悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

それにしても暑いです

2018-07-16 18:47:34 | Weblog
 しづの里の当番でした。朝から暑く挨拶は「暑いですね!」でしたが、続いて異口同音で西日本豪雨の被害や捜索活動を続けている警察、消防、自衛隊の人たちのこと、それにボランテイアで手伝いに入っている人たちのことを考えると暑いなんて言っていられない、というのです。

 行方不明者の捜索はやらなければなりませんが、猛暑日続きですから二次災害、災害関連死にならないように気をつけて欲しいものです。しづの里も日中の気温32度、知覚される温度40度という暑さにも関わらす32名のお客さんが見えました。感謝です。

 こんな暑さの避難所生活は想定したことがありません。テレビによるとクーラーが設置されたり、個人情報を守るために段ボールの区切りやカーテンなどの支援が届いたりしたところもあります。

 しかし、取り付け工事など時間が掛かるでしょうからまだほんの一部だと思います。映像を見せられるとすべての避難所の整備が終わったように思ってしまいますが、そんなことはないはずです。

 午後5時にスタートする2丁目の防犯パトロールは、会員の健康維持のために内外両方からスタートして人たちが合流する中間地点で終わるのです。この暑さですから正しい判断だと思います。

 スクールガードはどうするか?今週は給食なしで昼前に下校する短縮授業です。高齢者の多い見守り活動なので健康管理を考えなければなりません。気温が40度を超えたら学校まで迎えに行って一緒に通学路を歩く防犯活動は止めて、交通事故が心配な交差点での安全見守りに限定しようと思います。間もなく夏休みです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の上手な使い方

2018-07-15 20:13:11 | Weblog
 早朝4時半から6時までの1時間半、畑で草取りをしました。熱帯夜でも畑の朝は爽やかで気持ちが良いのです。しかしそれも太陽が林を上って顔を見させる6時までです。1時間半の草取りははかどりました。でも今は草との追いかけごっこです。

 毎朝続けたいのですが朝の見守りがあるので平日は行けません。間もなく夏休みなのでチャンスですが、自治会のラジオ体操会が21日から月末まであるのです。畑を済ませてから6時半に公園に行けるとよいのですがー。

草取りは4ブロックに分けて行っているので、やっと全部終わったころには最初の場所にはもう草が生えてきます。それでもきれいに草を抜いた畑はきれいで、達成感、満足感にひたれるのです。

 しづの里の農業部門の方の話では夏時間として7時ごろから作業をしているそうですが、やはり暑いと言います。畑の作業も早起きは三文の徳なのですから、同じ繰り上げるなら4時からにしたらよいのにと、勝手なことを考えます。

 今日も畑の後、ダーツの例会でしたが小学校の教室はエアコンがないので、すぐに汗びっしょりです。この会はスポーツドリンクとお茶を用意しているので幹事から水分補給を怠らないようにしよう、用意した飲み物がなくなったら今日の例会は終わりという言葉が出るほど暑い例会でした。

 例会を早退してしづの里のそば打ち学習会に参加しました。狭いそば打ち室に7名もの人が入るのですからエアコンは効きません。西日本で豪雨の被害を受けられた方、整理などの応援に入っているボランティアの方々のことを思うとまだ恵まれているのですが、それにしても暑い暑いを連発する一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西志津おやじの会の当番

2018-07-14 20:14:36 | Weblog
 

 暑気払いです。昨年は浜松のうなぎを焼いたのですが今年は価格が高すぎます。そこでステーキにしました。普段やったことのない湯煎による調理だったので半分をお持ち帰りしてもらおうと350gの大きな肉にしたのですが、まだ60代と若い人たちは美味しいと一人で平らげてくれました。羨ましい!

