銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

13/ザメッティ

2008年10月29日 23時37分17秒 | 洋画サスペンス
13 TZAMETI/05年/仏・グルジア/93分/劇場公開
監督:ゲラ・バブルアニ
出演:ギオルギ・バブルアニ、パスカル・ボンガール、オーレリアン・ルコワン

<ストーリー>
13人で行われる集団ロシアン・ルーレットをギャンブルの対象とするアンダーグラウンドの邪悪なゲームに巻き込まれた一人の青年の運命を描く。
<感想>
全編モノクロのインディーズ・ムービー。
各映画祭で絶賛された作品です。
中盤までの流れは少し冗長ですが、主人公が闇組織へと係わっていく経緯を丁寧に描いていると思います。
何も分からず、大金が手に入るという情報だけで単身、闇組織が主催するゲームに参加させられる主人公。
13人が円形になってロシアン・ルーレットする場面は緊張感が溢れ、また主人公の「やばい所に来てしまった」という心情が、モノクロでも表情から十分に伝わってくる。

ハッピーエンドになるとは思わなかったが、あの後味の悪いラストは秀逸。

監督は自身の手でハリウッド・リメイクするみたいだが、今度はカラー作品になるのだろうか。
あの緊迫感が、本作以上に作り出せるかが見物ですね。

処で最後4人残ったけれど、他の2人はどうなったんだろうか・・・。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
08/10/29DVD鑑賞
犯罪サスペンス ロシアン・ルーレット R-15 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« スティンガー | トップ | ビデオドローム »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネタバレですが... (ONE OF THE BROKEN)
2008-10-30 00:00:56
あのラストはありなんでしょうか?

カジノで勝った客が帰り道でカジノ側の人間に襲われて身包みはがれる...ってことと同じなので、あのラストだとこのゲーム自体を根底から否定することになるような気がします。

非常に緊張感あふれる良い作品だっただけに、もっと良いラストはなかったのかなぁ~と個人的には思いますね。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2008-10-30 00:31:49
あ、もう既に観られていたんですね。
僕はあのラストはありとは思いますねぇ。
荷物を持ち逃げした男が、最後に撃たれて死んだ男の弟ってのが良かったんですよねぇ。
逆恨みというか、兄貴の復讐というか。
意外な男に殺されたって所が、私自身予想していなかった結末だったんで、印象には残りました。

そそくさと逃げたけれど、そのかばんには何も入ってないよ!という洒落てはいましたけれど、後味の悪さには勝てていませんでしたね。
意外にも流血シーンは (Puff)
2008-10-30 17:57:00
この映画ね、緊張感に溢れていて良かったよね。
低予算で全編モノクロ・・・
と言うのがまた旨く作用していたと思いません~?
ロシアン・ルーレットのサスペンスなのに
意外にも流血シーンは少なかったよね。

ハリウッド・リメイク。
あのキリキリとした緊張感は失わないで欲しいワ。
カラーになったらどうなんでしょ?
ドタバタと大騒ぎにならないと良いけれど。笑
不安だけれど観に行くと思いまっす~!
>Puffちんへ (ヒロ之)
2008-10-30 23:27:05
そうそう、低予算ながらも中盤辺りからはかなり緊張感ありました。
あえて流血シーンをなくし、モノクロにしたのも正解じゃないですかねぇ。
カラーでは作りだせない、モノクロならではの怖さがありましたよ。

ハリウッド・リメイクはどうなるんでしょうか。
同じ監督さんですから、大まかな設定は同じなんでしょうけど、大物俳優だけは使って欲しくないですね。

あくまでも、インディーズ系統の荒々しくも物語がしっかりとした作品を作ってほしいものです。

洋画サスペンス」カテゴリの最新記事