新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

ベルガモ⑥ ビアンコ教会に残るロレンツォ・ロットの素晴らしいフレスコ絵画に見入る

2018-05-22 | イタリア・ベルガモ

 どんどん急な坂道を下って行く。

 前方に1つの教会が見つかった。あれが確かビアンコ教会。正式名はサン・ミケーレ・アル・ポッリオ・ビアンコ教会という長い名前だ。 ここにはロレンツォ・ロットの描いたフレスコ画があるということで、予定していた場所。
 
 ロレンツォ・ロットはヴェネツィア出身の画家だが、1513年にベルガモに招かれたのを機にここに居を移し、13年間滞在し、人生の充実期にここで腕を振るった。

 住まいは、この教会前の小広場にあったという。

 教会に入った。外観ではわからなかったが、中は予想以上に凄かった。内壁の大部分がフレスコ画で埋め尽くされている。

 まず、入るとすぐ聖母子像が出迎えてくれる。

 内部正面には多彩な絵の残る主祭壇。

 その中でも左礼拝堂はレレンツォ。ロットの手掛けた聖マリアの礼拝堂だ。

 受胎告知の絵が左壁を飾る。

 右壁には三王礼拝。

 上部クーポラを見上げると、父なる神が。

 そんなロットの作品群だけでなく、室内至るところにフレスコ画が見事に描かれている。

 これは聖母子像。

 聖マリアが死せるキリストを抱く「ピエタ」。

 後方、入口側の壁は、だいぶフレスコ画がはがれてしまっているが、それでも面白い絵が見られる。

 こちらは諸聖人の群像か。

 また、最後の審判も。そこで罪を課せられた人たちだろうか。鎖につながれている。

 この絵には鮮やかな衣服の赤がしっかり残されている。

 何か良いことがあったんだろうか、聖人がほほえんでいた。

 とにかく多彩。バラエティに富んだ人物像が真剣に、ときにはユーモラスに、生き生きとした表情で見る者に語り掛けてくるかのようだった。
 
 思いもかけずに素晴らしいフレスコ画の教会に出会えて、ちょっと幸せな気分になった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルガモ⑤ サンヴィジリオの丘からアルタの教会群のシルエットを見下ろす

2018-05-19 | イタリア・ベルガモ

 翌日はサンヴィジリオの丘から旧市街を見下ろした。

 朝、散歩の途中に城壁からバッサの街を眺めた。かすかにもやがかかっていて、街が霞んで見える。そんな中をジョガーたちが何人も通り過ぎる。異邦人の存在とは無関係に市民たちの日常が展開されている。

 途中のトンネルで見かけた母子連れ。

 午前10時、やっとケーブルカーが運転を開始したので、これに乗ってサンヴィジリオの丘に上った。

 実は前日も丘に上ったのだが、午後だったのでチェントロの教会群にまともに光が当たっていた。

 それはそれで美しかったのだが、後方のバッサの街を背景にシルエット気味となるアルタの教会群の姿も見たいと思い、再度の挑戦を試みたというわけだ。

 午前中だと確かに教会群はシルエットになっていた。理想は霧に包まれたバッサを背景にアルタが浮かび上がる風景を見たかったが、なかなかそうはいかないものだ。

 少しアップで撮ってみた。ここからだとベッキオ広場周辺のチェントロ全体の形がよくわかる。

 思い切りアップに。こんな具合に時間帯によってかなり印象が違ってくることがよくわかる。

 サンヴィジリオの丘では城壁を利用した岩登り(ボルダリング?)を楽しんでいる若者たちにも出会った。

 そこに咲いていた黄色い花がきれい!

 丘の上で記念写真を撮っている女性たちにも出会った。

 丘から降りて、今度は旧市街を横断して東側にある教会やカッラーラ絵画館を目指した。

 石畳の道は本当に歴史を感じさせる。

 途中の店のショーウインドウには、なぜか動物の顔が並んでいた。どんな意味があるのかは不明のままだった。

 帰り道でも思わず1枚。

 名物店だというドルチェの店にはずらりとスイーツが並んでいた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルガモ④ サン・ヴィジリオの夕景、チェントロの夜景、そして思いがけないプレゼント

2018-05-15 | イタリア・ベルガモ

 旧市街はライトアップされるというので、その風景をカメラに収めようと思ったのだけれども、一向に陽が傾かない。ヨーロッパの初夏は本当に日が長い。

 以前、パリ・ヴェルサイユ宮殿の花火を見に行ったときは、日没が午後10時半で花火開始が11時。パリに戻る終電車に間に合うかどうか焦ったことがある。
 
 5月後半のイタリアはそれほどではないものの、暗くなるのは9時ころなので、その前に夕食を摂ることにした。

 7時なら店は開くだろうと、B&Bオーナーお勧めの店に行くと、オープンは7時30分とのこと。困った顔をしていると、「オープンまで中に入って待っててもいいよ」。ビールを頼んで中で待たせてもらった。

