はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

3月4日(水)のつぶやき

2015-03-05 | 脱原発
コメント

3月3日(火)のつぶやき

2015-03-04 | 脱原発

1,200万円をごみにした敦賀市・・・ goo.gl/glqb43

1 件 リツイートされました

コメント

ドキドキ・・・地震 敦賀は震度2

2015-03-04 | 東日本大震災

今、地震がきた〜・・・時刻は0時4分。

地震情報が出たのは08分ごろ、敦賀は震度2とのこと。

2週間以内に北信越に強い地震が・・・なんて話が週刊誌に載っていたから

ちょっとドキドキした。

震源地の岐阜県では震度4、けっこう広範囲で揺れたようだ。

 

朝からずっと花粉症で、鼻水とくしゃみが止まらないわたしは、

落ちてくる鼻水をティッシュで押さえながら、

このブログを書いている・・・

そう! 鼻水はツ〜ではなくタラタラタラ〜と

とめどなく滴り落ちるのである。

パッキンのゆるんだ蛇口から水が流れっぱなし! と同じ状態なのだ。

 

はて? 

わたしはいったい何を書こうとしていたのかしら?

さっきの地震で、すっかり頭の中から消えてしまった・・・

という情けないことまでおきている。

こんなときは、さっさと寝るに限る・・・というわけで

おやすみなさいませ・・・

 

コメント

3月2日(月)のつぶやき

2015-03-03 | 脱原発
コメント

1,200万円をごみにした敦賀市・・・

2015-03-02 | 議会

今日の予算決算常任委員会でのびっくり仰天な答弁・・・

金ヶ崎緑地とレンガ倉庫の整備がすすめられている敦賀市。

今回の予算にも関連事業がいろいろと計上されている。

そのひとつに、レンガ倉庫に隣接するオープンガーデンの整備に

2,700万円の予算が計上されていた。

実はこのオープンガーデン、芝生やベンチ、植栽の整備が1,200万円かけて

2〜3年前に整備されたばかりなのだ。

質疑の中で、以前のベンチや芝生、植栽はどうしたのかを聞いたところ

なんと! ベンチはしまい込んであるが、

芝生や植栽は引っこ抜いたんだそうな・・・

で、それをどこかに植え替えたのか? と聞いたら

処分したというではないか!

今回、新たな敦賀市のごみの最終処分場の場所の選定や、規模などを

計画するにあたっての基本構想策定の予算も計上されている。

赤崎区にある最終処分場があとしばらくで満杯になるからである。

市民にはごみの減量化を図ろう! と呼びかけていながら

行政みずからが、1,200万円を無駄なごみにしてしまう感覚が

信じられない・・・

国のアベノミックス丼勘定にもあきれたけれど、

金銭感覚がマヒしてるとしか思えない敦賀市には

開いた口が塞がらない・・・

 

 

コメント

3月1日(日)のつぶやき

2015-03-02 | 脱原発

新幹線で失うものの方が多い気がするけど・・・ goo.gl/1fUXWq


コメント

きょうは立候補予定者者説明会があった

2015-03-01 | 議会

今日は午後から、4月に行われる統一地方選(敦賀市長選・市議選)の

立候補予定者者説明会があった。

市長選には立候補を表明している2人、

市議選の方は、現職が14人、元職が1人、新人が7人とのこと。

ん? ん? 定員は24人なのに、22人だぞ!

まさかこの敦賀で? 無投票? まさかよね、そんなことありえないよね・・・

立候補の受け付けは、4月19日の午後5時までだから

きっとまだ立候補する人は、いると思うけど・・・

 

