銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

幸福の黄色いハンカチ

2011年05月28日 22時01分15秒 | 邦画ロマンス
77年/日本/108分/ロマンス・ドラマ/劇場公開
監督:山田洋次
脚本:山田洋次

出演:高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、たこ八郎、渥美清

<ストーリー>
失恋のショックで仕事を辞め北海道へドライブの旅に出た欣也は、同じ失恋で傷ついた朱美と炭鉱夫を名乗る勇作と知り合い、3人で旅をする。だが、勇作にはある秘密があった。
<感想>
ひかりTVで無料提供作を色々探していたら、ふと目に止まった日本を代表する感動ドラマ。

もう何回も観ているけれど、良い映画は何回観ても良い映画なんですよ。

分かっちゃいるけれどやっぱり所々でぐっとくる映画だし、ラストでの欽也と朱実が自分たちの事の様に大喜びするシーンは熱いモノが込み上がってきます。

勇さんと光枝の感動の再会を見届けた行きずりのカップルが、触発されて心から惹かれあいキスを交わす、良いなぁ、素敵な場面だなぁ。

3人が期待を胸に夕張を目指すロードムービーだけれど、物語に無駄が無い。
お互い恋人に振られて傷心な男女の成り行き任せな恋模様に、不器用ですから!な勇さんの何処か影を持ちつつも、2人に愛の大切さを密かに叩き込む姿を織り交ぜながら、時にはユーモラスに時には温かく描いていて、本当に飽きさせない見事な作り込み。

名作は時代を超えても全く色褪せないという事を再確認させてくれました。

申し分のない傑作ですね。

勇さんが自分の事を受け入れてくれない朱実の事をバカにする欽也に

「お前は草野球のキャッチャーだ、意味分かるか?」
「ミットもないって事だ!」

と言った後、照れくさそうに布団に横になる場面、凄く好き。
硬派な勇さんがそんな駄洒落言うなんて(笑)。

後、執拗に迫ってくる欽也に朱実が
「キスだけよ」
と言うも
「おっぱいもいいだろ」
と完全野獣と化し(男なら当然かも)、挙句大声で泣きだした朱実に
「泣くなよ~」
とあたふたする旅館での一悶着も、欽也のバカッぽさと少しの優しさが上手く表現されていて面白いシーンだと思う。

高倉健、武田鉄矢、桃井かおり

旅の節々でその場面に合った最高の演技を発揮している。
流石芸達者な御三方ですよ。

関連作:『イエロー・ハンカチーフ(2008)』(リメイク)

受賞履歴:
1978年 第1回 日本アカデミー賞最優秀作品賞 山田洋次
1978年 第1回 日本アカデミー賞最優秀監督賞 山田洋次
1978年 第1回 日本アカデミー賞最優秀主演男優賞 高倉健
1978年 第1回 日本アカデミー賞最優秀助演男優賞 武田鉄矢
1978年 第1回 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞 桃井かおり
1978年 第1回 日本アカデミー賞最優秀脚本賞 山田洋次、朝間義隆
1977年 第20回 ブルーリボン賞作品賞
1977年 第20回 ブルーリボン賞監督賞 山田洋次
1977年 第20回 ブルーリボン賞助演女優賞 桃井かおり

評価:★★★★★
11/05/28ひかりTV鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2005-02-26
メーカー:松竹ホームビデオ
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« デヴィッド・フィンチャー | トップ | ファングルフ/狼男アメリカ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
またすごい作品を (にいな)
2011-05-29 20:56:08
おっぱいも・・・

だけ覚えてます。あと全然覚えてない。
テレビで見たかな小さい時・・・
当時から邦画って興味なかったのよね・・・
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-05-30 00:06:48
懐かしい映画を観ました。
これ、凄く好きなんだよね~。
何回観ても最後はウルッてなるよ。

オイラも余り邦画は観ない方だけど、ちょこちょこと気になる作品、気に入っている作品ってのはあるんだよね~。

でも、世界を代表する黒澤映画も殆ど観てない程だから、やっぱり邦画に興味ない方なのかもしれないね。
学校の体育館で (Puff)
2011-06-02 11:14:24
この映画、学校で見ました!
体育館で全校生徒が涙した覚えがアリマス。


数年前に北海道に旅行に行った時、帰り道夕張も立ち寄ったので、
ここのロケ地跡にも寄ろうと思ったのですけど時間が無くって・・・
あの時行けば良かったなあと後から後悔してみたり。

最後のシーンは今でも目に焼き付いています。
涙、涙、でした・・・!
健さんと倍賞千恵子さんのカップルがホントしっくり来ていたのですよねん。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-06-02 22:04:13
おぉ!!
学校の体育館で観たであります?
冒頭のHなポスターは刺激が強すぎたのでは

夕張は行きましたよ~。
高校の修学旅行で。
その時は、この映画の事が頭に無かったので、どんな所だったのか記憶があやふやになっています

最後の再会場面は何度観ても熱いモノが込み上がってきますよね~
名作は何度観ても良いものだと、久しぶりに本作観てつくづく思いましたですよ~

邦画ロマンス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

幸福の黄色いハンカチ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占...