてきました。
そしてなんだろうと思い、開いてしまいました。中は見れな
かったのですが、

2016/3/2419:31:57
それはデータ人質ウイルスという新しい型のウイルスです。
誤って開くとPC内の画像や文書などのデータが見られなくなり、元に戻して見るためにはビットコインで払うように要求してくるそうです。
もし支払ってもデータは復旧されません。
データは開封しないようにしてください。

2016/3/2419:31:57
それはデータ人質ウイルスという新しい型のウイルスです。
誤って開くとPC内の画像や文書などのデータが見られなくなり、元に戻して見るためにはビットコインで払うように要求してくるそうです。
もし支払ってもデータは復旧されません。
データは開封しないようにしてください。

2016/3/2312:42:30
・・・・
現在、大量拡散中

Windows PCに感染するのでAndroidやiOSは大丈夫ですが、くれぐれもWindows PCでzipを開かないように
・・・

●[warning] ”Document2”等の件名のメールに注意して下さい
Mar 17, 2016

     東工大CERT
Document2という件名で”Document2.zip”が添付されたメールが出回っています。 同様にDocument3、Document5など数字の部分だけ違うメールも存在します。 添付ファイルをクリックするとマルウェアに感染する危険性がありますので、 その他の不審なメール同様に無視またはメールごと削除して下さい。

東工大内でも複数の教職員から上記のメールを受信したと連絡を受けています。 From(差出人)が偽装され、差出人も宛先も自分自身になっています。自分では 送って無いはずなのに何だろう、と気を引かせてクリックさせようという手口 だと思われます。下記に調査した内容を簡単にまとめます。

攻撃者はFrom詐称をし、自分自身に宛てたメールを装ってDocument2.zip等を添付
発信源はトルコで、宛先は東工大だけで無く広い範囲に及んでいると考えられる
ZIPファイルの中身はjavascriptでマルウェアのダウンローダになっている
誤ってクリックするとjavascriptがマルウェアをダウンロードし感染する仕組み
補足情報

ダウンローダの通信先例 (通信ログの確認用途)
感染の危険がありますので、直接のアクセスは厳禁です。
“http://whatskv。com/v4v5g45hg。exe”(一部記号を全角に改変)。
VirusTotalでの検査結果
現時点では半数近くのアンチウイルスソフトが検知可能です
https://www.virustotal.com/ja/file/9e721d414e611a4b8a19c5866aff8b8205e4713643380bd50d99326d2fb3be38/analysis/


●身代金要求型ウイルス急増 今月国内で20万件以上に
       NHK 3月24日 17時47分
電子メールに添付されたファイルを開くとパソコンに保存されている画像などすべてのデータが使えなくなり、元に戻す見返りとして金銭を要求する「身代金要求型」のコンピューターウイルスが、今月、国内だけで20万件以上確認され、専門家は悪質なサイバー犯罪として注意を呼びかけています。

このコンピューターウイルスは、「Document2」などというタイトルの電子メールに添付されたファイルを開くと感染し、画像や文書などパソコン内のすべてのデータが利用できなくなります。さらに、画面には、元に戻す見返りとして金銭を求めるメッセージが表示されることから、悪質なサイバー犯罪に使われる身代金要求型のウイルス、いわゆる「ランサムウエア」の一種とみられています。
情報セキュリティーサービスを提供しているキヤノンITソリューションズによりますと、このウイルスが仕組まれた電子メールは、今月、国内だけで20万件以上確認されたということです。

また、独立行政法人の情報処理推進機構には、このウイルスによる被害も今月50件以上報告されていて、中には「クラウド」と呼ばれるサービスでネット上に保管されているデータも利用できなくなった例もあるということです。

キヤノンITソリューションズによりますと、「身代金要求型」のウイルスは3年ほど前から世界中で大きな被害が出ていますが、国内でこれほど大量に送りつけられているのは初めてだということで、ウイルスの分析を担当している長谷川智久さんは「身代金要求型のウイルスは今後も国内で広がっていくとみられるので、不審な添付ファイルは決して開かないよう十分に注意してほしい」と話しています。

ホームページ閲覧だけで感染も
身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を巡っては、3年ほど前から世界中で大きな被害が出ていて、国内でもおととし、日本語で金銭を要求するものやスマートフォンに感染するものも見つかりました。
ランサムウエアは、電子メールに添付されたファイルを開くことで感染するものや、ウイルスをばらまくよう改ざんされた企業などのホームページを閲覧しただけで感染するものもあります。

ほとんどのケースで、元に戻す見返りにインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」で日本円にして5万円前後が要求され、ウイルス対策ソフトを使っても元に戻すことは極めて困難です。

また、情報セキュリティー会社には、金を支払っても元に戻らなかったケースも報告されているということです。
独立行政法人の情報処理推進機構は「被害に備えて、画像や文書などのデータはふだんからこまめにバックアップを取るよう心がけてほしい」と話しています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 2005年2月20日に始めたブログ。毎日更新して丸11年が経った。
 今朝の管理者からの通知は「2月19日のアクセス数 閲覧数5374 訪問者数897」「ブログの開始から4017日」(下記に証拠写真も置いた)。

 長期出張などの時に、一部を先に作って仮送りするとか、今は、「前日に予約投稿する」ことがまれにあるけれど、基本は、その日にブログをアップする、という毎日。

 私のこのブログは、「gooブログ」。ちょうどgooブログも「12周年」とか。今、「gooブログ12周年企画」として「ご利用者アンケート」を行っているようだ。
 つまり、インターネットの世界で「gooブログ」が開設されて丸一年目に、この「てらまち・ねっと」を始めたことになる。
 ともに歩んできたということか(笑)。

 当時は・・・記事を投稿するのも大変だった。送信したデータがそっくり消えてしまうなんてこともあった。利用者の増加で、混み合って、投稿の繁栄が遅滞するとか、「作成画面が動かない」とか・・・惨たんたる時期を経て、とても使いやすいブログになった。おかげて、他のブログに浮気することもなく、使い続けて丸11年。

 今日の「12年目の初日」のブログは、このあたりを整理し、後は、昨年「丸10年経過」の転記。
 なお、4年近く前に始めた「朝のウォーキング」。今朝は8度の気温で、薄着でノルディックウォーク。こちらも、出張・旅行・天候などの都合以外は、歩き続けている。
 これも、ブログとともに、パートナーと同じペースでやっているから続くことだろう、とお互いに感謝の気持ちあり。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