 地元特産料理の食事の終わったのが8時40分頃。そのままチェントロに向かってゆくと、

 サン・ヴィジリオの山の方がいい感じに夕焼けになってきた。


 旧市街広場にやってきた。洗礼堂の屋根に天使像があるが、その像が茜色の空を背景に、まるでフクロウのような姿のシルエットになっていた。

 横に並ぶ教会のシルエットも美しい。

 燃えるような夕焼けが、そんなシルエットを見事に引き立たせている。日本国内ではなかなかこんな色の夕焼けにお目にかかったことがなかった。


 コッレオーニ礼拝堂も暗い中に佇んでいる。

 マッジョーレ教会の入口はライトアップされた。

 入口のタンパンも照明に照らされて、柱の装飾と共に繊細な模様が浮かび上がる。

 また、奥まった場所に位置しているため昼は目立たないドゥオモも、ファザードがライトアップされてちょっとうれしそうに輝いている。

 振り向くと、ラジオーネ宮の通路の3つのアーチ越しに広場の向こう側に建つ図書館(旧ヌオーヴォ宮)が、照明によって際立って見えた。

 チェントロのたたずまいは、昼とはまた違う美しさを見せる。そんな時間帯に立ち会うことが出来て幸せ。
 
 ちょっとうれしい気持ちで宿に帰り、部屋から外を見た時、もう1つの夜景が目に飛び込んできた。

 この宿が高台にあることは調査済みで予約したのだったが、夜の見晴らしまでは考えていなかった。バッサ(下の街)の街並みが何列にも真横に並んで、点灯された家々の照明が重層の光となって瞬いている。
 
 思いがけないプレゼントをもらった気がした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルガモ③ マッジョーレ教会の踊り、空飛ぶ天使たちとドニゼッティの墓碑

2018-05-12 | イタリア・ベルガモ

 前回紹介したように、マッジョーレ教会はまさにきらびやかな空間だが、そのきらびやかさにも負けない存在感を発揮している一角があった。
 
 告解聴聞席。信者たちの懺悔などを聞く場所。黒光りする木製のものだが、各所に精密な彫刻が丹念に施されている。アンドレア・ファントーニの作品だ。

 最上部にはまるでティントレットが描いたかのようなダイナミックな姿の聖人像。

 脇には十字架を持った男性。

 何人もの女性たちが控える。一つ一つの彫刻を眺めているだけで、時の過ぎるのも忘れてしまいそうだ。

 それぞれに豊かな表情を湛える。

 こちらには空飛ぶ天使。

 かと思えば、戯れる無邪気な天使たちも。

 ダンスしている!

 細かなレリーフも各所に施されている。ぐるりと廻りながら観察しているうちに、20分もそこで過ごしていた。

 教会の奥まった場所に、一人の音楽家の墓碑があった。ガエタノ・ドニゼッティ。

 しなやかな女性の像が載せられたもので、最初は気付かなかったが、教会の清掃係の女性が指差しで教えてくれた。像はヴィンチェンツォ・ヴェラ作。

 像の下に彼の肖像画が添えられていた。

 墓石には7人の天使がいる。それぞれがドレミの7つの音叉を持っているのだという。その下にドニゼッティの名前が刻まれ、花が添えられたいた。

 ガエタノ・ドニゼッティはベルガモ生まれで、19世紀前半のイタリアを代表するオペラ作曲家として、ロッシーニなどと並ぶ人気を博した。
 イタリアだけでなく、パリやウイーンなどでも成功を遂げるが、40代後半から病を患い、50歳でベルガモに戻りまもなく永眠した。
 代表曲に「愛の妙薬」「ドン・パスクアーレ」「ランメルモールのルチア」などがある。

 彼の生家は、私が宿泊した宿のすぐ近くにあった。

 また、こんな群像彫刻も飾られていた。

 とにかく、外見とはまるで違う教会内部の豪華さに、まるで酔ったような気分で過ごした時間だった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルガモ② 内と外では大違い。黄金の輝きに包まれるマッジョーレ教会

2018-05-09 | イタリア・ベルガモ

 コッレオーニ礼拝堂に正面を占領されて、細々と入口が設けられた教会が、S・M・マッジョーレ教会。この教会ほどの規模なら必ずあるはずのファザードがなく、まるで通用口とでもいえそうな狭い入口から、中に入った。

 と、外見からでは全く想像できない豪華絢爛のロマネスク・バロック装飾が目に飛び込んできた。

 入る早々、黄金の輝きが前方に現れる。

 進むにつれて体全体が光に包まれてしまう感覚になる。

 前方上方にはキリストの十字架像があるのだが、その像も全体の光の一部と錯覚してしまう。

 真上にはゴージャスな装飾。

 キリスト像は、アップするとこんな具合だ。

 壮大な空間に圧倒されっぱなしになってしまった。


 天から光が降り注いでくる気分になってくる。

 よく見ると、緑や赤など様々な色彩が微妙に混じっているのがわかる。それがまた、複雑な光沢を作り出しているのだろう。

 壁面には聖母マリアの生涯を描いたタペストリーが取り囲む。その豪華さも並ではない。このキリスト磔刑のタペストリーはアントワープ製だとか。

 その上にはルカ・ジョルダーノ作の「海を渡るモーゼ」。

 柱の太さに合わせたタペストリーもあった。

 要所要所に聖書の物語などを描いた絵がちりばめられる。 これは最後の晩餐。

 こちらは生命の樹が描かれている。

 聖母被昇天もあった。

 まさに、堂内のどこを見てもそのきらびやかさに頭がくらくらしてしまうほどの豪華さだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加