電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

新顔ボールペンの近況と筆記具にまつわる雑感

2019年06月09日 06時01分59秒 | 手帳文具書斎
以前、万年筆の出番が激減したことがありました。その理由を記事にした(*1)ことがありますが、もう一つ、万年筆インクを想定しない用紙が身の回りに増えた一方で、使っていたパイロットのインクがそれらの用紙では裏抜けし滲むため、というのもありました。いわゆるOA化の時代、プリンタ用連続用紙やコピー用紙が中心になっていったため、裏抜けや滲みの心配のない、ボールペンを多用するようになりました。その反面、万年筆とインクによる書き味や字面の整い方にはほど遠く、その点では不満が残りました。

ということは、身の回りの様々な用紙で裏抜けや滲みの問題がなくなれば、再び万年筆に回帰する条件はあったわけで、廉価万年筆プレッピーとプラチナ古典ブルーブラック・インクを使ってから、がぜん万年筆への劇的な回帰が起こった(*2)のでした。現在は、ボールペンと万年筆の使用比率は再び逆転し、万年筆を主とし、ボールペンを従とするスタイルになっています。

とはいうものの、ボールペンでなければならない場面も少なくありません。感圧複写紙を用いた書類や宅配便等の送り状、寝床脇の仰向け筆記スタイルで使うことの多い備忘メモ帳、あるいは農作業メモや演奏会の速記ふうメモなどは、それぞれ用途に適したボールペンの利用を前提としています。

また、文具趣味の一環として様々な筆記具を試してみるのは、好奇心を持ち続ける意味で必要なことです。ですが、何万円もする高価な万年筆を好奇心だけで次々に試していくのは、高齢世代にはいささか無理があります。ボールペンならば、せいぜい数百円台で済むことが多いですし、集まったボールペンは身の回りに配置することで、とっさの場面への対応もスムーズになります。

というわけで、ボールペンの新顔の近況(^o^)/nougaki-nagai

インドネシア製ファーバーカステルのボールペンのうち、単色軸のほうは、ジェットストリームのパーカー互換芯に交換してしまいました。ダライッティのボールペンに入れていた(*3)のですが、どうも利用場面がごく少なく、せっかくの大容量インク芯が宝の持ち腐れと判断しました。また、利用場面が比較的多い二色スタイラス・ペンのほうは、4C芯を購入し、いつでも交換オーケーな態勢です。




ファーバーカステルといえば泣く子も黙る(^o^;)有名ブランドらしいのですが、両方とも金属クリップが固い! ジェットストリームのラバー軸よりもっと固い! 上衣のポケットにちょいと挿して、というような利用には向いていないようです。何度も繰り返すうちに、布地をいためる可能性が高いです。おそらくは、ノートやファイルの表紙に挿して持ち運ぶことを想定しているのでしょう。このあたりは、実用の製品であって装飾品ではない、というスタンスなのかもしれません。

(*1):万年筆の利用頻度が下がった理由〜「電網郊外散歩道」2011年8月
(*2):ボールペンの使用頻度が高くなっていた理由〜「電網郊外散歩道」2016年12月
(*3):ダライッティでジェットストリーム芯を使う〜「電網郊外散歩道」2018年3月



本日は、午後から山形テルサホールで山形交響楽団第278回定期演奏会の予定。ウィーン・フィル首席ファゴット奏者ソフィー・デルヴォーを迎えて、モーツァルトのファゴット協奏曲他。プログラムは、

モーツァルト/歌劇「救われしベトゥーリア」K.118(74c)序曲
モーツァルト/歌劇「ポントの王ミトリダーテ」K.87(74a)序曲
モーツァルト/ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191
ラヴェル/マ・メール・ロワ(管弦楽版)
リムスキー=コルサコフ/スペイン奇想曲 作品34
 ソフィー・デルヴォー:ファゴット
 飯森範親:指揮、山形交響楽団

楽しみです。
コメント (4)