はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木のはな

2016-06-27 | 日々の暮らし

10日ぶりにリハビリ。

肩を上げ下げするたびに、ゴリッ! ゴリッ!と音がするぐらい

凝り固まっている身体をほぐしてもらった。

身体も目つきも心までもが、トロ~ン・・・

 

お昼過ぎに健さんの車で帰途につく。

武生インターから高速を使った。

 

道の両脇には、ねむの木が淡いピンクの花をつけて

ねんねんねむの木・・・

とまるで、子守歌をうたっているように揺れている。

 

ねむの木は、日が落ちると眠るように葉を閉じることから

その名がついたという。

 

そして、夜のとばりが下りるころ、淡いピンクの花が開く。

なんだか艶めかしい・・・と思ったら

紀女郎(いらつめ)の歌にあった。

昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木のはな
君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ

恋人同士が抱きあうさまを、合歓の木に重ね合わせているという。

中国では夫婦和合の木と言われている。

花の物語は、奥が深い・・・

 

今夜は子守歌など、口ずさみませうか・・・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月26日(日)のつぶやき

2016-06-27 | 脱原発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無窮花(ムグンファ)

2016-06-26 | 日々の暮らし

夏椿が散ってしまった。

雨上がりの庭では、ほんのりと紅をつけた宗旦むくげが

花をつけはじめた。

   

むくげは、おとなりの韓国の国花でもある。

韓国語では無窮花(ムグンファ)という。

無窮花の花言葉は「一途な心」「粘り強さ」。

寒さに強く丈夫で、花が一斉に咲いて落ちるのではなく、

次々と新しい花を咲かせ、長い期間、

花が咲き続けるため無窮花と呼ばれているという。

暑い夏の間も、心を慰め続けてくれるだろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(土)のつぶやき

2016-06-26 | 脱原発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信用ならない話・・・

2016-06-25 | ニュースから

よくある電話でのアンケートが、どうも信用ならないのである。

2世代、3世代同居の家庭ならいざ知らず、

若い世代のみの家庭で、固定電話を所有している人は

少ないのではないかと思うからだ。

 

携帯電話も今は、スマホやタブレットなどへと移行しているし

ガラケーでさえ、希少種の時代である。

 

固定電話でのアンケートに応じられる人は、

限られてくるのではないだろうか・・・

 

日経リサーチや新聞社などのメディアが使う調査の方法が

「RDD」といわれるもの。

「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」の略で、

コンピューターで無作為に数字を組み合わせて番号を作り、

電話をかけて調査する方法。

電話帳に番号を掲載していない人にも調査ができるため、

電話帳から番号を調べる方式より偏りなく

調査の対象となる人を選ぶことができまる。

と、いわれているけれど、なんだかすっきりしないわたし・・・

この方法で、本当に

20~30代の若い世代の声を聴くことができているのだろうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日(金)のつぶやき

2016-06-25 | 脱原発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風のマジムとアグリコール・ラム酒

2016-06-24 | うまいもん

昨日は沖縄慰霊の日。

 

わたしが手にした本は、原田マハさんの「風のマジム」。

沖縄のサトウキビで、沖縄産のアグリコール・ラム酒を造ることに

情熱を傾け、会社を設立する女性の物語だ。

その女性が現実に存在する・・・と原田さんはあとがきで述べていいる。

物語を読みながら、アグリコール・ラム酒を味わってみたいと

思ったわたしは、さっそくその会社のホームページにアクセスした。

グレイスラム株式会社である。

http://rum-shop.jp/company.html

しかもラム酒を注文・・・

お酒を受け付けない身体というのにである。

 

飲む前から「風のマジム」とアグリコール・ラム酒の両方に

酔っぱらってしまった・・・わたし。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住民投票で嶺南も福井県から離脱する?

2016-06-24 | ニュースから

お昼頃、イギリスがEU離脱! のニュース速報が流れた。

その直後、円は99円になった。

キャメロン首相は辞意を表明。

スコットランドの独立運動が再燃するのではないかともいわれている。

日本の経済に今後どのような影響が出てくるのだろう。

 

福井県では、県議会が廃炉の原発に課税するあらたな「核燃料税」を

可決したとのニュース。

全国初だ。

税の配分を巡り、

原発立地の嶺南と福井県との格差がまた問題になってくる。

嶺南も福井県から離脱する道を探る?

