銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ビザンチウム

2014年03月18日 21時28分08秒 | 洋画ドラマ
BYZANTIUM
2012年
イギリス/アイルランド
118分
ドラマ/ファンタジー/サスペンス
R15+
劇場公開(2013/09/20)




監督:
ニール・ジョーダン
出演:
ジェマ・アータートンクララ
シアーシャ・ローナンエレノア
サム・ライリーダーヴェル
ジョニー・リー・ミラールヴェン
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズフランク



<ストーリー>
永遠に16歳という無限の時間を生きる少女の運命と苦悩を描く。

これが 本当の 私――

-感想-

先月にレヴューした『ウォーム・ボディーズ』で、男女逆のパターンは無いのか?と私は書いたのだが、本作が正にそれ。

女性がヴァンパイアで男性が人間。

私が観たかった“もの”がここにあった。

テーマは「愛」・・・になるのかな。

日本でも大ヒットした『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でも残酷で美しい吸血鬼像と物語を産み落としてくれたニール・ジョーダン監督だが、今回もあの作品に匹敵する程の過酷な運命の中にも優しさに包まれた愛を描き通し、今後訪れるであろう女ヴァンパイアとしての試練の中にも僅かな希望を最後に残す事で、限りない温かさを作品全体を通して感じる事が出来た。

初めは疑問に思う事柄も、幾度と無く挟む回想シーンによってそれら全ては解決され、終盤までには十分に納得のいく形で纏まるストーリーにも好感が持てる。
丁寧に上手く構成されたこの物語には多くの人が引き込まれるのではないだろうか。

首チョンパはあるものの、目を背けたくなるような殺伐とした描写は殆ど無く、あくまでも話はゆっくりと静かに進んでいくのだが、一つ一つの真相を細かく出していく事で新しい発見を知り、作品の全体像をしっかりと掴む事が出来るという仕組み故に目が離せない面白さがある。
そして最後には「今回も美しい作品だったな」という感想に至る訳なのだが、とりわけ洞窟の周りから溢れ出す鮮血の滝の描写の美しさには目と心を奪われてしまったのであった。
綺麗な映画でした。

今作のお気に入りの美女1シーン

赤色のフードを頭からすっぽり被ったエレノアことシアーシャ・ローナン。
赤ずきんちゃんみたいで可愛かった。

評価:★★★★
14/03/18DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-03-04
メーカー:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« トランス | トップ | ヴィドック ~消えた令嬢を追... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤い滝 (ミス・マープル)
2014-03-19 10:20:34
シアーシャちゃんがとても可愛いかったですね。
わたしも滝の水が真っ赤に変わるシーンは目を奪われました。
少しずつわかっていく長い年月の出来事の描き方も上手でした。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-03-19 20:29:08
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

ヴァンパイアという役が似合うほどの美しさと可愛さがありましたね。
あの滝のシーンは本当に素敵でした。
ストーリー含めて良く出来た作品だと思います。
こんばんは♪ (yukarin)
2014-03-20 23:37:53
映像がとても美しく、シアーシャちゃんの繊細な演技が良かったです。
久々に好みのヴァンパイア映画を観ました。
滝のシーンは私も印象に残ってます。
Unknown (momorex)
2014-03-21 17:11:16
鮮烈な差し色「赤」ですが、この映画ではしっとりした感じも味わえました。仰る通り、全体に静謐さが覆う作品だからでしょうか。
それでもあの滝のシーンは、「出産」なんて言葉が頭をよぎり、怖さと気持ち悪さも^^;
現代なのに時代が違うような雰囲気は、2人がクラシックな面持ちだからかもしれませんねー。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2014-03-22 21:06:07
こんばんは!
ヴァンパイア映画はやっぱり出来れば美しい仕上がりの方が良いですよね。
滝のシーンは本当に神秘的でした。
>momorexさんへ (ヒロ之)
2014-03-22 21:21:57
こんばんは!
静けさの中にも「愛」に対しての温もりがあり、心の底から美しいと感じさせられる作品でした。
確かに、滝のシーンは「出産」というものを連想させますね。
あそこに行った事で、生まれ変わるのですから、あながちその考えも間違ってはいないでしょうね。
とにかく、雰囲気の出し方が非常に良く出来ていて、演技と演出に上手さを感じさせられました。
Unknown (とら)
2014-04-14 23:19:28
なるほど、最後のわずかな希望で温かさを感じれたんですね!確かにそうかもしれません。

私は、この映画全体のダークさというかもの悲しさにどっぷりつかってしまった感じです。なんとも言えない気持ちで観てました。

親子分かれた後、果たして幸せに暮らせたのでしょうかね?
殺してしまったからゆえに、同胞?に追われる運命は変わらないんでしょうね。

人間のように生きるヴァンパイアも珍しいかったですね。
太陽を浴びてもなんともないってのは、今までではあまりないかも?
>とらさんへ (ヒロ之)
2014-04-16 23:29:55
こんばんは!
コメントありがとうございます!!

