哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

世界的野望を持つ

2020年10月23日 | yyy75現代を生きる人々


さて現代、唯一、世界的野望を持つかのように言われている中国の指導者は、かつてのナポレオンのように自らの政治理念を振りかざして他国の政権に干渉し戦争によってでもそれを押し付けようとするでしょうか?
 




拝読ブログ:

一昨日は、水曜教室。



拝読ブログ:

イラン・ギーラーン革命



コメント

資本主義と帝国主義、同時期の双子

2020年10月22日 | yyy75現代を生きる人々


結局この武力がインドネシアを植民地化するために使われた、といえます。英国によるインドの植民地化も同様な経過をたどっています。つまりヨーロッパとアジアの出会いの場で、武力を背景として、資本主義と帝国主義が同時期に双子のように発生し、現代世界にいたっている歴史をみることができます。
 



拝読ブログ:

コロナと経済の考察で『コロナ論』を超えるものはない!



拝読ブログ:

今週の読書は経済書がなく経営書だけながらも充実の計5冊!!!


コメント

オランダ東インド会社

2020年10月21日 | yyy75現代を生きる人々


ちなみに世界最初の株式会社である一八世紀のオランダ東インド会社はアジア各地港湾に置いた支社(要塞)と貿易海路を防衛する目的で軍隊と砲艦を持っていました。
 




拝読ブログ:

戦国時代の宣教師たち 続き (8)



拝読ブログ:

戦国武士が傭兵として商品に


コメント

警棒で殴られて拘置所に入れられる

2020年10月20日 | yyy75現代を生きる人々


アマゾンの小売業支配に反対して大規模デモが組織されることはないし、反対言論を発表する人たちが警棒で殴られて拘置所に入れられることもなさそうです。
 



拝読ブログ:

10月14日、母親のデモ行進



拝読ブログ:

AIが人類を破壊する


コメント

武装警備員を配置

2020年10月19日 | yyy75現代を生きる人々


アマゾン社が各地のサーバーや物流網を防護するために武装警備員を配置していてもその武力を背景に政治を支配するのは、ちょっと無理でしょう。
 




拝読ブログ:

デモで3900人拘束 インドネシア、施設破壊も



拝読ブログ:

シュタージ(旧東独秘密警察)刑務所見学



コメント