さて、明日は予算決算常任委員会である。

当初予算の審査は、事前に基本質疑の通告を出すことになっているのだけれど、

今回はたったの6人で33件の通告しかなかった・・・

そのうちの12件は今大地で、山本貴美子さんが10件、

力野さんが4件、常岡さんと前川さんが3件ずつ、田中さんが1件だ。

会派別にみると、力野さん、常岡さん、田中さんは市政会

山本さんは共産党市会議員団、前川さんと今大地は無所属である。

政志会と市民クラブ、公明党は誰も通告していないってことになる。

まっ、これも選挙が近いせいかもしれない・・・

コメント

2月28日(土)のつぶやき

2015-03-01 | 脱原発

今はやりのバイオマス発電・・・環境への影響は未知数・・・ goo.gl/Mzy4EI

1 件 リツイートされました

コメント

新幹線で失うものの方が多い気がするけど・・・

2015-02-28 | 駅周辺・駅舎・新幹線問題

新幹線ができると、これまでのJRの路線は第三セクター化されてしまう。

その運営は路線の自治体が担うことになり、

負担が自治体の財政を圧迫するという事例は、いたるところで見受けられる。

それ以外に、第三セクターになると何が起こるのか・・・

JRの鈍行(今は鈍行っていわないんだね)1日中乗り放題の

「青春18きっぷ」をつかえない路線ができるんだそうだ。

「青春18きっぷでは北陸に行けない」 新幹線開業の裏で鉄道ファンの悲嘆

という記事に載っていた。

今回問題になるのは、北陸新幹線開業でJRの在来線が第三セクターに移管される区間だ。具体的には、信越本線の長野―直江津間と、北陸本線の直江津―金沢間が該当する。この区間はしなの鉄道、えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道の4社が引き継ぐ。JRではなくなるため、長野から日本海側を走る総距離およそ290キロの路線が18きっぷの対象から外れるのだ。長野から金沢まで4社の路線を利用した場合、おとな片道運賃は単純計算で4820円となる。

青春18きっぷは5回分で 11,850円だから1回分の料金は2,370円。

つまり2倍強の値段になってしまうというわけだ。

わたしも昔は、ずいぶんとこの18きっぷのお世話になった。

友人はこの切符1枚で、四国は高松までいって

讃岐うどんを食べてきたと自慢していたなぁ・・・

 

北陸新幹線はゴージャスな内装もご自慢のひとつらしい。

敦賀まで延伸、しかも前倒し開業と気勢を上げる方々も多いが

敦賀市民にとっては、デメリットの方が多い新幹線である。

すでに葉原からのトンネル工事に着手しているが

今後、第三セクターになった時の自治体の負担金や

これまでの路線の運行状況はどうなるのかといった

市民の知りたいことは、まだ決まっていないというばかりである。

 

先日、金沢市へ行ったとき、タクシーの運転手さんが言っていた。

「新幹線、敦賀まで伸びるそうやけど、

客さんはみんな金沢で降りるから・・・」

きっと、福井県まで行く人はおらんで〜と言いたかったようだ。

新幹線の明るい(?)未来で、原発のマイナスイメージは

払しょくできないと思うのは、わたしだけだろうか・・・

 

コメント

2月27日(金)のつぶやき

2015-02-28 | 脱原発

4年目の3月11日 あなたは何を祈りますか・・・ goo.gl/ZQmuJQ


コメント

今はやりのバイオマス発電・・・環境への影響は未知数・・・

2015-02-27 | ニュースから

祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、 偏に風の前の塵に同じ。

学生の頃、暗記させられた平家物語の冒頭部分である。

ここから、「驕る平家は久しからず」という一文ができたとされる。

最近、国会の中継を観ていると、呪文のように

「驕る平家は久しからず」「驕る平家は久しからず」

「驕る平家は久しからず」とつぶやいているわたし・・・

今日は、「驕るあっ平``家」のほうがピッタシ! と気付いた・・・

 

