Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

東京新聞の阿部博行記者・東京新聞は“影の政府”応援新聞となりますか・・・

2018年08月01日 | メディア・広告業界

東京新聞の村中璃子氏応援記事・東京新聞の記者さんたちは納得してますか?https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/fbfa9ba2545ab19477b030e846236df4

 東京新聞のHPVワクチン記事-阿部博行記者とは
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/1abc9225978a7802b82a05014383e35a 

医師EARL氏と東京新聞の阿部博行氏のツイッターは同一人物が管理?-東京新聞の阿部博行記者について問い合わせを
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/f3b3af34cb94cc2b0306186e0aefd4df 

に、「東京新聞の阿部博行記者は、本当に東京新聞の記者か?」という疑問と、

「東京新聞は、今後変質HPVワクチン過激推進派ご用達新聞になってしまいましたか?上氏と一緒になって、「放射能汚染はおそれるな」と新聞も言う様になりますか・・。 」という失望感を書きました。 

阿部記者とは、昨日、HPVワクチン被害者の親御さんが実物とお話をされたようですね。 

子宮頸ガンワクチンと闘うmamesanのブログ
https://ameblo.jp/daizumametarou/entry-12394543843.html
 

抜粋: 

昨日は池田教授による名誉毀損裁判を傍聴しました。 

詳しくは↓『平成30年7月30日裁判傍聴』https://ameblo.jp/daizumametarou/entry-12394567182.html 

わたしは、裁判終了後に取材記者の方々に声をかけてみた。 

「ぜひ、被害を訴えている方々に会って話を聞いて頂きたい。取材に来て欲しい。」と言ったのだが東京新聞の阿部博行記者に「あなた方のせいでHPVワクチン接種率が低下しワクチンで防げる命が失われている。その責任をどうとるのだ!」

 「健康被害を訴えている人々とHPVワクチンとの因果関係は証明されていない。」「エピデンスがない。」と言うのだ。 

まあ、「東京新聞にずっといた、正規社員の記者さん」なのかどうかはわかりませんけど。 

さて、東京新聞さんの変貌を、予測していた人もいましたね。

(現在東京新聞に限らず、東京新聞に登場することがある「リベラル・人権派」に変貌した人達がいますね。) 

東京新聞には産経新聞から記者が大量に移籍 そのうち安倍礼讃・原発推進新聞に豹変か 
http://www.asyura2.com/17/genpatu48/msg/569.html 

地球温暖化に関して偏向報道をする東京新聞は、本当に反・脱原発なのか、

原子力ムラの息のかかった記者が東京新聞にも紛れ込んでいるのではないかと
以前疑問を呈したが、LITERAがそれを裏付ける事実を報じている。

元ネタは週刊金曜日が出版した「検証 産経新聞報道」という本なのだが、それによると、
東京新聞には産経新聞から記者が大量に移籍しているのだそうだ。

「産経新聞OBが驚きの社内事情を証言!『本物の右翼はいない』『幹部は商売右翼』
『東京新聞に記者が大量移籍』」 (LITERA 2017/8/14)
http://lite-ra.com/2017/08/post-3388.html

------(部分引用ここから)-------------
しかも、同書を読んでいて驚いたのが、産経を辞めた記者が一時、思想的に真逆のはずの
東京新聞に大量に転職していたという事実だ。

「『産経』東京本社の中には、『東京』のスカウトマンがいると言われていました。
『産経』の社員なのに『東京』からお金をもらって、「これは」と目をつけた記者を
どんどんスカウトするのです。一時期、『東京』にものすごい数の記者が移りました。
よく笑い話で、「『東京』に移った『産経』グループのOBで、野球チームができるどころか、
リーグ戦ができるんじゃないか」と言われていたくらいです」(C氏)

------(部分引用ここまで)-------------

どうもおかしいと思っていたが、やはりそうであったか。

まともに安倍政権を批判できる最後のマスメディアと言われた東京新聞が、
ネトウヨレベルのデマ記事満載の産経新聞から記者を大量に引き抜くとは
常識では考えられないことである。

これは東京新聞を乗っ取り、第二の産経新聞にする意図で行なわれているのでは
ないだろうか。

東京新聞は反・脱原発だ、庶民の味方だなどと思っていると、ある日突然、
安倍政権礼讃、原発推進新聞に豹変するのではないか?

(後略) 

東京新聞には、かつてロナルド・ドーアさんがコラムを執筆されていました。 

311の福島原発のあと、ドーア氏が「原発擁護」の記事を書いたあと、ドーア氏のコラムは打ち切りに。

(これは契約期間が満了しての「連載終了」というわけではなかったので、ドーア氏は「その記事のせいでで打ち切り)と大変怒っていました。) 

ロナルド・ドーア氏のコラム、核アレルギーと脱原発派
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/396522c0deabfc864a86db684c25394d

ロナルド・ドーア氏の最後の『時代を読む』
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/1532aa6094bee1a5cdf859341fd98b8a 

東京新聞は、独自の路線を変えていきますか・・。
(東京新聞の母体は「中日新聞」。名古屋界隈の影響力がある人達もいるという点もありますしね。)

コメント

番場さち子氏のツイッターのお奨めアカウントもEARL氏と東京新聞阿部博行氏と連動?

