はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

8月3日(月)のつぶやき

2015-08-04 | 脱原発
コメント

おしゃれなおっさんになった・・・

2015-08-03 | 議会

気温39度を超えている町の人たちに比べたら、4度も低いんだわ・・・

と、思うことにしている。

握り拳にグッと力を入れて、手の甲を見ていたら、

汗の粒がキラキラと光って見えることを発見! じゃなかった・・・

汗の結晶だった! しょっぱいよ!

首の手拭いも汗を吸って、ベタベタになるので

何度も取り替えなきゃならないほどだ。

この定番になった首のタオルは、あまりにおっさんなので

昨日、100均でかわいい柄の、ガーゼの手拭いをゲットしてきた。

水玉模様がなかなかおしゃれだ・・・

今日は、午前中に2つの総会、午後からは広報広聴委員会に出席、

どの会議でも、出席者の中に女性はわたしひとり・・・

誰だ! あんたもおっさんや! なんて言うのは!

 

 

 

コメント

8月1日(土)のつぶやき

2015-08-02 | 脱原発
コメント

明日から八新はお休みになります

2015-08-01 | 日々の暮らし

明日から、健さんと孫は、九州・別府へ・・・

別府は、健さんの母・英子さんの生まれ故郷、

健さんにとっても第2の故郷。

健さんと孫のふたりだけの旅行も初めて。

当初の計画では、行きはフェリーだったが、予約が取れず

往復とも山陽新幹線の利用となった。

健さんが戻ってくるまで、八新は、しばらくお休みです。

 

コメント

天声人語、7月の言葉から

2015-07-31 | ニュースから

水曜日は、凸凹陶芸教室。

木曜日は、病院。

今日も朝から、外出、合間に電話取材が相次ぐ。

けっこう、お疲れモードのはるみです。

明日もまた、朝から・・・ハードな毎日がまだまだ続く・・・

4月の選挙後、ほとんど休むことなく続けてこれたのは、

ちょっと奇跡に近い!

去年から毎週通っているリハビリの効果も大きいのだろう。

さて、今日の朝日新聞の天声人語、7月の言葉からがとてもいい。

わたしの愛車にも貼ってある「アベ政治を許さない」は

目立つよ!

安保関連法案に反対する声が広がり続けている。平和主義と立憲主義が全国で語られた7月の言葉から

▼「アベ政治を許さない」。各地で一斉に掲げられた文字は、俳人の金子兜太(とうた)さん(95)が書いた。首相と米国の関係を哀れむ。「でっち小僧が旦那になだめられたり引っぱたかれたり、時々菓子をもらったりして、いいようにされている姿を想像してしまう」

▼国は全自衛官との再契約を。元陸上自衛隊レンジャー隊員の井筒高雄(たかお)さん(45)の主張だ。「本土防衛を前提とした服務の宣誓内容を、集団的自衛権の適用に沿って改訂させ、それができない隊員については、無条件で退職を認めることです」

▼「自由と平和のための京大有志の会」の声明書が共感を集めた。与党による言論への威圧にも憤る。〈生きる場所と考える自由を守り、創るために、/私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない〉

▼反戦を貫いた行動の人、鶴見俊輔さん。その死を、学生らの「SEALDs(シールズ) KANSAI」に属して法案に抗議する塩田潤さん(24)が惜しむ。「鶴見さんたちの存在があるから僕たちがある。鶴見さんたちが作った戦後の平和と民主主義を受け継ぎたい」▼戦後70年の「安倍談話」に識者74人が共同声明で注文をつけた。先の戦争で日本が〈過ちを犯したことは潔く認めるべきであります〉。潔さこそが〈国際社会において日本が道義的に評価され〉る態度だ、と。数々の声に政権はどう応えるだろうか。

 

 

コメント

7月29日(水)のつぶやき

2015-07-30 | 脱原発
コメント

9月27日は 一村明美さんのライブです

2015-07-28 | 映画・音楽・演劇・絵画など芸術関連

パソコンの調子がまた悪い。

お願いだから、ぶっこわれないで!

と、祈りつつ、恐る恐るブログの編集画面を開く。

開け! 開け! ホッ・・・開いた・・・

このパソコンの分割払いがやっと終わったところなんだから・・・

今日は、ATMでお金をおろすときにも、暗証番号の画面が

動かなくなってあせってしまったし、

静電気のせいらしいけれど、どないなってんの? わたしの体・・・

タブレットとかスマホとか、喉から手が出るくらいほしいけれど、

息子や電器屋さんにまで、やめた方がいいよ・・・と、止められる始末だ。

ハ〜・・・情けない。

 

さて、およそ2か月後のお知らせです。

9月26日には「こどもミュージカル」が、

そして翌27日(日曜日)には、敦賀の女優・一村朱美さんのライブが

若州一滴文庫くるま椅子劇場で開催されます。

開演は午後2時。

ぜひ足をお運びくださいませ。

一村朱美さんは、高校の時の同級生で、今はご近所さんです。

才色兼備って言葉は、この人のためにあるんだなぁ・・・

と、思い知らされたわたしの高校時代・・・

劣等感の塊が、開き直って、いまや「嫌われてなんぼや!」と

いたるところで、物議をかもす図々しい女・・・

エッ・・・あんたはおっさんや! ですか?

