銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ビデオドローム

2008年10月30日 00時05分09秒 | 洋画ホラー
VIDEODROME/82年/加/87分/劇場公開
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ジェームズ・ウッズ、デボラ・ハリー、ソーニャ・スミッツ

<ストーリー>
カナダのトロントにある地方TV局の社長が、奇妙なビデオテープを発見した。暴力と官能に溢れた映像に、彼とその恋人は次第に虜となっていく。やがてテープに秘められた恐るべき陥穽が明らかになる……。
<感想>
暴力とセックスを描かせたら天下一品のデヴィッド・クローネンバーグが自身の名を一躍有名にした初期の傑作。
もはやこれは、普通の人間では理解出来ない、クローネンバーグの脳内ヴィジョンをそのまま映像化した、奇天烈な作品だ。

幻覚と現実の狭間をさ迷う主人公。
彼が新人類誕生の為に、関係者を無惨に殺しまくるラストはホラーを超えたアブノーマルな世界を作り出しており、観る側の我々も完全にクローネンバーグの世界に引きずり込まれ、何か物凄いことを体験しているという錯覚すら覚える。

ビデオテープが、TVがそしてブラウン管が擬態化する様は、当時の映像技術からしても素晴らしく、また主人公の腹に現れる女性の性器を彷彿させる割れ目は、気持ち悪さもありながら芸術的でもある。

これらの特殊メイクをしたのが、後にリック・ベイカーだと知って大いに納得。
彼でなければ、あれ程のグロテスクで神秘的なものは作れないだろう。

TVに映る女性に向かって鞭を打つなんて発想、クローネンバーグだからこそ思いつくのであって、それをギャグではなく真面目に撮れるんだから本当に凄いよなぁ。

評価:★★★☆
08/10/29ビデオ鑑賞
デヴィッド・クローネンバーグ SFホラー ジェームズ・ウッズ ビデオテープ スナッフ・フィルム 新人類 中古ビデオ購入
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 13/ザメッティ | トップ | キューブ■RED »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なつかしい… (ヒデキチ)
2008-10-30 21:30:12
これ小学校の頃に見た気がする。
正直、そん時は全然おもんなかったです。(^^;)
ちん毛も生えてないガキにゃ難しい内容だったかと。
割れ目とかもわからんし(笑)
オトナになった今見たらまた違うかもしれませんねぇー。(´Д`)
デボラ・ハリー (盆踊り)
2008-10-30 21:43:19
デボラ・ハリー出てたんですね~
懐かしいです。昔は何でも観てたのに・・
なんでゾンビ漬けになったのでしょか?
みんな観てるのにほとんど忘れ・・・
そろそろ自分の年齢も忘れたい・・
>ヒデさんへ (ヒロ之)
2008-10-30 23:34:24
おおぅ!小学生でもうこの世界を体験されたんですか!!
こりゃあ、小学生どころか凡人な大人でも理解出来ない映画ですよ。

私はちょっとは理解出来ましたが、何か凄いのを見せられたってのはすごく感じましたねぇ。

それにしてもクローネンバーグの世界は奥が深いですなぁ
>盆さんへ (ヒロ之)
2008-10-30 23:38:40
デボラ・ハリーは何かヤバイ感じの人を演じていました。
全体的にヤバい映画ではありますけれど

盆さんには、ミリタリーとか銃とかもあるじゃないですかぁ。
私は一応何でも観てますけど、これでも盆さんの次にゾンビ好きだと勝手に思っていたりしてます

洋画ホラー」カテゴリの最新記事