2018年07月27日 | メディア・広告業界

医師EARL氏と東京新聞の阿部博行氏のツイッターは同一人物が管理?-東京新聞の阿部博行記者について問い合わせを
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/f3b3af34cb94cc2b0306186e0aefd4df  

EARL氏と阿部博行氏のツイッターに並ぶ「お奨めアカウント」-連動する(?)他のツイッターアカウント
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/4de0742deac2280902b7fefb407b558c 

福島番場さち子さんのツイッターは非公開になっていますが、こちらの「お奨めツイッター」も、EARL氏、東京新聞の阿部博行記者のものと連動しているようです。 

番場さち子氏
https://twitter.com/gokusenbamba

一般の人のツイッターの「お奨めアカウント」には、IT関係者や広告業界の人(堀江貴文氏、三木谷浩史氏、藤田晋氏、糸井重里氏、佐々木俊尚氏)や東急線、日経新聞、Fashion.comのツイートが出やすいのですか? 

番場さち子氏がHPVワクチンについて何か発信をしていたというわけではないと思いますが、彼女の応援組には「HPVワクチン過激推進派、村中璃子氏応援組(フクシマや日本財団が後ろ盾をしている駒崎弘樹氏等の“草の根”ロビイストの方々も含みます。)がいたようです。

福島被災者支援団体代表番場さち子氏・“慈善活動家”ならぬ“偽善活動家”?
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/eb49af123e00d243b5ce27d9588290fa
 

番場さち子氏の番來舎のサポーターたち
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/e016444a0f1fb6ef3e5ce1a740b55dcf 

コメント (2)

EARL氏と阿部博行氏のツイッターに並ぶ「お奨めアカウント」-連動する(?)他のツイッターアカウント

2018年07月27日 | メディア・広告業界

前回、

医師EARL氏と東京新聞の阿部博行氏のツイッターは同一人物が管理?-東京新聞の阿部博行記者について問い合わせを
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/f3b3af34cb94cc2b0306186e0aefd4df 

を書きましたが、たまたま、以下の方のツイッターの「お奨めアカウント」も、EARL氏、阿部博行氏のものと同じ(変わるタイミングもおそらく同じ)になっています。 

Skylar 2
https://twitter.com/jelly_beans7902 

ツイッターのお奨めアカウントに載るのは、ツイッターの主が良くチェックしたり、チェックされたりするもの、もしくは内容に関連するものが反映されるわけではないのでしょうか?

上記のSkylarさんは、一応HPVワクチン被害者寄りの方のようですが、「HPVワクチン被害者に寄り添うふり」をして、実は被害者の会に恥をかかせようとしていた“自称医者”の方のツイッターもありました。

(ツイッターの「お奨めアカウント」の仕組みが想像でしかないので、もしSkylarさんが 善意の方であれば、申し訳ありませんが、)

いずれにしても、なりすましツイッターにご注意を。

※次回に続く

コメント

医師EARL氏と東京新聞の阿部博行氏のツイッターは同一人物が管理?-東京新聞の阿部博行記者について問い合わせを

2018年07月26日 | メディア・広告業界

村中璃子氏応援組と「なりすましツイッター&ツイート」
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/4694150dae829929ab213c825552c11e

 という記事を書きましたが、やはりEARL氏のツイッターアカウントと、東京新聞の阿部博行記者の「お奨めアカウント」が全く一緒になります。(時々チェックしていましたが、その都度同じ。) 

現在は、 

堀江貴文氏
東急線運行情報
糸井重里氏
日本経済新聞電子版
藤田晋氏(サイバーエージェント社長)

が、お二人のツイッターの左側に並んでいます。

 https://twitter.com/drmagicianearl

https://twitter.com/abehirokinari

EARL氏はツイッターアカウントを二本お持ちですが、こちらのツイッターアカウントのプロフィール欄は、現在こそ、 

「最近Perfume、ロードバイク、荒野行動の沼に引き込まれつつあるのほほんブロガー医です。最近はフォロワー数の関係で通知欄追いきれてないのでリプライに気がつかないことが多々ありますがご了承下さい。医学ツイートは EARLの医学ツイート @EARL_med_tw、荒野行動アカウントは@DrEARLPUBGをどうぞ」 

となっていますが、ツイートを公開中は、ご自分の医師のプロフィールをしっかり付けていました。 

勤務医のtwitter、病院は知っているのか?―3
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/aa02cace9373e7fd4203bf6697513b12

EARL氏こと福家良太氏がご自分のなりすましツイッター(or なりすましツイート)を放置していたのはなぜでしょう?

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/anursing/fuke/ 

ふけ りょうた氏●大阪医科大学卒業後、2009年から北摂総合病院卒後臨床研修医。同病院呼吸器内科、感染対策室を経て、16年から東北医科薬科大学病院感染症内科・感染制御部に所属。日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成メンバー。ブログ「EARLの医学ノート」で医学情報を発信中。) 

また、阿部博行記者という方は本当に東京新聞の記者さんなのでしょうか?

知りたいものです。 

東京新聞は、HPVワクチン推進する記事と村中璃子氏を紹介する記事を、6月の土曜日朝刊に二回(ともに阿部博行記者)も書いています。

別の土曜日には、村中璃子氏応援隊となった、木村草太の一面に渡るインタビュー記事もありました。 

また、東京新聞の月刊版の医療コラムは、明弘宏氏がおりて、上昌広氏が執筆することになりました。 

(『目の前の患者優先』 by 南淵明宏氏
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/4916f29092a0786428a12d9e1e2595aa ) 

上氏は、東京新聞の医療記事に前から登場することはありましたが、東京新聞、どうしてしまったのでしょうか? 

