おいしい野菜をつくろう

採れたて野菜は おいしい!

さった峠からの富士山

2017-01-17 | 旅行
8年前の3月に カルチャー教室のハイキングで さった峠(薩埵峠)行きましたが
残念ながら 広重の浮世絵にあるような 富士山は 見えませんでした

 ネット画像

一度 薩埵峠からの富士山を見てみたいと 何回も言うので 夫が一緒に行ってくれると…
夫は 富士山は 冬の方が 見える確率が高いと言うので 1月の週間天気を 気にしながら見ていました

そして 昨日16日に決行!

JRで興津駅まで行き 薩埵峠登山口から登って 由比の町へ下りるコースです
夫が 由比で 桜海老のかき揚げ丼で ビールを飲みたいから 電車で行くと言うのでした


小田原から 東海道線に乗りましたが 興津駅では Suicaが使えませんでした
そのことは 10年以上前に 由比駅で降りたことがあるので 知っていたのですが
降りた駅で 精算してもらえば大丈夫と思って Suicaで乗ってしまいました

ところが… 興津駅は係員が常時いるわけではなかったのです
係員がいなければ 精算してもらえず そのまま出てしまうと 
小田原から興津駅まで乗ったと言うことが 証明されず 
不正乗車になってしまう可能性があるかも…?

…と言うわけで 駅の係員が もどるまで 待つしかなく…1時間近くのロス
その間に 昼食を…とも思いましたが 飲食店も あまり無くて…
結局 パン屋でサンドウィッチを買って 駅舎のベンチで食べながら 待っていました

東海道線の駅が 半無人駅状態とは…  経営合理化でしょうか???


やっと精算が済んで 薩埵峠の登山口へ タクシーで かけつけたら 既に13時です
登山口には 無料貸し出しの 杖も置いてあって 親切! ですが…ものの10分で 薩埵峠着(笑)



頂上には 少し雲がかかっていますが 良いです! 良いです!  満足です!
8年来の夢(大げさ?)が ようやくかないました

展望台からは 由比の町へ 1時間位のだらだら下りですが ずっと富士山が見えていました





駿河湾も 美しい青色~!



東名高速は この辺りでは 海の中を走っているって よく分かります


帰ってきてから ネットで調べたら 薩埵峠には
ライブカメラ
が設置されているのですね
今日も 富士山が良く見えているようです

由比の町へ着いて さぁ! 桜海老のかき揚げ! と店を探しますが…
行こうと思っていた店は 2時半でしまっていて 食べる店が見つからない…

お腹はぺこぺこ なんでも良いから 早く食べたいと たまたま開いていた 小さな店へ入り
ました
メニューは 桜海老のかき揚丼だけ!  あとはビールがあればOK!



なかなか美味しくて 残さず食べてしまいました

食べながら 店の女性(私くらいの年輩?)と いろいろお喋りして 由比について だいぶ勉強させてもらいました
その話は また 今度

由比の駅から 帰りの東海道線に乗って 20時前に帰宅しました
歩数は22,000歩になってました   さすがに疲れました

コメント

5回目の白菜漬け

2017-01-15 | おいしい物
買った白菜ですが 白菜漬けは すっかり得意になりました
これは 5回目の白菜漬けです



これまでで 一番美味しく漬きました
白菜が良かったのか~?  本格的に 寒くなって漬けたから 良かったのか~?
1回に1株だけしか漬けません  1週間ほどで 食べきりです


今日は 町内の どんど焼きでした



昔に比べたら ずっと小規模になりましたが…

たまたま 通りかかったら 「持って行って」と 頂きました 



町内会の役員さんや 有志の方々が 作ってくださった 団子
焼け焦げないように アルミ箔まで 巻いてくださっています
竹の先に 針金で吊るして 焼くように 竹の棒まで 用意してありました

昔は 各家庭で 団子を作ったのでしたが…

おまけの みかんやドロップも…!
姉の家の分まで 頂いてきました
団子は 家で もう一度焼いて 食べました 


最近 私が 「薬飲んだかどうか 忘れた…」と 騒ぐからか…?
夫が 百均で 買ってきてくれました



これなら 飲んだかどうか 一目瞭然!
いよいよ私も 本格的な おばあちゃんだな~(笑)
コメント (2)

1月は医療費のまとめをします

2017-01-14 | つぶやき
所得税の医療費控除の計算のために 毎年1月には 1年分の医療費のまとめをします
領収書を見ながら エクセルに じゃんじゃん入力し 合計を出すだけですから 始めれば 簡単   
電卓で計算していた頃は 何回も打ち直して 大変でしたけど…


まぁ 毎年 だいたい同じくらいの額になります
こうして 合計してみると 毎日飲んでいる薬代も バカにならないって 分かります

もし 全然 医者にかからなければ 1年で10万円近く 貯金できそうです
10万円あれば 旅行に行けますよ~(笑)