 

 

コメント

7月26日(日)のつぶやき

2015-07-27 | 脱原発
コメント

柴田 万奈さんのスピーチ

2015-07-26 | ニュースから

柴田 万奈さんのスピーチを読んで、涙が止まらなかった。

今の若いもんは・・・なんて言葉を吐くひまがあったら、

わたしたちも声を上げなければならないのだ。

わたしの涙は、うれしい度100%の涙だ。

彼女たちに日本の未来を託せる期待度100%の涙だ。

       

「こんばんは。大学3年の芝田万奈です。今日は安倍晋三さんに手紙を書いてきたので読ませていただきます。

 安倍晋三さん。私は、あなたに底知れない怒りと絶望を感じています。

 先週、衆院安全保障特別委員会で、安保法制がクーデターとも言われるかたちで強行採決されました。沖縄では、県民同士を争わせ、新たな基地建設が進められています。鹿児島では、安全対策も説明も不十分なまま、川内原発を再稼働させようとしています。

 一方で、東北には、仮設住宅暮らしを4年以上続けている人は、まだたくさんいらっしゃいます。あなたはこの状況が、美しい国・日本のあるべき姿だと言えますか? 

 アメリカは、「自由と民主主義」のためとして、世界中に基地をかまえて、紛争地域を占領し、市民の生活を脅かし、そして9.11のあとに、『対テロ戦争』として、無差別殺人を繰り返してきました。

 後藤健二さんが殺害された時、私は、日本がアメリカのような対テロの戦いを始めるんじゃないかと思って、とても怖くなったのを今でも覚えています。

 しかし、日本はアメリカと同じ道を辿ってきてないし、これからも辿りません。

 被爆国として、軍隊を持たない国として、憲法9条を保持する国として、私たちには、平和について真剣に考え、構築し続ける責任があります。70年前に経験したことを、二度と繰り返さないと、私たちは日本国憲法をもってして誓ったんです。

 武力に頼る未来なら私はいりません。人殺しをしている平和を、私は平和と呼びません。いつか私も自分の子どもを産み、育てたいと思っています。だけど、今の社会で子どもを育てられる自信なんかない。

 安倍さん、私のこの不安を拭えますか? 子どもを持つ親御さんたちに、安心して子育てができる社会だと言えますか? 福島の子どもたちに、安全で健康な未来を約束することが出来ますか? 沖縄のおじいやおばあに、基地のない島を返すことはできますか?

 自分の子どもが生まれた時に、真の平和を求め、世界に広める、そんな日本であってほしいから、私は今ここに立って、こうして声を上げています。未来を想うこと、命を大事にすること、先人の歩みから学ぶこと、そんな当たり前のことを、当たり前に大事にする社会に私はしたいんです。

 家に帰ったらご飯を作って待っているお母さんがいる幸せを、ベビーカーに乗っている赤ちゃんが、私を見て、まだ歯の生えない口を開いて笑ってくれる幸せを、仕送りしてくれたお祖母ちゃんに『ありがとう』と電話して伝える幸せを、好きな人に教えてもらった音楽を帰りの電車の中で聞く幸せを、私はこういう小さな幸せを『平和』と呼ぶし、こういう毎日を守りたいんです。

 憲法を守れないこの国の政府は『この道しかない』とか言って、安倍政治を肯定しようとしています。平気で憲法違反するこの国の政府に、どうしたら国際社会の平和を構築することができるのでしょうか。

 国会で野次を飛ばすような稚拙な真似をしてみたり、戦争を近所の火事に例えたり、粛々とあの美しすぎる大浦湾を埋め立てようなんて、私には本当に理解できません。あなたの一切の言動に、知性や思いやりのかけらを感じたことがないし、一国民としてナメられている気がしてなりません。

 安倍さん、私はこれ以上、私が生きるこの国の未来を、あなたに任せることはできません。私が願う、一人ひとりが大切にされる、民主的で平和な明日を、あなたと一緒に作りたいとも思わないし、あなたと一緒に作れるとも思いません。