HPVワクチン過激推進派ご用達新聞になってしまいましたか?
上氏と一緒になって、「放射能汚染はおそれるな」と新聞も言う様になりますか・・。 

(HPVワクチン過激推進は、原発関係でも放射能汚染を恐れる人達を「モンスターペアレント扱い。

また、駒崎弘樹氏や日本財団などと繋がっています。) 

※次回、その次の記事に続く

コメント

村中璃子氏応援組と「なりすましツイッター&ツイート」

2018年07月24日 | メディア・広告業界

ホッブス美香氏の「トリニティホーム」は何処に?※修正あり
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/4694150dae829929ab213c825552c11e
 

で取り上げた、大原ケイ氏のツイッターですが、 

彼女のアカウントは、6月に一度凍結されたようです。https://twitter.com/Lingualina/status/1002412514309648384 

その後、彼女はツイートを削除することで解除を解いたとのことですが、この方のツイッターはとにかく乱暴。 

彼女のツイッターは、HPVワクチン被害者叩き、村中璃子氏応援ツイートを見ているときに見つけた時一時的に読んでいただけですが、彼女の年齢や職業と写真と、乱暴ツイートのギャップがあったということで、記憶に残っていました。 

実は子宮頸ガンワクチン過激推進派の乱暴ツイートを連発する医師達にもいえることです。 

私はかねがね、「実はツイッターには、名前(もしくは身分)だけ借りて、中身はアルバイトがやっているということはないのだろうか?」と疑っていましたが、最近、ツイッターの「お奨めアカウント」欄の奇妙な一致が合ったりして、確信に変わってきています。 

ご参考まで: 

非公開になった医師EARL氏のtwitter-「おすすめアカウント」に並ぶは・・・
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/c4cbcd1047b136047f1247cfa52d5ed8
 

村中璃子氏押しの記事を書く東京新聞阿部博行記者とEARL氏
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/1dacf0ad8c15d4e334c7f41204416d9e
 

“HPVウィルスちゃん”という2010年10月に作られたツイッターアカウント
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/5a377d36f5a122b7ae062cbbc59f99e2
 

このほか、基本的には本人がツイート、時々アルバイトが変わりにツイートをしている、というパターンもあるのではないかと思います。

(一時期、村中璃子氏と大江紀洋氏のツイートを、同一人物が代理でツイートしていたように感じました。大江氏のツイートが急に女性言葉になったこともあったときは、「ツイート先を間違えた?」と思ったり。) 

コメント

The Science Postの記事にご注意を

2018年06月09日 | メディア・広告業界

ワクチンから農薬が検出という話はありますが、 

予防接種が危険!?農薬が検出された5種類の子ども向けワクチン!
http://childcare192.com/286.html
 

これをもとに、フェイクニュースサイトが「メルク社がワクチンにグリホサートを混入することをする発表」というような記事を。 

The Science Post
Merck to add glyphosate to vaccines in huge deal with Monsanto
http://thesciencepost.com/merck-to-add-glyphosate-to-vaccines-in-huge-deal-with-monsanto/

Pharmaceutical giant Merck announced today that they would be altering the recipe for their vaccines and making them even more toxic by adding glyphosate (a broad-spectrum systemic herbicide used to kill weeds and cause cancer). The news comes with confirmation of a deal with Monsanto who will be proving the glyphosate which they have in surplus and are trying to use up.

(後略)
 

更に上記の記事を拡散するサイトも。 

http://www.naturalhealingmagazine.com/merck-add-glyphosate-vaccines-huge-deal-monsanto/

この記事を書いたThe Science Post
http://thesciencepost.com/

は、Fact Checkでは、風刺サイトとされています。

https://mediabiasfactcheck.com/the-science-post/
 

These sources exclusively use humor, irony, exaggeration, or ridicule to expose and criticize people’s stupidity or vices, particularly in the context of contemporary politics and other topical issues. Primarily these sources are clear that they are satire and do not attempt to deceive

確かに記事を全て読めば、内容も、インタビューの答えている相手の名前(悪魔の名前)などで「嘘」とわかるのですが、うっかり、ワクチン慎重派、反対派が偽情報を流すのに使ってしまう事があると思います。

風刺やユーモアではなく、目的は、都合が悪い人達の信頼性を落とすためのサイトかもしれません。 

ご注意を。

コメント

「ざくっと」という言葉を使う人々-村中璃子も彼女の応援団も

2018年06月06日 | メディア・広告業界

2014年に、 

「イケてる」という言葉を使う若者たち
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/263c9418f565acdb901c73a346a85054 

というブログ記事を書きました。 

「イケてる」はもはや死語になっているのではないかと思いますが、当時からやはり気になっていた言葉に、 

「意識高い系」
「サクサクと○○」
「ザクッと××」
(他にも「がっつり」なども)

という言葉があります。 

「意識高い系」も「イケてる」とほぼ同じ使い方をされていたのか、今はありませんが、「サクサク」「ザクッと」は今も広告業界、出版業界、若者などが使っているようです。 

この「ザクッと」という言葉、“若者とはもう呼べないHPVワクチン被害者叩きの方々”もお好きなようで時々ツイッターで見かけましたが、「守れる命を守れる会」の表題にも。 