なんか切なくなる映画でしたよね~。
そんな中でも引き込まれるものはありました。

それぞれに暮らしていくんでしょうけど、前途多難な生活になるのではないでしょうか。

日光を浴びても平気ってのはヴァンパイアものでは珍しいですよね。
でもこういう解釈もアリかなと思います。
こんにちは (maki)
2014-10-30 08:47:09
私はあの滝のCGがむしろちょっとがっかりで^;
もう少し違和感なく出来なかったのかなあ~と思ってしまったり。
生まれ変わるという重要な部分なのですから、しっかり描いて欲しかった

噛まれた者、血を受け継いだ者がヴァンパイアになるという法則を使わなかったのは新鮮だったのですが
洞穴がただのヴァンパイア製造機になってしまっていたのは、少し残念
そんな重要な場所、もう少し警備を…とか色々考える事もありましたが、後半、クララのエレノアへの愛が凄く伝わってきました

ただ…あれだけのあと2人別れて、それで生きていく事が幸せかどうかは誰にもわからないですよね
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-10-31 22:49:06
こんばんは!

あの滝のシーンですよねぇ。
確かにちょっと雑な作りかなとは思いました。

異色のヴァンパイア映画になっていて自分的には結構好みな作品でした。
誰も知らない秘密の場所なんでしょうね、あの洞窟は。
ドラマ重視の温かい物語でした。
妙に展開に魅せられた自分が居ましたよ。
あの後、2人はどうなるのか、そこは想像にお任せ、ですかね。