 今朝、2016年2月20日朝のブログ編集画面 ↓


★gooブログ12周年企画「gooブログ」ご利用者アンケート
      gooブログ12周年企画
平素より「gooブログ」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
今後のサービスの参考にさせていただきたく、アンケートを実施させていただきます。いただいた回答の一部は、gooブログ12周年企画のページに掲載させていただきます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

★「2015年2月20日ブログ」⇒ ◆ブログを開始してから 「丸10年」 達成/ その毎年の振り返りのデータをまとめてブログに

 ブログを始めたのが「2005年2月20日」。だから、一昨日20日で「丸10年を達成し、11年目に入った」こととなる。
 義務的には思っていないけれど、「毎日更新」し続けている。パートナーとは、二人ともが、それぞれでブログをやっているからか、と話している。
 毎日の「早朝のウォーキング」も、間もなく「丸3年」。
 これも、一人だったら、「今日は、ま、いいや。やめとこ」になるのは間違いない。

 ともかく、20日は午前中は議会の会議、午後は、市内全戸配布の「新しい風ニュース」の原稿の仕上げと印刷・・・だったので、「丸10年を達成」のブログを作っている余裕はなかった。昨日は、来客と、1才・3才の孫の子守りの約束だったのでバタバタして、ブログを出したのが昼12時過ぎ。

 今日はできると、「丸10年を達成」をまとめることにした。

 このブログはNTT系の「gooブログ」で、アクセス数や閲覧データは、「前日分」を翌朝に通知してくれる。
 それとは別に、ブログ開始後1年あたりで、いろいろな無料カウンターを探しながら、左サイドバーに「カウンター」を設置。
 「カウンター 設置 2006.1.26」  06.02.09 設定変更 
 2013年6月ごろから計数不調 で、gooブログ通知数と比べて少なく表示されるようになった。
 だから、それ以来「閲覧数・合計」の伸びがぐっと落ちた。

 そのカウンターの2015年2月21日午後の表示は  閲覧数・合計「596万0972」。
 
 
 いずれにしても、このブログは、土日や休日は少しアクセスが減るものの、通常は千数百件のアクセス、閲覧は4000~5000件ある。ちなみに「2月20日」のgooブログからの通知は、「閲覧数4468 PV」「訪問者は1164 IP」

 ・・・ブログのまとめをしようと過去の「2月20日」を振り返った。そしたら、最近5年間は、「○年になりました」という投稿はしていなかった。でも、前の5年間は、1年の「2月20日」ごとにまとめをしていた。
 
 まず、第一日目。
 ●2005年2月20日ブログ ⇒ ブログ、はじめます。
 私が暮らしの中で感じたこと、市民運動、議会活動、行政訴訟などの情報を発信します。乞う、ご期待を!私が管理している「寺町ともまさのwebページ」です。



 2年目から5年目までは、5年目の2009年2月20日のブログで、ピックアップしていたが、それ以上は整理していないので、6年から9年目は「2月20日」のエントリーにリンクだけしておくことにした。

 ・・ともかく(2日遅れで)「丸11年目の初日」のブログは、過去の振り返りのデータです。
・・次に向かって・・・
 
人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点


最近5年間の記録
 ★ 2014年2月20日 ◆若年層フリーターの割合最高6.8%に 2013年平均182万人/総務省の統計データ

 ★ 2013年2月20日 ◆東京ドーム / 観てきた「世界らん展日本大賞2013」 / テーマは 「都会の真中の楽園」

 ★ 2012年2月20日 ◆原発訴訟/電力会社側が「絶対的な安全性はない」と認めた

 ★ 2011年2月20日 ◆【地域のかたちを問う】議会「数の論理」超えよう 多様な当事者に発言の場を/無党派・市民派ネット

 ★ 2010年2月20日 ◆長崎知事選、町田市長選/民主候補に大逆風/鳩山・小沢のスキャンダル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その前の最初の5年間の記録
 ★ 2009年2月20日 ◆ブログ5年目・今日から / 奇しくも 昨日はパソコンのシステムのトラブル 

 まず、インターネットとの付き合いの最初。

● 初めて自分で作ったWebページ。↓
くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク
2000年5月29日スタート

 くらし・しぜん・いのち 岐阜県民ネットワーク


● 2番目に作ったWebページ
 無料のサイトに作ったけど、その後、自分でもアクセスできなくなったので、放置↓
無党派市民派・自治体議員と市民のネットワーク
2002年4月15日UP  

(検索すれば出てくるけど・・リンクせず)


● 今では、ブログが主体なので、上記「県民ネット」も 
  下記のWebページ↓も「データ倉庫」としての使い方に近い。
  4番目に作ったWebページ↓
寺町ともまさのネットワーク 2004年1月8日スタート 
 寺町ともまさのネットワーク



●これが、ブログの第一日目   2005年2月20日
 ブログ、はじめます。
 私が暮らしの中で感じたこと、市民運動、議会活動、行政訴訟などの情報を発信します。
 乞う、ご期待を! 


●ブログの2年目の第一日目    2006年2月20日
 ブログを始めて2年目の最初の日。過去1年間を振り返る。
 ブログの基本的な特徴であり、WebページいわゆるHPと比べたメリットは、簡単に投稿できること、コメントが容易なので双方向であること、トラックバックによる広がり、などとされています。
 最初の頃は、コメントもトラックバックも心臓がドキドキするほど緊張したものでした。慣れたら、気楽。
 1年に当たって、振り返りのために、コメントの多いものから拾い出して、月日の近い方から並べて総集編としてみました。


●3年目の第一日目    2007年2月20日
◆耐寒性マラコイデス
先日の雨上がりの朝の花。 耐寒性マラコイデス。
 サクラソウ科 プリムラ属 和名:ケショウザクラ、オトメザクラ 。
 ずっと咲き続けていますが、写真を撮るのは初めて。


●ブログの4年目の第一日目    2008年2月20日
◆政治倫理条例の直接請求の詳細。署名集めは終了



●5年の第一日は、このブログとして進行形

●今日2009年2月20日の朝のこの「gooブログ」からの通知の画面
【先週1週間のアクセス・データ】
  2009.02.08 ~ 2009.02.14 26357PV 7448IP 225位/1183545ブログ

【昨日2009年2月19日のアクセス・データ】
     2009.02.19(木)  3100PV  1007IP  245位/1186363ブログ



今朝20日のアップ直後の画面は・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Microsoft頼りのパソコン環境の人や団体は少なくない。
 そのマイクロソフトは、セキュリティー対策を適宜提供していたけれど、1月12日を過ぎると「最新版以外のセキュリティー対策をしない」とされていた。うちは、常時自動でアップデートするように設定しているからいいだろうと思っていた。