さて、今日の朝日新聞の福井県版に「バイオマス発電」の記事があった。

敦賀市内では、東洋紡の敷地内に、丸紅の子会社:丸紅火力株式会社が

バイオマス発電所を建設する。

事業主体は、丸紅火力が100%出資する敦賀グリーンパワー株式会社。

国内産の未利用の木質チップを使うらしいが、

NHKのクローズアップ現代や朝日の記事のように、

木質チップの不足が懸念される。

日本全国で建設ラッシュのバイオマス発電だけど、この勢いじゃ

日本中の山が丸裸になってしまうんじゃないかと心配になってくる。

まだ始まったばかりのバイオ発電・・・環境への影響も未知数だ。

県補助の大型木質バイオ発電、稼働前から燃料懸念

http://digital.asahi.com/articles/ASH2S6DVTH2SPGJB016.html

県などが支援する大型木質バイオマス発電所が、来年春に大野市で稼働する。県産間伐材を年間4万〜5万トン使う計画だが、県内の間伐材生産量は2万トン余り(2013年度)で、燃料不足が懸念されている。林業者からは乱伐や木材価格の下落を心配する声も出ている。

 木質バイオマス発電所は、大野市が森林整備や雇用確保のために誘致した。6千キロワット級で、総事業費は約40億円。市内のゴミ処理施設を設計・施工した神鋼環境ソリューション(神戸市)や九頭竜森林組合などが出資する会社が運営する計画だ。

 必要な燃料は年間7万〜8万トン。このうち4万〜5万トンは県産間伐材を、残りは製材や建設の端材を使う。間伐材は質の高い製材用(A材)や集成材・合板用(B材)でなく、製紙向けのC材を使う。

 県によると、13年度は約5万トンの間伐材が山から搬出・利用されたが、約6万2千トンは搬出の採算が合わずに山に放置。その半分以上がC材だった。

 そこで県は、バイオマス発電用C材の買い取り価格に1トンあたり2550円を上乗せする補助事業として、14年度補正予算案に約1億円を盛り込んだ。C材の搬出を促して、電力供給と森林整備、林業振興も図るためだという。

■生産増「机上の数字」

 ところが、早くもC材集めに黄信号がともっている。13年度に県内で山から搬出されたC材約2万3千トンは、県外の製紙会社などに出荷された。県は「これまでの流通ルートは壊さない」と説明しており、新たに年間5万トン前後のC材を運び出す必要がある。

 市によると、県内の森林組合の協力で昨年7月から県全域から間伐材を集めてきたが、今年度末までの集荷見込みは目標の7割ほどの約2万4千トンにとどまる。市の担当者は「今までより多い量を急に出すのは難しい。今年は積雪も早くて多かった」と話す。

 県はC材の生産量を5年後までに年間約5万3千トンに増やす目標を掲げるが、県木材市売協同組合の山村達夫理事長は「机上の数字だ。山林所有者もA、B材まで発電に持っていかれるのではと不安がっている」と話す。昨夏からC材ばかりが売れ、一緒に搬出されるA、B材が余るようになったといい、山村理事長は「乱伐やA、B材の価格低下を招かないか」と懸念を強めている。

■国、小規模優遇に転換 高浜は計画縮小

 木質バイオマス発電が大型化する背景には、12年7月に始まった電力の「固定価格買取制度」の価格差がある。間伐材による場合は32円、製材の端材は24円、建設廃材が13円(いずれも1キロワット時)。出力5千キロワット以上の規模でなければ採算が合わない。

 しかし、全国でも大型発電所の計画が相次ぎ、間伐材の需要が急増しているため、国は方針転換。経済産業省の調達価格等算定委員会は、15年度から2千キロワット未満で間伐材利用の発電所を新設する場合は、32円から8円上乗せして40円とする案をまとめた。小規模化を促すのが狙いだ。

 高浜町でも一昨年に「バイオマス発電導入促進協議会」を立ち上げ、5千キロワット級の建設を検討してきた。しかし地元で供給を見込めるC材は必要量の1割程度のため、昨年11月に計画規模を500キロワットに縮小。熱を農業や温浴施設に利用して採算性を上げる方策も探っている。

 筑波大学名誉教授で、木質バイオマスエネルギー利用推進協議会の熊崎実会長は「木質バイオマスの発電効率は2〜3割程度。熱も販売できる仕組みを作らないと、大型施設は採算が取れなくなる」と指摘する。林道や作業道の整備も課題に挙げ、「売電価格を上げても山から木が出てくるわけではない」と話した。(山田理恵)

