哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

謹賀新年

2021年01月01日 | 
夜明けが早くなった。山際の空が白い。明るくなってくる。色づきだした雲が細くたなびいていた。
今季最大の冷え込み。断熱材を巻いたからか水道管は破裂していない。午前中の峠越えは控えるほうがよさそう、と言うとドライバーのの妻は不服そうだった。

コメント

謹賀新年

2020年01月01日 | 


謹賀新年 快晴 九時からアウトレット。大混雑。世の中、景気は良さそうだね、というと、私らは分からないけれど、と家内。新春特価の厚手ダウンコートを買ってもらう。美術館でランチ。神社は渋滞で近づけずUターン。4日過ぎ行こうか、とする。夕食はお雑煮風うどん。ビデオで「まだ結婚できない男(関西テレビ)」。私はビデオは年1、2回。家内は300回くらい。
コメント

謹賀新年

2019年01月01日 | 


2019-1-1
富士山の白。快晴に完璧。元旦朝一のアウトレット大混雑。娘のハンドバッグ購入。祝いに使うとのこと。そのときでいいだろう、というと、いずれにしろ誕生日祝いに使える、とのこと。押し入れに隠せばよし、となる。フォションでサンドウィッチとホットチョコレート。コンビニで清酒小瓶を買う。昨日受け取った太源のおせちで夕食。
コメント

謹賀新年

2018年01月01日 | 



2018-1-1
快晴。ゴルフ練習場で打ち下ろし30発。芦ノ湖スカイライン、伊豆スカイラインをドライブ。山伏峠でパラグライダー数機(?)が飛んでいました。悠々と旋回しているがどこに降りるのか、平らなところはないじゃない、と家内が心配。そう言いながら停車して見物もせず。城ケ崎で金目鯛定食。海が見える席はペット同伴者専用で座れず、入り口付近のいい席を案内され満足。熱海ビーチライン大渋滞だが快晴の海景色に満足。
コメント

謹賀新年

2017年01月01日 | 


快晴無風温暖。7時起床。トーストが焼ける間に新聞を取りにいく。食パン補充し損ない賞味期限切れ。マーマレードはビンの底に近いが足りる。
大晦日詣をすましたので、初詣は省略。テレビで駅伝を見てから昼食に出る。ハイアット前のステーキハウス。家内はステーキだが私はエッグベネディクトにしました。
散歩代わりに新春セールの店を見て回り何も買わず。四年前に住んでいたマンションの前を通ってみるが何も変わらず。近くのステーキ屋はつぶれていました。
買い込んだ食パンを車に忘れて車庫入れしてしまったので明日も多分賞味期限切れでトーストでしょう。テレビでウィーンフィルのシュトラウスワルツ、発生学高橋淑子教授による尻尾の発生機序、アクション対決MJ(松本潤)のテーブルクロス引き。


コメント