医者に払うお金は あまり 勿体ないって 感じてませんが
合計額を見ると 少々考えさせられます
少しでも 医療費を減らせるように 健康に過ごしたいものです

猛烈に寒い 一日でした

  
コメント

今年も二宮・吾妻山の菜の花を見ることができました

2017-01-13 | かなちゃん手形
例年 この時期に 二宮の吾妻山に行っています   4~5回は行ったでしょうか
明日・明後日は 天気が良くなさそうなので 今日 一人で行ってきました



普通なら20分くらいで 登れるのですが ゆっくりゆっくり 30分くらいかけて登りました
私より高齢と思われる方も 大勢登っていらっしゃいました
私は 何歳まで 登れるかな~?



あいにく富士山は 頭を出してくれませんでしたが 菜の花は これまでで一番きれいでした
満開になったばかりのせいか とっても良い匂いでした

10時からずっと 富士山が姿を現すのを待っていたという男性がいました
私は 裾のほうだけですが 見られたから ラッキーだったかな~?



下りは あっという間で 15分でした
駅近くのJA産直で みかんと 菜花(食用)を買いました



途中の スイセンも 良い匂いでした



朝は元気がなくて 出かけるかどうか 迷っていて 出発が遅くなりましたが
出かけてしまえば なんとかなるもので かなちゃん手形を活用して 安くて楽しいミニミニ旅でした

帰りは 二宮駅から 平塚に出ようと思いました   
普通なら JR東海道線を使いますが 時間はかかっても 路線バスにすれば 100円です
JRなら10分 バスだと30分以上かかりましたけれどね(笑)

平塚駅ビルに 無印の「MUJIカフェ」があったので 遅いお昼を食べました



平塚駅西口に 最近お気に入りのお菓子屋さん「葦」の本店があって お菓子を食べることも出るとか?
3時半を過ぎていて 風が冷たく 西口まで歩くのも大変でしたが 頑張りました
食べるためなら 頑張れるんです!

りんごのシブーストと紅茶で 一休み



平塚から またバスに乗って帰りました
5時半前に 家に着いたので 急いで晩ご飯を作りました
今日は 14,000歩でした

明日・明後日は 寒いそうです  
外歩きは 無理かな~?

今朝西の空に 沈みそうな満月



最近テレビで 落花生は 1日20粒食べると良いって言ってました
テレビで 良いと言ってたこと 全部実行したら 大変なことになりそうですが…ね(笑)

昨日 駅ビルで 普段より安い 秦野産の 殻つき落花生が目について 買ってきました
大好きだから 食べ始めると 止まらなくなるので 20粒だけ お皿に取って食べています



落花生の殻は 消臭剤になるとも言っていたので 魚を焼いたグリルの中に置いてみました
グリルの網を良く洗っても 魚を焼いた翌日は 台所がなんとなく 魚臭いような…? 

…なのですが 昨夜 魚を焼いたのに 今朝は臭わない…?   気のせいかな???(笑)


もう一つ 体に良いと聞いたのが  低脂肪牛乳



以前にも 低脂肪牛乳を飲んでいたことがありますが 飽きてしまい いつしか止めていました
ヨーグルトも良いそうですが 牛乳とヨーグルトの両方は…
乳製品 それほど好きじゃないので どちらか片方で…

しばらくは 低脂肪牛乳にしてみます













コメント (2)

長ネギのベーコン巻き

2017-01-12 | おいしい物
昨日は 家のことがあまりできなかったので 今日は 掃除や料理をちゃんと(?)しました
煮物のおかずは 午前中に作っておいたので 3時頃から 駅まで歩きました

東京の 台東区江東区の地図が欲しかったので 本屋に行くためでした
最近は 普通 スマホの地図を使いますので 紙の地図を置いている本屋も 少なくなりました

以前は コンビニでも その地域の地図を置いていたのですが…   今は全然ありませんね
だいたい 本屋そのものが 少なくなってきていて 
駅を降りたら 本屋で地図を買う…っていうのも 困難になっています

…なので 今日は 取り寄せてもらうように 注文だけしてきました
あと 財布を買いたかったので 少し見て歩きましたが 気に入ったのがなくて またにしました
スマホカバーも だいぶくたびれてしまったので 買い換えたいので 見てきましたが
これも 決まらず…  往復歩いて 11,000歩

夕飯は 煮物と 赤魚の干物と 春菊のお浸しと 長ネギのベーコン巻き



これは 暮れに お嫁さんに教わったもの
もう一品欲しい時に 簡単便利

ベーコンは スーパーで売っている 超薄のハーフベーコンが 巻きやすいです
これをフライパンで 焼きます    
蓋をして 極弱火 10分ちょっとで 中のネギもとろりとやわらかくなりました


