哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

そうと思っておこう

2013年08月31日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

Lautrec_in_a_private_room_at_the_ra 私たちは、頭では真実は多数決ではない、と思いながら、身体は多数決で認知される物事を真実だと感じてしまう。そういう身体になっているのでしょう。それで、たいていはうまく生きていかれます。過去の人類は、そうして生き残り、そう感じる身体を持つ子孫を増やしたのでしょう。

そうであれば、真実は多数決できまる、として、結果は間違うことはない。そう言い切るのは不愉快であるけれども、実際的である。皆が真実と思っていることは真実なのだろう。それを真実と思っておこう、として私たちは実生活を送ることができます。

拝読ブログ:夫婦200万円ライフの合理性について: アーリーセミリタイア生活日記

拝読ブログ:あんまり突き詰めて考えると苦しくなっちゃうよ - かみんぐあうとっ

コメント

心的機能のモジュラー構造

2013年08月30日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

人間は頭と身体の感じるところが一致するとは限らない。むしろ、たいていは一致しない。認知科学で心的機能のモジュラー構造

といいます。左脳と右脳は違う真実を感じている、とか、「大丈夫」と言いながら涙が出ている、とか、口で言っていることと目の表情が違う、とかよくいわれます。

拝読ブログ:シグナル~月曜日のルカ~

拝読ブログ:Googleのスマホ連携用HDMIスティック「Chromecastが直輸入、ただし… - kinneko@転職先募集中の日記

コメント

自民党、民主党

2013年08月29日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

Lautrec_equestrienne_at_the_cirque_ 頭ではそれが真実だと思うが、身体はそれが真実だとは思えない。というような言い方があります。頭では、自民党が真実を言っていると思うが、身体では民主党が真実を言っている、と感じる。あるいは逆。というような言い方はよく聞きますね。

拝読ブログ:「衆参ねじれこそ民主政治の極意」と自民党の暴走: アマノジャク評論

拝読ブログ:参議選:自民圧勝、民主惨敗は根源的な体質と地力の差?(雑感) - 傍観者の独り言

コメント

真実が多数決で決まる

2013年08月28日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

それは形の上で多数決をとることに近い。過半数の多数決というよりも、四分の三、あるいは五分の四の多数決、あるいは、ほとんど全員という場合はどうでしょうか?実際、百分の九十八の多数が真実だと思っていると感じられる場合、それが真実ではないと判断することは、だれにとってもなかなかむずかしいと思われます。

そうであるけれども、私たちは真実が多数決で決まると思うと不快を感じる。そういうことでしょう。

拝読ブログ:私たちには「真理」そのものは与えられていない、あるのは客観的事実への「確信」のみ。 「真実・真理とは何か」と漠然と問うても不毛な議論しか生まれない。: 四畳半大学 宮国研究室 (現象学)

拝読ブログ:River Of Life~人生とは川のようなモノ:(福島)真実を語ると干される(エジプト)

コメント   トラックバック (1)

身体の直感

2013年08月27日 | xxx5人間は真実を知ることができるのか

Lautrec_babylone_dallemagne_poster_ 最後は、自分でそれがたしかに真実だと感じられる、ということで納得できる。つまり、私の身体がそれを直感で真実として受け取っている、ということであり、そしてさらに重要なことは、仲間がほとんど皆、身体の直感でそれを真実として受け取っているということがはっきり感じられる、ということが重要です。

拝読ブログ:『自然を名づける:なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか』 - leeswijzer: boeken annex van dagboek

拝読ブログ:直感力を磨く!カフェで面白実験してみました

コメント