 でも、今朝のニュースをじっくり読むと、「インターネット・エクスプローラー」の最新バージョンである「11」だけが対象、との意味だという。
 慌てて、家の中のパソコンの全部を確認。
 「Windows 8.1 の更新プログラムには Internet Explorer 11 が含まれています」とのことだから基本は大丈夫そう。
 WIN-7のパソコンの「インターネット・エクスプローラー」を確認したら「バージョン11」。
 これで大丈夫かと安心。

 今朝のNHKのニュース。
 ★≪藤沢市役所では、およそ2000台のパソコンに、今回、安全対策が終了する古いバージョンの「インターネット・エクスプローラー8」が入っています。しかし、予算の管理や職員の勤務管理などを行う藤沢市独自のシステムは「8」で動くように作られているため、最新版の「11」に入れ替えると、画面が先に進まなかったり画面の表示がずれたりするなど、システムに障害が起きることが課題になっていました。このため藤沢市では、およそ1年前からシステムを更新する作業を始め、業務に支障がある問題はソフトを修正したうえで正しく動くか検証するとともに、業務に支障のない表示のずれなどはそのまま使うことにして、今月までに対策を終えました。≫

 Internet Explorer のバージョンを上げると、表示が崩れるトラブルは、「6→7」の時も、「7→8」の時も、「8」から上げる時も、言われていた。慌てて戻したこともあった。今は、WIN-7のパソコンも「11」で問題なく表示している。

 個人はまだ対応が楽として、台数が多い組織は大変だろう。
 一応点検しておかないと・・・・
 ブログでは、最新版の「11」かどうかの確認と、「Microsoft」の「Internet Explorer 11 を使ってみる」のページと「Windows 7 に Internet Explorer 11 をインストールする方法」のページにリンクしておく。

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●マイクロソフト「IE」安全対策 最新版のみに
         NHK 1月12日
世界中で広く使われているインターネットの閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」について、開発したマイクロソフトは、最新版以外のセキュリティー対策を12日で終了します。専門家は、サイバー攻撃が巧妙化するなかで、ソフトウエアメーカーの対策には限界があり、利用する個人や企業などの側でのセキュリティー対策がより重要になっていると指摘しています。
最新版以外のセキュリティー対策が12日で終了するのは、マイクロソフトが開発したインターネットの閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」です。

マイクロソフトは、「インターネット・エクスプローラー」でサイバー攻撃を受けるおそれがあるプログラム上の弱点が見つかった場合、「パッチ」と呼ばれるばんそうこうのような修正プログラムを作り、無料で配布しています。
しかし、先月までの2年間に見つかり「パッチ」を作成した弱点は合わせて527にも上り、そのうちの85%は情報漏れにつながるおそれがある危険性が高いものとなっています。

このため、マイクロソフトは、これまでの態勢で安全対策を続けるのは難しくなったとして、「パッチ」の作成を最新版だけに絞り、古いバージョンの安全対策は12日で終了することになりました。
日本マイクロソフトの三上智子業務執行役員は、「できるかぎりの対策を行ってきたが、いたちごっこが続いていて、断腸の思いで対策を絞ることにした。利用者の皆さんには、常に最新版に更新してもらうことで、安全を確保してもらいたい」と話しています。
情報セキュリティーに詳しい、「情報処理推進機構」の篠原崇宏さんは、「サイバー攻撃が巧妙化するなかで、ソフトウエアメーカーの対策には限界があり、利用する個人や企業などの側でのセキュリティー対策がより重要になっている」と指摘しています。

対策で新たな負担
「インターネット・エクスプローラー」のセキュリティー対策が、最新版以外、終了することを受けて、古いバージョンで独自のシステムを作っている企業や自治体では、システムの更新に追われるなど、セキュリティー対策の負担が増しています。

このうち神奈川県の藤沢市役所では、およそ2000台のパソコンに、今回、安全対策が終了する古いバージョンの「インターネット・エクスプローラー8」が入っています。しかし、予算の管理や職員の勤務管理などを行う藤沢市独自のシステムは「8」で動くように作られているため、最新版の「11」に入れ替えると、画面が先に進まなかったり画面の表示がずれたりするなど、システムに障害が起きることが課題になっていました。

このため藤沢市では、およそ1年前からシステムを更新する作業を始め、業務に支障がある問題はソフトを修正したうえで正しく動くか検証するとともに、業務に支障のない表示のずれなどはそのまま使うことにして、今月までに対策を終えました。


藤沢市IT推進課の大高利夫課長は、「市独自のシステムなので、最新版に更新すると、どこにどんな影響が出るのか、誰かが教えてくれるわけでもなく、検証作業はとにかく大変でした。これまで私たち自治体にとって、システムの更新は新たな機能を加えたいときに行うものでしたが、これからの時代は、セキュリティー対策のために求められることになり、きちんと対応していくことの難しさを実感しました」と話しています。

マイクロソフトによりますと、全国の企業や自治体では、藤沢市と同じように、「インターネット・エクスプローラー」を使って独自のシステムを作っているところが多く、およそ30%は古いバージョンを使い続けているとみられ、対策が十分ではない可能性があるということです。

●バージョン/ 最新版の「11」かどうかの確認







●Microsoft 
        Internet Explorer 11 を使ってみる

Windows 8.1 または Windows RT 8.1 の更新プログラムには Internet Explorer 11 が含まれています。Internet Explorer を使うと、Web の情報に簡単にアクセスし、すばらしいコンテンツを最高の状態で参照できます。よく使う操作やコツをいくつか覚えれば、新しいブラウザーを快適に使いこなして、お気に入りのサイトを最大限に楽しむことができます。

注意: Windows 8.1 または Windows RT 8.1 で Internet Explorer 11 を使用していない場合は、お使いのオペレーティング システムに対応する最新の Internet Explorer をダウンロードしてください。
・・・

●Microsoft Corporation.Terms of Use
           502: Windows 7 に Internet Explorer 11 をインストールする方法

hidekit_msft hidekit_msft 13 Jul 2014 10:54 PM 0
Windows 7 に Internet Explorer 11をインストールする方法

この資料ではWindows7上で Internet Explorer 11 (IE11) を Microsoft ダウンロード センターからダウンロードしてインストールする方法について説明します