「ざくっとわかる!池田修一捏造実験裁判」 

村中璃子氏を応援する、医学界のお偉方も、このタイトルについて何とも思わないのでしょうか?
まあ、「ざくっと」を使わなかったとしても、タイトルがミスリードであるので、まともな人は読まないでしょうね。 

(※この裁判、村中璃子氏が被告です。

被告村中璃子氏(中村理子氏)にとっての“捏造(fabrication)”
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/04078deb7d690672341943ff7f8611fd

コメント

Ben Swannの『Truth in Media』とブログ『新聞と嘘、あるいは誤報道』

2018年05月11日 | メディア・広告業界

先のブログで紹介した動画は、Ben Swannのものです。 

彼は、もともと大手メディアの地方局でアンカーをしていた方。

Wikipedia
Ben Swann
https://en.wikipedia.org/wiki/Ben_Swann 

Stop the One World Order
Pizzagate: CBSアトランタのBen Swannさんがメディアから消えた
https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/34515277.html?__ysp=44OZ44Oz44O744K544Ov44Oz

勇気ある彼は今も大手メディアに立ち向かっています。(穿ちすぎのものもあるかもしれませんが、判断はご自分で。) 

Truth in Media
http://truthinmedia.com/ 

さて、大手メディアの言うことを鵜呑みにする人が多かった日本-311以降、政府の発表、報道を「ひょっとしたら、違うのではないか?」と疑う人が増えたとは思いますが、それでも、自身には関係のない過去の事に目を向ける一般の人は少ないのではないでしょうか?

こちら、「日本軍とアヘン」について調べていたときに見つけたブログですが、 

新聞と嘘、あるいは誤報道
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/KuiperBelt.htm

 アヘン関連だけでなく、皆さんに読んでほしいと思い紹介します。

このなかから「HPVワクチンで被害者叩きをする医療関係者やメディア関係者がタケノコのように現れる現状に驚いている方たちにお奨めの二つを―

水俣病
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/section6/kuiper_section6.htm#section6
 

抜粋: 

  1. 水俣に病気らしいものが発生し、しかもこれは生命の危険があった。
  2. 診断をした無名の開業医が治療にあたっていた。
  3. 無名の開業医は治療に困り、九州大学の大学病院に患者を診断して欲しい ともちかけたが、門前払いを食らった。
  4. 次に、京都大学の大学病院にかけあったが、ここでも門前払いを食らった。
  5. おそらくと思うのですが、何らかの中毒の疑念があったのでしょう。 これが大学病院に診断を依頼する理由であったと思います。 大学側は本当の理由に気が付き、その理由から診断を拒否したのでしょう。 (大企業が関係していた。)
  6. 困り果てた無名の開業医は自分で調べざるを得なくなったようです。 当時、鉱物による中毒に関しての本は日本語訳がなく、結局原書で 読まなくてはいけなかったようです。その結果、水銀中毒であることが 決定的となり、記者会見で発表することになりました。
  7. これを聞いた被害者の一部が怒り狂って日本チッソになぐりこみをかけます。 

朝日新聞はもっぱらこの「なぐりこみ」の件のことを大々的に報道していたと思います。 いずれにせよ、その結果、この問題に関しての「検討委員会」めいたものが 日本政府に作られました。座長は京都大学の教官でした。

京都大学の教官は「無名の開業医」の行為を「売名」と決め付け、 「水俣病は仮病である」と断言しつづけます。「水俣病」の被害者の間には 当然温度差があり、「なぐりこみ」をかける人もあればそうでない人も いたと思います。しかし京都大学の教官は一括して全部を「百姓一揆」と 呼んでいたと思います。(損害賠償の問題が関連していた。) ここで警察力が投入されました。 当然のことながら「百姓一揆退治」です。片っ端からうむを言わせず逮捕しています。 随分むごいやり方であったと思います。 証拠があるもないも、全然でたらめでしす。単なる「百姓一揆退治」でした。 

野口英世
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/section3/kuiper_section3.htm#section3

 抜粋: 

英字紙に載った AP の記事は次のようなものです。 WHO (= World Health Organization, 国連世界保健機関) の通達から始まっています。

「医療による黄熱病の根絶」を目的とした医師の集団が 資金の供給を製薬会社、医療機関などに依頼しているが、これは 詐欺であるから協力しないようにと、WHO が世界中の関連する民間企業、公的機関、国 に文書で通達したそうです。

何ゆえ詐偽であるのか、ということを先に説明する必要があります。 昔、第二次大戦前に「医療による黄熱病の根絶」を目指した医者の集団がアフリカにいました。 当時はアフリカはヨーロッパの植民地でこそありましたが、 今日のような内乱につぐ内乱ということはありませんでした。 植民地ではありましたが、徐々にアフリカの人たちの生活レベルが向上していったようです。 ともかくも、「医療による黄熱病の根絶」を目指した医者たちの 活躍が功を奏したかのように徐々にアフリカで黄熱病の発生が少なくなっていきました。 これはとてもすばらしい話で、彼らは祖国で英雄扱いされることになりました。 一人ではなく、何名もいたそうです。

