哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

日本を世界列強に

2024年04月20日 | yyy95長期目標について


伊藤博文ほか、松陰門下生が構築した明治政府はこの帝国主義を推し進めて、五十年後、日本を世界列強(一九一九年ベルサイユ条約五列強:英仏伊米日)に押し上げました。









拝読ブログ:

幕末、「後進国」なのに列強を退けた日本に学ぶ現代安全保障論


拝読ブログ:

帝国主義の時代

コメント

吉田松陰

2024年04月19日 | yyy95長期目標について


幕末最先端の攘夷論者吉田松陰は以下の持論を語っていました。
国は発展しなければ衰退する。幕府の鎖国主義は誤りである。成長なければ縮小あるのみである。蝦夷からカムチャッカに侵攻し朝鮮と満州を取り、台湾、フィリピンに進んで内外に進取の勢いを示し、ともに栄え、その住民をいつくしみ社会人を育成してこそ善く国を保つことができる。(一八五四年 吉田松陰「幽囚録」)










拝読ブログ:

吉田 松陰


拝読ブログ:

吉田松陰の思想と弟子たちによるその実現

コメント

国際序列意識

2024年04月18日 | yyy95長期目標について


それが対外国意識、国力、国際序列意識、ナショナリズムへ発展していきました。









拝読ブログ:

韓国の「0.72ショック」


拝読ブログ:

米国・EU・日本・中国・ロシア・インド--世界6大国の戦力を分析する《若手記者・スタンフォード留学記 36

コメント

古臭くなった徳川システム

2024年04月17日 | yyy95長期目標について


古臭くなった徳川システムの長期目標は見えなくなり、結局は新しい目標が望まれるようになります。









拝読ブログ:

日本橋と渋谷、虎ノ門他の再開発。


拝読ブログ:

歴史作家の河合敦さんがいざなう 新しい日本史の世界

コメント

長期目標に飽きが来る

2024年04月16日 | yyy95長期目標について


長期目標とそれを支える倫理に飽きが来ます。徳川システムつまり公儀の権威に対する恐怖心が弱まる。役人も怠惰になってきます。









拝読ブログ:

「女性社員のライフとキャリア」両立支援が本格始動



拝読ブログ:

虚無感とは?7つの原因とひどい虚無感に襲われたときの解消方法

コメント