1. IE11ダウンロードページを開いてください。
・・・・・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 年末年始などの長期休暇中やその休暇明け後は、インターネットにつながるパソコンは要注意。
 普段から、注意は必要だけど、こんな時は特に注意。

 私のタブレットパソコンも「マルウェア」に感染したらしいことがあった。ネットで調べると簡単なものは自分でも除去できる雰囲気もあり、そのようにしたこともある。(そもそも、それを説明しているページの信頼性そのものも大事)。(そのタブレットはマイクロソフトの純正だから、ワードやエクセルも通常に使えて便利だけど、純正故に"つきやすい"というマイクロソフトの特性があるらしいことも初めて知った)

 ・・・ともかく、それでも消せないものがあって、詳しい人に除去してもらった。
  ※マルウェア(Malware)とは★≪不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。マルウェアには次のようなものがあります・・・≫マルウェアとは(経済産業省JNSA)

 ここのところ、国の公的機関が「長期休暇中の対策」「日常における情報セキュリティ対策」を出したので、見てみた。併せて、その要点などを見た。

 家庭の利用者に対しては、休暇期間中でのSNSでの利用に注意を呼びかけている。
 
 ≪IPA~ 長期休暇中の対策 ~≫家庭の利用者に対しては、休暇期間中でのSNSでの利用に注意を呼びかけている。
 ★行楽等の外出前や外出先でのSNS投稿に注意/SNSで旅行の計画を書き込んだ場合、内容によっては長期休暇中に不在であることが知られてしまう可能性。
 ★撮影した写真をSNSに投稿したことでトラブルに発展することもあるため、投稿内容や投稿範囲に注意。
 ★SNSで知り合った人物から言葉巧みに不正なアプリのインストールを持ちかけられ、そのアプリでプライベートな動画を撮影したことが原因で、セクストーション(性的脅迫)の被害に遭うケースが発生。第三者に見られたら困るプライベートな写真や動画を撮影させたり、そのデータを送ったりしてはいけません。

 ≪マイナビニュース≫ 
 ★長期休暇中に使用しないサーバなどの機器は電源をオフにし、不必要なアクセスを防ぐ。
 ★今回の正月休みでやるべき課題として注意したいいのが「Internet Explorer」のサポートポリシー変更対応だ。2016年1月12日(米国時間)を過ぎると、Internet Explorerのサポート対象が「各Windows OSで利用可能な最新版のみ」にポリシー変更される。

 ≪Security NEXT≫
 ★期間中に届いた未開封のメールに、標的型攻撃メールなどが潜む場合もある。安易に添付ファイルを開いたり、記載されたURLにアクセスするとマルウェアへ感染し、情報漏洩などの原因となる可能性もある。 業務が集中するこの時期が狙われる可能性もあるため配慮が必要だ。攻撃メールは顧客からの問い合わせを装ったり、業務関連メールを装うなど手口も巧妙になっている。忙しい時ほど慎重に行動するように心がけたい。

 ≪IPA~ 日常における情報セキュリティ対策 ~≫
 ★メールやSNSでの不審なファイルやURLに注意
 ★日々届くメールのなかには、ウイルスを組み込んだファイルが添付されていたり、ウイルスに感染させるためのURLが記載されていたりといった可能性があります。これらの添付ファイルを開く、URLをクリックする等によりウイルスに感染する場合があります。少しでも不審をいだいたメールの添付ファイルやURLは不用意にクリックせずに、メールの正当性を確認してください。
 ★なお、実在の組織や人物を騙ったり、ごく自然な日本語表現で違和感がなかったりなど、一見では不審をいだきにくい場合があります。
 ★最近ではリンクをクリックするとサービス連携の許可を求める画面に遷移するメールもあります。サービス連携を許可することで、電話帳に登録されている宛先に勝手にメールを送信されることもありますので、不用意にサービス連携を許可しないでください。

 そんなことで、インターネットの世界は、まずは自衛が不可欠。

●長期休暇における情報セキュリティ対策/独立行政法人情報処理推進機構(IPA)2015年12月21日
●年末年始の長期休暇に向けてセキュリティ対策の徹底を、IPAとJPCERT/CCが注意喚起/INTERNET Watch 12/22
●システム管理者は正月休みに連絡体制をしっかりと - IPAがセキュリティ指針/マイナビニュース 12/22
●年末年始の長期休暇に向けて事前対策を/Security NEXT 12/11
●日常における情報セキュリティ対策/IPA 12月21日

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●長期休暇における情報セキュリティ対策
      独立行政法人情報処理推進機構(IPA)掲載日:2015年12月21日
独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター

0. はじめに
長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況になりやすく、ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。このような事態とならないよう、以下の対策を実施してください。

1. 組織のシステム管理者向け  2. 組織の利用者向け  ・・・・・(略)・・・
3. 家庭の利用者向け
~ 長期休暇中の対策 ~

行楽等の外出前や外出先でのSNS投稿に注意
SNSで旅行の計画を書き込んだ場合、内容によっては長期休暇中に不在であることが知られてしまう可能性があります。また、撮影した写真をSNSに投稿したことでトラブルに発展することもあるため、投稿内容や投稿範囲に注意してください。

SNSのやりとりによるトラブルに注意
SNSで知り合った人物から言葉巧みに不正なアプリのインストールを持ちかけられ、そのアプリでプライベートな動画を撮影したことが原因で、セクストーション(性的脅迫)の被害に遭うケースが発生しています。第三者に見られたら困るプライベートな写真や動画を撮影させたり、そのデータを送ったりしてはいけません。

~ 長期休暇明けの対策 ~

修正プログラムの適用
長期休暇中にOS(オペレーティングシステム)や各種ソフトウェアの修正プログラムが公開されている場合があります。修正プログラムの有無を確認し、必要な修正プログラムを適用してください。
定義ファイルの更新
長期休暇中に電源を切っていたパソコンは、セキュリティソフトの定義ファイル(パターンファイル)が古い状態のままになっています。電子メールの送受信やウェブサイトの閲覧等を行う前に定義ファイルを更新し、最新の状態にしてくださ

●年末年始の長期休暇に向けてセキュリティ対策の徹底を、IPAとJPCERT/CCが注意喚起
         INTERNET Watch 2015/12/22
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、年末年始などの長期休暇におけるセキュリティ対策のまとめと注意喚起を行った。