しかし、事情は激変することになります。第二次大戦後、 アフリカはヨーロッパから独立しますが、すぐ間もなく、どの国も内乱状態になってしまい、 その結果、黄熱病が再び活発となり、現在では手に負えないくらいになっています。 「医療による黄熱病の根絶」はないのです。ただ蚊の発生を防止するだけでよいのです。 生活レベルが向上し、衛生的な環境になれば、蚊の発生を防ぐことができ、 「黄熱病を根絶」することが可能となるだけなのです。 少し冷静になって考えればもともと「医療による黄熱病の根絶」はまぎれもない詐偽に他なりません。

(蛇足ですが・・・毒ガスを発明したハーバーのパトロンでもあり、モルヒネ製造をした星一氏は野口英世のパトロンでもありました。
星一については先日書きましたが、筆者も「アヘン」の項目で書いていらっしゃいます。)

コメント

BBCを読むならRT(ロシアトゥデイ)も読む習慣を

2018年05月06日 | メディア・広告業界

2日に、 

「シリアの科学兵器攻撃はやらせ」とするハーグでの証言-「BBCは信頼」「RT pressは信頼できない」とする根拠は?
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/c136ce16c4dc8419ac28b0d329c67781 

を書きましたが、RTについて書かれている記事を: 

ルモンドディプロマティーク
国際メディアの調和を乱すモスクワからの声
マキシム・オーディネ(Maxime Audinet)
パリ・ナンテール大学博士課程在籍、現代ロシア勢力拡大政策の研究者
http://www.diplo.jp/articles17/1704-4rt.html
 

抜粋: 

ロシア国家から多額の資金提供を受け、RTグループは2100名の従業員と19カ国に支局を擁するまでに成長した。仏調査機関イプソス(Ipsos)が2015年11月に38カ国で実施した調査によると、毎週7000万人がRTの放送を見ている。これはBBC(英国放送協会)の海外向け放送に次ぐ視聴者数で、ドイチェ・ヴェレ、フランス24よりも多い。さらに、RTが優先的なターゲットとしている米国と欧州では第5位の国際放送であり、それぞれ800万人、3600万人の週間視聴者がいる。開局以来、予算額は2900万ユーロから10倍の2億9000万ユーロになった。国際放送メディアに支払われている公的基金の4分の1近くを占めている。インターネット配信にも早くから対応し、動画の生中継、360度画像など情報拡散のためのデジタル技術を駆使している。ソーシャル・ネットワークでは多数のアカウントを開設し、ユーチューブを例にとるとRTの全チャンネルを合わせた登録視聴者数は450万人で、情報番組では世界1位である。 

「BBCもRTも、プロパガンダメディアという面があると言うのは一緒。

下の参考で紹介している記事も読んで考えるに、

「BBCだけを読む」「RT(ロシアトゥデイ)だけを読む」ということが問題だと思うので、二つを読み比べればよいのではないか、そう思います。 

(そのうち西側でRTが読めなくなったりするかな?)

RT
https://www.rt.com/ 

参考: 

マスコミに載らない海外記事
ロシア・トゥディ: 新種のメディア?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-09ee.html 

ルモンドディプロマティーク
再びの冷戦 
アルテのロシア攻撃
セルジュ・アリミ(Serge Halimi)
ル・モンド・ディプロマティーク統括編集長
http://www.diplo.jp/articles18/1804-07arte.html 

NBC(2018.4.20)
Russian propaganda evades YouTube's flagging system with BuzzFeed-style knockoffs
https://www.nbcnews.com/tech/tech-news/russian-propaganda-evades-youtube-s-flagging-system-buzzfeed-style-knockoffs-n867431 

英国銀行が「クレムリンに譲歩した」~ロシア・トゥデイの口座凍結を取りやめ
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=320852

コメント

“HPVウィルスちゃん”という2010年10月に作られたツイッターアカウント

2018年04月20日 | メディア・広告業界

Voyage
プレスリリース
adingo、子宮頸がんの正しい情報発信と予防意識の向上を促し、啓発活動を支援する「子宮頸がん啓発ツールバー」を開発
2010年09月02日
https://voyagegroup.com/news/press/277-2/ 

PCおよびモバイルメディアの運営社に対し、検索機能やリスティング広告(※1)の導入および運用支援を行なう株式会社adingo(読み:アディンゴ、東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸)は、子宮頸がんの啓発活動を行う「一般社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト」「一般社団法人リボンムーブメント」の活動に賛同し、大学に設置されている学生が利用するPC向けの「子宮頸がん啓発ツールバー」を開発いたしました。2010年9月2日より、学生向け無料コピーサービス「タダコピ」などを運営する株式会社オーシャナイズ(東京都渋谷区、代表取締役社長:菅澤 聡)を通じ、北里大学・東京富士大学をはじめ、全国の大学に順次導入いたします。「子宮頸がん啓発ツールバー」を通じて、大学生に対し、子宮頸がんに関する正しい情報の発信と予防意識の向上を促すとともに、ツールバーの検索サービスを通じて発生した広告収益の一部を、一般社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト、一般社団法人リボンムーブメントに寄付し、子宮頸がんの啓発活動に活用いたします。

HPVワクチン推進派がIT関係者に多いですが、電通よりこちらの方が早かったのでしょうか?