年末年始は 出費がかさんだので 1月は緊縮財政です
できるだけ 家にある物で 食事の準備をしているので 冷蔵庫の中もさっぱりしました
良いことですね~


夫が 「鐙摺」って 読める?  と聞いてきました
こんなの スマホがあれば簡単!
金偏に登」で検索すれば すぐ「鐙=あぶみ」と読めます

鐙=あぶみとは…鞍 (くら) の両脇につるして、乗り手が足を踏みかけるもの だそうです
鐙摺(あぶずり)=馬の鐙がすれるほど、道幅の狭い箇所
 と 調べればすぐに分かりました


夫は 来年の年賀状用の 富士山を撮りに 葉山方面に行って 鐙摺というバス停を見たんだそうです
京急バスのバス停のようです  

そういえば 葉山の日影茶屋に あぶずり餅っていうお菓子がありましたよね
友達が言うには あぶずり餅は もう作っていないとか…?

ただ その日影茶屋の店は  鐙摺というバス停のすぐ近くらしいです
それで「あぶずり餅」というお菓子を つくったんでしょうかね~?
あぶずり餅は もう作ってないって 本当かしら~?
お手ごろ価格で 美味しかったんですが…


俳句をする友達に話すと 芭蕉の奥の細道には 鐙摺石と言うのが出てくるそうです
福島県二本松市鐙摺石という地名が あるんだそうです

馬の鐙がすれるほど、道幅の狭い箇所と言うのは そこらじゅうにありそうですものね
葉山には 鐙摺港・鐙摺城などがあるそうです   面白いです




 
コメント

両国ぶらぶら散歩

2017-01-11 | 趣味
新しくできた すみだ北斎館の 最初の企画展が 15日で終わるので 行ってみることにしました
最初の頃は ずいぶん混んでいたようですが 今日は どうだろう…?

ひどい混雑ではありませんでしたが やっぱり並んでいました
お正月が済んで みなさん そろそろお出かけ…という頃だったのかもしれませんね

この施設 あまり大きくない上に 4階の企画展室には エレベーターでしか行けないんです
4階から 3階の常設展室には 階段がありますが 1階の出口へは 階段がありません
なぜ階段をつけなかったのでしょうか~?
非常階段はあるのでしょうが 4階くらいなら 普通の階段は必要だと思うんですが…

展示の方は なかなか観やすい工夫がされていて 良かったと思います


JR両国駅から 徒歩9分となっていましたが 途中で分からなくなり 信号待ちのとき人に尋ねました
たまたま北斎館の近くに住む方で 一緒に行きましょうと 案内してくださいました

途中いろいろお話を聞きましたが「ここが北斎通りっていうんですが 何にもないんですよ」
「北斎館に来た方は どこでお茶や食事をされるんでしょうね~?」…と (笑)


ひと通り観た後 江戸東京博物館の1階のレストランで 食事をしました
食事が済んだら あまり良くなかった体調が やや良くなってきたようです

だったら これで帰ってしまうのは…勿体ない 
せっかく両国に来たのなら 是非行きたい所がありました

東京都慰霊堂です





関東大震災のとき 陸軍被服廠跡地だった この場所で 多くの人が被災したそうです
以前一度来たのですが その時は 耐震工事中で お参りできなかったので
両国に来たら 是非 再訪したいと思っていました


両国に来たら やっぱり 国技館も見なくっちゃ  ちょうど初場所中ですからね





前を通っただけですが ちょうどお相撲さんが 入場するのを見かけました
多くの人が 道路で 入場するお相撲さんを 迎えていました (入り待ち?)

街にも 駅にも お相撲さんが 歩いていました
お相撲さんって そばで見ると 大きい!
すれ違うと びんつけ油が 良い匂いでした



国技館に来たら もう一足延ばして 回向院へも行きたい
午後になったら 体調がだいぶ良くなってきた感じなので さらに頑張ってみました





回向院は 南千住にもありました
南千住の回向院は 小塚原回向院と言って 両国の回向院とは 別なのでした

回向院まで来ると 隅田川を渡る 両国橋も すぐそこです
両国橋を渡ると 墨田区から 中央区に入ります
少し歩けば 日本橋浜町です

浜町から 都営新宿線で 帰ろうかとも思いましたが すでに相当歩いたので
両国橋は ただ渡っただけで また JR総武線の 両国駅にもどりました

両国橋のガードレールは 相撲の軍配のデザインでしたよ



総武線といえば 途中の飯田橋で 寄りたい所があります
神楽坂の 甘味処 紀の善です

昔 父親が 飯田橋の病院 に長く入院していたので 面会に来るたびに 紀の善で休んだのです
寒い時は 粟ぜんざい と決まっています



粟が とっても美味しいのです
ひさしぶりに食べて 満足!