洋画ドラマ」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

ビザンチウム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(F) 主演のシアーシャ・ローナンってパーカーがお似合い。
ビザンチウム~永遠の若さvs.永遠の娼婦 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス=アイルランド。原題:Byzantium。モイラ・バフィーニ原作、ニール・ジョーダン監督、ジェマ・アータートン、シアーシャ・ローナン、サム・ライリー、ジョニー ...
「ビザンチウム」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Byzantium」2012 UK/USA/アイルランド クララに「007/慰めの報酬/2008」「ロックンローラ/2008」「パイレーツ・ロック/2009」「アリス・クリードの失踪/2009」「タイタンの戦い/2010」「アンコール!!/2012」のジェマ・アタートン。 エ レノアに「つぐ...
ビザンチウム (あーうぃ だにぇっと)
ビザンチウム@TOHOシネマズシャンテ
『ビザンチウム』 (beatitude)
放浪生活を送る16歳の少女エレノア(シアーシャ・ローナン)と8歳年上のクララ(ジェマ・アータートン)が、海辺のリゾート地を訪れる。高齢者向けの保養施設で、若いウェイター、フランク(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)に声を掛けられたエレノアは、彼に自分に似....
ニール・ジョーダン監督『ビザンチウム(BYZANTIUM)』"私の物語は決して語ることができない" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。モイラ・バフィーニ原作の舞台「A Vampire Story」を映画化。ニール・ジョーダン監督によるヴァンパイアストーリー(「狼の血族」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイ
ビザンチウム/ジェマ・アータートン (カノンな日々)
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のニール・ジョーダン監督がおよそ20年ぶりにヴァンパイア映画に挑んだというヒューマンドラマです。ヴァンパイアものだというのはつい先 ...
ビザンチウム (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:Horror 「ビザンチウム」 原題:BYZANTIUM 監督:ニール・ジョーダン 2012年 イギリス=アイルランド映画 118分 R15+ キャスト:ジェマ・アータートン      シアーシャ・ローナン      サム・ライリー      ジェニ...
ビザンチウム ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(1994)のニール・ジョーダン監督が再びバンパイアを題材に取り上げ、シアーシャ・ローナン主演で永遠の孤独を宿命づけられた吸血鬼の少女の姿を描く。原作は、脚本家で劇作家のモイラ・バフィーニが2007年に発表した舞台「A Vamp...
ビザンチウム (to Heart)
これが 本当の 私―― 原題 BYZANTIUM 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス/アイルランド 上映時間 118分 映倫 R15+ 原作・脚本 モイラ・バフィーニ 監督 ニール・ジョーダン 出演 ジェマ・アータートン/シアーシャ・ローナン/サム・ライリー/ジョニー・リー・ミラ...
ビザンチウム (だらだら無気力ブログ!)
シアーシャ・ローナンが相変わらず綺麗!
ビザンチウム (はるみのひとり言)
似た題名のあちらはコロニーでしたが、こちらは屋敷の名前だったんですね。 海辺の寂れた保養地に現われた謎めいた美女ふたり。儚げな16歳の少女エレノアと8歳年上の妖艶なクララ。クララは街で出会った青年を言葉巧みに丸め込み、彼が所有するゲストハウスに身を寄せる...
ビザンチウム/BYZANTIUM (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「インタビュー・ウィズ・バンパイア」(94)から約20年。 それまでも数々の作品を撮ってきたニール・ジョーダン監督が今回描くのは、 永遠の孤独を運命づけられたヴァンパイアの少女の哀しき物語 原....
ビザンチウム・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
理想郷からの旅立ち。 アイルランドの異才ニール・ジョーダンが、ハリウッドで撮った「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」以来20年ぶりに手がけたヴァンパイアもの。 個人の中の秘められた歴史というのは、ジョーダンがほぼ一貫して描いているものだと思う。 その...
ビザンチウム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BYZANTIUM】 2013/09/20公開 イギリス/アイルランド R15+ 118分監督:ニール・ジョーダン出演:ジェマ・アータートン、シアーシャ・ローナン、サム・ライリー、ジョニー・リー・ミラー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ これが 本当の 私―― [Story]神秘的な16...
『ビザンチウム』(2012) - Byzantium - (momoな毎日)
肉感的な美女ジェマ・アータートンと“儚い”を絵に描いたようなシアーシャ・ローナン主演のヴァンパイア映画。長く延びた歯で噛む派手な吸血シーンはあまり前面に出てこない。それよりも、生きる意味を考え、生き抜く力を身につけていく様子を静かにパワフルに描く。 ...
ビザンチウム (こわいものみたさ)
『ビザンチウム』  THE CONJURING 【製作年度】2012年 【製作国】イギリス/アイルランド 【監督】ニール・ジョーダン 【主演】シアーシャ・ローナン    【イントロダクション】 by Amazon.co.jp 16歳の姿のまま200年もの時を生きるエレノアは、永遠の...
ビザンチウム (いやいやえん)
【概略】 誰にも明かせない秘密を抱える16歳の少女・エレノアは、8歳年上のクララと海辺のホテル“ビザンチウム”を隠れ家として利用することになり…。 ホラー 一応ホラーでヴァンパイアものだけれど、ヒューマンドラマだと思う。 16歳のまま、エレノアは200...
映画『ビザンチウム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-76.ビザンチウム■原題:Byzantium■製作年、国:2013年、アイルランド・イギリス■上映時間:118分■料金:1,800円■観賞日:9月23日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:二ール・ジョーダン◆シアーシャ・ローナン◆ジェマ・アータートン◆サ...
ビザンチウム (miaのmovie★DIARY)
ビザンチウム [Blu-ray](2014/03/04)シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン 他商品詳細を見る 【BYZANTIUM】 制作国:イギリス/アイルランド 制作年:2012年 16歳の姿のまま、200年もの時を生きるエレノアは、永遠の孤独を運命づけ られた哀しき少女でありヴ...
ビザンチウム (miaのmovie★DIARY)
ビザンチウム [Blu-ray](2014/03/04)シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン 他商品詳細を見る 【BYZANTIUM】 制作国:イギリス/アイルランド 制作年:2012年 16歳の姿のまま、200年もの時を生きるエレノアは、永遠の孤独を運命づけ られた哀しき少女でありヴ...
「ビザンチウム」 (或る日の出来事)
ヴァンパイア母娘のサバイバル&娘の青春もの。
ビザンチウム (Byzantium) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ジョーダン 主演 シアーシャ・ローナン 2012年 イギリス/アメリカ/アイルランド映画 118分 ドラマ 採点★★★ 私には兄妹程度にしか歳の離れていない姪っ子がおりまして。で、この辺の田舎では特に珍しくもない話なんですが、若いうちにそこらのボ...