(宮澤聡氏は「かぼちゃの馬車」騒動で初めて名前を知りました。)

まあ、それはおいておいて、この記事にある、「一般社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト」「一般社団法人リボンムーブメント」を調べていて見つけたツイッターです。

二回しかツイートされていませんが、そもそもこれはどういう方が作ったのでしょうか? 

HPVウィルスちゃん(子宮頸がんウイルス
@HPVvirus

子宮頸がん原因である子宮頸がんウィルスのHPVウイルスちゃんです。子宮頸がん予防ワクチンのHPVワクチンくんと同居中、ウィルスちゃんとワクチンくんは仲がいいのです。普通とは少し違う側面から子宮頸がん予防の大切さを伝えていきます。/疫学/公衆衛生/感染症/臨床医学/ティールアンドホワイトリボン/子宮頸がん/がん教育/医療

https://twitter.com/hpvvirus 

2010年10月6日 

HPVうぃるすウィ~!でもHPVワクチンと同居ウィ~ 

2010年10月6日 

ゆるふわな子宮頸ガンウィルスうぃ~。

コメント

「貢献」と「征服」の境界線をなくす人々・What About Nowをもう一度

2018年01月30日 | メディア・広告業界

IT業界の大御所たち、マイクロソフトのビル・ゲイツからGoogle関係者(カーツワイル氏など、科学至上主義の変わり種もいますね。)、ソフトバンク、そしてBuzzFeedのCEOなど、世界の救世主のような気分になっている人達がいます。 

「財を成して社会貢献」「ノブレス・オブリージュ」というのには、計算高さが目立ちすぎ。 

マイクロソフトを退職して、Room To Bookを設立したジョン・ウッドなどは、そういう偽善にあきあきして、マイクロソフトのみならず、ITの世界から飛び出したのでしょうか? 

(ジョン・ウッドは違うとは思いますが、こうした慈善活動を行う人達のなかに、宗教勧誘やCIA等のスパイなども紛れているのも事実なので、評価は注意。) 

ジョン・ウッドも(ダイアナ妃も)画像に流れるミュージックビデオを再度紹介:

What About Now
By Daughtry
http://www.youtube.com/watch?v=roDXSHSEuoo 

参考: 

Room to Read 
http://japan.roomtoread.org/about_us/index.html 

レイ・カーツワイル氏の描く世界・“フランケンシュタイン博士”は“ハーメルンの笛吹男”?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/60108c51726d626811a3fceb718de787

 レイ・カーツワイルとレオナルド・ダ・ヴィンチ、そしてGoogleが目指すものは
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/8f37390fb2a58e4e7ca8712199bf9a13

コメント

BuzzFeed Japan MedicalのHPVワクチンが上位に来る理由・BuzzFeedの“正義”は皆にとっての“正義”にあらず

2018年01月30日 | メディア・広告業界

BuzzFeed Japanの編集長、古田大輔氏の昨日のツイート: 

SNSと検索アルゴリズムは全く別の話ですし、そもそそもそれって「検索の操作」とは言いません。 グーグルとヤフーの検索でバズフィードの「子宮頸がんワクチン」の記事が上位にきたのは、アルゴリズムで記事が高評価だったから。素直に嬉しいです。 

私は以前、 

Google,Yahooで「村中璃子」「HPVワクチン」等で検索をしてみると・“アルゴリズムの大王Google社”が世界征服するとき
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/96069b9f134e9d3c1b8ef28c405bd64c 

の中で、 

(Quote)

グラクソ・スミスクライン社とGoogle社の二人三脚(without “CSR”)
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/afe3a28ce2198d3b6e846c15d70f5e57

 「村中璃子氏のジョン・マドックス賞受賞」を喧伝するYahoo-孫氏とルパート・マードック氏
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/a530927b5f865d08297605f60171b2c5
(※次のブログ記事参照)  

を書きましたが、Google,Yahoo共(Yahoo、OCN、Goo、Biglobe、Sonetなどのプロバイダは何年か前からGoogleの検索エンジンを使っているので、ほぼGoogleの検索結果と同じになる。Bingは独自の検索エンジンのようですが、マイクロソフト社のもの(ビル・ゲイツ創設)なので将来が不安。)、「村中璃子」「子宮頸がんワクチン」「HPVワクチン」で検索をすると、村中氏、BuzzFeed、Wedge他、HPVワクチン推進の記事がずらっと上位に並びます。 

WELQ騒動の直後、ニセ医者バスターズ(村中氏も含む)が、将来、彼らの都合がよい検索順位で医療記事が並ぶ、とは言ってはしゃいでいましたが、医療関係の記事をある勢力の都合がよい検索順位で出すのに成功したら、次には、原発、モンサント、軍需産業、宗教、教育、そしてもちろん政治・・・。 

(Unquote) 

と書きましたが、HPVワクチンを検索して検索順位にBuzzFeed Japan Medicalのものが上位に来るのは、はGoogle社の検索アルゴリズムによるものだと思います。

(海外の友人達とやり取りしているなかで、GoogleとYahooで検索した場合、Googleでは検索できても、Yahooでは検索できないものなど、わずかにありましたし、Yahooでは、広告料を払っているだろうサイトが上位にくることが一時期(?)ありましたが、今は知りません。) 