住民投票で・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月23日(木)のつぶやき

2016-06-24 | 脱原発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分のいい1日・・・

2016-06-23 | うまいもん

今日は、ひさしぶりに気分のいい1日だった。

体調の方は、相変わらずだけれど

それ以上に、心が温かくなる出来事があったからだ。

 

しかったり、うれしかったりすることが、あるとこんなにも

気持ちが変わるってことをずいぶん長い間、忘れていた気がする。

 

テレビの議会放映を見ていた人が

はるみさんの怒っている顔が怖かった・・・

なんてことをつい昨日、言われたばかりだったから

なおさらなのかもしれない。

ほんとは、にこやかな笑みを浮かべながらも

追及できるような芸当ができるといいのだけれど

大人になり切れていない感情むきだしの

わたしもわたしなんだから、しかたがない。

 

さあ、明日は議会最終日だ。

体調のためにも、心やすらかにすごせますように・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月22日(水)のつぶやき

2016-06-23 | 脱原発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お~怖!

2016-06-22 | 医療と健康関連

子宮体がんの検査結果は、マイナスだった。

とりあえずは、安心である・・・

じゃあ、なぜ出血するのか?

内診でも異常は見られず、傷もないという。

 

原因がわからないと、わたしの?????マークは

いや増すばかりなのに・・・

知りたい・知りたい・知りたい・・・という欲求がムクムクと

頭をもたげてくる。

専門の医師にもわからない原因だと理解はしている。

ネットでも検索しまくったけれど、

わたしの知りたいことには、行き当たらない。

 

で、もう考えないことにした。

きっと熱しやすく冷めやすい体質なんだろう。

その割には、しつこいけどね・・・

なかなかあきらめないしね・・・

わたしって、けっこう、複雑怪奇な性格かもしれない。

お~怖!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月21日(火)のつぶやき

2016-06-22 | 脱原発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月議会も最終日を残すだけ・・・

2016-06-21 | 議会

9時半から文教厚生常任委員会で

所管事務調査のための確認と採決を行った。

放課後児童クラブの現状を調査するためである。

 

10時からは、予算決算常任委員会で

6月議会に提案された予算案についての

各分科会長の報告と採決があった。

 

10時50分からは、議会運営委員会が開催された。

委員外議員としてわたしも出席。

つもながら、委員外議員でも発言を認められている

敦賀市議会の民主的運営は、素晴らしいと思う。

 

すべての議事がおわり、その他の項に移ったのを機に発言。

一般質問での市長や教育長の「答えません」発言について

議会から申入れ等、アクションを起こすようにである。

活発な議論が続き、今回は議会としてのアクションを

見送ることになったが、

福谷委員長が今回の件について、総務部長に話をするとのこと。

また、9月議会でも行政側の態度が変わらなければ

議会として正式に申入れを行うことも確認。

議会運営委員会は12時前に終了した。

 

午後1時からは、広報広聴委員会。

議会報告会と議会だよりについての意見交換を行った。

 

4時前に帰宅。

 

なんか重要なことを忘れているようで手帳を確認。

今日の午後5時が討論通告の締め切りだと書いてあるではないか!

あわてて議会事務局へかけもどり、

事務局のカウンターで通告証を書いた・・・

通告を忘れたら、最終日に討論ができなくなってしまうとこだった。

ほど疲れていたのか、家に帰り座ったとたん、眠ってしまい、

7時に行く予定だった、古くからの知人のお通夜に

行けずじまい・・・

は~・・・これから4件の討論の原稿が待っている

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩誌 「角」 40号が届く

2016-06-21 | 読書ナリー

敦賀の市民劇団「いっかいこっきり」の演出家だった

家高勝さんから「詩誌 角 40号」が届いた。

     

表紙の題字はもちろん、千葉半厓さんである。

敦賀の詩人でもあり、福井県詩人会の重鎮でもある

岡崎純さんや

民俗学研究者の金田久璋さんもお名前を連ねている

格調高い同人誌である。

「角」40号記念エッセイには

山田清吉さんの「原発ゼロに」が掲載されている。

読み応えのある同人誌を2時間かけて読み終えたところだ。

活字を追っているときは、

不思議と頭痛を忘れているわたしである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加