 年末年始の長期休暇では、ウイルス感染や情報漏えいの問題発生に気付きにくく、リスクの発見が遅れる可能性がある。IPAとJPCERT/CCでは、企業のシステム管理者向け、社員・職員向け、家庭の利用者に分けて、それぞれ注意すべき点などを挙げている。

 システム管理者向けには、不測の事態が発生した場合に備えて、委託先企業を含めた緊急連絡体制や対応手順の確認のほか、導入している機器やソフトウェアのセキュリティ更新プログラムのインストール、休暇期間中のサーバーなどの各種ログの確認、ウェブサーバーで公開しているコンテンツが改ざんされていないかの確認などを呼びかけている。

 また、Internet Explorerのサポートポリシーの変更により、1月12日に配信される更新プログラム以降、Windows各OSの最新版のInternet Explorerのみがサポートされるようになる。対象となるシステムや端末台数によっては、検証作業の時間が発生する可能性もあるため、年末年始の長期休暇期間での作業実施の検討も含めて、期日までのバージョンアップ対応を行うよう促している。

 社員・職員向けには、休暇期間中に公開されたセキュリティ更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトの定義ファイルの更新、休暇期間中に外部に持ち出す機器の厳重なデータ管理と出社前のウイルスチェックなどを呼びかけている。また、休暇期間中に特定の企業や組織を装った「標的型攻撃メール」を受信している可能性もあるため、もっともらしいメールでも安易に添付ファイルを開いたり、リンクをクリックしないよう注意している。

 家庭の利用者に対しては、休暇期間中でのSNSでの利用に注意を呼びかけている。SNSなどに旅行の計画を書き込むことで、内容によっては長期休暇中に不在であることが知れ渡ってしまう可能性があるほか、撮影して投稿した写真から位置情報が知られたり、他者のプライバシーを侵害するおそれがあるとしている。また、SNSで知り合った人物から不正アプリのインストールを持ちかけられ、そのアプリでプライベートな動画を撮影したことによるセクストーション(性的脅迫)被害にあうケースが発生しているという。

●システム管理者は正月休みに連絡体制をしっかりと - IPAがセキュリティ指針
       マイナビニュース 2015/12/22
IPAは12月21日、長期休暇における情報セキュリティ対策を発表した。

長期休暇は、システム管理者が長期間不在になりがちなため、ウイルス感染や不正アクセスなどの被害が発生した場合に、対処が遅れる可能性がある。また、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生し、関係者に対して被害が及ぶ可能性があるとして、IPAが対処指針を公開している。

組織のシステム管理者向けには、長期休暇前の対策として「連絡体制の確認」と「不必要な電源のオフ」「IEポリシーの変更対応」の3点を実施するよう推奨している。

連絡体制の確認は、不測の事態が発生した場合に備えて、委託先企業を含めた緊急連絡体制や、対応手順が明確になっているかなど、連絡体制を再確認するように呼びかけている。また、長期休暇中に使用しないサーバなどの機器は電源をオフにし、不必要なアクセスを防ぐ。

一方、今回の正月休みでやるべき課題として注意したいいのが「Internet Explorer」のサポートポリシー変更対応だ。2016年1月12日(米国時間)を過ぎると、Internet Explorerのサポート対象が「各Windows OSで利用可能な最新版のみ」にポリシー変更される。対象となるシステムや端末台数によっては、検証等作業に時間を要すると考えられる。年末年始の長期休暇期間での作業実施も検討の上、期日までにバージョンアップ対応が完了するよう計画的に進める必要があるとしている。

また、長期休暇明けには、「修正プログラムの適用」や「定義ファイルの更新」を行い、不審な通信がないかなどの、サーバなどにおける各種ログの確認が必要になると推奨している。

●年末年始の長期休暇に向けて事前対策を
       Security NEXT - 2015/12/11
2015年12月もなかば。年末年始の長期休暇を目の前に控えている。あらためてセキュリティ対策を見直し、リスクを低減しておきたい。

長期休暇中は管理者が不在であることも多く、インシデントへの対応が遅れることも考えられる。マルウェアへ感染させるための正規サイト改ざんなど、発覚までの時間を稼ぐため、あえてこの期間を攻撃者が狙う可能性もある。

リスクを低減するため、休暇を迎える前に、脆弱性を解消したり、セキュリティ対策ソフトの更新、安全なパスワードが設定されているか確認するなど、基本的な対策を今一度見直しておくことが重要だ。さらに使用しない機器の電源を切ったり、システムのサービスを停止しておくことで、攻撃を受けるリスクを低減できる。

従業員がデータを持ち帰る場合は、暗号化などあらためてルールを徹底しておきたい。緊急連絡体制や対応手順を再確認し、関係者間で共有しておけば、インシデントが発生した場合もあわてずに対処できる。

また休暇明けの対策も重要。休暇中にセキュリティ更新プログラムが公開されていないかチェック。セキュリティ対策ソフトなどとともに最新の状態へ更新した上で業務をはじめるよう、従業員に徹底させたい。

パソコンやUSBメモリなどの持ち出しを許可した場合は、これらを通じてマルウェアが侵入しないよう、利用前にセキュリティ対策ソフトで感染の有無をチェックするなど対策を講じる必要がある。

期間中に届いた未開封のメールに、標的型攻撃メールなどが潜む場合もある。安易に添付ファイルを開いたり、記載されたURLにアクセスするとマルウェアへ感染し、情報漏洩などの原因となる可能性もある。

業務が集中するこの時期が狙われる可能性もあるため配慮が必要だ。攻撃メールは顧客からの問い合わせを装ったり、業務関連メールを装うなど手口も巧妙になっている。忙しい時ほど慎重に行動するように心がけたい。


●日常における情報セキュリティ対策
      独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 掲載日:2015年12月21日 技術本部 セキュリティセンター

0. はじめに
情報セキュリティ対策は、日常的に行っていくことが重要です。情報セキュリティ対策を疎かにしてしまうと、ウイルスに感染してシステムに問題が発生したり、不正アクセスによって情報が流出したりといった被害が発生する可能性があります。このような事態を招かないよう、以下の対策を実施してください。

1. 組織のシステム管理者向け  2. 組織の利用者向け ・・・・・・(略)・・・
3. 家庭の利用者向け

修正プログラムの適用
利用するパソコンやスマートフォン等のOS(オペレーティングシステム)、無線ルータ等のファームウェア、各種ソフトウェアに修正プログラムを適用し、最新のバージョンに更新してください。IPAでは、パソコンにインストールされているソフトウェア製品が最新かどうかを簡単な操作で確認できる「MyJVN バージョンチェッカ」※3を提供していますので利用してください。