 オーストラリア産ですが柔らかく、塩味だけですが皆に喜んでもらえました。湯せんの温度は58度で20分を保つというレシピで目が離せないのですが、慣れれば大丈夫だからと家で作ってみるという人が多かったので大成功です。

 OGビーフを見直したようで数人からどこで買ったのと聞かれました。イオンスタイルだけど、普段は350gと大きいものは置いていないから予約が必要なこと、枚数が多い時も最低4日、できれば1週間前には頼んだほうが無難です。

 私は全部を食べきれないので半分を持ち帰ったのですが夕食で食べた家内は、わさびで食べたらまた違った味で美味しいと言っています。肉食は毎日でも良いくらい好きです。しかし、最近は豚肉の方が身体に良いという話を聞くので牛肉を控えていますが、たまには思い切って牛肉を食べるのも良いものです。

 ステーキの添え物はほうれん草のバター炒めにしました。ほうれん草は茹でるか鍋に入れるかがほとんどですが、ステーキにもよく合いました。かぼちゃのスープは作るけどジャガイモは初めてという人も美味しいと喜んでいましたし、玉ねぎのまるごと炊きは甘いと好評でした。ジャガイモと玉ねぎは我が家産を使いました。

 今月から公民館の使用料が有料になり、調理室は4時間で840円です。食材代に含めて参加者に負担してもらいましたが、ガス、水道を使う調理室ですから私はこの程度の負担は仕方ないと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏野菜

2018-07-13 19:54:24 | Weblog
 朝の見守りをしていると横断歩道を渡ってきた4年生の女子が「これ先生から」といってビニール袋に入れたゴーヤを1本くれました。付いていた手紙によると、4年生が理科の学習で育てているツルレイシの実でした。うれしいプレゼントです。

 ツルレイシという名称は初めて聞いたのですが、現物は間違いなくゴーヤです。調べてみると同じ品種だそうですが、ゴーヤは品種改良が進んで肉も厚く太いものができるようになったようです。ゴーヤよりも苦みがきついようなので、夏バテ気味の今は元気のもとになります。

 ところで我が家のゴーヤはまだ緑のカーテンとして不十分なだけではなく、実もつきません。学校では気温が高いための育ちが良いといわれていますし夏日が続いているので、まもなく追いついてくれるでしょう。

 夏野菜ではオクラに実がつきました。まだ苗は20㎝くらいしか伸びていないので収穫はまだまだ先だと思っていたのですが、草を抜いていると7㎝ほどの実が葉の陰に見えたのです。苗がもっと大きくならなければできないと思い込んでいたので、びっくりです。

 モロヘイヤもここ数日で急激に育ちました。まだ50㎝ほどですが葉も大きいので収穫してきました。ただ夏野菜でも暑すぎるためにまっすぐな売り物にならないキュウリがあるそうです。

 西日本の豪雨災害は畑の被害に加えて、通行止めなど輸送路が混乱しているので野菜類の品不足や高騰を生んでいるといわれています。それにしても暑い日が続きすぎます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雨、洪水警報

2018-07-12 20:35:49 | Weblog
 笑い話で良かったのですが録画した「天才バカボン」を見ていたら、千葉、茨木、埼玉県に緊急地震速報が出たのです。いつものように玄関に走り、念のためヘルメットをかぶって身構えました。

 いつもなら速報と共に揺れがくるのにおかしいなと思ったときに、やっと気が付きました。録画をした時間の情報なのです。昨夜12時過ぎに入った佐倉市メールによると大雨警報、洪水警報、それに雷注意報が出ました。こんな時に地震は来るなよと思ったので神経質になっていたのでしょう。

 スクールガードが終わった時に「30分ぐらい夕立があったらよいのにね」と話していたので期待の雨だったのです。雷もきつかったのですが、稲光と雷鳴の間隔が5秒以上ありましたし家の中ですから恐怖はありません。

 それでも大きな音だったのですが、通勤で駅に向かう人との会話で「知らなかった」という人が数名いるのに驚きました。多分寝入りばなだったのでしょう。避難警報、避難指示は出ませんが避難するかしないかは別にして、寝ていて知らなかったでは困ります。

 12時10分にスマホで受けた豪雨情報では1時間雨量が80㎜以上でした。80㎜の雨だと滝のように降り、マンホールから水が噴出すると言います。耳を澄まして聞いていたのですが幸いにそれほどの雨量ではありません。

 勝手な推測ですが20~30㎜だったのではないでしょうか?子ども、特にマンション住まいでは雷も雨も知らなかったという子がほとんどでした。帰宅の遅い会社員には大変な雨だったでしょうが、私には雨が涼しくしてくれた夜でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