コメント

2月26日(木)のつぶやき

2015-02-27 | 脱原発
コメント

4年目の3月11日 あなたは何を祈りますか・・・

2015-02-26 | 脱原発

高浜町議会では、3月議会で

「高浜3・4号機の再稼動」について結論をだすようだ。

高浜町は住民に対しての説明会や公聴会は一切、

開かないとも聞いている。

その代り、規制庁につくらせたのか、規制庁が積極的に作ったのかは

さだかではないが、ビデオを放映するという。

住民の意見をどのようにして、聴取するつもりかはわからないが

再稼動に対する反対意見が大半を占めていても

たぶん、議会は賛成多数で再稼動賛成となるだろう。

 

2週間たらずで、4年目の3月11日がやってくる。

東電が高濃度の汚染水がながれ出ていたことをまた隠蔽していたという

ニュースがあったばかりだ。

フクシマの惨状は、いまだ続いているという事実から

わたしたちは決して目をそらせてはいけないのだ。

 

敦賀市議会では、3月11日の本会議の冒頭で黙とうをする・・・

原発を推進する方々は いったい何を祈るのだろうか・・・

 

 

コメント

女性議員はなかなか増えない福井県・・・

2015-02-25 | ジェンダー関連

朝日新聞の全国自治体アンケート、比較できておもしろい!

http://www.asahi.com/topics/word/全国自治体議会アンケート.html

 

ちなみに、質問事項はこちら

(1)条例上の議員定数(2015年1月1日現在)は何人ですか。

(2)
2015年1月1日時点の実際の議員数は何人ですか。うち男性、女性はそれぞれ何人ですか。
(3)
この4年間(2011年1月以降)で定数を減らしたり、減らすことを決めたりしましたか。
  • 1.はい
  • 2.いいえ
(4)
2015年1月現在の議員と議長の報酬月額(税込み)はいくらですか。条例上の額ではなく、実際の支給額を記入して下さい。
(5)
政務活動費は支給されていますか。
  • 1.はい
  • 2.いいえ
(6)
(5)が1の場合、議員ひとりあたりの月額はいくらですか。
(7)
議会報告会など、議会として、誰でも参加できる住民との意見交換の機会を、年に1回以上設けていますか。
  • 1.はい
  • 2.いいえ
(8)
住民は、本会議だけでなく、常任委員会や特別委員会も傍聴できますか。
  • 1.すべての委員会を原則的に傍聴できる
  • 2.一部の委員会は原則的に傍聴できる
  • 3.委員会はすべて傍聴できない
  • 4.その他
(9)
議会として、ケーブルテレビやインターネットに動画を配信していますか。
  • 1.はい
  • 2.いいえ
(10)
2014年12月議会で、住民が傍聴できる本会議や委員会が開かれた日数は何日ありましたか。また、その間、傍聴者ののべ人数は何人でしたか。

敦賀市の場合、今度の統一地方選から議員定数は24人になる。

女性議員の数(26人/3人)も、定数の多い県議会(31人/3人)や

福井市議会(28人/3人)に比べると割合は高い。

福井県の女性議員は26人、そのうち県議会に3人、

嶺北は15人、

原発を抱える、面積も人口もおよそ8分の1の嶺南は8人だ。

人口割りで行けば、嶺北には嶺南の8倍の女性議員がいてもおかしくはない。

共働き率は日本一というわりに、

女性の社会進出や議会への進出って・・・実は遅れている?

管理職に占める女性の割合も低いしね。

女性議員をもっとふやすのには、どうしたらいいのか・・・

「家庭の中で政治の話をすると、主人が起こるんです」

と真顔で言ったのは、福井市内の女性。

福井県の意識改革からなんて、こりゃちょっときついかもね・・・

 

 

コメント

2月24日(火)のつぶやき

2015-02-25 | 脱原発

新幹線 止める方法はありますか・・・ goo.gl/eBgUiD


西川農水相、強気の答弁から一転 最後はぼやき(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-… 西川さんの説明、国民の中にわかる人いる?


コメント