セキュリティソフトの導入および定義ファイルの最新化
利用するパソコンやスマートフォン等にセキュリティソフトを導入するとともに、セキュリティソフトの定義ファイル(パターンファイル)を常に最新な状態になるように設定し、最新の状態になっているか定期的に確認してください。

定期的なバックアップの実施
システムの不具合やランサムウェア等のウイルスによるデータ破壊に備えて、定期的に外部記憶媒体等へバックアップを行ってください。特に重要性の高いデータは必ずバックアップを行ってください。

パスワードの適切な設定と管理
パスワードは可能な範囲で複雑な長い文字列を設定してください。大小英字、数字および記号を混在させて8文字以上のものが望ましいです。他のシステムやインターネットサービスで同じパスワードを使い回さないでください。また、パスワードを初期設定のままで利用していないか確認してください。

メールやSNSでの不審なファイルやURLに注意(2015/12/21追記)
日々届くメールのなかには、ウイルスを組み込んだファイルが添付されていたり、ウイルスに感染させるためのURLが記載されていたりといった可能性があります。これらの添付ファイルを開く、URLをクリックする等によりウイルスに感染する場合があります。少しでも不審をいだいたメール※1の添付ファイルやURLは不用意にクリックせずに、メールの正当性を確認してください。なお、実在の組織や人物を騙ったり、ごく自然な日本語表現で違和感がなかったりなど、一見では不審をいだきにくい場合があります。

最近ではリンクをクリックするとサービス連携の許可を求める画面に遷移するメールもあります。サービス連携を許可することで、電話帳に登録されている宛先に勝手にメールを送信されることもありますので、不用意にサービス連携※2を許可しないでください。

受信したメールの正当性が判断できない場合は、必要に応じてメールの送信者に確認してください。また、実在するウェブサイトやサービスを騙ったフィッシングサイトに誘導するメールが送られてくる場合もあります。これらも内容を鵜呑みにしたり、安易にURLをクリックしたりせずに、公式サイトに記載されている窓口に問い合わせて確認する、事前にブラウザのブックマーク(お気に入り)に正規のURLを保存しておいて、そこからアクセスする等の対策を行ってください。その他、SNSでもウイルスに感染させるために、興味を引く内容と共にURLが投稿されている場合があります。興味をひく内容が記載されていても不用意にURLをクリックしないでください。

スマートデバイスのアプリ導入時の注意
不正なアプリのインストールを防ぐために、携帯電話会社が提供している公式マーケット等の信頼できる場所からアプリをダウンロードしてください。Android OSの機器でアプリをインストールする際に表示される「パーミッション」(アプリが機器のどの情報/機能にアクセスするのか、許可を定義したもの)の一覧には必ず目を通してください。また、アプリによっては情報/機能毎の利用目的を記載していますので併せて確認してください。要求されたアクセス許可の内容に不自然な点があったり、疑問に感じたりした場合には、そのアプリのインストールを中止してください。

スマートフォン等の画面ロック機能の設定
スマートフォンやタブレット等を紛失してしまった際に、誰かに不正に使用されることがないよう、パスワード等の入力が必要な画面ロック機能を必ず有効にしてください。また、紛失時に速やかに画面ロックされるよう、画面ロックまでの時間は長くても数分程度の時間で設定してください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ネットバンキングや法人の口座が狙われている時代、マイクロソフトのWindows10への無償アップグレードを躊躇する人もいるようだ。
 もちろん私もその一人で、しばらくは、様子見。ネットバンキングなどをやっているわけではないけれど。

 それと、うちのネットワーク・システムの中のプリンター4台や輪転機、他の各種機器もあるし・・・それらとの適合性、場合によっては相性もあるだろうし・・・

 ともかく、主要金融機関は
 ★「動作確認がとれていない」「稼働確認が完了するまで『Windows 10』の無償アップグレード等はお控えください」「動作確認が済んでおらず、一部の取引や画面表示で正常に利用になれない場合がある」「動作確認状況を公開しているが、正しく動作しない機能もあるので無償アップグレードを控えてほしい」・・・・・

 うちのパソコンをメンテしてくれている超詳しい人にきいてみたけど、「ちょっと様子を見た方が無難でしょう」とのこと。
 ということで、しばらくは、無償アップグレードせずに、情報だけ集めていこう。無償期間は「1年」あるし。
 今日は、7月29日の配布スタートからの次の情報をブログに留めておく。

●【レポート】主要金融機関のネットバンキングにおけるWindows 10の対応状況/マイナビニュース 2015/07/30
●ネットバンキングのWindows 10対応状況、三菱東京UFJ銀行などが発表/IT総合情報ポータル「ITmedia」2015年07月29日
●我々は「Windows10」とどう向き合うべきか/東洋経済オンライン 2015年07月29日
●Windows 10アップデートの前にシステムをバックアップしておこう!/窓の杜 2015/7/29

人気ブログランキング = 今、1位
人気ブログランキング参加中。気に入っていただけたら ↓1日1回クリックを↓
 ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンは こちらをクリックしてください →→←←このワン・クリックだけで10点

●【レポート】主要金融機関のネットバンキングにおけるWindows 10の対応状況
        マイナビニュース  [2015/07/30]
 マイクロソフトは7月29日、予告どおり、Windows 10の無償アップグレードの提供を開始した。その一方で、ネットバンキングを展開している金融機関の一部は、動作確認がとれていないとして、Windows 10による利用を控えるよう呼びかけている。

まず、メガバンクと呼ばれる金融機関の対応状況から見てみたい。みずほ銀行は法人の顧客に対し、「稼働確認が完了するまで『Windows 10』の無償アップグレード等はお控えください」としている。

三菱東京UFJ銀行は、個人と法人の双方に対し、Windows 10では利用できないとしている。個人に対しては、PC版インターネットバンキングはInternet Explorer 11.x を利用するよう呼びかけており、Windows 10のブラウザ「Microsoft Edge」の動作確認がとれたら、案内するという。法人に対しては、「BizSTATION/BizSTATION Light」ではWindows 10は利用できないうえ、無償アップグレードも控えるよう呼びかけている。

りそな銀行は、法人向けサービス「りそなビジネスダイレクト」について、Windows10の動作確認を行っているが、Windows10で電子証明書の取得・更新ができない事象が発生しているため、作業は9月中旬に完了する予定とアナウンスしている。なお、Windows10ではInternet ExplorerとFirefoxのみを動作確認対象とする予定だという。