そういう意味では、古田氏の「(Yahooの)検索結果を操作はしていない」というのは、間違ったことを言っていないと思います。

ただ、「「子宮頸がんワクチン」の記事が上位にきたのは、アルゴリズムで記事が高評価だったから。」

というには苦笑。 

Google社がグラクソスミスクラインとタッグを組んだり、医療記事での順位を自分達の評価で順位を操作することは、発表されています。 

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)を中立の立場で調べようとして、BuzzFeedという、医学と関係がないwebニュースサイトの記事ばかり並んでしまうことの不自然さに、気が付く人が増えることを願います。 

※ BuzzFeed Japanは総合webニュースサイトで、医療部門は昨年の秋に、WELQ叩きをしてきた朽木誠一郎氏が立ち上げたもの。
(WELQ騒動のあと、村中理子氏が「医療記事をチェックする仕事の話がきた」というようなことをツイートしていましたが、持ちかけたのは、朽木氏か古田氏だったのでしょうか?)

記事を書いているのは「医療に詳しいという記者(HPVワクチン、村中璃子氏に関しての記事を書いているのは、ヨミドクターで内外から批判されるような記事を書き、実質退職に追い込まれたらしい記者が書いています。)」にすぎません。

「『HPVワクチン』と検索して、医学者や厚生労働省が書いたものや、大手メディア、老舗のメディカル情報サイトのものを抜いて一番上に出てくるのは疑問、という意味です。

()が多く、相変わらず分かりづらい文章になりまして申し訳ありませんが、説明を加えさせてもらいました。

(米国YahooでHPV Vaccineで検索したところ、さすがにBuzzFeedの記事がトップには並びませんが、HPVワクチン推進の記事が上位のほとんどを占めています。 

「(一部の人達にとっての)フェイクニュース撲滅」はBuzzFeed CEOにしてみれば、「自分達の正義、役目」と思っているようなので、彼はソフトバンクの力添えもあって作られた「BuzzFeed Japan Medical」にたいへん満足していることでしょう。 

ま、Google社やFacebook社と広告関連え対立するようなことがあったとしたら(これは多分なく、Win-Winに持っていくでしょう。)、また検索結果も変わりますかね。 

Business Insider (2017.12.13) 

BuzzFeed went there, calling for Facebook and Google to better pay quality publishers.
CEO Jonah Peretti is using recent controversies over fake news to dial up pressure on the duopoly.
The big question is whether any media company, even one as big as BuzzFeed, has any real leverage over the tech giants. 

http://www.businessinsider.com/buzzfeed-took-a-shot-at-facebook-and-google-but-it-needs-them-more-than-they-need-it-2017-12 

参考: 

CNBC
Pharma company GSK is taking control of Google data to find out more about its customers
https://www.cnbc.com/2017/12/18/gsk-is-taking-control-of-google-data-to-find-out-more-about-customers.html  

WELQ騒動の一年後
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/3bf5686bdd44ba85170f7581026c2640 

コメント

突然「HPVワクチンのみならず村中璃子氏応援隊」となった人達の本当の動機は?

2018年01月13日 | メディア・広告業界

WELQ騒動の一年後
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/3bf5686bdd44ba85170f7581026c2640 

追記です。 

最近、ワクチンとは全く縁がないジャーナリスト・社会活動家がHPVワクチン推進のみならず、村中璃子応援を始めました。 

一応彼らは「村中璃子氏のマドックス賞受賞を報じない日本のマスメディアを批判」という立場で発信していますが、背景を知ろうとすることもなく、村中璃子氏、BuzzFeed Japanの宣伝。

彼らは、今後BuzzFeed Japan で記事を書かせてもらったり、取り上げてもらうことを約束されている・・・と考えられませんかね? 

製薬会社やHPVワクチン推進派からお金をもらわなくとも、BuzzFeed Japanで書けば、検索上位にしてもらえる可能性もありますし。
(HPVワクチン推進、村中氏押しをし始めた2人のリベラル系ジャーナリストは、共にオウム真理教で有名になった人達、というのが興味深い。) 

「医療」に関してだけといいながら、一度世論操作に味をしめた人達は、露骨にお金や権力がある人達に沿った情報を上位に持ってくるようになったりしそうです。(未来形ではなく進行形か?) 

コメント

WELQ騒動の一年後

2018年01月10日 | メディア・広告業界

昨年の大晦日に、 

Google,Yahooで「村中璃子」「HPVワクチン」等で検索をしてみると・”アルゴリズムの大王Google社”が世界征服するとき
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/96069b9f134e9d3c1b8ef28c405bd64c 

を書きました。 

Google の医療関係の検索順位がが変わることは、2016年12月頃のWELQ騒動のころに、村中璃子氏がご自身のツイッターで先走りして、「子宮頸がんワクチンで検索したらどうなるか、やってみよう」と言うニュアンスのことをつぶやいていました。

(この時、私は検索をしてみましたが、検索トップが揃ってこのワクチンの被害を訴えるものだったので、笑ってしまいました。) 

そして、今、Welq騒動で大騒ぎをした朽木誠一郎氏のBuzzFeed Japan (Medical)の医療記事が、ネット検索でトップにでるように。
現在はHPVワクチンだけしか読んでいませんが、この件に関しては村中璃子氏をはじめとする、HPVワクチン過激強制接種推進組にとっての「真実」を書き、都合の悪い部分は脚色。