 この場から見えるこの景色が、私に希望を与えてくれます。安倍さん、あなたにもここに立って見てほしい。本気でこの国の未来を思い、行動する人たちの顔は、きっとあなたが永田町で毎日合わせる顔の何十倍も強さと希望にあふれているということを。

 あなたの手の中に、民主主義もこの国の未来もありません。ここにいる私たち一人ひとりで勝ち取りましょう。

 2015年7月24日。私は安倍政権に退陣を求めます」

コメント

7月24日(金)のつぶやき

2015-07-25 | 脱原発
コメント

最近、眠いはるみが続いています・・・

2015-07-24 | 日々の暮らし

 梅雨明け宣言がでたすぐあとからのひどい雨。

今日は、この雨の中、朝からでかける用事が相次いだ。

車の乗り降りだけでびしょぬれになってしまうほど、ひどい雨だった。

その雨も午後からは小やみになったけれど、台風がまた近づいている。

病院のリハビリからもどってきたら、すでに3時半を過ぎていた。

ここまでは、昨日のこと。

 リハビリの後はいつも、身体がフニャフニャになって、

起きていられない・・・で、すぐに眠りについたので

ブログは、23日の午後10時で、止まったままになってしまったという訳だ。

 おとといも陶芸教室の後、写真をアップしようと思いながら

やっぱり眠ってしまったわたしです。

先月の力作(?)が焼きあがってきたので、お披露目します。

    なかに、ろうそくを入れようと思っています。

                

お香を焚いてもいいかな・・・

 

 

 

コメント

7月22日(水)のつぶやき

2015-07-23 | 脱原発
コメント

暑いって言ったら 罰金だ・・・

2015-07-21 | 日々の暮らし

今日は、北陸も梅雨明けのニュースが流れて、日中は暑いが熱い! 

に感じるほどだった。

昔、むかし・・・「暑い」って言ったら罰金10円!

なんて取決めしてたなぁ・・・

いまならさしずめ、罰金も100円ってとこだろう。

すでに今日のわたしの罰金は2000円を ゆうに超えている。

保冷剤を冷凍庫で冷やして、首に巻き付けるやつも

10分ぐらいで、体温と変わらなくなって、かえって暑苦しいぐらいだ。

タオルを水でぬらすタイプのも、使ってみたけれど、

やっぱり10分しかもたない。

結局、首にタオル、おでこにもタオルのおっさんスタイルが一番だ。

さすがに出かけるときは、おでこのタオルははずすけれど・・・

さて、18日の土曜日にマイカーに貼った

「アベ政治を許さない」のポスターを見た人から

これはいいね! と言ってもらえた。

明日、このポスターを多めにコピーして、いいね! と言ってくれた人に

どこかに貼ってもらえるように、おすすめしようと思う。

 

 

コメント

7月20日(月)のつぶやき

2015-07-21 | 脱原発
コメント

タミヨさん新聞に載る

2015-07-19 | ニュースから

低気圧が近づいてくると、頭痛がひどくなる。

こんなサインをだす体がうらめしい。

台風のせいで、頭痛がもうどうにもとまらない状態だ。

思考回路は停止し、本も読めないし、痛み止めを飲んで、横になるしかない。

さっきまで、明日は月曜日だし市役所へ行かなきゃ! と思い込んでいたから

はよ治さなあかん・・・とあせっていた。

明日はやすみやで・・・三連休やんか・・・と言われ気が緩んだ。

もう1日、ゆっくりできると思ったら、少し元気が出てきた。

で、ブログを書いている。

 

 7月15日付けの

日刊県民福井「そこは焼け野原だった〜福井・敦賀空襲70年」に

タミヨさんの体験談が載った。

今は、市立博物館になった旧大和田銀行に海軍の武官府があって

そこに勤めていたタミヨさんの話である。

89年生きてきて、生まれて初めて新聞に取り上げられた感想を

聞いたら、ちょっと口をとがらせて、

話したことの半分も載っとらん・・・という。

アッツ島の玉砕を聞いたときに、日本は負けると思ったとか

けっこういろいろ話したんやけどなぁ・・・

紙面にはタミヨさんの顔写真とともに、

博物館を見上げているタミヨさんの姿も載っていた。

毎週通っているサロンやご近所の人たちからも、

新聞を届けてもらったり、声をかけてもらって

うれしそうにはしゃいでいるタミヨさん。

武官府の将校から「健康な日本人を産んでほしい」と言われた話が

紙面の最後の方に載っていたけど、

あんたの産んだ子どもは、世間から問題児と陰口をたたかれるほど

憎まれっ子 世にはばかっておりまっせ!

そやから、心配で死なれへんのや・・・タミヨさん言うね!

 

 

 

コメント