社会保険労務士法人workup ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

世界実質賃金が今世紀初の低下/ILO

2023-01-06 23:44:50 | 賃金:全般



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。


ILO(国際労働機関)は、

2022年における「世界の賃金についてのレポート」を発表しました。

この「世界の賃金についてのレポート」は毎年発表されているものとなります。


2022年についての報告書における推定では、

G20における実質月額賃金の年平均伸び率が、

21世紀に入り初めて前年比マイナスとなる見通しを示しました。


伸び率は2008年から1.2~2.4%で推移してきましたが、

2022年上半期(1~6月)はマイナス0.9%となる見込みとなっています。


G20の新興国では、実質月額賃金を0.8%と上昇を見込んでいるものの、

新型コロナウイルス感染症大流行前年である2019年は3.4%の上昇を見込んでいたため、

比較すると2.6%の減少となっています。


■2022年 世界給与・賃金レポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 育児介護休業法「あらまし」... | トップ | 介護職員の働く環境改善につ... »
最新の画像もっと見る

賃金:全般」カテゴリの最新記事