こうなると、一昨年永江一石氏とともに朽木氏がやってきた「WELQ叩き」「ニセ医学叩き」は、「大義名分」の為の行為だったようにも思えます。

こちらは、2016年12月1日に書いたブログ記事ですが、

WELQ騒動・「朽木誠一郎さんや永江一石さんら多くの有識者」 by おときた駿氏
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/d0d38e27b181754d2d92e8908a642f91
 

あの時点で、 

「DeNAを擁護するつもりはないですが、今回の騒動で鼻息を荒くしている人達の顔ぶれを見ると、なにかひっかかるものがあります。 」

と書き、

村中氏の

「シュールなバイトが来ました。1万件ほどある非公開になってしまったWELQの記事を好きなの選んでいいから1件につき1,2万で修正・監修するというもの。 BuzzFeedさん、頑張ってください!」

というツイートも紹介しておきながら、ここまで酷い結果になることまでは想像できませんでした。 (村中氏は、2016年12月時点で朽木氏がBuzzFeed Japan(Medical)を立ち上げることを知っていたのでしょうか?)

BuzzFeed Japan (2017年12月6日)
Google検索から不正確な医療情報が消える 「前代未聞の規模」
By 朽木誠一郎氏
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/google-update-02?utm_term=.qa4pMA6W6J#.phMQpYqJqZ

私には、これがHPVワクチンや、医療関係だけにとどまるとはやはり思えませんけど、(村中璃子氏やBuzzFeed Japan Medicalの応援・宣伝組になっている)木村草太氏も、江川紹子氏も、有田芳生氏も、池田香代子氏も・・・気にならないのでしょうね。

こちらもどうぞ。 

ソフトバンク(Yahoo)のCSRとは・ソフトバンク&ロイヴァント・サイエンシズ&武田薬品工業&グラクソスミス・クライン&グーグルの輪
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/6e93a9919068d0b119a0b3d0e95de8ee 

岩永直子氏BuzzFeed Japan Medicalで本領発揮
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/f9259954e84a01556e60a1035d974ac1
 

オマケ: 

なお、1年前ほどだったか、「WELQなどのチェックをしている(いた)機関が新潟にある」という情報が2chで流れていましたが・・・。

コメント

HPVワクチンPRとWPPグループ・村中璃子氏のHPVワクチンPR

2018年01月09日 | メディア・広告業界

昨日、 

子宮頸がんワクチンと電通・「全員に接種」とゴリ押しする大江紀洋氏の空白の6年間に思う
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/10ed2f63dc943f5d2f4a310e5fa2df54

 に頂いたコメントに、 

「電通がHPVワクチン推進の協力をしているのはこれはもう否定しようがないと思いますが、最近、「この土屋了介氏の証言は煙幕では?」と思うようになっています。

土屋氏が依頼しなくとも、ロンドンを本拠地とするWPPグループ本部
https://ja.wikipedia.org/wiki/WPP%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97
から電通等の日本の大手代理店に指令がきていたのではないか、と思うのです。」 

と返事を書きました。 

そう、私は、「HPVワクチン推進CMの様なものや、その後のPRのきっかけも含め、土屋了介氏の口利きがあるなしに、電通がHPVワクチンの宣伝にはかかわることになっていた」と思っているのです。 

HPVワクチンの宣伝には、WEDGEの記事で村中氏が日本離れしたHPVワクチン広報-たとえばライバル会社を貶める宣伝方法、レッテル貼り-を展開したりしていることに多くの人が不快感を持ちましたが、その“不快感”に隠れてしまっていたのが“違和感”。 

村中氏自身がWPPグループの一員ではないでしょうが、彼らにサポートされているからこそ、ああいう手法を使っているのではないでしょうか? 

そもそも、彼女のフィナンシャルタイムズやウォールストリートジャーナルへの寄稿も、昨年の「マドックス賞」という極めて私的な要素が高いチャチな賞の受賞を「医学界のピューリッツァ賞」として英国内のメディアで発信する、などということも、グローバル化しているとはいえ、電通だけの力だけでは無理でしょうし。 

(FTの筆頭株主は日経、WSJはルパート・マードック、ということでそれだけでも寄稿はできたでしょうね。

ところで、WPPグループが提携している製薬会社や医療関係団体はグラクソ・スミスクライン社だけではないと思いますが、グラクソ・スミスクライン社と提携しているのは確かなようです。 

http://www.k-message.com/wpps-go-team-new-agency-record-two-glaxosmithklines-gsk-top-antacid-brands/) 

なお、村中璃子氏は「製薬会社からお金は貰っていない」とツイートしていましたが、私はこれは真実であると思います。彼女はグラクソスミスクラインやメルク社の為に働いているのではなく、今もWHO、もしくはGAVIの様な組織に貢献しつつ、お金で買えないものを得ることを目的にしているような気がします。

参考:

ビル・ゲイツと国際機関が作った『GAVIアライアンス』・『IFFIm』と『ワクチン債』
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/dc95f3be1214268bc3e1714332910c84
 

中村理子氏(=村中璃子氏)協力“アジアワクチン販売戦略プレゼン資料”?
http://www.globe-network.org/sites/default/files/en/network/resource/7.kim-mulholland-2.pdf
 

信州大学池田修一教授提訴-「対立仮説つぶし」「レッテル貼り」が科学的?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/3f8fa0f058c46c7d537e614749660d96
 

コメント