災害時の情報

2018-07-11 19:26:03 | Weblog
 西日本の大雨による被害は道路が寸断されて連絡が取れなかった地区などの状況が分かるにしたがって死者、行方不明者数が増えています。テレビでは避難指示を出すタイミングが話題になっています。

 避難が遅れたから被害が大きくなったことは事実ですが、と言って避難指示が出ても対象とする住民の全員の受け入れ設備はないのです。市町村によって違うでしょうが、精々20%程度の能力しかないと思います。

 ではどうするか?やはり在宅避難を考えなければならないのでしょう。ただ裏山が崩れる危険な状態にある家、浸水の心配がある家を優先したいところですが、過去に経験したことのない雨量ですから、これすら住民には判断ができません。

 ニュースを見ていて反省するのですが、市からの情報を伝える防災無線は普段から放送していることは分かるのですが、何を言っているのかは分かりません。豪雨や強風だったら放送していることも分からないでしょう。ただ防災無線で放送している内容は佐倉市メールで受け取っているので、多少の時間差はあっても情報は入手しています。

 ただ佐倉市メールを受け取っている人たちはどのくらいの比率なのでしょう。防災訓練で171の体験実習を行いましたが、今度は佐倉市メールについても、その受信の設定方法を参加者に教えてあげたいと思います。

 171の体験学習を行って感じたことですが、携帯電話の機能のほんの一部しか利用していない高齢者が多いのです。登録をして上げる、そして受信制限を設定している人にはその解除をお手伝いするまで関わらないと、実際の役にはたちません。

 地震だけではない災害についてもその対応を考えていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忖度

2018-07-10 19:26:50 | Weblog
 朝刊の気になる記事です。愛媛県の中村知事が首相官邸で総理に会い、激甚災害の指定を要請したというのです。私は何でこの時期にと思うのです。愛媛県は今回の大雨災害で25名の方が亡くなり、まだ行方不明の方が1名おられるのです。

 そんなときに現場を離れてノコノコ東京に出て来る神経が理解できません。確かに激甚災害の指定を受けられるかどうかで復興費用の負担が大幅に軽減されます。しかし、他に広島47人、岡山36人とより多くの犠牲者を出している県があるのです。

 当然のことながら犠牲者は災害の規模などで指定を決めるのでしょう。基準は分かりませんが、他県が認められて愛媛が外れたら大変という心配からなのかも分かりません。それにしてもこの知事は加計学園問題ではいろいろと発言しています。自分の実績として誇示するために”忖度”を求めているのでしょうか。

 ところで、今日はクライネスサービスのユーカリが丘自主防犯団体の情報交換会でした。意見交換で広域災害時の犯罪を防ぐには、というテーマがありました。東日本大震災関連の事例で避難した人の留守宅に侵入盗、預金を巡る詐欺など被災者をさらに苦しめる悪質な犯罪が取り上げられていました。

 どう防ぐか?難しい課題ですから答えは出せないのですが、それより以前の避難所での犯罪を何とか防ぐ、あるいは少なくすることができそうです。避難所が開設されるときに市の担当職員よりも犯罪者が先に集まってくるといわれます。

 それだけに避難所で犯罪を防ぐのも難しいのですが、学区内の自治会、自主防犯組織が中心になって、防犯対策を取らなければならないと思っています。窃盗と性犯罪を防ぐためにはそれなりの準備が必要です。団体間の連携で対応したいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑いです!

2018-07-09 19:27:00 | Weblog
  

 暑かったですね。スクールガードの時も空気が薄く感じるようでした。温度計のアプリによると気温は29.6度だが、地殻温度は35度との表示です。こんな数字を見たために余計に暑く感じるのかも分かりません。

 夕立があると良いけどね、と話していると、ヤフーの防災通報に佐倉市の豪雨予報が入りました。4時に68㎜というすごい雨量です。その後10分ごとの雨量はいずれも50㎜を超えています。予報の4時までは10分ほどあるのですがユーカリが丘の空は青空です。

 佐倉市と言っても広いので旧市街方向を見ると、写真のように積乱雲がもくもくと立ち上がっています。結局ユーカリが丘には降りませんでした。多分、市役所や酒々井街、成田市の方は強い雨だったのでしょう。夜は気温が下がりました。