次に、インターネット専業銀行のジャパンネット銀行は「Windows 10は推奨環境ではない。推奨環境外で操作した場合、一部の機能が使えない可能性がある」としている。ソニー銀行は、Windows 10(Microsoft EdgeおよびInternet Explorer 11との組み合わせ)によるサービスサイトの動作確認を行う予定だが、動作確認が済んでおらず、一部の取引や画面表示で正常に利用になれない場合があると呼びかけている。

なお、住信SBIネット銀行は「Windows 10」プレビュー版における動作確認状況を公開しているが、正しく動作しない機能もあるため、Internet Explorer 11を利用するか、Windows10への無償アップグレードを控えてほしいとしている。

●ネットバンキングのWindows 10対応状況、三菱東京UFJ銀行などが発表
           IT総合情報ポータル「ITmedia」 2015年07月29日 11時45分 更新
三菱東京UFJ銀行、ソニー銀行などが「Windows 10」への対応状況を発表しています。
 「Windows 10」と新しいブラウザ「Microsoft Edge」が7月29日にリリースされました。これを受け三菱東京UFJ銀行やソニー銀行などが、ネットバンキングでの対応状況を発表しています。

 三菱東京UFJ銀行では、Microsoft Edgeでのネットバンキングの利用については「動作確認中」としています。動作確認が完了次第、Webサイトで知らせるとのこと。それまでPCでのインターネットバンキングには、「Internet Explorer 11.x」を利用することを求めています。

三菱東京UFJ銀行の告知
 住信SBI銀行は、「Windows 10」のプレビュー版で動作確認を行ったものの一部で正しく動作しない機能があるとし、IE 11を使うかアップグレードを待つよう呼びかけています。

 ソニー銀行は今後動作確認を行う予定とし、ジャパンネット銀行は「推奨環境ではなく、一部の機能が使えない可能がある」と発表。イオン銀行は法人向けのネットバンキングについて「動作確認が完了しておらず、現時点では推奨環境対象外」としています。

 あおぞら銀行はすでに、動作確認が完了するまでの間は「Windows 10」は利用できないと告知しています(関連記事)。動作確認が完了して、対応環境として追加するのは9月を予定。ほかにも北海道銀行や北洋銀行といった地方銀行や信用金庫など同様のアナウンスをしている金融機関もあります。

 現時点で対応状況を発表していない銀行もありますが、アップグレードする前に自分が利用している銀行のWebサイトをチェックしておきましょう。

 Windows 10は無料アップグレードを予約した人に配布開始されていますが、自動でアップグレードされることはなく、また予約の取り消しも可能です。

●我々は「Windows10」とどう向き合うべきか
   東洋経済オンライン  新世代リーダーのためのビジネスサイト 2015年07月29日松村 太郎 :ジャーナリスト
 Windowsの最新バージョン「Windows 10」の配信が始まった
マイクロソフトは、7月29日、Windowsの最新バージョンとなる「Windows 10」の配信を開始した。すでにWindows 7 SPもしくはWindows 8.1を利用しているユーザーは、発売から1年の期限つきで、無償アップグレードすることができる。

ただし、ボリュームライセンスで契約している企業向けは、この無償アップグレードに含まれない。また、Surfaceなどに搭載されていたWindows RTシリーズも、無料アップグレードからは除外されているので注意が必要だ。

また、前述のバージョンのWindowsを利用しているユーザーも、7月29日の配信後にすぐにWindows 10をダウンロードして試用し始められるわけではない。

まずはパブリックベータテストに参加していたユーザーから配信され、その後順次ダウンロード・インストールが行えるようになる。一般ユーザーはアップグレードの「予約」をしておくと、利用可能になった際にデバイスに通知が届く仕組みだ。

スタートボタン・スタートメニューも復活

Windows 10の主な新機能を簡単にまとめると、次のとおりだ。

・Windows 8で廃止されたスタートボタン・スタートメニューが復活し、長年のWindowsユーザーにとって親和性の高いデザインに変更された

・音声アシスタントCortanaや、生体認証Windows Helloなどの搭載

・仮想デスクトップに対応し、並列作業が便利に

・新ブラウザ「マイクロソフト Edge」を搭載し、標準ブラウザの高速化

・クラウドとの親和性向上などが図られる

・マイクロソフトが審査したWindows Storeアプリ

・パソコン、タブレット、スマートフォン、Xbox、IoTデバイスが統合され、ユニバーサルWindowsアプリ、すなわち同じアプリをこれらのプラットホームで動作可能としている

筆者の手元には、「Windows 8.1 with Bing」を搭載したASUS製ネットブック「EeeBook X205」がある。Windowsでしかできない金融機関の処理やセキュリティ認証のために手に入れたが、思いのほか動作が軽快で、本体も非常に軽いため、家の中のサブノートとして活躍している。

1366×768ピクセルのディスプレイ、1.3GHzで駆動するIntel Atomプロセッサ、64GBのeMMCを搭載し、パソコンとして充分な性能を発揮してくれる。最大の魅力はその価格。ポイント還元を含めず、3万円程度で手に入れることができるパソコンだ。

このパソコンに搭載されているWindows 8.1 with Bingは、Windows 10への無償アップグレードに対応しているバージョンであるため、早速アップグレードの予約をしておいた。

Windows 10は、カーネルから書き換えられた新バージョンではあるが、Windows 7で必要なマシンスペックを満たしていれば、そのまま動作するよう作られている。

そのため、長年にわたってみられたユーザー行動である「コストがかかる、あるいはパソコンを買い換えたくないからWindowsをアップデートしない」という選択を減らすことができる。

また、今後、Windowsのメジャーバージョンアップという考え方をやめ、最新のOSが随時無償でアップデートされていく方式に変わった。そのため、今回のバージョンアップの対象になっていれば、今後そのマシンでは追加でライセンスを購入しなくても、最新のWindowsを利用できるようになる。

「Windows 10」(英語バージョン)
パソコン特有の機能や周辺機器、利用しているアプリケーションのすべてが、初日からWindows 10に対応するとはかぎらない。無償バージョンアップは1年間有効であることから、じっくり構えておいてもよいだろう。

ただ、期間内のバージョンアップは行っておいたほうがよいと考えられる。

その理由は、Windows 8.1以前には対応しない、Windows Storeで配布されるユニバーサルWindowsアプリの存在だ。今後、アプリの配信はWindows Storeを介して行われるが、Windows 10でなければアプリが利用できない場面が増えてくると予測できるからだ。

