草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

参議院選を目前にして今は安倍内閣を支えるときだ!

2013年05月28日 | 政局

 「民はこれに由らしむべし。これを知らしむべからず」(『論語』)という言葉がある。為政者による政治に従わせることはできても、政治の何たるかを国民に理解させることは難しい、といった意味だ。それは一面においては、真実を突いている。日本経済を運営する処方箋を聞かれても、多くの国民は返答のしようがないからだ。しかし、安倍晋三首相は、それを分かりやすく解説してくれた。それがアベノミクスであった。金融緩和であり、財政出動であり、成長戦略であった。それが今の日本に活力をもたらしている。ただし、これからが正念場である。この先本当に消費税を上げるかどうかも、問題になってくるからだ。株もここにきて乱高下になってきており、実体経済が安定するまでは、そうした局面が何度もやってくるのではないだろうか。ここは安倍内閣を信頼するしかないと思う。危機を突破するには、足を引っ張るのではなく、協力こそが不可欠であるからだ。内閣支持率が高いのは、国民がそれを理解しているからだろう。訳知り顔に安倍首相を批判する識者はいるが、代案は示めされない。安倍内閣が発足するやいなや、次々と政策を実行に移している。全てがパーフェクトではないが、民主党政権の時代と比べると、雲泥の差がある。いよいよ目前に迫った参議院選挙で自民党を大勝させるためにも、今はただ辛抱強く安倍内閣を支えるときではないだろうか。

政治 ブログランキングへ

 

                 ←安倍内閣を断固支持する方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

にほんブログ村   blogramで人気ブログを分析


コメント   この記事についてブログを書く
« 橋下大阪市長は日本維新の会... | トップ | 保守の大義のため自民党員は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事