すぐ近くに ペコちゃん焼きの店があります


 
お土産に 2つだけ買いました



あちこち歩き回ったので 急がないと 晩ご飯支度に間に合いません
来た電車に 飛び乗りましたが 幸い座れました

6時には 家に着き ちゃんと晩ご飯が できました
今日は よく歩いて 19,000歩超えでした

とっても久しぶりに 沢山歩きましたが かえって調子良いみたいです
これからも 寒さに負けず 頑張らなくっちゃ!
続くかな~???(笑)
コメント

タマネギに追肥

2017-01-10 | タマネギ
タマネギに追肥をしました
今のところ 順調に生長しているように見えます



今週末には 厳しい寒波が来るらしいので 土の中の里芋も心配です
藁とブルーシートを除けて 1株掘ってみました

洗ってみると 傷んではいないようでした



いつもは 良い物を人にあげてしまいますが 今回は 大きくて良い物を 自分で食べます

コンニャク・人参と一緒に 煮てみました
ほっくり美味しく煮えました 



里芋は 寒い所に置くと 風邪をひいて ゴリゴリになったり 赤いすじが入ったりしますので
残ったのは 新聞紙で包んで 紙袋に入れて 部屋の中に置きます

まだ 畑には あと1株残っているはずです(藁が多過ぎて 良く分からない…?)
芋が風邪を引かぬうちに 美味しく食べたいと思います


歩行不足の年末年始

12/25~本日1/10までの 歩数の記録を見ると
この17日間で 1万歩を超えたのは 日間だけでした

2100歩なんていう日もありました
年末年始は特別なので 仕方ありません
昨日から また 新たな気持ちで 頑張っています
コメント

「どんこ椎茸」と「こうしん椎茸」の違い

2017-01-09 | おいしい物
健康保険組合から 長寿祝いのカタログが届きました
私が 選んだのは これ ↓  (やっぱり食べ物)(笑)



どんこの干し椎茸って高いから これだけまとまって 買うことは ほぼありません
ちょっとぜいたく気分で 嬉しい 長寿祝いでした

せっかくの どんこなので 含め煮にしてみました
含め煮って ちゃんと作ったことないから レシピ検索して 真面目に作りました



美味しそうに煮えました  
しばらく置いて 味がしみてから食べてみようと思います


ところで 「どんこ」って 何なのか良く知りませんでしたので ここで調べてみました
私が スーパーなどで買う 「こうしん」っていうのと どこがどう違うのでしょう~?

以下 コピーさせていただきました


☆どんこって何?

かさの開き具合がポイントです。

乾しいたけについて、かさが7分開きにならないうちに採取したしいたけを使用したものを「どんこ」と呼び
7分開きになってから採取したしいたけを使用したものを「こうしん」と呼んでいます。
この二つの中間のかさの開きのものを「こうこ」と呼びます。

「どんこ」という品種ではないのですね


へ~っ! そうだったんですか?   何にも知らない私でした

お正月には 煮物をしないで 今ごろ煮物をして 変わり者ですが…
椎茸の他に 煮る物はないかと 冷蔵庫を探したら コンニャクと金時人参がありました

これで 今夜のおかずが できちゃいました
冷蔵庫の中も いよいよ空っぽです(笑)


晩ご飯のおかずにするつもりだったのですが お昼に 食べちゃいました



こんにゃくと金時人参は 一緒に煮てしまいました
なんか 今ごろ おせち料理の真似ごとみたいです








コメント (2)

スティックセニョールに花が!

2017-01-05 | 野菜
茎ブロッコリーは 鳥が葉を突っつくので ネットをかぶせてあるため 採り残しがでます
今日も 花が咲いてしまったのを 発見しました



出かけたとき 沿道の畑を見ていると 菜の花が咲き始めています
寒さは これからが本格的なのでしょうが 春の兆しもあるのですね~

そうそう 梅が咲いているところもありました


共稼ぎの娘の家では 親は仕事ですが 学校はまだ冬休み
…なので 今日・明日は また預かります

遊び相手も なかなか大変です
寒くても 外で遊びたがります
庭や畑の 花や実を摘んできて プランターの土に挿して遊んでいました



孫を迎えに行ったとき 高速道路から 富士山が見えました
天気は良かったけれど 半分 雲に隠れてました



コメント (2)

ネギたっぷりのすき焼きでお正月

2017-01-04 | おいしい物
今年もお正月は すき焼き


6人が1泊でしたが 全部で8人
疲れ果てました

元気に凧揚げ


今日は 一人で静かな一日
一万歩散歩に行き 切り干し大根作りをしました



賑やかもよいけれど 一人で静かも 良いな~
コメント (2)