OSのビジネスの変化

マイクロソフトは、WindowsやOfficeなどのメジャーバージョンアップによって、大きなビジネスを作り上げてきた。マイクロソフト自身もパッケージ販売やライセンス販売などが伸びるが、パソコンメーカーにとってもビジネスチャンスであった。

しかし、今回はビジネスライセンスや教育ライセンスではない、一般ユーザーの多くに無償で最新のWindows 10が配布される。Windows 7以上が動作するパソコンと同じシステム要件であることから、現在のパソコンの動作に不満がなければWindows 10も同じマシンで利用できそうだ。

ソフトウエアメーカーがOSを無償でアップデートすることは、OSそのもののビジネスに対する変化と感じ取ってもいいかもしれない。OSを無償で提供しているのは、Androidを擁するGoogle、そしてiOSとOS Xを無償化したAppleの2社だ。

これらの企業はそれぞれ、広告、デバイス販売というソフトウエア外のビジネスモデルで成長を続けているが、共通点はアプリストアを充実させている点だ。

マイクロソフトは、「Windows Store」と呼ばれるアプリストアを用意してきたが、Windows 10ではこのアプリストアの重要性を高め、ビジネスの軸とし、Windowsプラットホームの将来を切り開く要素にしようとしているようだ。

マイクロソフトは、アプリケーションやシステム開発環境として重要なポジションを占めてきた。

しかし昨今、シリコンバレーでもエンジニアの多くがMacを利用し、相対的にマイクロソフトのプラットホームの魅力や影響力が薄れてきたことに頭を悩ませてきた。開発者の活力が、ハードウエアやクラウドの活発な発展の原動力になることは、明白だからだ。

Appleが擁するMacもiPhoneも、少数勢力であり続けている。しかし多くの開発者が、いまだに「iPhoneファースト」を信奉し、著名となったアプリもまずはiPhone向けにリリースされてきた。

Appleがデバイスとソフトウエアを一手に引き受けているため、リソースが少ないスタートアップにとっては、確実な製品をリリースしやすいという事情があった。

そのAppleも、新しい開発言語Swiftをオープンソース化し、Linuxへの対応を進めるなど、開発者がリソースを有効活用できる環境を整備している。一方、Googleの圧倒的なモバイルデバイスの台数を誇るAndroidには、疑いようがない魅力が存在する。

意欲的なプラットホーム戦略とWin Storeの重要性

パソコン、タブレット、スマートフォン、XBOX、IoTデバイスが統合され、ユニバーサルWindowsアプリ(同じアプリ)をこれらのプラットホームで動作可能としている
こうした競合の動きを背景に、Windows 10をアプリ開発環境として注目すると、マイクロソフトは非常に戦略的に取り組んでいることがわかる。

前述のとおり、ユニバーサルWindowsアプリ、すなわちひとつのアプリをパソコンやタブレット、スマートフォン、Xbox、IoTで動作するよう開発できる環境を整えた。そのため、たとえばパソコン向けのアプリをスマートフォンで動作させたり、XBOXのゲームをパソコンで楽しむといった利用ができるようになる。

また、IoTデバイス向けのアプリ開発にも対応するため、パソコン・モバイルデバイスを組み合わせた新しいサービスの開発にはふさわしい環境へと成長していくだろう。とにかく、Windowsは10億台で動いており、これらのデバイスが市場となるなら、開発者にとって魅力的と言えるはずだ。

加えて、既存のウェブ、.NET、Windowsアプリ、Android、iOSのアプリを、Windows 10向けのアプリとして利用できる仕組みを取り入れている。JavaやC++で書かれたAndroidアプリはそのまま動作し、iOSアプリもコード変換によってWindows対応が実現する。

これによって、初期のアプリ不足や、ほかのプラットホームの魅力的なアプリの活用も可能になる。

Windows Storeをビジネスの核にすえる。Windows 10にはマイクロソフトのOSビジネスの大きな転換が込められている。もちろん巨大プラットホームの転換には多くの時間がかかるものと思われる。

開発者の充実は、ユーザーにとっても多くの魅力をもたらすため、期待を寄せつつ、Windows 10のアップグレードの予約をしておこうと考えている。

●Windows 10アップデートの前にシステムをバックアップしておこう!
      窓の杜(2015/7/29 05:05)
「EaseUS Todo Backup Free」を使ってバックアップ・リストアを行う手順を徹底解説

 Windows 10がとうとう正式にリリースされた。Windows 7/8.1環境で予約していたユーザーには、“Windows Update”を通じて順次アップグレードが無償で提供される予定だ。しかし、なかにはアップグレードを躊躇しているユーザーもいるのではないだろうか。日頃愛用しているアプリケーションやゲーム、ハードウェアが動作しないと困るというユーザーは少なくないだろう。

 とはいえ、せっかく無償でアップグレードが提供されるというのに、そのチャンスをみすみす逃してしまうのも得策ではないだろう。“Windows 10 を入手する”で互換性があると判定されている環境ならば、一度はトライしてみたいものだ。

 そこでお勧めしておきたいのが、今自分が利用している環境の“イメージバックアップ”だ。

 イメージバックアップとは、パーティションやディスクを単一のファイル(イメージファイル)として保存する手法を言う。OSやアプリケーション、ユーザーデータなどを、設定も含めてまるごとバックアップできるため、万が一新しい環境に不具合があったり、気に入らないところがあったとしても、使い慣れた環境へそっくりそのまま戻すことができる。

 イメージバックアップ機能はWindowsにも搭載されているが、バージョンによって機能や手順に差異があり、また若干煩雑でもある。PCの操作に慣れていない人には、シンプルなフリーのツールがお勧めだ。

 そこで本稿では、フリーのイメージバックアップツールのなかでも定評のある「EaseUS Todo Backup Free」を使って、Windows 7/8.1環境のイメージバックアップを行う手順をスクリーンショットを中心に紹介する。
・・・(略)・・・
結び
 筆者は「Windows 10 Insider Preview」を試用してきたが、Windows 8/8.1での不満点の多くが取り除かれており、完成度の高いOSに感じられる。アップグレードに不安を感じるのは仕方のない面もあるが、万全の準備をしていれば恐れることはない。本ソフトのようなバックアップツールを活用し、ぜひWindows 10を一度試してみてほしい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   
2015.5.19 11:25
旧カウンターから移行
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***
 

アクセス ナウ
→  ←