 悔しい話ですが加齢とともに暑さをきつく感じるようになりました。同年代の仲間と話をすると同じようなことを言いますから、私だけではないのです。若い時は夏と冬の寒さとどっちが好き?などと考えたこともありました。

 勝手なもので寒い時は夏を望み、夏は冬を懐かしがったものです。しかし、今は絶対に冬を選びます。衣服で調整できますし簡易カイロなども使えるので凌ぎやすいのです。家の中でも熱中症予防のために使うことを勧められますが、クーラーはあまり好きではありません。

 車も締め切って長時間駐車しておいたときに車内の空気を入れ替えるまでエアコンを使う時はありますが、できるだけ窓を開けて走ります。暑さはまだまだこれからが本番です。しっかり食べて、睡眠時間を確保すように心がけています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防災フェア―の反省

2018-07-08 20:40:54 | Weblog
 昨夜の地震は佐倉の震度が3ということでしたが、体感的には4に近い強さでした。居間でテレビを見ていたのですが、緊急地震速報も受信したので即座に玄関に出てドアーを開けました。大きな揺れでしたが幸い被害はなかったので、我が家の避難準備はすぐに解除しました。

 大雨で被害を受けている地域に、地震の追い打ちがなければよいがなと思っていただけに、千葉県で良かったと思います。震度5弱も狭い範囲だったようです。それでも千葉県には災害用伝言サービスが開始されました。

 震度3では心配して電話をかけてくる家族はいませんでしたが、登録の訓練にはなりました。慣れていればガイダンスをどんどん前倒しして登録できます。今日はまちを守る会の会議で防災フェア―の反省をしましたので出席者に聞いてみましたが、171に録音、再生した人は1人もいませんでした。

 また反省点はいろいろとあり、浄水場から水の供給を受けたことや発電機でスマホの充電をしていることも知らなかったという参加者がいたそうです。会場での案内不足です。反省することの多い防災フェア―でしたが、イオンタウンと小学校からの避難場所、避難所情報提供は良いとの評価がありました。

 また、高齢化に伴い一時避難場所を2か所に分散することも考えたいという提案がありました。現在の萱橋公園は町内の南東の位置にあるため、北側のブロックの方には遠すぎるという問題があります。そこでほぼ中心部にある古山公園も利用しようというのです。

 夏休みのラジオ体操を行う古山公園は萱橋公園の半分以下の面積しかありません。そこを集合場所として利用し、集まったら萱橋公園に移動するという考えです。10月の防災訓練では検討することになりました。反省を積み重ねてより充実して訓練にします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雨特別警報

2018-07-07 19:39:26 | Weblog
 大雨特別警報が発表された府県の被害が大きいのに驚きます。テレビで見ていると津波に襲われたような映像ですから、避難しろと言われても避難できなかった人たちが多いのではないでしょうか。

 水の怖さを思い出します。もう50年ほど前になるのですが、兵庫県の宝塚市に住んでいたことがあります。逆瀬川を挟んで名門の宝塚カントリークラブのコースに面する団地でした。この逆瀬川は幅が15mほどあるのですが、普段は水がちょろちょろ流れる程度なのです。

 ところが大雨になると六甲山からの雨水が怒涛のように流れてきて、テレビで見る氾濫直前の川のような様相に変わるのです。駅から川に沿った道を上っていくのですが、怖くて1本奥にある住宅地の道を歩いたものです。

 私たちの防災は地震のことを想定しています。ユーカリが丘は近くに大きな川はありませんし、崩れるような崖もないので安全だと思うのですが、それでも1時間に100㎜以上の豪雨が降り続いたらどうでしょう?

 一時的であれ道路が水であふれて車では避難できない状況の中、指定避難所へ安全にたどり着く方法を考えていた方が良さそうです。マンホールのふたが外れていることも想定しなければならないでしょう。

 それでも地震を想定した避難訓練に参加するのも住民の25%です。特別警報は発表基準をはるかに超える豪雨や暴風の重大な危険、と言われても、ほとんどに人「、私は大丈夫」と思っているでしょう。危機感を持った人たちに集まってもらうのは、地震の訓練よりももっと難しいと思います。でも考えておくことは必要だと思うのですが―。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加